「ただいま・おかえり」は英語で何と言う?

photo credit: karol_sobotka DSCF8991 via photopin (license)

photo credit: karol_sobotka DSCF8991 via photopin (license)

「ただいま」
「おかえり」

私たちにとってはいつもの挨拶でも、英語で説明しようとすると難しい。日本語にはそんな挨拶表現がたくさんあります。

Google 翻訳でそんな挨拶表現を英訳したらいったいどうなるのか、試してみることにしました。

まずは帰宅と出かける際の挨拶。

ただいま。
→ I’m home.
おかえり。
→ Welcome back.
いってきます。
→ See you.
いってらっしゃい。
→ Have a nice day.

どれもなかなか上手いなあという印象。

“Have a nice day.” は素敵ですね。

続いて食事の際の挨拶。

いただきます。
→ Let’s eat.
ごちそうさま。
→ It’s Done.

まあそう訳すしかないかという印象。

Done が大文字なのはなぜでしょう?

続いて職場の挨拶。

お疲れさま。
→ Cheers for good work.
かしこまりました。
→ Yes sir.

何とかひねりだしているという印象。”Yes sir.” はすごい発想ですね。

最後に年末年始の挨拶。

良いお年を。
→ Wish you a good year.
あけましておめでとう。
→ Happy new year.

こちらはお見事。「良いお年」をこんな風に訳せるのは凄いですね。

以上、今回は日本語の特有の挨拶表現を Google 翻訳で英訳してみました。

全体的にはとても優秀。機械翻訳の進歩を感じる結果となりました。