antenna の二つの複数形

photo credit: dougbutchy Photo via photopin (license)

photo credit: dougbutchy Photo via photopin (license)

英語の複数形と言えば、ふつうは[-s]や[-es]を付けて作るもの。

しかしラテン語起源の単語など、いわゆる外来語の中にはちょっと変わった複数形を持つものもあります。

単数 複数
stimulas(刺激) stimuli
larva(幼虫) larvae
datum(データ) data

 

一方、私たちに馴染みのある antenna(アンテナ)という単語には英語風の antennas、ラテン語風の antennae という二つの複数形があります。

*antennae は「アンテニー」と発音

ただこれらの形は気分次第でどちらを使ってもよいという訳ではありません。

Bill Bryson の『Troublesome Words』にこの使い分けに関する説明が出ていました。

antennae, antennas. Either is correct as the plural of antenna, but generally antennae is preferred for living organisms (‘a beetle’s antennae’) and antennas for man-made objects (‘radio antennas made possible the discovery of quarks’).

つまり「触角」の意味で使うときには antennae、「アンテナ」の意味で使うときには antennas になるということ。

調べてみると antenna の原義は「触角」の意味。つまりもともとの意味においてはラテン語の変化を用いるものの、そこから派生した意味においては現代英語の変化を用いるというルールになっています。

ことばが持っている「保守的な性質」と「時代に合わせて変化する性質」が交錯する、おもしろい現象の一つだと思います。

 

Troublesome Words
Troublesome Words
posted with amazlet at 17.04.03
Penguin (2015-06-02)