Remember sailor!

18042801

米ドナルド・トランプ大統領の昨日のツイートにこんな内容のものがありました。

これは前FBI長官のジェームズ・コミー(James Comey)氏を避難する一連のツイートの一つ。

2017年5月にFBI長官を解任されたコミー氏は、今月になって長官時代の回想録である『A Higher Loyalty』という本を出版しました。

これが当時のトランプ大統領とのやりとりを暴露し、大統領を激しく糾弾した内容になっているため、大統領の怒りを買っているとのこと。

さきほどのツイートで気になったのが最後の Remember sailor! というフレーズ。

「水兵を思い出せ!」というのはいったい何を意味しているのでしょう?

そういう英語のイディオムがあるのかと思い、手持ちの辞書をあれこれ引いてみましたが、どこにもそのような表現は出ていません。

そこでネットでフレーズを検索してみたところ、英語圏でもこのフレーズが話題になっていることがわかりました。例えば、英紙『The Independent』のウェブサイトには次のような記事が出ています。

‘Remember sailor': Donald Trump tweets bizarre message to James Comey | The Independent

この記事によれば、sailor というのは2015年に逮捕された海軍軍人 Kristian Saucier を指しているのではないかとのこと。

Saucier 氏は機密情報である潜水艦内部の様子を写真に撮った罪で、逮捕・投獄されました。

(現在は釈放され、今年の3月になって正式に恩赦されています。)

要はFBI長官時代の内情を暴露したコミー氏に対して「機密情報を漏らした罪で逮捕された海軍軍人の事件を忘れるな」と警告しているということのようです。

よってつまり、英語に remember sailor というイディオムが存在する訳ではありません。ただ一方、イディオムというのはこういうところから生まれてくるのかもしれないという思いもあります。

この remember sailor が「秘密を漏らした人への警告」という意味のイディオムとして数年後の辞書に掲載される可能性もあるのではないでしょうか? もしそんなことがあれば、イディオムが生まれた瞬間を目撃するという得難い経験をしたことになります。

単なる夢想かもしれませんが、ついそんなことを考えてしまうインパクトのあるフレーズだと思いました。