eighth はどう発音するか

14041401

基数 序数
1 one first
2 two second
3 three third
4 four fourth
5 five fifth
6 six sixth
7 seven seventh
8 eight eighth
9 nine ninth
10 ten tenth

 

英語で「8」は eight、「8番目の」は eighth。

この eighth という単語。ぱっと見たときに何と発音するのか迷いませんか?

エイトゥフ? エイス? エイトゥス?

例えば『ウィズダム英和辞典』には次のような発音記号がのっています。

[éɪtθ]、(米)[éɪθ]

(それがよいかどうかの議論はさておき)カタカナで発音をのせている辞書の中には「エイトゥス」というカナを振っているものもありますが、実際の発音を聞いてみると「エイツ」に近い感じ。


*Wiktionary「eighth」より

ただしアメリカ式の「エイス」もかなり広まっているようです。

こちらのサイトで音のバリエーションを確認することができます。

この単語、本来なら、

eight +[-th]= eightth

となるところ、重なった[t]が一つ落ちて eighth というスペルになっています。

そのこと自体は自然なようにも思えますが、なぜか発音記号だけは eight+th のままなんですね。

英語というのはもともと綴り字と発音の整合性がある言語ではありませんが、それでも何だか不思議な感じ。

 

eighth vs eights

ところで、eight や eighth には複数形も存在します。

基数 序数
単数 eight eighth
複数 eights eighths

 

さきほどの eighth を「エイツ」と表記してしまうと、eights と同じ音になってしまいますが、それぞれの発音記号は異なります。

eighth[éɪtθ]
eights[éɪts]

しかし実際の発音を聞いてみても、あまり違いが感じられません。[θ]の音を聞けていないだけなのかもしれませんが。

またさきほどのサイトでは eighth の複数形 eighths の発音も聞くことができます。

こちらの発音記号は[éɪtθs]となるはずですが、音が詰まっているせいか、「エイツ」にしか聞こえません。

eighths なんて、どんなときに使われるの?と思った方もいるかもしれませんが、例えばこんな時に。

five eighths(8分の5)

そういえば昔、8分の5チップというポテトチップスがありましたが、いつの間にかなくなってしまいました。

。。。と、どうでもよい話で、本日のエントリーはおしまい。