ネコと王様

photo credit: Picture Zealot via photopin cc

photo credit: Picture Zealot via photopin cc

飛田茂雄さんの『探検する英和辞典』を読んでいたら、cat の項目に面白い表現がのっていました。

A cat may[can]look at a king.

ネコは(恐れ入る気配などまるでなく)平気で王様を見ることができる

『探検する英和辞典』より

解説によると、これで「あんたには負けないよ、こっちにも意地ってものがある」という意味になるのだそう。

ここでの cat は身分の高くない人の象徴。

身分にかかわらず、生きとし生けるものはみな平等であるという信条を表しています。

数ある動物の中からなぜネコが選ばれたのかはわかりませんが、権力と対峙する一匹狼、もとい一匹猫の心意気を感じることができる表現ですね。

また『探検する英和辞典』によると、この表現には次のようなバリエーションもあるのだとか。

A cat can laugh at a king.

A cat may shake hands with a king.

『探検する英和辞典』より

王様の方も、ネコに見られるだけでなく、笑われたり、握手を求められたり(?)とずいぶん振り回されています。

何だか王様に同情を感じてしまうのは私だけでしょうか?

 

探検する英和辞典
探検する英和辞典
posted with amazlet at 15.01.03
飛田 茂雄
草思社
売り上げランキング: 371,417