われらはなすべきことをなさずにすまし

15052401

『物語 英語の歴史』という本を再読していたら、そこで紹介されていたイングランド国教会の『祈祷書(The Book of Common Prayer)』の英文が目に留まりました。

祈祷書というのは、キリスト教の祈りの言葉を収めた書物のこと。

宗教的な詳細はよくわからないのですが、ここに出てくる英文はシンプルでとても美しく、読んだ後に静かな余韻を残します。

有名なのはこの一節。

Earth to earth, dust to dust, ashes to ashes.

土は土に、塵は塵に、灰は灰に

そして特に印象に残ったのはこの一節。

We have left undone those things which we ought to have done; And we have done those things which we ought not have done; And there is no health in us.

われらはなすべきことをなさずにすまし、なすべきでなかったことをなす。身のうちに健全なる部分は何もなし。

− The Book of Common Prayer

『物語 英語の歴史』(悠書館)より

難しい単語は一つも使われていないのに、説得力を持って心に迫る英文だと思います。

なぜ多くの人は、なすべきことをなさずにすまし、なすべきでなかったことをなしてしまうのか。

人間の不思議をたった三文で表現した祈祷文の一節。他の部分も読んでみたくなりました。

 

物語 英語の歴史
物語 英語の歴史
posted with amazlet at 15.05.24
フィリップ グッデン
悠書館
売り上げランキング: 376,507