cialis viagra online accutane

About

Posts by :

フィリピンとフィリピン人

photo credit: helloizzat The Paraws of Boracay via photopin (license)

photo credit: helloizzat The Paraws of Boracay via photopin (license)

英語の難しさの一つは、音と文字が一対一の対応ではないということ。

例えば /f/ という音を表すのに[f]という文字を当てることもあれば、[ph]という文字を当てることもあります。

  • fork /fɔːk/
  • phone /fəʊn/

/f/ の音を表すのにわざわざ[ph]という文字を用いる理由は何なのでしょう?

その答えは単語の由来にあります。

基本的に[ph]の綴りを持つ単語の多くはギリシア語に由来すると言われています。(e.g., philosophy)

ギリシア語で /f/ の音を表す[φ]という文字が、ラテン語では[ph]に置き換えられたため、現代英語にもその綴りがそのまま残っているのだそう。

しかしそんな説明では到底説明しきれないのがいわゆるフィリピンとフィリピン人の問題です。

まずは次の単語を見てみてください。

(the) Philippines

a country consisting of a group of islands in South East Asia

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

Filipino

  1. a person from the Philippines
  2. the language from the Philippines

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

Filipina

a woman from the Philippines

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

国名のフィリピンは[ph]で綴るのに、そこに住むフィリピン人は[f]で綴るという奇妙なルールになっています。

この整合性のなさはいったいどこからやってきたのでしょう?

「そうなっているからそうなっている」としか言えない、英語における音と文字の奇妙なルールの一つです。

 
オックスフォード現代英英辞典 公式アプリ日本版 オックスフォード現代英英辞典 公式アプリ日本版
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


政体の見本市 −[-cracy]の付く英単語

photo credit: Stuck in Customs Across The Deserts To The Pyrimids via photopin (license)

photo credit: Stuck in Customs Across The Deserts To The Pyrimids via photopin (license)

「民主主義、民主政治」を意味する英単語 democracy の[-cracy]は「〜による支配」を意味する接尾辞。

それでは人民が権力を持つ democracy 以外にはいったいどのような統治形態があるのでしょう?

辞書の中から接尾辞[-cracy]を持つ英単語を拾ってみました。

aristocracy 貴族政治
autocracy 専制政治
bureaucracy 官僚政治
foolocracy 愚人政治
gerontocracy 長老政治
hagiocracy 聖人政治
hierocracy 聖職者政治
kakistocracy 極悪人政治
kleptocracy 盗賊政治
mediocracy 凡人政治
mobocracy 暴民政治
monocracy 独裁政治
nomocracy 法治政治
ochlocracy 衆愚政治
plutocracy 金権政治
pornocracy 娼婦政治
ptochocracy 貧民による政治
stratocracy 軍人政治
theocracy 神政政治
timocracy 名誉至上政治

*語義は『ランダムハウス英和大辞典 第2版』より

こうして並べてみると、ずいぶんさまざまな[-cracy]があるものだなあと感心してしまいます。

ただマイナスのイメージを持つ単語の方が圧倒的に多いという事実は、何を意味しているのでしょう?

単に辞書の中の話に過ぎないのですから「これを試してみたら上手くいきそう」と思える[-cracy]の一つや二つ見つかってもよさそうなのに、なぜかさっぱり見当たらないのです。これはいったい。。。

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


How do you pronounce ‘schedule’?

photo credit: Global Water Partnership - a water secure world GWP Virtual Network Meeting 2015 via photopin (license)

photo credit: Global Water Partnership – a water secure world GWP Virtual Network Meeting 2015 via photopin (license)

「スケジュール」を意味する schedule という英単語には二通りの発音があります。

イギリス式の発音はシェジュール、アメリカ式の発音はスケジュール。

British /ˈʃɛdjuːl/
American /ˈskɛdjuːl/

 

自分がこの単語を使うときには、アメリカ式にスケジュールと発音します。

しかしイギリス式のシェジュールも独特の味わいがあって素敵だなあと思っていました。

(何となくフランス語っぽい?)

しかし最近、イギリスでも若い人を中心にアメリカ式の発音をする人が増えているのだそう。

そうなってしまうと、やはり時代の流れとしてイギリス式の発音は少しずつ衰退してしまうのでしょうか?

すでにカタカナ語の「スケジュール」が定着している日本では「シェジュール」の普及には貢献できそうにありませんが、この発音がなくなってしまうとしたら寂しいことだと思います。


May I have a large container of coffee?

17021701

みなさんは家でコーヒーを飲むときにどんなカップを使っていますか?

小さなコーヒーカップ? それとも大きなマグカップ?

あるいは「今日はたくさんコーヒーが飲みたい!」という日には、もっと大きな器を使うこともあるかもしれません。

May I have a large container of coffee?
(大きな容器でコーヒーをいただけますか?)

「この人、余程のコーヒー好きなのかなあ」と思わせるこの質問には一つの秘密が隠されています。

その秘密を解くには、各単語の文字数を数えてみてください。

May I have a large container of coffee ?
3 1 4 1 5 9 2 6

 

実はこれ円周率の数字になっています。

さきほどの文は英語圏の人が円周率の数字を記憶するための工夫(mnemonic technique)の一つ。

特にコーヒー好きの人なら、これだけで小数点下7桁までは確実に覚えることができるはず。

差し迫って暗記が必要な人(?)はぜひ試してみてください。


bread and butter

17021601

近所のスーパーで明日の朝食用にくるみパンとバターを買ってきました。

パンに塗るのはバターという人も、マーガリンという人も、あるいはジャムという人もいると思いますが、自分の場合はバターがないと何となく物足りない感じがします。

そんなパンとバターのゴールデンコンビには次のような意味もあるようです。

bread and butter

NOUN

[mass noun] A person’s livelihood or main source of income:

‘their bread and butter is reporting local events’

Oxford Dictionaries

bread and butter は「主な収入源」を意味する英語表現。

こういう表現を見ると、やはり欧米の人の食生活にバターは欠かせないものなのだということがよくわかります。

日本語にはこれに類する表現はあるでしょうか?

しばらく考えてみたところ、「飯の種」という表現を思い付きました。

めしのたね【飯の種】

日びの生活を営むための収入源としての仕事(職業)の俗称。〔多く自嘲的に用いられる〕

「新明解国語辞典 第七版」

飯の種というのは改めて考えてみると実にユニークな表現です。

英語や日本語以外ではいったいどどのような表現があるのでしょう?

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


ナンバーサインとシャープ

17021501

次の2つの記号の違いは何でしょう?

#♯

よーく見ると、左の記号は縦棒が斜めで横棒がまっすぐ、右の記号は逆に縦棒がまっすぐで横棒が斜めになっています。

左の記号は「#205」のように番号を示すときに使うナンバーサイン(number sign)。

右の記号は半音上げる意味の音楽記号シャープ(sharp)。

今、パソコンからこの記事を読んでいる人は手元のキーボードを見てみてください。標準的なキーボードにおいて、数字の3と同じキーに割り当てられているのはシャープではなくナンバーサインの方。

そんなこともあり(音楽を仕事にする人でない限り)私たちが普段使っているのはナンバーサイン。ただ実際には、この2つの記号が混同されてしまうケースもあるようです。

例えば、昔の押しボタン式電話機やスマホの電話アプリのキーパッドの右下にあるのはナンバーサインのはずですが、音声案内などでは「シャープを押してください」と言われることがあります。

 

あのアナウンスを聞いたら「違う! これはシャープではなくナンバーサインだっ!!」と前のめりに訂正してもよいのですが、機械相手にそんなことをしてもむなしいので、心の中でそっと「これはナンバーサインだよ。。。」と呟いておくのがベストかと思います。


cialis viagra online accutane