cialis viagra online accutane

About

Posts by :

フィンランド語学習記 vol.495 − 動作主分詞の作り方

17090301

今回はフィンランド語の動作主分詞と呼ばれる形を見ていきたいと思います。

フィンランド語の分詞の種類は次の5つ。

1 能動現在分詞
2 受動現在分詞
3 能動過去分詞
4 受動過去分詞
5 動作主分詞(←ココ)

 

1〜4の「能動現在分詞、受動現在分詞、能動過去分詞、受動過去分詞」は過去のエントリーで扱いました。

今回は扱うのは最後の一つ、5番目の動作主分詞という形。

まずは実際の例を見てみましょう。

avata(〜を開く)
受動過去分詞 avattu kirje(開かれた手紙=開いた手紙)
動作主分詞 Pekan avaama kirje(ペッカが開いた手紙)

 

「開いた手紙」という表現には、以前扱った受動過去分詞を使います。

ここに「ペッカが開いた手紙」というように動作主を付け足したいときには、今回扱う動作主分詞を使います。

動作主分詞は上記の avaama のように語尾が[-mA]の形になります。この動作主分詞の作り方はとてもシンプル。

 

1)三人称複数[-vAt]の形を求める。

動詞 avata の基本的な語形変化は次のとおり。(タイプ4)

単数 複数
一人称 avaan avaamme
二人称 avaat avaatte
三人称 avaa avaavat

 

avata → avaavat

 

2)[-vAt]を外して、代わりに[-mA]を付ける。

avaavat → avaama

 

手順はたったこれだけ。

なおテキストには次のような表現も出ていました。

lainata(〜を借りる)
受動過去分詞 lainattu kirja(借りられた本=借りた本)
動作主分詞 Pekan lainaama kirja(ペッカが借りた本)

 

lainata → lainaavat → lainaama
 

löytää(〜を見つける)
受動過去分詞 löydetty lompakko(見つけられた財布=見つけた財布)
動作主分詞 Pekan löytämä lompakko(ペッカが見つけた財布)

 

löytää → löytävät → löytämä
 

語形変化の基本的なイメージは掴めたでしょうか?

明日のエントリーではこれらの動作主分詞を使った文を見ていきたいと思います。


scapegoat(スケープゴート)

17090201

scapegoat

a person who is blamed for something bad that somebody else has done or for some failure

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

スケープゴート(名)〔scapegoat= いけにえのヤギ〕

ほかの人の身代わりに罪・責任をかぶせられる人。

「ーにされる」

「三省堂国語辞典 第七版」

英語でも日本語でも使われる scapegoat(スケープゴート)というのはもともと「いけにえのヤギ」のこと。

先日書店で見つけた『はじめての聖書』という本を読んでいたら、冒頭の「羊」という章にこの表現の由来が出ていました。

羊ではなく山羊ですが、「贖罪の山羊」(スケープゴート)の習慣もありました。年に一回、雄の山羊をクジで選び出し、祭司が山羊の頭に手をおいて、人びとの罪をなすりつけます。そして、荒野に放つ。罪のない山羊が、人びとの犯した罪を背負って身代わりになるのです。

「はじめての聖書」P.16

いけにえとは言っても、屠られてしまうのではなく、頭を触られるだけなんですね。

ただ荒野に放たれた山羊がその後どうなってしまうのかは気になります。。。

ところでこの scapegoat に限らず、英語には聖書に由来する表現が数多くあります。

また言葉だけでなく英語圏の文化をよりよく理解するためにも、キリスト教についての基礎知識を持っておくメリットはあるでしょう。

さきほど引用した『はじめての聖書』はいきなり聖書そのものを読むのはハードルが高いという人におすすめの入門書。

誰でも名前だけは聞いたことがあるような聖書のトピックを39の短いストーリーにまとめてあります。

内容が分かりやすく、すーっと頭に入ってくるので、毎晩寝る前に少しずつ読み進めているところです。気になる人はぜひ書店で手に取ってみてください。

 

はじめての聖書 (河出文庫)
橋爪大三郎
河出書房新社 (2017-05-08)
売り上げランキング: 306,147

September in the Rain

17090101

今日から9月ということで、9月の曲を一曲。

The leaves of brown came tumbling down
Remember in September in the rain
The sun went out just like a dying ember
That September in the rain

茶色の葉が舞い落ちた雨の9月を思い出す
太陽が残り火のように消えていったあの雨の9月

ここに描かれた情景は現在の日本の9月とはかけ離れているように思えます。

9月に入ったとはいえ、葉は緑のままですし、太陽もしばらくはギラギラのままでしょう。

ただ September in the rain は失恋の歌なので、これは主人公の心象風景を表した描写なのかもしれません。

しかし「雨」だけは、曲のムードそのままに今も窓の外で降り続けています。できればからっとした秋晴れの空が見たいところですが、9月の空模様はどうでしょうか。


かぼちゃと pumpkin は別のもの?

17083101

今日8月31日は野菜の日(831=やさい)なのだそうです。

最近一番良く食べている野菜と言えばかぼちゃでしょうか。

スーパーで4分の1のものを買ってきて、一口大に切って、かつおぶし、さとう、みりん、しょうゆでぐつぐつ煮ます。

その日に食べきれない分は冷蔵庫へ入れておけば2〜3日くらいは大丈夫。

さてそんな「かぼちゃ」は英語で何と言うのでしょう?

??

と聞かれたら、もちろんほとんどの人は pumpkin と答えると思います。

ただ pumpkin には皮がオレンジ色のかぼちゃというイメージがありませんか。

ハロウィンのジャック・オ・ランタン(jack-o’-lantern)に使われている、あのかぼちゃのイメージですね。

実際、Google 画像検索で pumpkin と検索すると、表示されるのは主にオレンジ色のかぼちゃで、日本で食べられているような緑色のかぼちゃではありません。

ということは、厳密には「かぼちゃ=pumpkin」ではないということ。

あれこれ辞書を調べてみると、Wiktionary では英語としての kabocha が見出し語になっていました。

kabocha

A variety of Japanese winter squash, from species Cucurbita maxima.

Synonyms

(Japanese winter squash): Japanese pumpkin, kabocha squash

「Wiktionary」

これを見る限り、英語圏の人にとって私たちが「かぼちゃ」と呼んでいる野菜は pumpkin ではなく Japanese pumpkin, kabocha squash あるいは kabocha と呼ばれる別の野菜であるという認識なのかもしれません。

オレンジのかぼちゃは食べたことがないので味の違いまではわからないのですが、いったいどんな味なのでしょう?


FLOTUS

17083001

アメリカのトランプ大統領とメラニア夫人が洪水の被害にあったテキサス州を訪れたとき、メラニア夫人が FLOTUS というロゴの入ったベースボールキャップをかぶっていたことが批判されているというニュースが流れています。

FLOTUS は「アメリカのファーストレディー」を意味する単語であるとのこと。

そんな単語は聞いたことがなかったので、辞書を引いてみました。

FLOTUS

NOUN

US
informal

The First Lady of the United States.

Origin
1980s: acronym.

Oxford Dictionaries

なるほど。FLOTUS というのは The First Lady of the United States のアクロニム(頭字語)だったんですね。全て大文字で書かれていたのに気が付きませんでした。

FLOTUS という綴りは子音と母音の配列がとても自然なので、特に flotus と小文字で書かれたりしたら、アクロニムであることに気が付かない人も多いのではないでしょうか。

英語には例えば radar や scuba のように、もともとアクロニムだったものが一般の単語として英語の中に定着したというケースもあります。

radar = Radio Detection And Ranging
scuba = Self Contained Underwater Breathing Apparatus

これらの共通項はやはり子音と母音の配列が自然であるということ。そういう意味で FLOTUS もやがて小文字で書かれるような一般の単語になる可能性を秘めているのかもしれません。

それにしても大統領夫人のように、常に一挙手一投足が監視される立場の人は本当に大変だと思います。

被災地訪問というデリケートな場面だったとはいえ、FLOTUS の帽子をかぶったくらいであれこれ言うこともないのではないかと思いました。実際に彼女が The First Lady of the United States であることは間違いないのですから。

ちなみにさきほどメラニア・トランプさんのツイッターを見てみたら、アカウントが @FLOTUS であることを発見。やはり FLOTUS という単語が好きなのでしょうか?


七つ下がりの雨

17082901

8月も残りわずかとなりました。

今月は雨の日が多かった印象。夕方や夜に降る雨が多かったので、そんな雨を表すことばはないものだろうかと『雨のことば辞典』をめくっていたら素敵な表現を見つけました。

七つ下がりの雨 ななつさがりのあめ

午後四時過ぎに降り始める雨。「七つ下がり」とは夕暮れの七つ、つまりいまの午後四時過ぎをいう。午前六時を明け二つ、午後六時を暮れ六つとし、その間を二時間ごとに区切った。昔から「七つ下がりの雨と中年の浮気はやまない」とか「七つ下がりの雨と四十過ぎの道楽はやまぬ」といわれるとおり、この雨はすぐには上がらない。

「雨のことば辞典」P.169

一日の中の四時に人生を重ね合わせた「中年の浮気はやまない」とか「四十過ぎの道楽はやまぬ」という格言が印象に残ります。

今度四時過ぎの雨に出会ったときには、どのくらい降り続くものなのか注意してみようと思います。

 

雨のことば辞典 (講談社学術文庫)
倉嶋 厚 原田 稔
講談社
売り上げランキング: 13,239

cialis viagra online accutane