cialis viagra online accutane

日々のこと

暗闇を取り戻す

17080301

くらやみ[暗闇](名)

①光がなくて見えない〈こと/ところ〉。

②人目につかない〈こと/ところ〉。

「三省堂国語辞典 第七版」

照明が発達した現代の生活において、完全な暗闇に包まれる機会というのはほとんどありません。

五感の中でもとりわけ視覚への依存度が高い人間という生き物が暗闇を恐れるのは、ある意味自然なことなのだと思います。

そんな人間も眠るときには部屋を暗くしますが、完全に真っ暗にするのは苦手という人も多いのではないでしょうか。

そのため一般的なシーリングライトには豆電球(常夜灯)が付いているのが普通。私も眠るときにはいつも豆電球を付けていました。

しかし先日『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』という本を読んでいたら、この睡眠時の豆電球の使用に関するこんな研究が紹介されていてびっくり。

彼らは2歳未満の子ども479人を三つのグループに分けた。真っ暗のなかで寝る子ども、豆電球が一つついた状態で寝る子ども、電気をつけた状態で寝る子どもだ。その結果は恐ろしいものだった。 真っ暗のなかで寝た場合、将来的に近視になった子どもは10パーセントだったが、豆電球の部屋で寝た子どもは34パーセント、電気をつけた部屋で寝た子どもに至っては55パーセントが近視になったのだ。

『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

いろいろと反論できそうな研究ではありますが、一つだけたしかなことは私たちの現在の生活が過剰な光に包まれているということ。

電灯が一般的に使われるようになったのは約150年前。それ以前はろうそくやランプなどで夜の明かりを確保していた訳ですから、その時代に生きていた人は現代の私たちよりも暗闇を身近に感じていたことは確かでしょう。

おそらくこの100年で私たちの「目」ほど酷使されるようになった器官は他に類を見ないはず。

この短期間で人体が劇的に進化するはずもないので、現代の夜の明るさが私たちの目に強い負荷を与えていることは間違いないでしょう。

そんなことを考えて、夜の明かりはできるだけ間接照明に、眠るときは部屋を真っ暗にするようにしたら、心なしか目が疲れなくなり、眠りも少しだけ深くなったような気がします。

 

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
ダイヤモンド社 (2017-02-27)
売り上げランキング: 2,272

Menin vuoreen.

17072001
平日休みの一日。鎌倉の長谷に vuori という名前のカフェがあると聞いて、散歩がてら行ってみることにしました。

vuori はフィンランド語で「山」の意味。いったいどんなカフェなのでしょう?

まずは鎌倉駅へ。ここから長谷までは江の電で行く人が多いと思いますが、実は歩いても大した距離ではありません。

この日は由比ガ浜大通りを歩いて、長谷へ向かうことにしました。Google Map の表示では20分少々といったところ。

由比ガ浜大通りには面白いお店が多く、あちこち覗いたりしながら散歩をするのも楽しみの一つ。

今回の目的地 vuori もこの通り沿いにあります。

長谷の交差点手前でお店を発見。夏ということで「氷」の幟も出ています。

17072002

17072003

入ってみると、中は思いのほか広々とした印象。

あとから知ったのですが、ここは昔、倉庫だった建物を改装して現在のカフェにしたのだとか。

二階建ての建物は、一階がカフェで、二階はくらしの道具店というお店になっています。ただこの日は二階のお店はお休みでした。

あちこちの壁に掛けてある絵やインテリアの効果もあいまって、店内は独特の雰囲気。vuori というだけあって、書棚には山の本がたくさん置いてあります。

17072004

今回はアイスコーヒーとチーズケーキのセットを注文。おいしくいただきました!

17072005

せっかく長谷に来たので、帰りに最寄りの長谷寺へ寄ってみることに。

17072006

紫陽花の季節は終わりましたが、入ってすぐのところに桔梗が咲いていました。

17072007

17072008

白い桔梗はとても品があって、好きな花の一つです。

高台に上ると、気持ちのよい海風が吹いていました。

17072009

帰りは江の電に乗って鎌倉へ。ちょっとした散歩を楽しんだ夏の一日でした。


お寺での対話イベント Temple に参加してきました。

17060801

今週の月曜日、川崎の高願寺というお寺で行われた Temple というイベントに参加してきました。

この Temple は、お寺で行う対話のイベント。基本的には初対面の人同士がグループになって「いのち」をめぐるお話をします。

いちおう会話のとっかかりとなるテーマは与えられていますが、話が広がった場合には広がるにまかせて自由に話すことができます。

この日のテーマは Temple の主催者である小出さんとゲストのボディーワーカー小笠原和葉さんの「科学とスピリチュアルのはざまから見たいのちの話」という対談でした。

この対談は Temple のウェブサイトで読むことができます。

小笠原和葉さんとの対話/科学とスピリチュアルのはざまから見たいのちの話 | Column | Temple

イベント当日。武蔵小杉の駅で降りて、ちょっと道に迷いつつ、18:45頃に会場の高願寺至心學舍に到着。

すぐにざーっと強い雨が降ってきました。傘を持っていなかったのでぎりぎりセーフ。受付を済ませて、イベント開始の19時まで仏様の前で静かな時間を過ごします。

この最初に入った部屋は、正面に演壇があり、手前に横長の座席が並んでいて、まるで教会のような構造。いつまでもこのまま座っていたいような満ち足りた気持ちになります。

19時になり会がスタート。高願寺の住職さんとお経を読み、小出さんと小笠原さんの対話を聞いて、隣の和室へ移動。

3人ずつのグループに分かれて、Temple のメインパートである「対話」を行いました。

参加前にはこの対話というのがどうもよくイメージできず、ショートスピーチをしなければならないのかな?と思ってメモ書きを作っておいたのですが、いざ始まってみると事前の想像とは違っていました。

シナリオに沿った話ではなく、ただその場で心に浮かんできたことをありのままにシェアすればよかったのです。

もちろん初対面の人と話す訳ですから、最初落ち着かない気持ちになるのは自然なこと。

ただお寺の和室という現代の私たちにとっては非日常な空間の中で対話を重ねるうちに、段々と落ち着いた気持ちになってきます。

これは特にグループの人と打ち解けることができたとか、話が盛り上がったということではなく、ただその場に起こるものに委ねようという気持ちになったことが大きいのだと思います。

別の言い方をすれば、居心地の悪い状態が居心地のよい状態になるのではなく、居心地の悪い状態そのものを味わえるようになるという感じでしょうか。

21時にイベントが終わり、武蔵小杉の駅に向かって歩いていたら、じわじわと暖かい気持ちになってきて、とてもいい時間だったと心の底から思うことができました。

Temple は今後もあちこちで開催されるようなので、もしこのような対話のイベントに興味がある!という人がいましたら、ぜひ一度足を運んでみてください。Temple のウェブサイトからイベントの概要確認と参加申込が可能です。

 
Temple | いのちからはじまる話をしよう。


「ブックカーニバル in カマクラ 2017」に参加します。

17052301

去年に続いて「ブックカーニバル in カマクラ 2017」に古本市の出店者として参加することになりました。

このブックカーニバルは鎌倉の由比ガ浜で毎年行われている本のイベント。

古本市ではたくさんの出店者が、ぞれぞれのスペースで個人商店を開いて手持ちの本やリトルプレスなどを販売します。

日時は6月10日(土)10:00〜16:00、

当日は第2会場の「Garden & Space くるくる」に「しろくまブックス」の屋号でお店を出す予定です。

また当日は第1会場の由比ガ浜公会堂、第3会場のカルチャースペース鎌倉、第4会場の鎌倉市中央図書館でも様々なイベントが予定されていますので、詳細はブックカーニバルのホームページにてご確認ください。

鎌倉での本のイベント「ブックカーニバル in カマクラ」のホームページ

去年のブックカーニバルでは来場者の方と好きな作家の話をしたり、他の出店者の方と本の情報交換をしたり、楽しい時間を過ごすことができました。

また「このブログを見てます」なんて声をかけてくれた人がいたのも嬉しいことでした。

今年も本に囲まれた素敵な空間で、みなさまと素敵な時間を過ごすことができたらと思います。

あじさいも咲き始める季節、鎌倉観光も兼ねて、ぜひ「ブックカーニバル in カマクラ 2017」へ足をお運びください!


二月は逃げ月

photo credit: Phycx Txoritxoa via photopin (license)

photo credit: Phycx Txoritxoa via photopin (license)

本日までは自宅療養期間。オイルヒーターで部屋をぬくぬくと暖めて、日がな一日、本を読んでいました。

それにしても気が付けば、すでに2月も3分の一が終わり。2月は28日しかないということもあり、毎年あっという間に過ぎ去ってしまうイメージがあります。

二月は逃げ月なんていう言葉もありますが、明日からの期間で2月のしっぽをつかまえることはできるでしょうか?

今回は療養中に読んだ本を三冊紹介してみたいと思います。

 

『家族最後の日』植本一子著

昨年の個人的ベスト本『かなわない』の著者・植本一子さんの新刊。相変わらず読み始めたら止まらなくなってしまい、あっという間に最終ページへ。

人の生死を扱っているので内容はもちろん重いのですが、前作と比べると、暗い道から少し明るい部屋へ抜けたような、そんな印象があります。それにしても人の日記を読むのはなぜこんなに面白いのでしょう?

 

家族最後の日
家族最後の日
posted with amazlet at 17.02.10
植本 一子
太田出版
売り上げランキング: 1,299

 

『断片的なものの社会学』岸政彦著

著者が社会学調査の過程で出会った市井の人々の声を拾い上げたエッセイ。意味付けや解釈がなされないまま、様々なエピソードが並べられていて、その投げっ放しな感じが妙に心地よい感じ。

本書の後半、小さな町の喫茶店でオールバックの初老の男性がおそらく誰にもつながっていない携帯に向かって、片言の英語を呟きながら外国人の彼女と話しているふりをしているというシーンが何だか頭を離れません。

 

断片的なものの社会学
断片的なものの社会学
posted with amazlet at 17.02.10
岸 政彦
朝日出版社
売り上げランキング: 2,620

 

『東京を生きる』雨宮まみ著

東京という街にまつわる小説のようなエッセイ、あるいはエッセイのような小説。読み終わりたくないなーと思いながら、毎晩少しずつ読み継いできましたが、とうとうこの連休中に読み終えてしまいました。

言われてみれば自分の中にもたしかにそういう気持ちがある、心の奥深くにしまっていたはずの感情が次から次へと浮かび上がってきて、普段は会えないもう一人の自分と会うことができたような気がします。

 

東京を生きる
東京を生きる
posted with amazlet at 17.02.10
雨宮 まみ
大和書房
売り上げランキング: 10,441

Everything is good in its season.

photo credit: Éole Another frozen year via photopin (license)

photo credit: Éole Another frozen year via photopin (license)

引き続き、体調不良のため自宅療養中。

とはいえ、少しだけ食欲も出てきたので、夕方に起き出して近所のスーパーに買い出しに行ってきました。

体調が悪いときにスーパーに行くと、普段と買うものが全く変わってしまいます。

例えば今回買ったものは「茶碗蒸し、電池、豆腐、白菜、ぶり、ポテトサラダ、みかん、りんごジュース」などなど。

この中で体調にかかわらず買うものといったら電池と豆腐くらいかもしれません。

ちなみに豆腐というのは大豆の収穫時期の関係で1月〜2月が旬なのだそう。

ただお店に行けば年中売っているものなので「豆腐の季節が来たなあ」なんて意識している人は少ないでしょう。

ただ Everything is good in its season. という言葉もありますし、旬のものと思って食べる豆腐にはいつもとは少しだけ違った味わいがあるのかもしれません。

食べるものには無頓着な方で、なかなか「旬」のことまで意識する機会はないので、これからはちょっと意識してみようかなという気持ちになっています。

もっとも体調が戻ればすぐに忘れてしまうかもしれないのですが。。。


cialis viagra online accutane