cialis viagra online accutane

英語

atlas(アトラス)

17102101

昔から地図を眺めるのが好きでした。

風変わりな地名を見つけたり、そこに住む人々の暮らしを想像したり。

地図というのは私たちの手元に置くことのできるコンパクトな「世界」であり、その楽しみ方は眺める人の数だけ無限にあるような気がします。

机の脇には昔アメリカで購入した World Atlas の本が置いてあるのですが、英語の地図帳を眺めていると「この地名は英語ではこんな風に表すんだ」というような発見もあります。

World Atlas の atlas というのは「地図帳」の意味。地図一枚なら map ですが、それがたくさん集まると atlas になります。

この atlas という英単語にはいったいどのような由来があるのでしょう?

オンラインの語源辞書『Online Etymology Dictionary』には次のような記述が出ています。

atlas

“collection of maps in a volume,” 1636, first in the title of the English translation of “Atlas, sive cosmographicae meditationes de fabrica mundi” (1585) by Flemish geographer Gerhardus Mercator (1512-1594), who might have been the first to use this word in this way. A picture of the Titan Atlas holding up the world appeared on the frontispiece of this and other early map collections.

「Online Etymology Dictionary」

atlas(アトラス)というのはもともとギリシア神話の神様の名前。ゼウスとの戦いに敗れた彼はその巨大な体で世界を支える役割を担わされました。

この atlas と地図帳のつながりを作ったのは、いわゆるメルカトル図法で有名なフランドルの地理学者メルカトル。

彼が16世紀末に編纂した地図帳の表紙に atlas の姿を描き、本のタイトルにも atlas を入れたことで、後年、地図帳を意味する一般名詞として定着したのだそうです。

なおアトラスという単語は日本語の中にも入り込んでいます。

アトラス(名)〔atlas〕

地図を本の形にまとめたもの。地図帳。

→:マップ。

「三省堂国語辞典 第七版」

世界を支え続けたアトラスはやがて年をとり、その苦行から逃れるため、自らメデューサの首を見て石になったという伝説もあるのだとか。

そんなアトラスの名前は今や世界中の地図帳に冠されています。これは長年の苦行に報いて与えられた名誉の一つなのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


be all mouth

17101501

威勢のいいことばかり言って、行動が伴わない人のことを「あいつは口だけのやつだ」なんていうことがあります。

こういった表現というのは万国共通なのだろうか?と思って調べてみると、少なくとも英語には似たような表現があることがわかりました。

be all mouth

(informal) if you say somebody is all mouth, you mean that they talk a lot about doing something, but are, in fact, not brave enough to do it

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

面白いのは、英語には次のようなロングバージョンもあるということ。

be all mouth (and no trousers)

PHRASE

informal

Tend to talk boastfully without any intention of acting on one’s words.

Oxford Dictionaries

「あいつは口だけでズボンを履いていないやつだ」というのは、結局「口だけのやつだ」と同じ意味らしいのですが、絵を想像すると思わず笑ってしまいそうになります。

何かのきっかけで日本語にも輸入されたらいいのに、と思ってしまうコミカルな表現です。


The rain in Spain stays mainly in the plain.

17101401

オーストラリア英語において today を「トゥデイ」ではなく「トゥダイ」と発音することがある、というのはよく知られた特徴の一つです。

これはすなわち標準英語における /ei/ の音が /ai/ に変化しているということ。

このオーストラリア英語のルーツの一つと言われているのがイギリス、ロンドンのいわゆるコックニー訛りと呼ばれている発音です。

イギリスからオーストラリアに渡ってきた労働者たちの話す英語がそのままオーストラリア英語として継承されてきたということなのでしょう。

このコックニーは、標準的な発音(Queen’s English)に比べて、あまり品のよくない発音であるという扱いを受けてきました。

映画『マイ・フェア・レディ』には、この /ai/ の発音を /ei/ に矯正するシーンが出てきます。

映画の主人公イライザが、発音矯正のために何度も練習させられるのが、

The rain in Spain stays mainly in the plain.

というフレーズ。

よく聞いてみると、この文の中には5つの /ei/ の音が含まれています。

決して早口言葉という訳ではないのですが、きれいに /ei/ の音を出そうとすると、ちょっとたどたどしくなってしまいます。

みなさんはこのフレーズをきちんと発音することができますか?


パンダはどこから

17101301

先日、御徒町から上野までいわゆるアメヤ横丁を歩いていたときのこと。

上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんシャンシャンのグッズが屋台で売られていました。

このパンダという単語を英語辞書で引いてみると次のように出ています。

panda

(also giant panda)

NOUN

A large bearlike mammal with characteristic black and white markings, native to certain mountain forests in China. It feeds almost entirely on bamboo and has become increasingly rare.

Origin

Mid 19th century: apparently from a local language of Nepal.

Oxford Dictionaries

何気なく引いたこの項目で一つ「へえー」と思ったのが、Origin(語源)の欄。

panda はネパール語に由来するとの記載があります。

さらに語源由来辞典を調べてみると、パンダは「竹を食べるもの」を意味するネパール語「ニガリヤ・ボンヤ(ポニヤ)」に由来するという説が有力なのだそう。

パンダとカタカナで書くからには外来語であることに不思議はありませんが、ネパール語とは思いもしませんでした。ネパール語起源の日本語というのは他にあるのでしょうか?


uber

17101101

uber と聞けば、現在世界中に広まっている自動車配車アプリケーションを思い浮かべる人が多いと思います。

この uber という名前はそもそも何に由来するのでしょう?

先日読んだ MacMillan Dictionary Blog の記事にこんな説明が出ていました。

Uber is not just the name of the company behind the phenomenally successful app, of course. Uber- is a very productive prefix meaning ‘very’, ‘total’, or ‘complete’, found in combinations such as uber-cool, uber annoying, uber nerd and uberfan. It is also used as a standalone adjective meaning ‘great’, ‘super’.

Uber | Macmillan Dictionary Blog

なるほど。uber というのは作られた固有名詞ではなく、もともと英語の語彙に存在する一般名詞なんですね。

さっそく辞書を引いて見ると次のように出ていました。

uber-, über-

/úːbər/

[<ドイツ]

接頭

(くだけて)超、最高に:めちゃ

▶uber-cool
めちゃくちゃかっこいい

「ウィズダム英和辞典 第3版」

上記のとおり、uber はドイツ語起源の英単語。

冒頭に紹介した MacMillan Dictionary Blog の記事によると、über というドイツ語はフリードリヒ・ニーチェが『ツァラトゥストラはかく語りき(Also sprach Zarathustra)』の中で提唱した超人(Übermensch)の概念に由来するのだそうです。

ニーチェのツァラトゥストラから現代の自動車配車アプリケーションへ。

そんな思いがけないつながりを教えてくれた MacMillan Dictionary Blog の記事でした。

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


tmesis

17101001

今日紹介するのは tmesis という英単語。

タイトルを見た瞬間、その綴りに違和感を覚えた人もいるでしょう。

その正体はおそらく冒頭の tm の部分。tm で始まる単語というのは珍しいですし、他に存在するのかどうかもわかりません。
(atmosphere のように途中に tm が入る単語ならあります。)

e を一つ挟んで temesis にすれば、自然な綴りに見えるのですが。。。

そんな謎の単語 tmesis の発音は「トゥミースィス」。決して難解な専門用語ではなく、一般的な学習辞書にも掲載されている単語です。

tmesis

noun

the use of a word or words in the middle of another word, for example ‘abso-bloody-lutelyʼ

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

tmesis は「複合語の中に他の単語を挟み込むこと(分語法)」の意味。

例文に出てくる abso-bloody-lutely というのもおもしろい表現ですが、もう少し一般的なところでは次のような表現もあります。

  • whatever + so = what-so-ever
  • myself + own = my own self

こういう言葉の使い方が「あり」ということになると、想像力次第でいくらでもユニークな表現を生み出すことができます。

言葉の広がり、新たな可能性を感じさせてくれる用法ではないでしょうか。


cialis viagra online accutane