cialis viagra online accutane

英語

語形変化を間違えやすい不規則動詞

17032401

write – wrote – written のような不規則変化を伴う英語の動詞には「日常よく使う単語である」という共通点があります。

それだけに最初は覚えるのが大変でも、ある程度学習を進めるうちに自然に身に付いたという人も多いのではないでしょうか。

それでも数ある不規則動詞の中には盲点に入ってしまっているものもあるはず。

今回は上級者でも語形変化を間違えやすいのではないかと思う不規則動詞を独断で4つ選んでみました。

  • hide(隠す)
  • sow(種をまく)
  • flee(逃げる)
  • wake(目が覚める)

もしよければ、続きを読む前にそれぞれの過去形・過去分詞を思い浮かべてみてください。

。。。

それでは順番に見ていきましょう。

 

hide(隠す)

hide – hid – hidden

過去形で[-e]が落ちるというのは、ありそうでないタイプ。

同じ型には bite – bit – bitten もあります。

 

sow(種をまく)

sow – sowed – sown(sowed)

過去形は規則的な[-ed]なのに、過去分詞は不規則な[-n]。

同じ型には show – showed – shown もあります。

 

flee(逃げる)

flee – fled – fled

[-ed]の前の[e]が一つ抜け落ちてしまいました。

なお agree – agreed – agreed の例もあるので、語尾が[-ee]なら[e]が一つ落ちるとは言い切れません。

 

wake(目が覚める)

wake – woke – woken

これは過去分詞を waken と言ってしまいそうになりませんか。

おそらくは take – took – taken のように母音が[a-o-a]と変化する動詞からの類推でしょうか。

 

まとめ

今回は上級者でも語形変化をうっかりしやすいと思う不規則動詞を4つ取り上げてみました。

  • hide(隠す)− hid − hidden
  • sow(種をまく)− sowed – sown
  • flee(逃げる)– fled – fled
  • wake(目が覚める)– woke – woken

もし全部わかった人がいたら、お見事!ということで。


活用形を持たない英語の動詞

17032301

外国語の学習者を悩ませるものの一つに動詞の活用があります。

比較的、語形変化のゆるやかな英語であっても、過去形・過去分詞の変化が不規則な動詞はコツコツと覚えるよりほかありません。(e.g., write – wrote – written)

しかし数ある英語の動詞の中には、いわゆる活用形を持たない動詞も存在します。

その気になる動詞とはこちら。

beware

(used only in infinitives and in orders) if you tell somebody to beware, you are warning them that somebody/something is dangerous and that they should be careful

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

語義の中に used only in infinitives and in orders とあるように、この beware という動詞は原則として不定詞と命令形でのみ使われます。

Motorists have been warned to beware of icy roads.
Beware of saying anything that might reveal where you live.

これはすなわち bewared, bewaring, bewares などの形が存在しないということ。言われてみれば、たしかにそのような形を見た記憶はありません。

おそらく英語の中でもかなり変わり種の動詞なのではないかと思います。


健康を気にし過ぎる人

17031901

この頃、人と会ったときによく話題になるのが「健康」の話。

もし100%健康ならば、健康を意識することはないでしょうから、それを話題にするということはどこか悪いところや心配なところがあるということ。

ただある程度の年になったら悪いところの一つや二つ、上手につきあっていきたいとも思います。

一方、世の中には、あらゆる健康食品や健康法に精通した健康マニアのような人もいます。

もちろんその人が前向きに健康を考えているのならよいことだと思いますが、あまりにも度が過ぎると人生の楽しみまで半減してしまうような気がします。

先日辞書を眺めていたら、そんな人を表すのにぴったりの単語を見つけました。

valetudinarian

NOUN

person who is unduly anxious about their health.

Origin
Early 18th century: from Latin valetudinarius ‘in ill health’ (from valetudo ‘health’, from valere ‘be well’) + -an.

Oxford Dictionaries

valetudinarian は「健康を気にし過ぎる人」を意味する英単語。

語源の欄には「ラテン語に由来し、18世紀初頭から使われている」とあるので、人間のこのような性質は決して現代病ではないということがわかります。

ある意味では「健康を考える」ということそのものが人間の宿痾なのかもしれません。


Indian numbering system in English

photo credit: aotaro Two on Blue via photopin (license)

photo credit: aotaro Two on Blue via photopin (license)

数の呼び方(命数法)というのは地域・言語によって異なります。

日本語はゼロが4つ増えるごとに「万、億、兆」と新しい名前を付けるシステム。

一方、英語はゼロが3つ増えるごとに thousand, million, billion と新しい名前をつけるシステム。

1 one
10 ten
100 a hundred
1,000 a thousand
10,000 ten thousand 一万
100,000 a hundred thousand 十万
1,000,000 a million 百万
10,000,000 ten million 千万
100,000,000 a hundred million 一億
1,000,000,000 a billion 十億

 

また英語の語彙の中には、インドの命数法に由来する次のような単語も存在します。

lakh

Indian

A hundred thousand

Oxford Dictionaries

crore

Indian

Ten million; one hundred lakhs, especially of rupees, units of measurement, or people.

Oxford Dictionaries

lakh は「十万」、crore は「千万」の意味。

インドの命数法では、最初は3桁で区切り、次からは2桁ごとに区切るというルールになっているようです。

1
10
100
1,000
10,000
1,00,000 lakh
10,00,000
1,00,00,000 crore

 

インド英語にはこの lakh と crore 以外にも固有の数詞があるものの、一般的に使われているのはこの二つだけなのだそう。

実際 a hundred million, ten million と言うよりも lakh, crore と言う方が簡単なので、インド以外の地域にも広まったら便利なのではないかと思います。


ghost word(幽霊語)

17031201

私たちが国語辞典や英語辞典を使うとき、そこに書いてある内容は「正しい」という前提で眺めることがほとんどだと思います。

そんな私たちの思い込みに一石を投じるのが ghost word の存在です。

ghost word

A word recorded in a dictionary or other reference work which is not actually used.

Oxford Dictionaries

ghost word というのは「辞書にのっているのに、実際には存在しない単語」のこと。

有名な例としては、1934年に出版された『Webster’s New International Dictionary』の第2版に収録された dord という単語があります。

Wikipedia の dord の項目によると、化学用語の編集者であった Austin M. Patterson という人が “D or d, cont./density.”(density という単語を D の項目に入れる)とメモ書きしておいたところ、その “D or d” の部分が dord という単語として誤認識されてしまったのだそうです。

別の編集者が「この単語はおかしい」と気付いたのは1939年だったそうですから、実に5年間も放置されていたことになります。(なお dord が辞書から削除されたのはさらに先の1947年とのこと。)

ただ改めて考えてみると、私たちが辞書を使うとき「探している単語がのっていない」というのはよくあることですが、すでにのっている単語に対して「この単語はおかしいのでは?」と疑うのは、余程の教養と感性がないと難しいように思います。

そういう意味では、誤ってのせてしまったことをどうこう言うより、その誤りに気付いた編集者こそすごい!と言えるのではないでしょうか。


mt, nt

17031101

一説によると、膨大な数の英単語の中で綴りが[-mt]で終わる単語はたった一つしかないそうです。

その単語とは?

??

??

正解はこちら。

dreamt

(英)dream の過去形・過去分詞

「ウィズダム英和辞典 第3版」

もちろん dream の過去形・過去分詞にはより一般的な dreamed という形もあります。

この dreamt は、語義の中に(英)とあることからもわかるように、主にイギリスで使われている形。

ただこれは他の国ではあまり使われないということであって、イギリス国内だけで見れば、最近は dreamt より dreamed の方が優勢であるとのこと。

またこのイギリス風の[-t]のもう一つの代表選手は次の単語でしょう。

learnt

(英)learn の過去形・過去分詞

「ウィズダム英和辞典 第3版」

この[-t]は当然どんな動詞にも付けることができるという訳ではありません。

例えば dream と同じ[-eam]で終わる動詞には scream(叫ぶ)がありますが、こちらには screamt という形はありません。また learn と同じ[-arn]で終わる動詞には earn(稼ぐ)がありますが、こちらには earnt という形はありません。

あくまで単語ごとにルールが決まっているのは、いかにも不規則好きな英語らしいと思います。


cialis viagra online accutane