cialis viagra online accutane

英語

英語辞書の最後に出てくる単語は何か?

17070301

先日、世界最大の英語辞書『Oxford English Dictionary』の最後に出てくる単語が、6月のアップデートで変更になったというニュースがありました。

アップデート前の最後の単語はこちら。

zythum

NOUN

In ancient Egypt: a kind of malt beer.

Oxford Dictionaries

アップデート後の最後の単語はこちら。

Zyzzyva

NOUN

Zoology

A genus of tropical weevils (family Curculionidae) native to South America and typically found on or near palm trees. Also (in form zyzzyva): a weevil of this genus.

Oxford Dictionaries

ただこの Zyzzyva をすでに見出し語として掲載している辞書はいくつか存在します。

例えば『ランダムハウス英和大辞典』もその一つ。

zyzzyva[zízivə]

n. 熱帯アメリカ産のゾウムシの一種;農作物の害虫

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

ただしランダムハウスには zyzzyva よりも後に出てくる英単語があります。

例えばこんな単語。

ZZZ[zː; zíːzíːzíː]

グーグーグー(いびきの音)、ブンブン(ハチなどの羽音)、ガーガー、ブーン(動力のこぎりなどの音)。

◆すべての buzz の音を表し、時に BZZZ となる。しばしばただZともする。⇒Z1,Z’S,ZIZZ (また z-z-z,zzz,zzz-zzz-zzz)

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

この zzz は日本の大抵の学習英和辞典に出ているので、最後の単語と聞いてこの単語を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

しかしランダムハウスには zzz よりもさらに後に出てくる単語が一つだけあります。

ZZZAT[zːǽt]

interj. ゴロゴロドカーン、ガラガラドシーン(雷の音)、バリバリ(放電·電撃の音)。(また ZZZT)

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

手持ちの辞書を調べた範囲では、これより後に来る単語を見つけることはできませんでした。

なお Wiktionary には次の項目もあるのですが、これは活用形なので、ランキングには入れないのが妥当でしょう。

zzzed

simple past tense and past participle of zzz

「Wiktionary」

ZZZAT の地位を脅かす可能性があるのは、さきほど紹介した zzz の語義の中で zzz の異綴として紹介されている zzz-zzz-zzz でしょうか。

これが見出し語になったら、もはや他の単語に勝ち目はなさそうに思います。

それとも「破られない記録はない」という言葉の通りに、いつか脅威の新人が登場してくるのでしょうか。

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


秘密の動物学

17070201

英語で「動物学」は zoology。そういった学問の道に進む人というのは、子どもの頃から動物が大好き!という人が多いのかもしれません。

ただ動物は動物でも、この世界に存在が確認されていない動物、例えば、河童・ツチノコ・雪男などにどうしようもなく心惹かれてしまう人は zoology の道に進むことはできないのでしょうか?

しかし豊かな英単語の世界には、こんな言葉も用意されていました。

cryptozoology

NOUN

mass noun The search for and study of animals whose existence or survival is disputed or unsubstantiated, such as the Loch Ness monster and the yeti.

Oxford Dictionaries

[crypto-]は「秘密の、隠れた」を意味する接頭辞で、cryptozoology は「未確認動物学」の意味。

上記の語義に出てくるネッシーやイエティなど、まさに存在が確認されていない動物を研究するための学問です。

もちろん現実の世界においては、この cryptozoology が正式な学問とみなされることはないでしょう。

しかし少なくとも「ことば」の世界というのはそのような規範から自由であるということを、この cryptozoology のような単語は私たちに示しています。

私たちのことばは自由であり、ことばが自由であるということは私たちの生もまた自由である。そんな教訓をたった一つの単語からも学ぶことができる、というのは言い過ぎでしょうか。


grrrl

17070101

英語辞書を眺めていたらこんな面白い英単語を見つけました。

grrrl (also grrl)

NOUN

A young woman regarded as independent and strong or aggressive.

Oxford Dictionaries

grrrl は「自立した強い女性」の意味。

語源の欄には grrr(動物の吠える声)と girl(女の子)を混ぜた単語と説明されています。

Origin

1990s: blend of grrr, representing the sound of an animal growling (and thus human anger) and girl, originally a variant of girl in riot girl.

この grrrl は[r]が三つ並んでいるという点、そして母音がないという点において珍しい単語。

気になるのはその発音ですが、音声は引用元の Oxford Dictionaries のサイトで聞くことができます。

何となく girl に近い音にも聞こえますが、実際には次のような違いがあります。

girl /ɡəːl/
grrrl /ɡrrl/

grrrl の方は綴りだけでなく、発音記号にも母音がありません。

[r]の発音が苦手な人にとっては、最も発音の難しい単語なのではないでしょうか。


さいころの123456

17062701

きのうに続いてさいころのお話。

die or dice?

一般的なさいころは、立方体の六つの面に1〜6の数字が割り当てられています。

この数字を英語で読めば、もちろん one, two, three, four, five, six。

たださいころの数字を表すときには、ちょっと古めかしい次のような単語を使うこともできます。

1 ace
2 deuce
3 trey
4 cater
5 cinque
6 sice

 

これらの単語は古フランス語に由来しますが、よく見ると現代フランス語(un, deux, trois, quatre, cinq, six)との類似性があることもわかります。

またこの中にはフランス語を知らない人でも、おそらく聞いたことがある単語も含まれています。

1の ace はトランプのエース、テニスのサービスエース、野球のエース(ピッチャー)など様々な文脈で使われますし、2の deuce もテニスやバレーボールのデュースで使われています。

*ただしサービスエースは和製英語。英語では単に ace と言うようです。

ところで ace というのは考えてみれば不思議な単語。

さいころを振って1が出たらがっかりする人がほとんどでしょうが、それが ace と呼ばれたとたんに急に価値が高まったように感じます。

もっともそれがすごろくなら1マスしか進めないことに変わりはない訳ですが。


die or dice?

17062601

「さいころ」を Google 翻訳で英訳すると次のように変換されます。

さいころ → dice

しかしこの dice というのはもともと die という単語の複数形。

この die を使った有名なフレーズはやはりこちらでしょう。

The die is cast.(賽は投げられた。)

さいは投げられた 句

〔カエサルがルビコン川をわたってローマに進軍するときに言ったという〕一度こうしようと決めた以上、最後までやりぬくほかはない。やることはもはや決定した、ということ。

「三省堂国語辞典 第七版」

die はもちろん「死ぬ」を意味する動詞の die と綴りは同じ。

そのため、さきほどのフレーズでは「さいころ」を意味する die が迫り来る死を暗示するダブルミーニングになっているような印象を受けます。

ただカエサルが話していたのは英語ではなくラテン語ですから、これは偶然の一致。

英訳の際に思いがけずこのような意味の重なりができたということなのでしょう。

それはそれで何だか神秘的な話ではないでしょうか。

さて話は戻って現代へ。

現代英語においては、die をさいころの意味で使うことはほとんどなく、単数・複数ともに dice を用いることがほとんど。

ただ現代の英語学習者にとっては「単数・複数ともに dice」というのは「dice の単数形は die」と同様に紛らわしいルールではあります。

いっそ複数形を dices にしてくれれば間違いは減ると思うのですが、そうならないところが不規則好きの英語らしいとも思います。


長いことは悪いこと?

17061901

「長い」を意味する英単語 long の名詞形は何でしょう?

??

と聞かれると、ちょっと迷う人もいるかもしれません。

正解はこちら。

length

NOUN

The measurement or extent of something from end to end; the greater of two or the greatest of three dimensions of an object.

Oxford Dictionaries

long(長い)→ length(長さ)という対応関係は綴りが変化しているので、頭の中でペアになりづらいように思います。

それではこの length という単語の形容詞形は何でしょう?

もちろん long と答えてもよいのですが、length にはたった一文字を足しただけのこんな派生語もあります。

lengthy

ADJECTIVE

(especially in reference to time) of considerable or unusual length, especially so as to be tedious.

Oxford Dictionaries

long(長い)→ length(長さ)→ lengthy(長い)と並べてみると、long と lengthy の違いは何なのだろうということが気になります。

辞書によると lengthy という単語は大抵「長過ぎる」というマイナスの意味で使われます。(e.g., lengthy speech)

一方の long はそのような含みのない中立的な単語と言えるでしょう。

単語の成り立ちを考えれば lengthy の方が中立的な意味になってもよさそうなのに、このような意味の分かれ方になっているのはなぜなのか? 一考に値する面白い現象だと思います。


cialis viagra online accutane