cialis viagra online accutane

英語

scapegoat(スケープゴート)

17090201

scapegoat

a person who is blamed for something bad that somebody else has done or for some failure

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

スケープゴート(名)〔scapegoat= いけにえのヤギ〕

ほかの人の身代わりに罪・責任をかぶせられる人。

「ーにされる」

「三省堂国語辞典 第七版」

英語でも日本語でも使われる scapegoat(スケープゴート)というのはもともと「いけにえのヤギ」のこと。

先日書店で見つけた『はじめての聖書』という本を読んでいたら、冒頭の「羊」という章にこの表現の由来が出ていました。

羊ではなく山羊ですが、「贖罪の山羊」(スケープゴート)の習慣もありました。年に一回、雄の山羊をクジで選び出し、祭司が山羊の頭に手をおいて、人びとの罪をなすりつけます。そして、荒野に放つ。罪のない山羊が、人びとの犯した罪を背負って身代わりになるのです。

「はじめての聖書」P.16

いけにえとは言っても、屠られてしまうのではなく、頭を触られるだけなんですね。

ただ荒野に放たれた山羊がその後どうなってしまうのかは気になります。。。

ところでこの scapegoat に限らず、英語には聖書に由来する表現が数多くあります。

また言葉だけでなく英語圏の文化をよりよく理解するためにも、キリスト教についての基礎知識を持っておくメリットはあるでしょう。

さきほど引用した『はじめての聖書』はいきなり聖書そのものを読むのはハードルが高いという人におすすめの入門書。

誰でも名前だけは聞いたことがあるような聖書のトピックを39の短いストーリーにまとめてあります。

内容が分かりやすく、すーっと頭に入ってくるので、毎晩寝る前に少しずつ読み進めているところです。気になる人はぜひ書店で手に取ってみてください。

 

はじめての聖書 (河出文庫)
橋爪大三郎
河出書房新社 (2017-05-08)
売り上げランキング: 306,147

かぼちゃと pumpkin は別のもの?

17083101

今日8月31日は野菜の日(831=やさい)なのだそうです。

最近一番良く食べている野菜と言えばかぼちゃでしょうか。

スーパーで4分の1のものを買ってきて、一口大に切って、かつおぶし、さとう、みりん、しょうゆでぐつぐつ煮ます。

その日に食べきれない分は冷蔵庫へ入れておけば2〜3日くらいは大丈夫。

さてそんな「かぼちゃ」は英語で何と言うのでしょう?

??

と聞かれたら、もちろんほとんどの人は pumpkin と答えると思います。

ただ pumpkin には皮がオレンジ色のかぼちゃというイメージがありませんか。

ハロウィンのジャック・オ・ランタン(jack-o’-lantern)に使われている、あのかぼちゃのイメージですね。

実際、Google 画像検索で pumpkin と検索すると、表示されるのは主にオレンジ色のかぼちゃで、日本で食べられているような緑色のかぼちゃではありません。

ということは、厳密には「かぼちゃ=pumpkin」ではないということ。

あれこれ辞書を調べてみると、Wiktionary では英語としての kabocha が見出し語になっていました。

kabocha

A variety of Japanese winter squash, from species Cucurbita maxima.

Synonyms

(Japanese winter squash): Japanese pumpkin, kabocha squash

「Wiktionary」

これを見る限り、英語圏の人にとって私たちが「かぼちゃ」と呼んでいる野菜は pumpkin ではなく Japanese pumpkin, kabocha squash あるいは kabocha と呼ばれる別の野菜であるという認識なのかもしれません。

オレンジのかぼちゃは食べたことがないので味の違いまではわからないのですが、いったいどんな味なのでしょう?


FLOTUS

17083001

アメリカのトランプ大統領とメラニア夫人が洪水の被害にあったテキサス州を訪れたとき、メラニア夫人が FLOTUS というロゴの入ったベースボールキャップをかぶっていたことが批判されているというニュースが流れています。

FLOTUS は「アメリカのファーストレディー」を意味する単語であるとのこと。

そんな単語は聞いたことがなかったので、辞書を引いてみました。

FLOTUS

NOUN

US
informal

The First Lady of the United States.

Origin
1980s: acronym.

Oxford Dictionaries

なるほど。FLOTUS というのは The First Lady of the United States のアクロニム(頭字語)だったんですね。全て大文字で書かれていたのに気が付きませんでした。

FLOTUS という綴りは子音と母音の配列がとても自然なので、特に flotus と小文字で書かれたりしたら、アクロニムであることに気が付かない人も多いのではないでしょうか。

英語には例えば radar や scuba のように、もともとアクロニムだったものが一般の単語として英語の中に定着したというケースもあります。

radar = Radio Detection And Ranging
scuba = Self Contained Underwater Breathing Apparatus

これらの共通項はやはり子音と母音の配列が自然であるということ。そういう意味で FLOTUS もやがて小文字で書かれるような一般の単語になる可能性を秘めているのかもしれません。

それにしても大統領夫人のように、常に一挙手一投足が監視される立場の人は本当に大変だと思います。

被災地訪問というデリケートな場面だったとはいえ、FLOTUS の帽子をかぶったくらいであれこれ言うこともないのではないかと思いました。実際に彼女が The First Lady of the United States であることは間違いないのですから。

ちなみにさきほどメラニア・トランプさんのツイッターを見てみたら、アカウントが @FLOTUS であることを発見。やはり FLOTUS という単語が好きなのでしょうか?


車で仕事へ

17082801

ふとこんな穴埋め問題を考えてみました。

I go to work            car.(私は車で仕事へ行く。)
I go to work            my car.(私は私の車で仕事へ行く。)

空欄に入る単語は次のとおり。

I go to work  by  car.(私は車で仕事へ行く。)
I go to work  in  my car.(私は私の車で仕事へ行く。)

これらの文を生成するとき、ネイティブスピーカーの頭の中にはいったいどのようなイメージが浮かんでいるのでしょう?

例えば、上の文では車という「手段」に力点があり、下の文では私という「所有者」に力点がある。そんな説明を考えた人もいるかもしれません。

ただ文脈にはよるものの、改めて考えてみると I go to work in my car. と言うときにも、普通なら「所有者」より「手段」に力点があるのではないでしょうか。

それならば、なぜ by と in という二つの前置詞を使い分けるのでしょう?

そしてこの二つが入れ替わったときに「おかしい」と感じる感覚はいったいどのようなものなのでしょう?

そのあたりをつらつらと考えてみたのですが、どうもよくわかりません。

さらにこんな穴埋め問題はどうでしょう?

I went to New York            plane.(私は飛行機でニューヨークへ行った。)
I went to New York            my plane.(私は私の飛行機でニューヨークへ行った。)

こちらの空欄に入る単語は次のとおり。

I went to New York  by  plane.(私は飛行機でニューヨークへ行った。)
I went to New York  on  my plane.(私は私の飛行機でニューヨークへ行った。)

飛行機の場合は in の代わりに on を用います。やはり英語の前置詞は難しい。。。


pen pal

17082701

pen pal

noun

(especially North American English)

(British English also penfriend)

a person that you make friends with by writing letters, often somebody you have never met

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

pen pal というのは、21世紀の現在においてはやや古めかしい響きのある単語かもしれません。

もちろん手紙には手紙の味わいがあるのだと思いますが、文字によるコミュニケーションの主流は手紙から email や SNS へと移り変わってきました。

そんな時勢を反映して、次のような表現も生まれているようです。

keypal

NOUN

informal

A person with whom one becomes friendly by exchanging emails; an email penfriend.

Oxford Dictionaries

この定義では「keypal = メールのやりとりを通して親しくなる人」ということになっています。

しかし現代における pen pal というものを改めて考えてみると、特定の人とメールなどで closed なメッセージのやりとりをするより、複数の人とインターネット上のプラットフォームで open なメッセージをやりとりする方が主流になっているような気もします。

そんな現実を反映しつつ、keypal の後継になるのはいったいどのような単語でしょう?


「第三火曜日」は英語で何と言う?

17082201

うちの地域では、いわゆる「燃えないごみ」は毎月第三火曜日に出すことになっています。

これがなかなか曲者で「燃やすごみ」のように毎週月曜日や毎週木曜日なら覚えていられるのですが、第三火曜日というのはつい忘れてしまいがち。

しかも一度忘れてしまうと、一か月は捨てるチャンスがないので、玄関の片隅にごみが置かれたままになってしまいます。

そんなこともあり、今月からスマホのリマインダーアプリに燃えないごみの日を登録。無事、ごみ出しに成功しました。

ところで、この「第三火曜日」というのは英語でどのように表現するのでしょう?

??

第一感、Tuesday of week three のように前置詞を使った表現がひらめいたのですが、調べてみるとよりシンプルに、

third Tuesday

でよいことがわかりました。

第一火曜日なら first Tuesday、第二火曜日なら second Tuesday となります。

言われてみれば当たり前なのですが、こういう表現ってなかなかパッと出て来ないような気がします。

英語で燃えないごみの日を聞かれたら、◯◯!と即答できるようになりたいものです。

(そしてごみ出しも忘れないように。)


cialis viagra online accutane