cialis viagra online accutane

英語

「ぬいぐるみ」は英語で何と言う?

photo credit: Nanagyei Usual Suspects via photopin (license)

photo credit: Nanagyei Usual Suspects via photopin (license)

ぬいぐるみ【縫いぐるみ】

  1. 綿などをくるんで縫い合わせること(合わせたおもちゃ)。
  2. 〔芝居で〕からだ全体を包む、動物役の衣装。

「新明解国語辞典 第七版」

「ぬいぐるみ」という日本語には、それが指し示すものにふさわしい素敵なリズムがあります。

日本語の母語話者ならその一語で、動物たちの愛嬌のある顔立ちやふわふわの手触りなど、さまざまなイメージ・質感を共有することができるでしょう。

ただしもしあなたが大のぬいぐるみ好きで、ぬいぐるみのことを英語で話したい!というときには、ちょっと苦労するかもしれません。

そもそも「ぬいぐるみ」は英語で何と言うのでしょう?

和英辞書によく出ているのは stuffed animals という表現。くまのぬいぐるみなら stuffed bear、うさぎのぬいぐるみなら stuffed bunny です。

ただぬいぐるみというのは必ずしも動物だけではないので、この表現ではアンパンマンのぬいぐるみはカバーできません。

そこでもう少し守備範囲の広い表現として stuffed toy, soft toy などもあります。

ただこれらの表現も、私たちが「ぬいぐるみ」という固有の単語で共有しているものとは、少し離れているのだろうなあと想像します。

もちろんある言語における単語Aと別の言語における単語Aが厳密にイコールになるということはありません。それでもぬいぐるみという単語はその距離を埋めるのが特に難しい単語のように思います。

ぬいぐるみが好きな人なら、おそらく同意してもらえるのではないでしょうか?


続・虫歯のはなし

前回書いた虫歯の話の続きです。

虫歯のはなし

結局、痛みは引かず、近所の歯医者へ。かなり深い虫歯だったようで、神経を抜く処置になってしまいました。初回の治療は無事終わり、今は痛みもなし。ほっと一息ついているところです。

ところで「歯が痛い」というのは、英語でどのように言うのでしょう?

一般的なのは次の表現かもしれません。

I have a toothache.

この toothache(歯痛)という単語に関して、英語の語法書『Practical English Usage』に面白い説明がのっているので該当部分を引用してみます。

The names of illnesses are usually singular uncountable in English, including those ending in ‑s.

If you’ve already had measles, you can’t get it again.
There’s a lot of flu around at the moment.

The words for some minor ailments are countable: e.g. a cold, a sore throat, a headache. However, toothache, earache, stomach-ache and backache are usually uncountable in British English. In American English, these words are generally countable if they refer to particular attacks of pain. Compare:

I’ve got toothache. (BrE)
I have a toothache. (AmE)

この説明のポイントをまとめると次のようになります。

  1. 一般に病気の名前というのは数えられない。(e.g., flu)
  2. ただし軽い病気の名前は数えられる。(e.g., a cold)
  3. 歯痛(toothache)、耳痛(earache)、腹痛(stomach-ache)、背痛・腰痛(backache)は、イギリス英語では数えられない、アメリカ英語では数えられる。

この説明によると、’I have a toothache.’ という表現はアメリカ英語ということになります。

ただちょっと気になったのは、二本の歯が同時に痛いときにはどのように表現するのだろう?ということ。

I have two toothaches.

こんな表現はありでしょうか?

 
Practical English Usage Practical English Usage
価格: ¥5,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


nice な感じ?

16123001

You look nice in that dress.

のように日常会話でよく使う nice。「素敵!」という気持ちをストレートに伝えたいときにはとても便利な単語です。

そんな日常使いの単語 nice に次のような派生語が存在することをご存知でしょうか?

niceish

Somewhat or rather nice.

「Wiktionary」

niceish

quite nice, fairly nice

「Collins Dictionary」

niceish は形容詞の nice に接尾辞の[-ish]を付けた英単語。

この単語の意味を「nice より nice」と定義する辞書もあれば、「まあまあ nice」と定義する辞書もあって、その意味するところはやや曖昧。

ただ頑張って日本語にすれば「nice な感じ」くらいのニュアンスでしょうか。

素直に nice と言えばいいのに、つい nice…ish と言ってしまう感覚は、もしかしたら日本人のメンタリティに近いものかもしれません。


we honor those we lost − オバマ大統領の真珠湾スピーチより

photo credit: sergecos Mer matinale. Explore. via photopin (license)

photo credit: sergecos Mer matinale. Explore. via photopin (license)

昨日より新潟の実家に帰省しています。

朝起きて、新潟日報の朝刊をぱらぱらとめくっていたら、安倍首相とオバマ大統領の真珠湾スピーチの全文が掲載されていました。それぞれの英訳と和訳も付いています。

安倍首相とオバマ大統領の演説全文|新聞関連記事|新潟日報モア

政治的な云々をここで語ることはしませんが、とても詩的で力強いスピーチだというのが率直な第一印象。

また翻訳の仕方に注目しながら読んでいたところ、目に付いたのがオバマ大統領のスピーチの締めくくり部分。

Here in this quiet harbor, we honor those we lost, and we give thanks for all that our two nations have won − together, as friends.

(この静かな湾でわれわれは友人として共に、亡くなった人々を悼み、両国が勝ち取ってきたもの全てに感謝をささげる。)

原文で ‘we honor those we lost’ となっている部分が和訳では「亡くなった人々を悼み」となっています。

honor の原義は「敬意を表する」ですので、日本語の「悼む」とはかなりニュアンスが異なります。

*日本語の「悼む」に近い単語には、mourn という動詞があります。

本来なら同じ意味を伝えるべき対訳において、なぜこのようなズレが生まれてくるのでしょう?

もしかしたら、ここに両国の政治的な思惑のようなものを読み取ることも可能なのかもしれません。

ただそれ以上に感じるのは、それぞれの言語において「こういう場面ではこういう表現をする」という規範の問題です。

実際オバマ大統領のスピーチを初めから読んでいくと、さきほどの文にしっくり来るのはやはり mourn より honor だろうと感じます。

一方、和訳を初めから読んでいくと、さきほどの文にしっくり来るのはやはり「敬意を表する」より「悼む」だろうと感じます。

結局どのような単語も、その単語が使われている文脈や文化から離れて存在できる訳ではありません。そこには逐語訳というものの限界があります。

そのような差異に向き合う翻訳というのは、それだけに難しく、創造的な仕事なのでしょう。


snow & white

photo credit: Axiraa - back very soon Last day of White Kingdom, 5 via photopin (license)

photo credit: Axiraa – back very soon Last day of White Kingdom, 5 via photopin (license)

東京から新潟へ向かう新幹線の中でこのブログを書いています。

道中の関越トンネルに差し掛かるといつも思うのは、トンネルを抜けたら雪はどれくらいあるのだろう?ということ。

時折、帰省するだけの気楽な立場の人間としては、雪景色を楽しみにしているような気持ちもあります。

ところで、みなさんは雪というものに対して本質的にプラス・マイナスどちらのイメージを持っていますか? 

おそらく、スキーやスノーボードを趣味にしている人はプラスのイメージでしょうし、豪雪地帯に住んでいる人はマイナスのイメージかもしれませんね。

そんな雪を意味する英単語 snow には、もう一つの思いがけない意味があります。

snow

verb

  1. when it snows, snow falls from the sky
  2. snow somebody (North American English, informal) to impress somebody a lot by the things you say, especially if these are not true or not sincere
He really snowed me with all his talk of buying a Porsche.

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

2の snow は「だます」の意味。

なぜ snow がこのような意味になるのでしょう? 白い幕で現実を覆い隠すというイメージなのでしょうか?

子どもの頃から雪に馴染んできた身としては今ひとつ納得できないところもあるこの用法。

ただ英語には「悪意のない嘘」を意味する white lie と言う表現があるように、white という色はイノセンスの象徴でもあります。

よって snow という単語に「現実を覆い隠す」というイメージがあるなら、いっそそのことをプラスの意味に転換できないかと思ったりもするのですが、果たしてどうでしょうか?

 
オックスフォード現代英英辞典 公式アプリ日本版 オックスフォード現代英英辞典 公式アプリ日本版
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


interrobang

photo credit: shaire productions Free Flower Art Download via photopin (license)

photo credit: shaire productions Free Flower Art Download via photopin (license)

What are you doing?(何をしているの?)
What are you doing!(何をしているの!)

同じ文でもクエスチョンマーク(?)を使えば質問になり、エクスクラメーションマーク(!)を使えば驚きになります。

それでは驚きつつ、質問をしたい時にはどうしたらよいのでしょう?

一つ考えられるのは、?! や !? のように二つの記号を並べる方法。

What are you doing?!(何をしているの?!)
What are you doing!?(何をしているの!?)

あるいはいっそ重ねてしまうという方法も。

この見慣れない記号はインテロバング(interrobang)と呼ばれています。

interrobang

NOUN

A non-standard punctuation mark (‽) indicating a question expressed in an exclamatory manner, as in what are you doing‽.

Oxford Dictionaries

インテロバングだらけの波瀾万丈な人生と、インテロバングの全くない落ち着いた人生では、いったいどちらが幸福なのでしょう? なぜかそんなことを考えてしまいました。


cialis viagra online accutane