cialis viagra online accutane

英語

「一昨日」を一語で表す英単語

13120701

英語で「一昨日」は(the)day before yesterday。

日本語のようにさくっと一語で表すことはできず、きのうの前の日という言い方になるんですね。

。。。と思っていたら、先日OED(Oxford English Dictionary)のツイッターで「一昨日」を一語で表す形容詞が紹介されていました。

nudiustertian (not comparable)

(rare, obsolete) Of the day before yesterday.

『Wiktionary』

nudiustertian の発音は「ヌディウスターシャン」という感じ。Wiktionary には次のような語源ものっています。

From Latin nudius tertius, which is formed from the phrase nunc dies tertius est, (now is the third day).

もともとの語源が now is the third day から来ているというのはおもしろいですね。

third を意味するラテン語の tertius は、現代の英語でも tertiary という単語として残っています。

  • tertiary education(高等教育)
  • tertiary industry(第三次産業)

しかし nudiustertian の語義の欄には obsolete(すたれた)という表示がありますし、もちろん今でも一般に使われている語彙ではありません。

しかし一昨日を一語で表せる英単語があるというのは何だか新鮮な感じがします。

さらに調べていると、こんな単語も見つけました。

ereyesterday (not comparable)

(obsolete) On the day before yesterday.

『Wiktionary』

ereyesterday の発音は「エアイエスタデイ」。さきほどの nudiustertian は形容詞ですが、こちらは副詞。

ere は before を意味する古い英単語。よって ereyesterday(=before yesterday)という構造になっています。

それにしてもこのような「一昨日」を意味する英単語がすっかり使われなくなってしまったのはなぜでしょう?

英語で「おととい来やがれ」と言うことはないのでしょうか?(ないだろうなあ。。。)と思っていたら、『ウィズダム英和辞典』にこんな表現がのっていました。

おととい来い(=二度と来るな)

Come when two Sundays meet.

おととい来るのも相当難しいですが、日曜日が二つ重なる日に来るのも同じくらい難しそうです。

以上、言葉の世界には本当にさまざまな表現があるなと思わせてくれる「一昨日」の世界を紹介してみました。


vexillographer − 旗を作る人

好きなことを職業にできる人は幸福だと言われます。

しかしそのように言うとき念頭に置かれているのは、例えばサッカー選手やパティシエなど既存の職業であることがほとんど。

好きなことと言っても、どら焼きを食べることや、あやとりをすることが念頭に置かれている訳ではありません。

しかし数は少ないかもしれませんが、この世界には職業を「発明」した人もいるはずです。

既存の枠組みにとらわれず、情熱の赴くままに人生の舵を切った人々の通った後に、現在の職業という道があるのかもしれません。

オーストラリアの日刊紙『The Daily Telegraph』のホームページによると、なんと旗を作ることを職業にした人がいるとのこと。

After 40 years, John Vaughan has successfully had vexillographer listed in the dictionary | Local NSW News | thetelegraph.com.au

Mr Vaughan is a vexillographer, someone who studies the history of flags and designs them, with more than 5000 flags in his collection. Next year, the words vexillographer and vexillography will be added to the Macquarie Dictionary.

(Vaughan氏は、旗の歴史を学び、旗をデザインする「旗作家」である。彼は5,000以上の旗をコレクションしている。来年、旗作家(vexillographer) と旗学(vexillography)という単語はマッコーリー辞書に加わる予定である。)

vexillographer に「旗作家」という訳語がふさわしいのかどうかはあまり自信がありません。

「写真家」や「画家」に対して「旗家」でもよいのかもしれませんが、これだと字面を見ても何をする人なのかよくわかりませんね。

あるいは旗を作る人がぐんと増えれば「旗家」を定着させることができるかもしれませんが、この世界がそれほど多くの旗を必要としているようにも思えません。

いずれにしてもこの世界にはさまざまなことに情熱を燃やす人がいるもの。

好きなことを仕事にし、なおかつその仕事が辞書の項目になるというのは、歴史に名を残すのと同じくらい名誉なことではないでしょうか。


「人間ドック」は英語で何と言う?

photo credit: blmiers2 via photopin cc

photo credit: blmiers2 via photopin cc

昨日、人生で初めての人間ドックに行ってきました。

初めてのバリウム検査にちょっと緊張します。

結果、バリウムを飲むこと自体は全く問題なかったものの、上下左右に動く撮影台の上で「体を二回転してください」とか「45度右に傾いてください」などの指示に応じるのがなかなか大変。何度もずり落ちそうになりながら、何とか完遂しました。

ところで人間ドックというのは、よく考えてみると不思議な名前ではないでしょうか。

ドックというのは、英語の dock に由来します。

dock

a part of a port where ships are required or where goods are put onto or taken off them

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

船を修理・点検したり、荷物の積み降ろしをしたりする場所のことなんですね。

そういえば昔は、人間ドッグ(dog)ってどういう意味なんだろう?と思っていたこともありました。

なお人間ドックというのは、いわゆる和製英語なので、そのまま human dock などと言っても英語圏の人には通じないようです。

Google翻訳で「人間ドック」を英訳すると Health screening と変換されました。

この他、

  • complete physical examination
  • general checkup
  • thorough medical checkup

などの英訳が当てられるようです。

またGoogle翻訳で「人間ドック」をフィンランド語訳すると terveystarkastus と変換されました。

こちらは terveys(健康)と tarkastus(点検、検査)の複合語。

健康検査というのはややそっけない言い方だなと思って調べてみると、人間ドックのような検査システムはそもそも日本固有のものなのだとか。

よって海外の人に説明するときには、対応する訳語を探すより、やや説明的な表現(e.g., complete physical examination)を使った方がよいのかもしれません。

場合によってはそもそも人間ドックというものは。。。というところから話し始める必要もあるでしょう。大変ですが、腕の見せ所です。


The Three-Cornered World − 漱石の『草枕』を英語で読む

13120101

海外のある程度大きな書店に行くと、Literature(文学)の棚に日本の小説の翻訳を見かけることがあります。

そのタイトルを見て「こんな風に訳すのか」と関心したり、驚いたりすることも。

例えば夏目漱石の中・長編小説の一般的な英訳は次のとおり。

吾輩は猫である I Am a Cat
坊っちゃん Botchan
草枕 The Three-Cornered World
二百十日 The 210th Day
野分 Nowaki
虞美人草 The Poppy
坑夫 The Miner
三四郎 Sanshiro
それから And Then
The Gate
彼岸過迄 To the Spring Equinox and Beyond
行人 The Wayfarer
こころ Kokoro
道草 Grass on the Wayside
明暗 Light and Darkness, a novel


なるほど!というものもあれば、どうにも訳せないので日本語そのままになっているもの(坊っちゃんなど)もありますね。

『行人』の wayfarer という単語は初めて見たので、辞書で調べてみました。

wayfarer

a person who travels from one place to another, usually on foot.

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

way は「道」、fare は「旅をする」の意味。

少し古風で『行人』という語感にはぴったりの単語かもしれません。

もう一つ気になったのは『草枕』の英題 The Three-Cornered World。

一見すると原題と全く関係ないタイトルです。この名付けの由来について、翻訳者のアラン・ターニー(Alan Turney)は、Introduction の中で次のように述べています。

Kusa Makura literally means The Grass Pillow, and is the standard phrase used in Japanese poetry to signify a journey. Since a literal translation of this title would give none of the connotations of the original to English readers, I thought it better to take a phrase from the body of the text which I believe expresses the point of the book.

(『草枕』の文字通りの意味は The Grass Pillow であり、日本の詩歌で「旅」を表す一般的な表現である。この表題を文字通りに訳しても、英語圏の読者には含意が伝わらないであろうから、私がこの作品の核心を表していると思うフレーズを本文から抜粋した方がよいと思った。)

『The Three-Cornered World − Introduction』*日本語は拙訳

ここでターニーが核心部分と呼ぶ『草枕』の一節とその英訳は次のとおり。

して見ると四角な世界から常識と名のつく、一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう。

an artist is a person who lives in the triangle which remains after the angle which we may call common sense has been removed from this four-cornered world.

ここで少し個人的な話をすると、この『草枕』は学生のときに読んだものの、当時は漢文調の文体にあまりついていけず、半分も理解できたかどうかあやしいという感じでした。

しかし妙に心残りなところがあり、いつかもう一度読みたいと思っていたのです。

なお『草枕』で最もよく引用されるのは冒頭の部分でしょう。この部分だけは今でもよく覚えています。

山路を登りながら、こう考えた。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。

Going up a mountain track, I fell to thinking. Approach everything rationally, and you become harsh. Pole along in the stream of emotions, and you will be swept away by the current. Give free rein to your desires, and you become uncomfortably confined. It is not a very agreeable place to live, this world of ours.

それにしても流れるようなきれいな英語ですね。

正直、漱石の原文を見ても、どのように英訳したらよいのか皆目見当が付きませんが、素人なりにこの英文には唸らされました。

原文の意を損なわずに、リズムのある美しい英文を作り出しています。

英語で全文を通読するのは大変だとしても、日本語で一度『草枕』を読んでいる人なら、ところどころパラパラとページをめくってみるのもおもしろいと思います。
 

Three-Cornered World
Three-Cornered World
posted with amazlet at 13.12.01
Tuttle Publishing (2011-12-20)

curmudgeon(気難し屋)のはなし

photo credit: guidedbycthulhu via photopin cc

photo credit: guidedbycthulhu via photopin cc

このブログでは時々、英単語の語源を話題にすることがあります。

しかし数多い英単語の中には、その履歴がはっきりしないものも珍しくありません。

そんな語源不詳の単語の一つが curmudgeon

curmudgeon

a bad-tempered person, often an old one.

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

英和辞典の訳は「気難しい人」「意地の悪い人」などなど。どこかユーモラスな響きのある単語ですね。

curmudgeon の語源については、イギリスの文学者サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson)の英語辞典(A Dictionary of the English Language)にフランス語の coeur merchant(evil heart)に由来するという記載があります。

しかし現在ではこの説にはあまり信憑性がないと見られているようです。

curmudgeon (n.)

1570s, of unknown origin; the suggestion, based on a misreading of a garbled note from Johnson, that it is from French coeur mechant “evil heart” is not taken seriously; the first syllable may be cur “dog.” Liberman says the word “must have been borrowed from Gaelic (and references muigean “disagreeable person”), with variant spelling of intensive prefix ker-. Related: Curmudgeonly.

『Online Etymology Dictionary』

ところで、もしあなたのまわりに憎めない curmudgeon がいるなら、こちらの National Curmudgeon Day に関するホームページを紹介してあげるとよいかもしれません。

National Curmudgeon Day – Put on Your Grumpy Face

2014年の National Curmudgeon Day は1月29日とのこと。

ホームページには、よりよい curmudgeon になる方法が紹介されており、その中でニルヴァーナ(Nirvana)の Curmudgeon というタイトルの曲も紹介されていました。

なかなか奥深い curmudgeon への道。一度しっかり学んでみるのもよいかもしれません。


present(現在)と present(贈り物)はなぜ同じ綴りなのか?

present

noun

1. a thing that you give to sb as a gift

2. the time now

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

英語の名詞の present には「現在」と「贈り物」という二つの意味があります。

異なるこの二つの意味を、同じ綴りで表すのはなぜでしょう?

単なる偶然という可能性もありますが、もし共通点があるとするならそれは何でしょうか?

 

まずは語源から

『ジーニアス英和大辞典』の説明によると、現在を意味する present はラテン語の praeesse(近くにいる)という単語に由来するそうです。

一方、贈り物を意味する present は古フランス語の presenter(贈り物をする)に由来するとのこと。

これを見る限り、全く別の語源なのかな?と思いますが、『Wiktionary』の説明を見ると、古フランス語の presenter も、もともとはラテン語の praeesse に由来すると書いてあります。

present(time)

From Middle English, from Old French, from Latin praesent-, praesens present participle of praeesse (“to be present”), from Latin prae- (“pre-”) + esse (“to be”).

present(gift)

From Middle English presenten, from Old French presenter, from Latin presentare “to show”, from Latin praesent-, praesens present participle of praeesse “to be in front of”.

こうして見ると途中経路はともかく、同じルーツの単語であることは間違いないようですね。

English Middle English Old French Latin
present(time) praeesse
present(gift) presenten presenter presentare praeesse

 

ルーズベルト夫人の言葉

present の double meaning については、フランクリン・ルーズベルト大統領の夫人エレノア・ルーズベルト(Eleanor Roosevelt)がこんな言葉を残しています。

Yesterday is history.
Tomorrow is a mystery.
Today is a gift.
That’s why it is called the present.

あるいはどんな説明よりも腑に落ちる言葉かもしれませんね。

 

以上、今回は present(現在)と present(贈り物)がなぜ同じ綴りなのかを調べてみました。

見た目が同じ二つの単語が、他人のそら似なのか、あるいは遠縁なのか、調べてみると興味深い世界が広がっていることがあります。


cialis viagra online accutane