cialis viagra online accutane

英語

Aussie joke about Australian rules football

photo credit: Twitchphoto via photopin cc

オーストラリアで人気があるスポーツと言えば、ラグビー、クリケットに加えて、オーストラリアン・ルールズ・フットボール(Australian rules football)が挙げられます。

ルールはラグビーに近いのですが、スピード感があるため、見た目の印象はむしろサッカーに近いかもしれません。

1チームは18人(!)で、クリケットの広い競技場を使って行われます。

このオーストラリアン・フットボールは、オーストラリア国内では相当な人気があり、テレビでもよく中継されています。

今回はそんなフットボール人気を扱ったオージージョークを一つご紹介。

A man arriving for the Grand Final in Melbourne is surprised to find the seat beside his empty. Tickets for the Grand Final are sold out weeks in advance and empty seats unknown. So he says to the man on the other side of the seat:

(メルボルンのグランド・ファイナルにやってきた男は、隣の席が空いているのを見て驚いた。グランド・ファイナルのチケットは何週間も前に売り切れており、空いている席はないはずだった。そこで彼は空席を挟んで隣の席の男に話しかけた。)

‘Excuse me, do you know why there is no one in this seat?’

「すみません。なぜこの席には誰もいないのか知っていますか?」

‘It was my wife’s,’ answers the second man, a touch wistfully, ‘but I’m afraid she died.’

「この席は私の妻のものでした。」次席の男は少し沈んだ様子で答えた。「しかし残念ながら彼女は亡くなりました。」

‘Oh, that’s terrible. I’m so sorry.’

「ああ、それはおつらいですね。お悔やみ申し上げます。」

‘Yes, she never missed a match.’

「ええ。彼女は試合を見逃したことがなかったのです。」

‘But couldn’t you have given the ticket to a friend or relative?’

「しかし、チケットを友人やご親戚にあげようとは思わなかったのですか?」

‘Oh no. They’re all at the funeral.’

「いや、彼らはみな葬儀に出席していますから。」

from “Down Under” by Bill Bryson

いいですねえ、このセンス。

これほどまでに(?)オーストラリアで人気があるオーストラリアン・フットボールは、実は日本でも行われているのだそうです。

興味がある方は、こちらのホームページをのぞいてみてください。

 

In a Sunburned Country
In a Sunburned Country
posted with amazlet at 13.08.16
Broadway Books (2000-09-01)

 


0度の謎 − Water freezes at zero degrees Celsius.

水素と酸素との化合物。純粋なものは無色・無味・無臭で、常温で液体。1気圧ではセ氏零度で氷に、約100度(99.974度)の沸点で水蒸気になり、密度は4度で最大。他の物質に比べて比熱・融解熱・気化熱が大きく、さまざまな物質をよく溶かす。地球上に広く分布し、海洋・氷雪・湖沼・河川・地下水や大気中の水蒸気などとして存在し、自然界を循環する。動植物体の構成成分としても大きな割合を占め、生命に不可欠。化学式H2O

『大辞泉』

私たちの生活に欠かせない水の氷点は摂氏0度。小学校の理科でそのように習いました。

それを英語で表すと、

Water freezes at zero degrees Celsius.

となります。

ここで気になるのは、温度を表す degree が複数形であるということ。

zero に続く名詞の単数/複数というのは、いったいどのようなルールになっているのでしょうか?

まずは『ロイヤル英文法』の説明を見てみましょう。

否定の場合の数 − ゼロの場合

① no の後に続く可算名詞は、一般には複数形。
That tree has no leaves.(あの木には葉がない)
*複数で存在するのが自然と感じられる。

② 1つしかないのが自然と思われる場合は単数形。
My father has no room of his own.
(父には自分の部屋がないのです)

[注] zero+名詞:
zero に続く名詞も単・複両様あるが,次の場合は複数形。
Water freezes at zero degrees Celsius.(水は摂氏0度で凍る)

①と②の説明は分かるものの、「zero+名詞」の説明はどうもはっきりしません。

考えてみると、no というのは何かが「ない」ことを表していますが、zero degrees というときには温度が「ない」訳ではありません。単に物差しの相対的な一点を示しているにすぎないのです。

『ジーニアス英和大辞典』は、このあたりの違いを次のように説明しています。

zero

[形]ゼロの、ゼロ番目の<修飾される名詞は単数形>;(量・大きさ・程度などの点で)無の、ないに等しい<修飾される名詞は複数形>

  • zero hour(0時)
  • zero hours(ゼロ時間)

この説明は大変わかりやすいのですが、この定義に従うと zero degrees よりも zero degree の方が正しいように思えてきます。

やはり zero degrees だけは例外ということなのでしょうか?

Wikipedia の plural(複数)の項目には、こんな説明がのっていました。

Treatments differ in expressions of zero quantity: English often uses the plural in such expressions as no injuries and zero points, although no (and zero in some contexts) may also take a singular. In French, the singular form is used after zéro.

(量がゼロであることを表す方法はさまざまである。英語ではよく no injuries や zero points のような表現で複数形を用いる。ただし no は(文脈によっては zero も)単数形を伴うこともある。フランス語では、zéro の後には単数形を用いる。)

Wikipedia「plural」より

フランス語では、zero の後は単数形になるんですね。だとすると、この語法にはそもそもそれほど厳密な論理は存在しないのかもしれません。

とはいえ、どうもすっきりした説明が見つからないのが残念です。もし新しく何かわかったら、もう一度この問題を取り上げてみたいと思います。


begin と start の違いとは?

photo credit: linkahwai via photopin cc

休日の午後、のんびりとコーヒーを飲みながら、何か音楽でも聴こうかなというときに、ときどき候補に挙がってくるのが、The Millennium の『Begin』というアルバムです。

ビートルズの『ホワイト・アルバム』と同じ1968年に発売されたこのアルバムは、今でこそソフトロックの名盤としての評価を確立していますが、発売当時は全く売れなかったとのこと。

学生時代から聴いている長い付き合いの一枚で、ときどき思い出したように聴きたくなることがあります。

ビギン

『Begin』というタイトルには独特の情感が伴っており、もしこのタイトルが『Start』だったとしたら全く異なるイメージが浮かんでくることでしょう。単なる思い込みかもしれないのですが、start の方が少し無機質な感じがします。

一般的に同義語として扱われる begin と start ですが、実際にはどのような相違点があるのでしょうか? 今回のエントリーではそのあたりを探ってみたいと思います。

 

begin はフォーマル

『Practical English Usage』によると、begin と start は基本的に同じ意味で使うことができるそうです。ただし begin の方がよりフォーマルなのだとか。

1 meaning; formality

Begin and start can both be used with the same meaning.

  • I began/started teaching when I was 24.
  • If Sheila doesn’t come soon, let’s begin/start without her.

We generally prefer begin when we are using a more formal style. Compare:

  • We will begin the meeting with a message from the President.
  • Damn! It’s starting to rain.

なるほど、大統領からのメッセージを伴うような会合にふさわしいのは start よりも begin なんですね。

 

begin は書き言葉で好まれる

一方『ウィズダム英和辞典』では、両者の違いを次のように説明します。

(1)begin が小説などの書き言葉で好まれるのに対し、start は会話から書き言葉まで広く用いられる。

(2)連続して起こる出来事の最初を述べるときには begin

▶The story begins on Prince Edward Island.
物語はプリンス・エドワード島から始まる。

begin には「これから物語が始まる」というような幕開けの雰囲気が漂っています。冒頭で言及した begin に伴う独特の情感というのは、あるいはこのような要素だったのかもしれません。

 

start は「静から動」

start と比べると、begin にはさまざまな用法の制限があります。begin が使えないようなケースを見てみましょう。

(3)start が静から動への移行を表すのに対して, begin にはそのような意味はない。

(a)「出発する」
▶We are starting[×beginning]at 7:00 a.m. tomorrow.
明日の朝7時に出発することになっている。

(b)「(特定の方向に)動き出す」
▶He started[×began]down the road to the car.
彼は車に向かって歩き出した。

(c)「<機械などが>始動する; …を始動させる」

▶The engine started[×began].
エンジンがかかった。

(d)「発生させる」
▶Who started[×began]the rumor?
誰からそのうわさが出たのか。

『ウィズダム英和辞典』

c の例文を見ると、たしかに The engine began などという表現はおかしく感じますし、begin と start は自由に入れ替え可能ではないということがよくわかります。

これらの用法を「静から動」という簡潔なキーワードでまとめるあたりは、さすがという感じです。

 

まとめ

以上、今回は begin と start の用法上の相違点をまとめてみました。意識的であれ、無意識的であれ、この使い分けがきちんとできたら、なかなかのものではないでしょうか。


tomato の複数形は「tomatoes」なのに、piano の複数形が「pianos」になるのはなぜか?

photo credit: TheMM via photopin cc

英語の複数形には[-s]を付けるものと[-es]を付けるものがあります。

そこにはもちろん何らかの法則があるのですが、[o]で終わる単語だけは一筋縄では行かないようです。

この単語群には potatoes、tomatoes など[-es]を付けるものと、pianos、radios など[-s]を付けるものが混在しています。ここにはいったいどのような法則があるのでしょう?

以下に場合分けをしつつ、その法則を探ってみたいと思います。

 

1)語尾が[母音+ o]の単語

この場合はすべて、語尾に[-s]を付けます。

bamboo bamboos
cameo cameos カメオ
cuckoo cuckoos カッコウ
radio radios ラジオ
studio studios スタジオ
trio trios トリオ
zoo zoos 動物園

 

2)語尾が[子音+ o]の単語

語尾に[-s]を付けるものと[-es]を付けるものに分かれます。

 

2−1)語尾に[-es]を付けるもの

こだまや英雄はともかく、じゃがいもやトマトなど日常使う単語も含まれています。

echo echoes こだま
hero heroes 英雄
negro negroes 黒人
potato potatoes じゃがいも
tomato tomatoes トマト
veto vetoes 拒否権

 

2−2)語尾に[-s]を付けるもの

[-es]より、こちらの方が単語の数は多いようです。ただし使用頻度が低そうな単語も多いですね。

auto autos 自動車
commando commandos 特別奇襲部隊
concerto concertos 協奏曲
dynamo dynamos 発電器
Eskimo Eskimos エスキモー
ghetto ghettos 特別居住区
kilo kilos キロメートル
logo logos ロゴ
photo photos 写真
piano pianos ピアノ
solo solos 独唱・独奏
soprano sopranos ソプラノ
torso torsos トルソー

 
さて[2−1]と[2−2]のグルーピングに何らかの法則はあるのでしょうか?

以下に見ていきましょう。

 

2−2−1)省略形

もともと長い単語が省略された場合には、[-s]を付けることが多いようです。

  • auto ← automobile
  • dynamo ← dynamoelectric machine
  • kilo ← kilometer
  • photo ← photograph
  • piano ← pianoforte

pianoforte というのはもともとイタリア語で、 piano は「弱音で」、forteは「強音で」という意味なのだとか。すなわち弱い音でも強い音でも弾くことができる楽器ということなのでしょう。

 

2−2−2)新しい単語(外来語)

比較的新しい単語(外来語)には、[-s]を付けることが多いようです。特に多いのは、さきほどの piano のようなイタリア語。例えば、

  • concerto
  • piano
  • solo
  • soprano

など。どれも音楽関連の単語ですね。

こうしてみると、piano は省略形であり、かつイタリア語起源の単語であるため[-s]を付けるのが道理ということになります。

ただしこの二つの法則で全ての単語を分類できる訳ではありません。そこにはやはり例外も存在します。

このあたりの「ゆらぎ」については『ロイヤル英文法』の説明がわかりやすかったので引用してみます。

[参考] -osと-oes:
英語は他国語からの借入語が多いが,-o で終わる名詞は特にそうである。その中でも古くから英語に入り,複数形もよく使われて完全に英語化した語(potato, tomato, hero など)は-esをつけるが,比較的新しく英語に入ったものは-sだけをつける。最近は後者の語が増えてきているので,-oで終わる語にはふつうは-sがつくと言ってよい。ただ,完全に英語化している前者の語は日常よく使われるため,全体としては-esの出現頻度は高い。

こうして見ると、学習者にとってはなかなか厄介なルールではあります。ただし間違えたとしても、誰かが不幸になる(?)ようなことはないと思いますので、おおらかに構えていきましょう。

 
[参考文献]

  • 『ロイヤル英文法』
  • 『Practical English Usage』
  • 『楽しみながらボキャブラリーが増える 英語の語源のはなし』

 
ロイヤル英文法改訂新版 ロイヤル英文法改訂新版
価格: ¥1,500(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
Practical English Usage Practical English Usage
価格: ¥3,450(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 

楽しみながらボキャブラリーが増える 英語の語源のはなし
研究社 (2012-04-01)
売り上げランキング: 8,489

 


インターネットの「上」か「中」かを考えてみる − from DC Blog

突然ですが、問題です! 下線部に入る前置詞は何でしょう?

There is a lot of information              the Internet.

イギリスの著名な言語学者 David Crystal さんのブログで、the Internet の前に置く前置詞は on と in のどちらが適切か?という問題が取り上げられていました。

DCblog: On on or in the Internet

上記のエントリーによると、on という前置詞は通信手段を表すのに用いられます。例えば、

  • on TV
  • on the radio
  • on the phone

など。インターネットを一つの通信手段と考えれば、on the Internet という表現に何の違和感もありません。

またおもしろいと思ったのが、こちらの一文。

Metaphorical expressions reinforce the usage: one surfs on the Internet.

(隠喩表現もこの用法を強固なものにしている:インターネット上でサーフィンをする、など。)

ウェブサイトをあちこち見て回ることをインターネットサーフィンと言います。

サーフィンが波にのる(on the waves)スポーツなので、インターネットサーフィンもインターネットにのる(on the Internet)イメージにつながりやすいということなのでしょう。

on the Internet という表現には、インターネットというボーダーレスな世界の表面を軽やかに移動しているようなイメージがあります。

一方の in という前置詞は、紙の情報媒体でよく用いられます。例えば、

  • in a book
  • in a magazine
  • in a newspaper

など。インターネットを一つの情報媒体と考えれば、in the Internet という表現にも居場所を与えたくなります。

in the internet という表現には、インターネットという巨大な図書館に入り、書架の本を閲覧しているようなイメージがあります。

それではいったい on the Internet と in the Internet のどちらが適切なのでしょうか? David Crystal さんの結論を見てみましょう。

I use both prepositions, in this respect, depending on the semantics of what I have in mind. I say to people that they will find something on my website and also in my website, depending on whether I am thinking of the website as a single location or as a container of data.

(この点について、私は思い浮かべている意味によって、両方の前置詞を使います。私は人々に、私のウェブサイト上(on my website)で何かを見つけてくださいと言うときもありますし、私のウェブサイトの中(in my website)で何かを見つけてくださいと言うときもあります。それはウェブサイトを「単一の場所」として見ているか、「データの集積」として見ているかの違いなのです。)

すなわち、これは文脈なしにどちらが適切と言えるような問題ではなく、私たちが on と in という前置詞を使ってこの世界を「どのように解釈するか」という問題なのだと思います。

とても興味深いトピックではないでしょうか?


複数の英語辞書を一括検索してくれるウェブサービス『OneLook』

一つの単語をさまざまな辞書で調べてみたくなることはありませんか?

辞書にはそれぞれに個性があります。複数の語義を比べてみることで、新しく見えてくることもあるかもしれません。

『OneLook』は、そんな希望を叶えてくれるウェブサービス。検索窓に調べたい単語を入力すると、さまざまなオンライン辞書へのリンクを生成してくれます。

トップページの表記によると、1062の辞書から、19,500,236の単語を index しているとのこと。(2013年8月現在)

もちろん玉石混淆だとは思いますが、それでもびっくりするような数字です。

試しに sleep という単語を入力してみると、52の辞書へのリンクが生成されました。

ここから青字の sleep をクリックすると、各辞書の語義のページへ直接飛ぶことができます。

せっかくなので、語義の一部を見てみましょう。

sleep

a periodic state of physiological rest during which consciousness is suspended and metabolic rate is decreased

『Collins English Dictionary』

sleep

to go into a natural state in which you are unconscious for a time and your body rests, especially for several hours at night

『Macmillan dictionary』

同じ単語でも全く異なる説明の仕方をしていることがわかります。(余談ながら、こんな風に意味を当たり前に知っている単語をわざわざ調べてみると、思わぬ発見があることも。)

また個人的によくお世話になっているもう一つの Onelook の使い方は、レアな単語の検索です。

例えば、Euouae という単語を検索してみると、Wikipedia 以外では、Collins English Dictionary だけがヒットしました。

*Euouae って何?という方はこちらから。
[参考]Euouae | Fragments

これにより他のさまざまな辞書に当たる手間が省け、Collins English dictionary にのみ当たればよいということがわかります。

それほど頻繁に使うことはないかもしれませんが、オンライン辞書をよく使う人ならブックマークをしておいて損のないウェブページだと思います。

 
OneLook Dictionary Search

 


cialis viagra online accutane