cialis viagra online accutane

英語

「きゃりーぱみゅぱみゅを知っていますか?」を英語に訳してみる

photo credit: HolleyandChris via photopin cc

photo credit: HolleyandChris via photopin cc

日本語の「知っている」という動詞は、ずいぶん幅広い意味を持っています。

普段はそのことをあまり意識することもないのですが、英作文などで「知っている」を英訳しようとすると、この多義性に直面することに。

試しに次の文を英語に直してみましょう。

あなたはきゃりーぱみゅぱみゅを知っていますか?

英語圏の人にこの質問をする場合、その意図はきゃりーぱみゅぱみゅさんの詳細な活動内容や人となりについて知っていますか?ということではなく、きゃりーぱみゅぱみゅという名前を聞いたことはありますか?というくらいのところでしょう。

そうだとすると、know よりも hear of を使った方が適切ということになります。

Do you know Kyary Pamyu Pamyu?(きゃりーぱみゅぱみゅと知り合い?)
Have you heard of Kyary Pamyu Pamyu?(きゃりーぱみゅぱみゅって名前を聞いたことはある?)

「知っている=know」と覚えていると、ついつい上の文を作ってしまいます。

もちろん文脈によっては、それでよいこともあるでしょう。しかし大抵の文脈では、下の文の方が適切なのではないでしょうか。

それでは know という動詞は常に acquaintance(面識)を表すのかといえば、必ずしもそうではありません。前置詞と組み合わせると次のような意味も表すことができます。

I know of Kyary Pamyu Pamyu.(きゃりーぱみゅぱみゅって人がいるのは知ってるよ。)
I know about Kyary Pamyu Pamyu.(きゃりーぱみゅぱみゅがどんなことをしている人なのかは知ってるよ。)

このあたりの感覚はちょっと難しいのですが、使いこなせるようになれば表現の幅がぐっと広がると思います。

前置詞一つで動詞の意味がこんなに変わってしまうというのも不思議と言えば不思議ですね。


[-esque]の付く英単語

photo credit: lapidim via photopin cc

photo credit: lapidim via photopin cc

ドビュッシー(Claude Debussy)の「2つのアラベスク」は好きなピアノ曲の一つ。

有名な曲なので、どこかで聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

「2つのアラベスク」のフランス語原題は Deux Arabesques。

Deux Arabesques
Two Arabesques
2つのアラベスク

 
arabesque というのはアラビア風の唐草模様を意味する単語。そこから転じてバレエのポーズやクラシック音楽の作品を表すことばになりました。

arabesque の[-esque]というのは「〜風の」を意味する接尾辞。英語にはこの[-esque]を持つ単語が他にもたくさんあります。

1 arabesque 〔美〕唐草[アラビア]模様
〔バレエ〕アラベスク(のポーズ)
〔楽〕アラベスク(華やかな小曲)
2 burlesque バーレスク、茶番、パロディ
3 grotesque <人・物などが>奇怪な、異様な、恐ろしい
4 humoresque 〔楽〕ユーモレスク(ユーモアのある軽快な楽曲)
5 picaresque 悪漢の、悪漢を題材とした(小説など)
6 picturesque (場所が主に古風で)絵のように美しい
7 Ramboesque ランボーのような
8 Romanesque ロマネスク様式の、ロマネスク風の
9 statuesque 彫像のような、均整のとれた

*語義は『ウィズダム英和辞典』より。

5)picaresque というのは、いわゆる悪人が主人公の物語を表す単語。

ただし日本のピカレスク小説は、本当の意味での悪人というより、アウトローな生き方を描いたものが主だと思います。阿佐田哲也さんの「麻雀放浪記」などが典型でしょうか。

また接尾辞[-esque]は、これ以外にもさまざまな単語と組み合わせて「〜風の」という意味を表すのに使うことがあります。

Wiktionary にはこんな単語ものっていました。

Kafkaesque(カフカ風の)

その作家の名前を出すことで、あるイメージやスタイルを連想・共有することができるということなら、こんな組み合わせもありでしょう。

Soseki-esque(漱石風の)
Mishima-esque(三島風の)

Googleで検索してみたら mishima-esque はそれなりの件数がヒットしました。この認知度はすごいですね。

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


Comma story − from TED-Ed

14012701

一寸のコンマにも五分の魂。

ということで、本日は英文に使われるコンマの話。

日本語の読点(、)と比較すると、英文のコンマというのはずいぶん規範的です。

例えば英文で3つのものを併置するとき、コンマの打ち方は「A, B and C」または「A, B, and C」というのが一般的。

ビートルズの名曲『Here, There and Everywhere』もこのルールに適っています。

それでは次の英文のうち、本当にコンマが必要なのはどちらの文でしょう? またその理由は何でしょうか?

a) If you can’t explain it simply, you don’t understand it well enough.
b) You don’t understand it well enough, if you can’t explain it simply.

TED-Ed の動画「Comma story」では、このあたりの感覚をおもしろい視点から説明しています。

わずか5分の動画なので、リスニングの練習も兼ねて、改めてコンマの意義を確認してみるというのはいかがでしょう?


英語で「3個以上」は more than two?

14010401

二か国語を話せる人のことを、英語で次のように表現することがあります。

She speaks more than one language.(彼女は複数の言語を話す。)

この例文からわかる通り、英語の more than 〜 は「〜より多い」という意味を表します。

つい「more than=以上」と覚えてしまいがちですが、以上だとその数自体も含んでしまうので要注意。

例えば、次の文の下線部にはどんな数字を入れたらよいでしょうか?

The Japanese team will win more than              medals in Sochi.(日本はソチオリンピックで3個以上のメダルを獲得するだろう)

ここでは three ではなく、two を入れるのが正解になります。

文法書の説明も見てみましょう。

英語の more than [over、above] ten 「10以上」は10を含まず、10より上の数(10.01でもよい)を表す。10を含む場合は ten or more, from ten up などという。同様に10を含む日本語の「10以下」も厳密には ten or less とすればよく、「10未満」は10を含まないから less than [under] ten とする。

『ロイヤル英文法』

上記を踏まえて、日本語と英語の対応関係をわかりやすくまとめると次のようになります。

以上 〜 or more, from 〜 up
超過 more than 〜
未満 less than 〜
以下 〜 or less


おそらく more than と「以上」を混同してしまう原因の一つは、上記の「超過」に当たる日本語表現が普及していないことにあるのではないでしょうか。

「以上」「以下」「未満」はよく使うのに、「〜より多い」を表す日常語が日本語にはないんですよね。

これはなぜなのでしょう? 何だか気になる問題です。


傘とシンデレラ(umbrella and Cinderella)

photo credit: anna_t via photopin cc

photo credit: anna_t via photopin cc

英語の umbrella(傘)と Cinderella(シンデレラ)は語感が似ていると思いませんか?

これは偶然の一致なのでしょうか。

気になったので、それぞれの語源を調べてみることにしました。

 

umbrella の語源とは?

umbrella は、陰(shade)、影(shadow)を意味するラテン語 umbra に由来しているとのこと。

umbrella (n.)

c.1600, first attested in Donne’s letters, from Italian ombrello, from Late Latin umbrella, altered (by influence of umbra) from Latin umbella “sunshade, parasol,” diminutive of umbra “shade, shadow” (see umbrage).

『Online Etymology Dictionary』

『Online Etymology Dictionary』の記述をもとに、語形の移り変わりを時系列に並べると次のようになります。

ラテン語 umbra
ラテン語 umbella(diminutive of umbra)
後期ラテン語 umbrella
イタリア語 ombrello
英語 umbrella


二行目の diminutive(縮小辞)というのは、主に「小さい」という意味を表す接辞のこと。日本語で言えば「小石」などの「小」に当たります。

英語の縮小辞の例をいくつか見てみましょう。

縮小辞 縮小形
[-ella] novel(小説) novella(中編小説)
[-ette] cigar(葉巻) cigarette(煙草)
[-let] book(本) booklet(小冊子)
[-n] cat(猫) kitten(子猫)


umbrella の[-ella]はこの縮小辞なんですね。それを踏まえて次の Cinderella を見てみましょう。

 

Cinderella の語源とは?

photo credit: SpreadTheMagic via photopin cc

photo credit: SpreadTheMagic via photopin cc

Cinderella の名前のもとになった cinder は石炭などの燃えかすや灰のこと。

cinder

a small piece of ash or partly burnt coal, wood, etc. that is no longer burning but may still be hot

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

シンデレラには「灰かぶり姫」という和訳もあります。

cinder はもともとゲルマン系の単語ですが、フランス語(cendre)の影響を受けて綴りと意味がフランス語寄りに変化したとのこと。

cinder (n.)

Old English sinder “dross of iron, slag,” from Proto-Germanic *sendra- “slag”…

Initial s- changed to c- under influence of unrelated French cendre “ashes,”…

『Online Etymology Dictionary』

シンデレラの物語は、世界のさまざまな地域に伝わっているそうです。

そんな中、グリムの「灰かぶり姫」とともに有名なのはフランス人のシャルル・ペローが残した「サンドリヨン」。

Cinderella というのは、このサンドリヨン(Cendrillon)の英名と言うこともできます。

Cinderella (n.)

pseudo-translation of French Cendrillon, from cendre “ashes” (see cinder)…

『Online Etymology Dictionary』

Cendrillon という単語は cendre の縮小辞。よって英語でも Cinderella と縮小辞の付加された形になりました。

cinder Cinderella
cendre Cendrillon


かわいらしさ、いじらしさのようなイメージを主人公に付加する役割があるのでしょう。

だとすると、umbrella という名前も英語ネイティヴの人にとってはどこかかわいらしい響きがあるのでしょうか? さて。


Polaris − 北極星のはなし

photo credit: Kristofer Williams via photopin cc

photo credit: Kristofer Williams via photopin cc

冬は一年でもっとも星がきれいな季節。

ふと空を見上げれば、吸い込まれるような星空が広がっていることもあるでしょう。

そんな中、反時計回りに夜空を回転する星たちの中心に位置するのが北極星。

北極星は、英語で pole star(polestar)と言います。

A pole star is a visible star, preferably a prominent one, that is approximately aligned with the Earth’s axis of rotation; that is, a star whose apparent position is close to one of the celestial poles, and which lies approximately directly overhead when viewed from the Earth’s North Pole or South Pole.

(pole star とは、おおよそ地球の自転軸上にあり、肉眼で見ることができて、望ましくは目立つ星のこと。すなわち、天の極の片方に近い場所にあり、地球の北極点か南極点から見ると、およそ真上に来る星のことである。)

Wikipedia「pole star」より

この定義だと polestar というのは、北極星だけでなく、南極星も含むことになりますね。

実際、南極点の真上にも星はあるのですが、北極星よりもずっと暗いため、観察されることも少ないようです。

日本語の北極星のように、北の星であることを明確にするなら、North Star という表現を使った方がよいかもしれません。

現在の北極星は、こぐま座のポラリス(Polaris)という恒星。

英語圏では、pole star ではなく Polaris という固有名で呼ばれることも多いのだそうです。

なおさきほど「現在の北極星」と言ったのは、北極星に当たる星は、地球の歳差運動(自転軸の首振り運動)のせいで時代により異なるため。

現在の英和辞典には、北極星の訳語の一つとして Polaris がのっていますが、おそらく2,000年後の英和辞典からは消えてしまうことでしょう。

こんな理由で語義が入れ替わってしまうのも、翻訳の不思議の一つと言えます。


cialis viagra online accutane