cialis viagra online accutane

その他の言語

国語辞書の中のアイヌ語

17121101

アイヌ(名)〔アイヌ Ainu= 人〕

現在、北海道を中心に住んでいる日本の先住民族。

「三省堂国語辞典 第七版」

アイヌの血を引く人は日本にまだ数多く住んでいますが、その言語であるアイヌ語を話す人の数は減少の一途をたどっています。

2009年に発表されたユネスコの消滅危険度評価では、アイヌ語は「極めて深刻(critically endangered)」のカテゴリーに分類されました。この次のカテゴリーはもう「消滅(extinct)」しかありません。

それにも関わらず、もしあなたがアイヌ語を学びたいと思えば、書店で簡単にアイヌ語の教科書を購入することができます。

 

CD付 ニューエクスプレス アイヌ語
中川 裕
白水社
売り上げランキング: 118,368

 
これは日本の書籍文化の素晴らしいところ。

ただアイヌ語を学ぶ若い人が増えたとしても、一定数の母語話者を維持できなければ、生きた言語として未来の世代へ受け継ぐことは難しいのかもしれません。

しかしもしアイヌ語が本当に消滅してしまったとしても、その痕跡は私たちが使う日本語の中に生きています。

シシャモ(名)〔アイヌ susam= 柳葉魚〕

〘動〙北海道釧路川などでとれる、小形の さかな。多く干物にして食べる。

「三省堂国語辞典 第七版」

トナカイ(名)〔アイヌ tonakkai= 馴鹿〕

〘動〙ユーラシア・北アメリカなどの、寒い地方にすむシカの一種。つのが大きく、そりを引かせるのに使う。

「三省堂国語辞典 第七版」

ラッコ(名)〔アイヌ rakko= 猟虎〕

〘動〙北太平洋にすむ、中形のけもの。形はタヌキに似て、足はひれの形をしている。毛はこい茶色。海面にあお向けにうかび、腹にのせた石に貝をたたきつけて割って食べる。

「三省堂国語辞典 第七版」

シシャモ、トナカイ、ラッコは私たちにとって馴染みのある動物の名前。

国語辞書を眺めていると、この他、あまり馴染みのないアイヌ語由来の言葉も見つかります。

コタン(名)〔アイヌ kotan〕

集落。村落。「カムイー〔=神の住む地〕」

「三省堂国語辞典 第七版」

コロボックル(名)〔アイヌ koropokkuru= フキ(蕗)の下の人〕

アイヌの伝説に出てくる小人。コロポックル。

「三省堂国語辞典 第七版」

シャモ(名)〔アイヌ shamo〕

〔アイヌから見た〕アイヌ以外の日本人。和人。

「三省堂国語辞典 第七版」

ハスカップ(名)〔アイヌ haskaop〕

〘植〙北海道にはえる落葉樹。青むらさき色の実を食べる。

「ーのジャム」

「三省堂国語辞典 第七版」

ユーカラ(名)〔アイヌ Yukar〕

アイヌにつたわる、叙事詩。

「三省堂国語辞典 第七版」

ルイベ(名)〔アイヌ ruipe〕

〘料〙こおらせたサケのさしみ。ルイペ。

「三省堂国語辞典 第七版」

こんなに多くのアイヌ語由来の言葉が国語辞書の中にあるというのは、今回調べてみるまで全く知りませんでした。

アイヌ語の未来がどのようなものになるのかはわかりませんが、日本語の辞書の中にこんな楽しい響きの言葉が生きているというのは、それだけで素敵なことだと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


りんごとめがね

17081201

この二つの記号は何に見えますか?

☌ ☍

りんごとめがね?

、、、ではなく、これらは天文学で使われる記号。

☌ = conjunction
☍ = opposition

それぞれの意味を英語辞書で見てみましょう。まずは conjunction から。

conjunction

Astrology Astronomy An alignment of two planets or other celestial objects so that they appear to be in the same, or nearly the same, place in the sky.

Oxford Dictionaries

conjunction というのは、ある地点から見て、二つの天体が同じ方向に来ること。

例えば、ある地点を地球としたときに「地球→金星→太陽」が一列に並んだ状態は conjunction と言えます。

続いて opposition を見てみましょう。

opposition

Astrology Astronomy The apparent position of two celestial objects that are directly opposite each other in the sky, especially the position of a planet when opposite the sun.

Oxford Dictionaries

opposition というのは、ある地点から見て、二つの天体が逆の方向に来ること。

例えば、ある地点を地球としたときに「火星←地球→太陽」が一列に並んだ状態は opposition と言えます。

と、意味を理解したところで冒頭の記号に戻ってみると、天体のイメージが鮮やかに脳裏に浮かび上がる、、、

☌ ☍

などということはなく、やはりりんごとめがねになってしまうのは私だけでしょうか。


黄色いジャージ

17071701

このところ、NHKのBSで放送している「Daily ツール・ド・フランス」を見るのが毎晩の楽しみになっています。

ツール・ド・フランスで、全ステージの通算タイムが最も少ない選手に与えられるのがマイヨ・ジョーヌ(maillot jaune)と呼ばれる黄色いジャージ。

マイヨ・ジョーヌという言葉の響きが素敵だなと思ったのですが、フランス語の知識がないので意味がわかりません。

そこで辞書を引いてみると maillot は「ジャージ」、jaune は「黄色い」の意味であることがわかりました。

つまり黄色いジャージであるマイヨ・ジョーヌは、そのまんま「黄色いジャージ」という意味だったんですね。

フランス語を知っている人にとっては「当たり前!」という話なのでしょうが、知らない自分に取っては拍子抜けするような感覚。

フランス語に限らず、馴染みのない外国語のフレーズというのは、勝手に深遠な意味があるかのように思い込んでしまうことがあります。

そのため大抵は後で意味を知って「えっ、そんな意味だったの?」とびっくりすることに。

それでは日本語を知らない外国人にとって、日本語の響きというのはいったいどのように聞こえるのでしょう?

そんなことを考えていて思い当たったのは、海外でよく見かける変な漢字がプリントされたTシャツ。あれを着る人が漢字という未知の文字に感じる魅力というのは、私たちがフランス語のような言語に感じる魅力と何かを共有しているのかもしれません。

ただ幸福な誤解は決して悪いことではないと思うのですが、つい「その漢字の意味知ってる?」と言いたくなってしまうのは人間の性でしょうか。


q の多い町

17071001

英単語の綴りにおいて[q]というのはそれほど使用頻度の高い文字ではありません。

それだけに queen, quiz など、q の付いた単語には希少価値(?)があるように感じます。

にもかかわらず、何とこの q を3つも名前に含む町があるとの情報を聞きつけました。

そんな町があるのは、、、北極海に面した世界最大の島グリーンランド。

その名は Qaqortoq。

Google Map のカタカナ表記は「カコルトク」、Wikipedia のカタカナ表記は「カコトック」になっています。

Wikipedia によるとこの Qaqortoq はグリーンランド語で「白いもの」という意味なのだそう。

グリーンランドにはこの他にも面白い綴りの町名が多く、例えば、

  • Qeqertarsuaq(ケケルタルスアク)・・・ここにも q が3つ!
  • Ittoqqortoormiit(イトコルトルミット)・・・連続文字が多い!

など、英語圏ではなかなかお目にかかれない文字の並びを見ることができます。

綴りマニアにとってのグリーンランドはまさに dreamland。興味のある人はぜひ探検してみてください。


Merkel-Raute

17060901

ドイツ語の知識はほとんどないのですが、そんな中で知っている数少ない単語の一つが「菱形、斜方形」を意味する Raute(ラウテ)という単語。

Raute は英語の rhombus に当たる単語です。

Raute rhombus 菱形、斜方形

 

なお「菱形」を意味する英単語には diamond もありますが、こちらは鋭角が60度の斜方形を指すことが多いようです。

そのあたりの事情は以前のエントリーに書いたことがあります。

「平行四辺形」は英語で何と言う? − 四角形の名前

さてこの Raute という単語、一時期よくニュースなどで取り上げられていました。

ドイツの首相、アンゲラ・メルケルのハンドジェスチャーが Merkel-Raute と呼ばれ、ずいぶん話題になっていたからです。

聞いたことがないという人は Google 画像検索で Merkel-Raute と検索すると、手を菱形にしたメルケル首相のさまざまな写真を見ることができます。

もともと意識的にこの形を作っていた訳ではなく、手のやり場に困ったときに何となく手が菱形になってしまったのだそう。

こんなジェスチャーをする人には、それだけでうっかり好感を持ってしまいそうになります。

政治の本質とは関係のない話ですが、メルケル首相のように長く権力の座に留まる人というのはこういった無意識の愛嬌のようなものがあるのだろうなと思いました。


iPhone のエストニア語のキーボード

普段使っている iPhone の英語のキーボードは次のように文字が並んでいます。

17042002

一方、フィンランド語のキーボードは次のように文字が並んでいます。

17042003

上段右に[å]、中段右に[ö, ä]の文字が入っているのがわかるでしょうか。

英語と比べると3文字増えているので、キーボードの幅が少しだけ狭くなっています。

またフィンランド語と親戚関係にあるエストニア語のキーボードは次のように文字が並んでいます。

17042004

一瞬、飾り付きの文字がない!と思うのですが、実は飾り文字はそれぞれの文字の中に隠されていました。

[u, o, a, s, z]の5つの文字をタップすると次のように飾り文字の選択肢が出てくる仕組みになっています。

17042005

17042006

17042007

17042008

17042009

フィンランド語のように29文字程度なら一画面に文字を収めた方が効率的ですが、文字がさらに多くなるとこのような仕組みにした方が効率的なのだと思います。

他の言語のキーボードも見てみると、ヨーロッパの言語ではこの仕組みを採用している言語も多いということがわかりました。

英語のように一画面で完結できる言語は恵まれているということになるのでしょう。

キーボードから見えてくる言語事情というのもなかなか面白いものがあります。


cialis viagra online accutane