cialis viagra online accutane

音楽

『God Defend New Zealand』− ニュージーランド国歌

photo credit: mtchm via photopin cc

photo credit: mtchm via photopin cc

ニュージーランドには、マオリ語に由来する地名がたくさんあります。

温泉で有名な北島の Rotorua(ロトルア)、ホエールウォッチングで有名な南島の Kaikoura(カイコウラ)など、明らかに英語とは違う響きがありますね。

マオリ語は、日本語と同じく「母音」または「子音+母音」の音節から成っているので、日本人にとっては発音が非常に簡単。どことなく親近感を感じる言語です。

そんなマオリ語は、英語とともにニュージーランドの公用語。

そのためニュージーランドの国歌『God Defend New Zealand』には英語とマオリ語、両方の歌詞があります。

メロディーも非常に美しく、初めて聴いたときから、これはいい曲だなあと感じ入ってしまいました。

下記の動画は、ニュージーランドが24年ぶりに優勝した2011ラグビーワールドカップ決勝における国歌斉唱。この決勝戦はニュージーランドのスタジアム。。。ではなく新橋のアイリッシュパブで見ていました。

このときはマオリ語で1番の歌詞を歌い、続いて英語で1番の歌詞を歌っています。

マオリ語 英語
E Ihowā Atua,
O ngā iwi mātou rā
āta whakarongona;
Me aroha noa
Kia hua ko te pai;
Kia tau tō atawhai;
Manaakitia mai
Aotearoa
God of Nations at Thy feet,
In the bonds of love we meet,
Hear our voices, we entreat,
God defend our free land.
Guard Pacific’s triple star
From the shafts of strife and war,
Make her praises heard afar,
God defend New Zealand.


マオリ語歌詞最後の「aotearoa」というのはニュージーランドのこと。

もともとは「白く長い雲のたなびく地」という意味だそうです。

最後にニュージーランドを訪れたのは約10年前。実際にニュージーランドの空に白く長い雲がたなびいていたのかどうかは記憶の彼方に飛び去ってしまいました。

今頃はちょうど初夏の過ごしやすい季節。いつかまた旅行に訪れたいものです。


Samba do Avião − ジェット機のサンバ

photo credit: Digo_Souza via photopin cc

ボサノヴァを聴くようになって数年。ポルトガル語を学んだことはないものの、部屋の書棚にはなぜかポルトガル語の辞書が置いてあります。

フィンランド語を始めるとき、選択肢の一つとして最後まで迷ったのがポルトガル語でした。

ボサノヴァのメロディーとともに聞く、ポルトガル語の響きには何とも言えない味わいがあると思います。

とはいえ、同時に二つの言語を始める余裕もないので、結局はフィンランド語を選択することになりました。

ただしこの先、ポルトガル語を学ぶ機会がないとは言い切れないので、一つの夢の言語として大切にとっておくつもりです。

ボサノヴァを初めてきちんと聴いたのは、吉祥寺の『Strings』というライブハウス&レストランでのこと。

そこでこの「ジェット機のサンバ」という曲を聴いて、一遍に引き込まれました。

「ジェット機のサンバ」は、リオ・デ・ジャネイロの空港を発着する飛行機を見るのが好きだったというボサノヴァの父、アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)が、リオにまもなく到着する飛行機から見た光景をモチーフに作った、いわゆるリオ賛歌。

この曲は、さまざまなミュージシャンがカバーしていますが、一番好きなのはミウーシャ(Miucha)によるバージョン。

作曲者のジョビンと共演したアルバム『Miucha & Antonio Carlos Jobim』に収録されています。

この曲を聴くといつも、空撮したリオの街とコルコバードのキリスト像が眼前に浮かんできます。

Samba do Avião

Minha alma canta
Vejo o Rio de Janeiro
Estou morrendo de saudades
Rio, seu mar
Praia sem fim
Rio, você foi feito prá mim
Cristo Redentor
Braços abertos sobre a Guanabara
Este samba é só porque
Rio, eu gosto de você
A morena vai sambar
Seu corpo todo balançar
Rio de sol, de céu, de mar
Dentro de um minuto estaremos no Galeão
Copacabana, Copacabana

Cristo Redentor
Braços abertos sobre a Guanabara
Este samba é só porque
Rio, eu gosto de você
A morena vai sambar
Seu corpo todo balançar
Aperte o cinto, vamos chegar
Água brilhando, olha a pista chegando
E vamos nós
Pousar…

原題の「Samba do Avião」は、そのまま訳すと「飛行機のサンバ」。

Portuguese English
samba samba
do of+the
avião airplane

 
Avião の[ã]に乗っているにょろっとしたものはチルダ(tilde)という記号で[a]の鼻母音を表します。

鼻母音というのは、一口で言うと息を鼻に抜いて響かせる音。イメージできない場合は、こちらで聞いてみてください。

なかなか難しそうな音ですねー。


トイヴォ・クーラ「結婚行進曲」

photo credit: TimoOK via photopin cc

「結婚行進曲」といえば、メンデルスゾーンかワーグナー。

クラシックなんか聞いたことがない!という人でも、絶対にどこかで一度はそのメロディーを耳にしたことがあるはずです(断言)。

本日ご紹介するのは、そんな巨匠二人の作品ほどは知られていないものの、慎ましやかな情熱に満ちたもう一つの「結婚行進曲」。

トイヴォ・クーラ(Toivo Timoteus Kuula, 1883年7月7日 ヴァーサ – 1918年5月18日 ヴィープリ)はフィンランドの作曲家・指揮者。地方の貧しい家庭に生まれる。シベリウスに作曲を学ぶかたわらパリに留学して、フランク楽派の洗礼を受ける。1918年に、フィンランド内戦における白軍の勝利を祝うホテルの酒宴で、酔った狙撃兵に口論を仕向けられた末に、頭を撃ち抜かれて殺害された。

Wikipedia「トイヴォ・クーラ」より

シベリウスの数少ない弟子の一人であるクーラは、34年という短い生涯の間に今も色褪せない作品を残しました。

その一部は、舘野泉さんの演奏で聞くことができます。秋の夜長にフィンランドクラシックなどいかがでしょう?

 

フィンランド名曲コレクション
舘野泉
ポニーキャニオン (2001-10-17)
売り上げランキング: 2,269

 


Múm「Green Grass Of Tunnel」

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

日々暑いので、涼しげな音楽を一曲。

Múm(ムーム)は、アイスランド出身のエレクトロニカバンド。

Green Grass Of Tunnel は、2002年にリリースされた彼らの二枚目のアルバム『Finally We Are No One』に収録されています。

歌詞はこちら。

Down from my ceiling drips great noise
It drips on my head through a hole in the roof

Behind these two hills here there’s a pool
And when I’m swimming
In through a tunnel, I shut my eyes

Inside their cabin I make sounds
In through the tubes I send this noise

Behind these two hills here, fall asleep
And when I float in green grass of tunnel
It flows back

Down from the ceiling drips great noise
It drips on my head through a hole in the roof

Behind these two hills here, there’s a pool
And when I’m swimming
In through a tunnel, I shut my eyes

天井の穴を通って頭の上に落ちる noise とは、いったい何を指しているのでしょう?

そのことが気になって、いろいろと考えてしまいます。

最近は気が付くと、彼らの曲を流している感じ。どこか遠いところへ連れて行かれるような、非日常な気分を味わうことができます。

暑い夏には、こんな曲もいかがでしょうか。


残されし恋には − Que reste-t-il de nos amours?

大学生のときの第二外国語はフランス語でした。今となってはすっかり忘れてしまいましたが、この曲を授業で扱ったことだけはよく覚えています。

というのも、この曲を先生に推薦したのは、他ならぬ私なのでした。

今思えば、ずいぶん寛大な先生で、どうせなら生徒が好きな素材で授業をしようということで、みなのリクエストを聞いてくれていたのです。

この曲を歌っているシャルル・トレネは、2001年に亡くなったフランスの有名なシャンソン歌手で、多くの歌手にカバーされた『ラ・メール』などはシャンソン好きの人でなくても、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

この曲、Que reste-t-il de nos amours?(邦題:残されし恋には)は、フランソワ・トリュフォー監督の1968年の映画『夜霧の恋人たち』の主題歌として使われました。

『夜霧の恋人たち』のフランス語原題は、Baisers volés で、英語に訳すと Stolen kisses となります。

これは原曲の歌詞の一節として出てくるフレーズです。

歌詞の内容は、ひとことで言えば「郷愁」の歌ということになるのでしょう。昔よく聞いた曲で、もうすっかり忘れていたのですが、フランス語のことを考えていたら、ふとこの曲のことを思い出しました。

フランス語の原詩を訳すことはできないのですが、Wikipedia に英訳がのっていたので、前半部分のみ重訳を試みてみました。曲の世界を少しでも味わっていただければ幸いです。

Que reste-t-il de nos amours?

Ce soir le vent qui frappe à ma porte
Me parle des amours mortes
Devant le feu qui s’ éteint
Ce soir c’est une chanson d’ automne
Dans la maison qui frissonne
Et je pense aux jours lointains

Que reste-t-il de nos amours
Que reste-t-il de ces beaux jours
Une photo, vieille photo
De ma jeunesse
Que reste-t-il des billets doux
Des mois d’ avril, des rendez-vous
Un souvenir qui me poursuit
Sans cesse

Bonheur fané, cheveux au vent
Baisers volés, rêves mouvants
Que reste-t-il de tout cela
Dites-le-moi

What Remains of Our Love?

Tonight the wind that slaps at my door
Speaks to me of past love affairs
Before the fire that wanes
Tonight it’s a song of autumn
In the house that shivers
And I think of days long ago

What remains of our love?
What remains of these beautiful days?
A photo, an old photo
Of my youth
What remains of the love letters
Of months in April, of rendez-vous
A memory that follows me
Incessantly

Withered good times, wind in hair
Stolen kisses, moving dreams
What remains of all that?
Tell me

残されし恋には

今宵、ドアを叩く風が
過去の恋を語りかける
弱まる火の前で
今宵、秋の歌を聞き
震える家の中で
遠い昔に思いを馳せる

私たちの恋に何が残っているだろう?
あの美しい日々に何が残っている?
古い写真
若い日々
恋の手紙に何が残っているだろう
幾度もの4月、幾度もの邂逅
つきまとう記憶
絶え間なく

しおれてしまった素晴らしい日々、髪を流す風
盗まれた接吻、移り変わる夢
その全てに何が残っているだろう?
教えてほしい

 


サーミの歌(Sámi soga lávlla)

photo credit: Tusken91 via photopin cc

スカンジナビア半島北部の先住民族サーミ人について調べていたら、サーミの歌(Sámi soga lávlla)の動画を偶然見つけました。

非常に美しい旋律で、思わず聞き入ってしまったので、ここにシェアしておきます。

サーミの人々にとっていわゆる国歌に当たる歌なのでしょうが、サーミ人の住むラップランドは国ではないので、国歌とは訳せません。

この歌は数あるサーミ諸語の中の「北部サーミ語」で歌われているようです。

サーミ語に関する知識は全くないのですが、Wikipedia に歌詞がのっていたので、冒頭の部分のみ見てみたいと思います。

北部サーミ語 Guhkkin davvin Dávggáid vuolde
sabmá suolggai Sámieanan.
Duottar leabbá duoddar duohkin,
jávri seabbá jávrri lahka.
フィンランド語 Kaukaa alta seitsentähden
Lapin kulma kuumottavi
aava Turjan tunturisto
järvi järven tuolla puolen,
英語 Far up North ‘neath Ursa Major
Gently rises Saamiland.
Mountain upon mountain.
Lake upon lake.

Wikipedia『Sami National Anthem』より

こうして見るとフィンランド語とサーミ語はかなり異なる言語だということがよくわかります。

しかし素人目にはアルファベットの並び方など、似たようなイメージがあるのは気のせいでしょうか。

実際、言語系統上は親戚の言語ということになっているようですし、基本表現には似た単語も多いです。

北サーミ フィン
すみません Ándagassii. Anteeksi.
ありがとう Giitu. Kiitos.

 
よく見ると Sámi soga lávlla の歌詞でも järvi(湖)は、点々以外同じ綴りになっています。

フィンランド語が上達すれば、少しくらいはサーミ語も読めるようになるのだとしたら嬉しいですね。


cialis viagra online accutane