cialis viagra online accutane

日本語

あぶら雨

17062501

みなさん、料理には何の油を使っていますか?

ウチにあるのは、紅花油、オリーブオイル、ココナッツオイルの3種類。

特にポリシーがある訳ではないのですが、何となくそのときの気分で使い分けています。

とはいえ元来が味オンチなので、ココナッツオイル以外の味の違いはあまりよくわからないというのが正直なところ。

本来は「この料理にはこの油」という相性があるんですよね。

それはさておき、先日炒め物をしたときに鍋に水気が残っていたのか、盛大に油が跳ねて火傷をしかけたことがありました。

炒め物をするときの油の温度は200度にもなるそうですから、取り扱いにはくれぐれも注意をしなければなりません。

さてこれは想像のお話ですが、もしもそんな熱々の油が突然空から降ってきたら、私たちはどうなってしまうのでしょう?

そんな恐ろしい想像をかき立てる見出し語が『雨のことば辞典』に出ていました。

あぶら雨

沖縄県波照間島に伝わる、大昔降ったという熱い雨。新聞のコラムが、大昔、乱れたこの世に怒った神は熱いあぶら雨を降らせ、二人の兄妹だけを残して地上に生きるすべてのものを死に絶えさせた、という島の古老の話を紹介し、あぶら雨とは「火山の噴火だ」「いや嵐をたとえたのだ」と諸説があると述べていた(山内健治「私空間」『朝日新聞』一九九九・三・三 夕刊)。

「雨のことば辞典」P.18

あぶら雨という言葉には、単に熱雨などと言うよりも鮮烈なイメージの喚起力があります。

今ふたたび乱れたこの世に怒った神が熱いあぶら雨を降らせることはないものでしょうか。

 

雨のことば辞典 (講談社学術文庫)
講談社 (2014-09-26)
売り上げランキング: 55,663

爪は伸びるし、髪の毛も伸びる

17062401

人間生きていれば、爪は伸びるし、髪の毛も伸びる。

ただしその伸び方というのは、心持ち一つで変わるのかもしれません。

くづめらくがみ[苦爪楽髪](名)

苦労しているときは、つめののび方がはやく、楽をしているときは、かみの毛ののび方がはやい。〔逆に「苦髪楽爪」とも言う〕

「三省堂国語辞典 第七版」

最初にこの項を読んだときには「ストレスを感じると爪は伸びやすくなるのか?」「気持ちに余裕があると髪の毛は伸びやすくなるのか?」などと真剣に考えてしまいました。

ただよく見ると最後に〔逆に「苦髪楽爪」とも言う〕と注が付いているではありませんか。

「苦髪楽爪」だと意味は正反対になってしまいますから、もともと科学的根拠のある現象ではないのでしょう。とはいえ、昔から言い伝えられてきた言葉ならば、何らかの意味はあるはず。

改めて考えてみると、一生懸命に手仕事をしていると爪が伸びにくいという因果関係は成り立ちそうなので、楽爪(楽をする→爪が伸びる)は理に適っている気がします。

だとすると「苦爪楽髪」よりも「苦髪楽爪」を選びたくなりますが、苦髪(苦労する→髪の毛が伸びる)の理由が思い浮かびません。

むしろ苦労をすると、髪が白くなったり抜けたりする方が自然でしょう。

ということで個人的にもっとも納得感があるのは「楽爪楽髪」という結論になりました。みなさんの考えはいかがでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


嫉みと妬み(2)

17062101

以前のエントリーで嫉妬という単語を構成する「嫉み」と「妬み」の違いについて取り上げたことがありました。

嫉みと妬み

その際は新明解国語辞典の語釈を引用しつつ、違いについてはよくわからないという結論に至りました。

そねむ【嫉む】

〔他人の幸運や長所を見て〕自分にはそれが望み得ないことを不満に思い、相手に悪い事が起こればいいと思う。

「新明解国語辞典 第七版」

ねたむ【妬む】

他人の幸運・長所をうらやんで、幸福な生活のじゃまをしたいという気持ちをいだく。

「新明解国語辞典 第七版」

改めてこの語釈を見ても、明確な違いはわかりません。

前回のエントリーにも書いたとおり、「嫉む」の方がやや強いと感じるくらいでしょうか。

しかしさきほど三省堂国語辞典を見ていたら、両者の違いがすぱっと表現されていて「おおっ」と唸ってしまいました。

ねたむ[妬む]

相手が自分よりすぐれている状態がうらやましくて、にくむ。

「三省堂国語辞典 第七版」

そねむ[嫉む]

〔文〕ねたむ気持ちを、ことばや態度に出す。

「三省堂国語辞典 第七版」

「妬む」は心に感情が生まれること、「嫉む」はそれを表に出すこと。

このとおりだとすれば実に単純明快な棲み分けです。

ただ念のため手持ちの他の国語辞書も調べてみたのですが、同様の提案をしている辞書は見当たりませんでした。

よってこの問題について結論を出すためには、もう少し情報を集める必要がありそうです。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


「夜な夜な」の対義語は?

17061601

最近、このブログを書いているのは日付をまたぐ0時前後。

本当はもう少し朝型にしたいと思っているのですが、いかんせん長年の夜型の習慣が抜けず、相変わらず夜な夜なパソコンに向かっています。

そんな「夜な夜な」を国語辞書で引いてみると、思いがけない対義語を見つけることができました。

よな よな[夜な夜な](副)

毎夜。よごと。(↔朝な朝な)

「三省堂国語辞典 第七版」

「朝な朝な」というのは初めて聞く表現。

ただこちらも辞書の見出し語になっていました。

あさな あさな[朝な朝な](副)

〔雅〕まいあさ。あさなさな。(↔夜な夜な)

「三省堂国語辞典 第七版」

こちらには〔雅〕というマークが付いています。

これは何だろう?と思って調べてみると、〔雅〕は次の意味で使われていることがわかりました。

雅語(がご)。短歌・俳句・歌詞などで使われるみやびやかなことばや、詩的なおもむきのあることばです。

ということは「朝な朝な」は日常語としてはやや特殊なのでしょう。

ただ「夜な夜な」は日常語なのに、「朝な朝な」は雅語だということは、現代人はみな宵っ張りだということの反映なのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


そうですね

17061101

将棋の羽生さんがインタビューに答えるとき、よく「そうですねー」と呟いてから内容に入ることがあります。

立場を考えれば迂闊なことは言えないはずなので、一呼吸置いて、考えをまとめてから話したいということなのだろうと理解していました。

先日、国語辞書をめくっていたら、まさにこの「そうですね」がそのままの形で出ていてびっくり。

そうですね

〔話〕

一(連語)相手に賛成するときに言うことば。…

二(感)答えをさがしたり、少し考えたりするときに言うことば。

『試験はどうだった?』『ー、ちょっとむずかしかったです』…

「三省堂国語辞典 第七版」

そもそも「そうですね」は単語ではなくフレーズなので、まさかそのままの形で辞書に出ているとは思いませんでした。

現代のことばをきちんと辞書に反映させようと思ったら、こういう言葉も拾っておく必要があるのかもしれません。

話しことば〔話〕の印は付いているものの、こうして辞書に収録されているのを見つけるとオフィシャルな日本語として認められた気分になります。

質問にすぐ答えられないときには、とりあえず「そうですねー」と言っておきましょう。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


女王の謎

17060701

突然ですが、次の3つを声に出して読んでみてください。
(あるいは頭の中で音声をイメージしてみてください。)

  • エリザベス女王
  • 女王蜂
  • アナと雪の女王

これらに共通する「女王」という単語は国語辞典に次のように出ています。

じょおう[女王]

  1. 女性の王。女の君主。
  2. その世界でもっともすぐれた、最上位の女性。

▷じょうおう

「三省堂国語辞典 第七版」

女王の標準の発音は「じょおう」。ただし今は「じょうおう」と伸ばして読む人も多いのではないでしょうか。

実際、さきほどの三省堂国語辞典には「じょうおう」という読み方も出ています。

このように女という漢字を「じょう」と伸ばして読むことができる単語は他にもあるのでしょうか?

そんなことが気になったので、国語辞書の中から女性を意味する「じょ◯」という単語を拾ってみました。

  • じょい[女医]
  • じょがくせい[女学生]
  • じょかん[女官]
  • じょきゅう[女給]
  • じょけつ[女傑]
  • じょこう[女工]
  • じょし[女子]
  • じょし[女史]
  • じょじ[女児]
  • じょしゅう[女囚]
  • じょしょう[女将]
  • じょしん[女神]
  • じょせい[女性]
  • じょせいと[女生徒]
  • じょぞく[女賊]
  • じょちゅう[女中]
  • じょてい[女帝]
  • じょゆう[女優]
  • じょりゅう[女流]
  • じょろう[女郎]

これだけ多くの単語があるものの、どれも「じょう」と伸ばして読むと不自然になってしまいます。

他の女性にはなく、女王にだけあるものとはいったい何なのでしょう?

その謎が知りたいと思いました。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane