cialis viagra online accutane

日本語

どうも熱があるようなので、今日は休まさせていただきます。

15091801

A:どうも熱があるようなので、今日は休まさせていただきます。
B:お大事に!

さいれことば【さ入れ言葉】

「わたしにも意見を言わさせてください」「お先に帰らさせていただきます」「その本をわたしにも読まさせてほしい」など、「言わせてください」「帰らせていただきます」「読ませてほしい」という、相手の許可や承認を求める表現で、不要な「さ」を挿入させた表現形式。規範を重視する立場からは誤用とされる。

「新明解国語辞典 第七版」

日本語のいわゆる「さ入れ言葉」。

改めて見ると、ずいぶん違和感はありますが、日常会話の中で絶対に使っていないと言い切れるほどの自信はありません。

例えば、緊張してしどろもどろになっているときなど、ついつい出てしまうことはあるでしょう。

 

A:英語がすらすら話せれるようになったらなー。
B:頑張れ!

れたすことば【れ足す言葉】

「難しい漢字が正しく書けれる」「一人で行けれると思う」「これは飲めれる水だ」などの「書けれる」「行けれる」「飲めれる」のように、可能動詞「書ける」「行ける」「飲める」に不要な「れ」を挿入させた表現形式。規範を重視する立場からは誤用とされる。

「新明解国語辞典 第七版」

「さ入れ言葉」より更に違和感があるのが「れ足す言葉」。さすがにこれは使ったことがないはず。

「○○はかくあるべき」という言い方は好きではないですし、どちらかと言えばおかしな表現も楽しんでしまいたいと考える方ですが、この表現はさすがにナシかなあと思ってしまいます。

みなさんの感覚はいかがでしょうか?

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


割愛にはなぜ「愛」の字が含まれるのか?

15091501

詳細については、時間の都合上、割愛いたします。

割愛という単語には、なぜ「愛」という字が含まれているのでしょう?

愛しているなら、何も省略することはないのに。。。そんなことを疑問に思ったので、辞書を調べてみました。

かつあい【割愛】

手放すには惜しいものを手放すこと。〔広義では、余裕が無いので文章や演説などの一部を省略する意にも用いられる〕

「新明解国語辞典 第七版」

この語義にはちょっとびっくり。割愛というのは「手放すには惜しいものを手放す」というのが本来の意味なんですね。

それならば「愛」という字が含まれるのも納得です。

自分は広義の「省略」の意味しか頭にありませんでした。

さらに調べてみると、この割愛というのは、上記のように間違った意味で理解されがちな言葉の一つなのだとか。

現代において「手放すには惜しいものを手放す」という正式な意味で割愛を使っている例というのは、案外少なくなっているのかもしれません。

ただ打ち合わせや会議などで、

詳細については、時間の都合上、割愛いたします。

と言ったときでも「この詳細はとんでもなく面白いんだけど、時間がないので泣く泣くカットするしかないんだよ。。。」というような含みがあれば、正しい用法ということになりますが、おそらくそんなケースは少ないはず。

逆にほっとすることの方が多いのではないでしょうか。。。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


生返事、二つ返事

15090601

A:ねえ、今日の夕ご飯カレーでいい?
B:あー。
A:聞いてるの?
B:あー。

なまへんじ【生返事】

気乗りのしない時にする、はっきりしない返事。

「新明解国語辞典 第七版」

A:ねえ、今日の夕ご飯カレーでいい?
B:はいはーい!

ふたつへんじ【二つ返事】

はいはいと、すぐに承知すること。

「新明解国語辞典 第七版」

生返事と二つ返事というのは、日本語の中でも不思議な言葉だなあと思います。

生返事はそもそもなぜ「生」なのか? 生返事の対義語はなぜ「煮返事」や「焼き返事」ではないのか?

二つ返事はそもそもなぜ「二つ」なのか? 即答するならなぜ「一つ返事」ではダメなのか?

(「返事は一回!」とよく言われたような気もするのですが。。。)

考えてみても、納得できるような理由は思い当たりません。

どちらも日本語独特の表現なので、外国語として日本語を学んでいる人がこれらの表現に出会ったときにはいったいどのように理解しているのでしょう?

例えば、英語で raw answer、two answers と言われても、そこから日本語の意味を類推することはもちろん不可能。

「生返事」「二つ返事」とはずいぶん変わった表現だなあと思いつつ、そのまま飲み込んでしまうのかもしれません。


「ひとり、ふたり、さんにん」の謎

15090401

夜空の星を数えるときには「ひとつ、ふたつ、みっつ」、

戸棚のレコードを数えるときには「いちまい、にまい、さんまい」、

飲んだコーヒーを数えるときには「いっぱい、にはい、さんばい」。

そんな風に数えるものに合わせて表現が変わるのは日本語の数詞の難しいところ。

ただし「枚」や「杯」の部分はともかく、数そのものの部分は「ひと、ふた、み」という和語系統か「いち、に、さん」という漢語系統のどちらかを使うようになっています。

和語 ひと ふた
漢語 いち さん

 

このルールに反するのが、人を数えるときの表現。

「ひとり、ふたり」までは和語系統なのに、「さんにん」から後はどういうわけか漢語系統に切り替わってしまいます。

和語 ひとり ふたり みたり よたり いつたり
漢語 いちにん ににん さんにん よにん ごにん

 

調べてみると、昔は「みたり、よたり」という表現もあったようなのですが、いつの間にか使われなくなってしまいました。

一方「いちにん、ににん」の方は「一人前、二人前」などという表現の中に生きています。

なぜ人の数え方だけがこのような組み合わせになってしまったのでしょうか? 謎は深まるばかりです。


「つましい」と「つつましい」の違いとは?

15090101

この頃はすっかりお酒を飲まなくなってしまい、日々つつましい暮らしを送っています。

もとい、つましい暮らしを送っています。

??

さて「つつましい暮らし」と「つましい暮らし」のどちらが正しい日本語だったかな?と迷ってしまったので、さっそく調べてみることにしました。

つましい【倹しい】

ぜいたくな生活をする余裕がなく、倹約につとめる様子だ。「ー暮らし」

「新明解国語辞典 第七版」

つつましい【慎ましい】

  1. 何事につけても謙虚に振る舞う様子だ。〔誤って、「つましい」と同義に用いる向きもある。例、「ー食事」〕「慎ましく意見を述べる」
  2. 礼儀正しく、控え目な様子だ。「慎ましく会釈する」

「新明解国語辞典 第七版」

新明解では、つつましい食事という表現は誤用とされています。

この場合のつつましい食事というのは、おそらく「ぜいたくではない、質素な」という意味でしょうから、ここから類推すると、つつましい暮らしという表現も誤用になってしまうのでしょうか?

ただ日本語としての存在感、というか使用頻度としては「つつましい」が「つましい」をかなり上回っているように思いますし、つつましい暮らしという表現にもそれほど違和感は感じないというのが正直なところ。

もともとは誤用であっても、次第に定着しつつある表現なのかもしれません。

とはいえ「つつましい食事、つつましい暮らし」などの表現が認められてしまうと、将来「つましい」が死語になってしまう可能性もあるでしょう。

それではもったいないので、何とか共存共栄の道を探ってもらいたいものです。


あるへいぼう

photo credit: Barber Shop via photopin (license)

photo credit: Barber Shop via photopin (license)

目的もなく辞書をパラパラとめくっているときの面白い発見の一つは「えっ? そんなものに名前があったの?」という単語を見つけること。

先日もこんな単語を見つけました。

アルヘイぼう【有平棒】

(有平糖に似ているからという)床屋の看板に用いる赤・白・青のらせん模様の棒。

「広辞苑 第五版」

調べてみると、有平糖というのはポルトガル伝来の砂糖菓子のこと。

その有平糖に由来するという「有平棒」は、英語でサインポール(signpole)とも呼ばれています。

人の認識というのは不思議なもので、子どもの頃から繰り返し見てきた「有平棒」が「有平棒」であることを知らなくても、全く違和感はありません。

もしそれを話題にしたいなら「床屋の前にある三色のくるくる」なんていう呼び方でも十分なのです。

子どもの頃から何度も床屋さんに通いながら、あの棒が何と言う名前なのか知らずに、またそんなことに一度も興味を持つことなく生涯を終える人もいるはず。

一方、有平棒を知ってしまったあなたは、有平棒を知っている人のグループに属してしまい、有平棒を知らない人のグループに戻ることは二度と出来ないのです。

そんなどうでもよいことを考えていると、いつのまにか夏の一日が終わっていきます。


cialis viagra online accutane