cialis viagra online accutane

日本語

漢字を覚えるのはやはり大変!? − 日本語学習者のブログを読んでみる

このブログを始めてから、フィンランド語や英語を勉強している人のブログを読むことが増えました。

そこで紹介されている方法を参考にしたり、「みんな頑張っているなあ」と思い励まされたりするので、モチベーションのアップにもつながります。

そんな中で、最近面白いなと思っているのが、日本語を勉強している人のブログ。

漢字を暗記するための涙ぐましい取り組みがあったりして、応援したくなります。こちらのブログでは、58日間で、2,042字の漢字を覚えるというチャレンジについてのエントリーがありました。

Japanese Words

漢字というのはやはり外国語として日本語を学ぶ人にはすごく高い壁なのだろう、と思います。

ネイティブの私たちですら、小学校の6年間をかけて約1,000字の漢字を習う訳ですから、これを成人してから習得しようとするのは並大抵の苦労ではないでしょう。

しかも日本語の場合、少なくともそれくらいの漢字を覚えていなければ、普通の文章を読むことすらままなりません。いや1,000字だと小学校レベルに留まってしまうので、実際にはもっと必要になりますか。

調べてみたところ、現在のいわゆる「常用漢字」は2,136字あるそうです。

だとすると、冒頭に紹介したブログでも取り組んでいた2,000字程度が一つの目標になるのでしょう。未知の言語の未知の文字を2,000字覚えるというのはなかなか想像ができません。

いずれにせよ、フィンランド語の格変化くらいでひーひー言っているようでは、日本語を勉強している人から怒られてしまうことでしょう。


巨大数の世界① − 日本語の場合

photo credit: lightclad via photopin cc

経緯は忘れてしまいましたが、小学生の頃、友達の間で「数の単位」を暗唱するのが流行ったことがありました。

日常的に使われる日本語の数の単位は「一、十、百、千、万、億、兆」くらいまででしょうか。

しかしもちろん日本語にはそれ以上の単位もあり、並べてみると次のようになります。

100 一(いち)
101 十(じゅう)
102 百(ひゃく)
103 千(せん)
104 万(まん)
108 億(おく)
1012 兆(ちょう)
1016 京(けい)
1020 垓(がい)
1024 秭(し)(じょ)
1028 穣(じょう)
1032 溝(こう)
1036 澗(かん)
1040 正(せい)
1044 載(さい)
1048 極(ごく)
1052 恒河沙(ごうがしゃ)
1056 阿僧祇(あそうぎ)
1060 那由他(なゆた)
1064 不可思議(ふかしぎ)
1068 無量大数(むりょうたいすう)

 
漢数字で表す数の単位は、一般に無量大数(10の68乗)が最大です。子どもの頃、暗唱していたのも、この無量大数までだったと記憶しています。

しかし仏教経典の華厳経にはもっと大きい単位が登場し、その中でも最大と言われる「不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)」は10の37218383881977644441306597687849648128乗であるとのこと。

ここまで来ると、まるで無量大数が塵のようですね。

さて、こんな数の話を突然思い出したのは、下記の動画がきっかけでした。一時期話題になったので、ご存知の方も多いかもしれません。

数学好きのおねえさんがいざなう「組み合わせ爆発」の世界。感動間違いなし(?)の動画ですので、未見の方はぜひご覧ください。

またこちらの動画では、さらに大きな「組み合わせ爆発」も扱っています。16×16あたりでは、機械的な読み上げがすっかり耳に心地よくなってしまうのは私だけでしょうか。

今回はここまで。次回は英語の巨大数を紹介してみたいと思います。


cialis viagra online accutane