cialis viagra online accutane

日本語

雪(ゆき)、霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)という漢字の成り立ちについて

14030901

「雪」という漢字をじっと見ていたら、雨の下にある「ヨ」はいったい何なのだろう?と気になったので『漢字源』を引いてみました。

雪(ゆき)

ゆき。空から降るゆき。ゆきのように白い。

解字 会意。もと「雨+彗(すすきなどの穂でつくったほうき、はく)」の会意文字で、万物を掃き清めるゆき。

『漢字源』

「ヨ」の部分はもともと「彗(ほうき)」の字だったんですね。

会意文字というのは、漢字の二つの部分のそれぞれの意味を生かした文字。

雪は(ホウキのように)万物を掃き清めるという由来なのでしょうか。これはおもしろい。

調べてみると「雪=掃くことのできる雨」という説も有力みたいですね。

この他、雪の仲間(?)である霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)はいずれも「あめかんむり」の漢字。

せっかくなので、それらの成り立ちも調べてみました。

霙(みぞれ)

みぞれ。雨と雪がまざって花びらのように降るもの。

解字 会意兼形声。「雨+音符英(はな)」。

『漢字源』

「霙」は雨の下に「英」。英には「花」という意味があります。霙は雨の花なんですね。

形声文字というのは、二つの部分の片方が意味、片方が音声を表す文字。

会意兼形声というのは、英の部分が「はな」という意味を表すとも言えるし、「エイ」という音を表すとも言えるということなのでしょう。

霰(あられ)

あられ。雨滴が地上近くで急に固まって、ぱらぱらと散ってふるもの。

解字 会意兼形声。「雨+音符散(ぱらぱらとちる)」。

『漢字源』

「霰」は雨の下に「散」。固まって散らばる雨=霰というのはイメージしやすいですね。

雹(ひょう)

ひょう。雨つぶがまるく凍って、雷雨などに伴って降るもの。あられ。

▷ヒョウは、包にひかれた読み方からきたもの

解字 会意兼形声。「雨+音符包(つつむ、まるくまとまる)」。

『漢字源』

「雹」は雨の下に「包」。包には何かを「包む」だけでなく「丸く覆う」という意味もあるとのこと。すなわち雹は丸く覆われた氷雨なんですね。

以上、今回は雪(ゆき)、霙(みぞれ)、霰(あられ)、雹(ひょう)という漢字の成り立ちについて、まとめてみました。

季節外れの雪など降らなければよいのですが。


「日本銀行」は何と読む?−「にっぽん」と「にほん」の使い分け

Japan

にっぽん【日本】

〔日の出(イズ)る所の意〕(「にっぽん」の方が古い)「にほん」の古来からの呼称。〔対外的に、また、固有名詞として言うことが多い〕

にほん【日本】

「ひのもと」を音読した語で、我が国の称。「ー的な芸能」

『新明解国語辞典』

数年前に民主党の衆議院議員が、日本国号の読み方を「にっぽん」または「にほん」のいずれかに統一する意向はあるか?との質問書を国会に提出したことがありました。

そのときの内閣の返答はどちらか一つに統一する必要はないというもの。

とはいえ、組織名などの固有名詞に「日本」が入っている場合には、どちらか一つに決めなければいけないときもあります。

例えば、日本放送協会(NHK)の正式な読み方は「にっぽんほうそうきょうかい」。「にほん〜」ではありません。

それでは次の名称に含まれる「日本」は「にっぽん」と「にほん」のどちらで読むでしょうか?

  • 日本大学
  • 日本体育大学
  • 日本航空(JAL)
  • 全日本空輸(ANA)
  • 日本銀行
  • 日本経済新聞
  • 日本武道館
  • 日本共産党

正解はこちら。

にっぽん にほん
日本大学 にほんだいがく
日本体育大学 にっぽんたいいくだいがく
日本航空 にほんこうくう
全日本空輸 ぜんにっぽんくうゆ
日本銀行 にっぽんぎんこう
日本経済新聞 にほんけいざいしんぶん
日本武道館 にっぽんぶどうかん
日本共産党 にほんきょうさんとう

 
こうして調べてみると、自分の思い込みとは異なるものもありました。

日本銀行は「にほんぎんこう」かと思っていたのですが、正しくは「にっぽんぎんこう」。

そう言われて手元のお札を見てみると、確かに NIPPON GINKO の表記が。

このほか大阪の日本橋は「にっぽんばし」、東京の日本橋は「にほんばし」なのだとか。

これはなかなか複雑ですねー。


「五十日」は何と読む?− 漢字三文字、かな二文字の単語たち

14022801

やし【香具師】

祭日・祭礼などの人出の多い所で見せ物などを興行し、また粗製の商品などを売ることを業とする者。てきや。

『広辞苑』

香具師(やし)というのは、何だか不思議な単語だと思いませんか?

漢字で書くと三文字なのに、かなで書くと二文字。

何か違和感がある。。。と思っていたのですが、調べてみると他にもたくさんあるんですね、この「漢字三文字、かな二文字」単語。

いくつか紹介してみたいと思います。

えせ【似而非】

似てはいるが、実は本物ではないこと。まやかし。にせもの。

広辞苑には「似而非」と並んで「似非」の表記もあり。

「エセ科学」のようにカタカナで書いたりもしますね。

はぜ【蝦虎魚】

ハゼ科の硬骨魚の総称。特に、マハゼを指す。淡水・海水・汽水に産し、多くは全長20センチメートル以下で水底にすむ。。。(略)

広辞苑には「蝦虎魚」と並んで「沙魚・鯊」の表記もあり。

よく見ると「沙魚」と「鯊」はタテヨコの並びを変えただけですね。

ぶな【山毛欅】

ブナ科の落葉高木。やや高い山地に生え、ブナ帯の代表種。幹の高さ約20メートル。。。(略)

広辞苑には「山毛欅」と並んで「橅・椈」の表記もあり。

実際には「ブナ」とカタカナで書くことが多いでしょうか。

いか【五十日】

ごじゅうにち。

昔の日数の数え方は、十日(とおか)、二十日(はつか)、三十日(みそか)、四十日(よそか)、五十日(いか)、百日(ももか)。

「はつか」までは現代語に生きていますが、そこから先は聞かなくなりました。(「みそか」は大晦日で使いますが。)

 

以上、本日はいくつかの「漢字三文字、かな二文字」単語を紹介してみました。

これらの単語は日本語の中で「熟字訓」と呼ばれるもの。

じゅくじくん【熟字訓】

熟字を訓よみにすること。また、その訓。「私語」を「ささやき」、「五月雨」を「さみだれ」と訓ずる類。

よって「五十日=いか」と読んだときに、それでは「五十日」のどこまでが「い」でどこからが「か」なのですか?と言っても意味のないこと。あくまで単語全体に当てた読みなのだと考えるよりほかありません。

これもまた日本語の不思議の一つだと思います。


「香り」と「薫り」の違いとは?

14022301

日本語には「飛ぶ」と「跳ぶ」のように、同じ読みでも字によって意味の異なる「異字同訓」が多いので、パソコンで文字を変換するときなど、どちらの漢字を使えばよいのだろう?と迷うことがよくあります。

そんな「異字同訓」の使い分け例を文化庁が発表したとのニュースがありました。

異字同訓の使い分け例公表 文化庁 会う・合う・遭う…:朝日新聞デジタル

何でも1972年に当時の国語審議会が示したもの以来42年ぶりの改訂なのだとか。今回の報告では新たに9項目が追加されたそうです。

その中で、個人的になるほど!と思ったのが次の項目。

かおり・かおる

【香り・香る】鼻で感じられる良い匂い。
茶の香り。香水の香り。菊が香る。梅の花が香る。

【薫り・薫る】主に比喩的あるいは抽象的なかおり。
文化の薫り。初夏の薫り。菊薫る佳日。風薫る五月。

香るは実際のかおりであるのに対して、薫るは比喩的・抽象的なかおりなんですね。

これまであまり意識したことはなかったのですが、そう言われてみればそのように思えてくるのは不思議なもの。

ちなみにGoogle翻訳で英訳してみると、

  • 香り=Fragrance
  • 薫り=Smell

となりました。

こちらは「香り」の方がずいぶん扱いがよい感じ。

「薫り」もさすがに smell 以外に何かあるだろうと思ったのですが、なかなかよい単語が思い付かず。

「かおり」を表す単語には aroma, fragrance, odor, perfume, scent などがありますが、どれも「薫り」よりは「香り」のイメージ。

「薫り」のニュアンスを英語で伝えるのは大変だと思いました。このあたりが翻訳の難しいところですね。


旧仮名の「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」を iPhone/Mac で入力する方法

photo credit: vaneea via photopin cc

photo credit: vaneea via photopin cc

歴史的仮名遣いの文章で用いられる「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」。

現在ではそれぞれ「い・え・イ・エ」を用いますが、この旧仮名を iPhone で入力したいと思ったことはありませんか?

ない?

。。。

たしかに現代ではほとんど使うことのないこの旧仮名たち。しかし固有名詞にこれらの文字を使うことはあるようです。例えば、

  • ヰセキ
  • ニッカウヰスキー
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版
  • ヱビスビール
  • よゐこ

などなど。

このような名称をきちんと入力したいときには、どのようにしたらよいのでしょうか?

 

旧仮名の「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」を iPhone で入力する方法

ずばり、日本語キーボードで「きゅうかな」と入力します。すると、このような変換候補がずらっと。

14010302

こんな方法があるんですね。

ところでよく見ると変換候補の中に「ヸ、ヹ」という文字も存在します。これはいったい何と読むのでしょう?

初見のイメージは「ヸ」は「イ」と「ギ」の中間、「ヹ」は「エ」と「ゲ」の中間といったところ。

しかし調べてみると、これは現在の「ヴィ」「ヴェ」に当たる音なのだとか。

普及はしなかったものの、かつては「v+母音」を一文字のかなで表そうとしたんですね。

 

旧仮名の「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」を Mac で入力する方法

Mac では、「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」を次のように入力します。

  • [w y i]⇒[ゐ、ヰ]
  • [w y e]⇒[ゑ、ヱ]

「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」というのは、もともとはワ行の音[wi, we]。


そのためキーボード入力にも[w]を用いるようです。

 

まとめ

こんな知識を覚えておくと、何かのときに役に立つ!という人は、全人口の0.01%くらいでしょうか??

もし一人でもどなたかのお役に立てば幸いです。


「モテる」の分析

Cow Grazing in Pasture

考えてみると日本語の「モテる」というのは、何だか不思議な動詞だなあと思いませんか。

その成り立ちについて、少し調べてみました。

 

「モテる」の成り立ち

まずは辞書の語義から。

[動タ下一]《持つことができる意の「も(持)てる」から》
1 保たれる。維持される。「座が―・てない」
2 人気がある。人から好意をもたれ、よい扱いをうける。「年上の女性に―・てる」

『大辞泉』より

これによると「モテる」というのは、もともと「持つことができる」から来ているようです。

だとすると、いったい何を持つことができるのでしょう?

少し検索などでも調べてみましたが、モテるための方法ばかり出てきて見つかりません。

推察すれば、人からの好意や愛情を「持つ」ことができるということでしょうか。

また調べたところ、現在のような意味の「モテる」の歴史は意外に古いようです。

もてるは古く江戸時代には既に使われており、持てるという書きも使われた。また、昭和中期辺りからモテるというカタカナを併用した表記も使われる。

日本語俗語辞書

江戸時代にはもう使われていたんですね。カタカナ表記は昭和中期からということですが、カタカナになった理由はよくわかりません。

現在では「もてる」と書いてしまうと「モテる」の意味なのか、他の意味なのか、ややあいまいになってしまいます。

 

「モテる」の活用

さきほどの語義にあった[動タ下一]とは、タ行下一段活用の動詞という意味。次のように活用します。

語幹
未然形 モテ(ない)
連用形 モテ(ます)
終止形 モテる
連体形 モテる(こと)
仮定形 モテれ(ば)
命令形 モテろ


一方、もとの「持つ」は五段活用の動詞。こちらは次のように活用します。

語幹
未然形 持た(ない)
持と(う)
連用形 持ち(ます)
持っ(た)
終止形 持つ
連体形 持つ(こと)
仮定形 持て(ば)
命令形 持て


日本語ではこのように五段活用の動詞が「可能」の意味を含んで、下一段活用の動詞に転じる例が多く、それらは可能動詞と呼ばれています。

可能動詞(かのうどうし)とは、現代日本語(共通語)において五段活用の動詞を下一段活用の動詞に変化させたもので、可能(行為をすることができること)の意味を表現する。「書く」に対する「書ける」、「打つ」に対する「打てる」の類をいう。

Wikipedia「可能動詞」より

果たして「モテる」がこのような可能動詞の仲間なのかどうかはわかりませんが、成り立ちが同じことは確かでしょう。

また Wikipedia にはこんな記述もあります。

可能動詞には命令形が用いられにくく、「読めろ」・「走れろ」などの命令的な表現は極めて稀である。

確かに「泳げろ」「飛べろ」など、様々な例を思い浮かべてみても可能動詞と命令形の相性は悪そうなのですが、命令形「モテろ」は成立しているような気がしませんか。

「モテろ!」と言われても、「わかりました。モテます!」とは答えられないかもしれませんが、それはまた別の話。


cialis viagra online accutane