cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.532 − トゥルクと埼玉の共通点

18011501

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にフィンランドの古都トゥルクについての短い読み物が出ていました。

TURKU

Turku on Suomen vanhin kaupunki ja maamme entinen pääkaupunki. Kaupungin mielenkiintoiseen historiaan voi tutustua Turun linnassa. Kannattaa käydä myös Luostarinmäen käsityöläismuseossa ja tuomiokirkossa

トゥルク

トゥルクはフィンランドの最も古い街であり、前の首都です。街のおもしろい歴史はトゥルク城で知ることができます。ルオスタリンマキ手工芸博物館と大聖堂も訪れる価値があります。

フィン
entinen former 前の
mielenkiintoinen interesting おもしろい
tutustua get to know 知り合いになる
kannattaa to be worth 〜する価値がある
käsityö handwork 手仕事
tuomiokirkko cathedral 大聖堂

 

この Turku という地名は格変化に伴って、中の[k]が落ちることがあります。

Turku(トゥルク)
Turun linna(トゥルク城)
主格 〜は/が Turku
属格 〜の Turun
内格 〜の中で/に Turussa
出格 〜の中から Turusta
入格 〜の中へ Turkuun

 

最初にこのルールを知ったときは「フィンランド語は固有名詞でも格変化するのか」とびっくりしました。

この現象は改めて考えてみると、日本語のイ音便に似ているような気もします。

いおんびん[イ音便](名)

〘言〙音便の一つ。「キ・ギ」などの音が「イ」の音になるもの。例、「咲きて」→「咲いて」。「脱ぎて」→「脱いで」。

「三省堂国語辞典 第七版」

地名で言えば「埼玉(さきたま)」が「埼玉(さいたま)」になったという例もあります。

もちろん一つの会話や文章で埼玉が「さきたま」になったり「さいたま」になったりする訳ではないので、フィンランド語と日本語の音変化を同列に考えることはできませんが、傾向としては似ているのではないか。そんなことをふと考えました。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.531 − 寒さに強い、寒さに弱い

18011401

先日のフィンランド語教室で、タイプ6の動詞[-etA]について話していたときのこと。

先生が紹介してくれたのが tarjeta という動詞。

なんと一語で「寒さに強い」という意味を表すのだそうです。

Wiktionary で調べてみると、次のように出ていました。

tarjeta

(intransitive) To (be able to) withstand the cold, be warm enough (in order not to shiver with cold).

Tarkenenkohan minä ulkona näillä vaatteilla?
(I wonder if I’m warm enough outdoors with these clothes.)

「Wiktionary」

「寒さに強い」の他に「十分暖かい」という意味もあるようです。

今の季節に使い勝手の良さそうな単語ですね。

日本語にも似たような表現はないだろうか?と考えてみると、寒さに強いという表現は思いつかなかったものの、逆の表現ならあることに思い当たりました。

さむがり[寒がり](名・形動ダ)

ふつうの人よりも、よけい寒さを感じる〈性質/人〉。(↔暑がり)

「三省堂国語辞典 第七版」

もしかしたらフィンランド語にもこれに類する表現があるのかもしれませんが、寒がりの人がフィンランドで暮らすのはしんどそうです。

寒さに強いフィンランド語と寒さに弱い日本語。他の言語にも似たような表現はあるのでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.530 − タイプ6の動詞あれこれ

18011301

昨日のエントリーでは、フィンランド語の動詞のうち、タイプ6の動詞の活用を扱いました。

フィンランド語学習記 vol.529 − 動詞の活用(タイプ6)

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

タイプ6の動詞は他のタイプに比べて数は少なめ。以下、代表的なものを拾ってみました。

  • edetä(前進する)
  • heiketä(弱くなる)
  • kyetä(できる)
  • kylmetä(寒くなる)
  • laajeta(広くなる)
  • lämmetä(暖かくなる)
  • paeta(逃げる)
  • pienetä(小さくなる)
  • pidetä(長くなる)
  • suureta(大きくなる)
  • vaieta(黙る)
  • vanheta(年をとる)

このリストを見て気付いた人もいるかもしれませんが、タイプ6の動詞の多くは形容詞がもとになっています。

そのため、もとの形容詞を知っていれば意味を推測できることも。

heiketä(弱くなる) heikko(弱い)
kylmetä(寒くなる) kylmä(寒い)
laajeta(広くなる) laaja(広い)
lämmetä(暖かくなる) lämmin(暖かい)
pienetä(小さくなる) pieni(小さい)
pidetä(長くなる) pitkä(長い)
suureta(大きくなる) suuri(大きい)
vanheta(年をとる) vanha(古い、年をとった)

 

形容詞から動詞を作るとき、日本語の場合は形容詞に動詞の「なる」を足して作りますが(寒い+なる=寒くなる)、「弱くなる→弱まる」「暖かくなる→暖まる」のように一語に縮められるケースもあります。

一方、フィンランド語は形容詞の語尾を[-etA]の形に変えて一語の動詞で表しますが(kylmä → kylmetä)、すべての形容詞を[-etA]の形にできる訳ではありません。

すなわち、原則は原則として、個々の事例は個々の事例として覚えていく必要がありそうです。


フィンランド語学習記 vol.529 − 動詞の活用(タイプ6)

18011201

フィンランド語の動詞は語尾の形によって6つのタイプに分類できます。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

今回はこのうちタイプ6の動詞について、活用形の作り方をまとめておきたいと思います。

例に使うのはこちらの単語。

kylmetä(寒くなる)
lämmetä(暖かくなる)

 

1)語尾の[-tA]を[-ne]に変える。

まず語尾の[-tA]を[-ne]に変えます。

kylmetä → kylmene
lämmetä → lämmene

 

2)kpt 交替のチェック

タイプ6の動詞ではいわゆる逆 kpt 交替が起こる場合があります。

逆 kpt 交替は下表で右から左への子音の変化。

kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 

このルールをさきほどの動詞に当てはめると次のようになります。

kylmene → 変化なし
lämmene → lämpene

どちらも語尾は同じ[-mene]ですが、lämmene の方は[mm → mp]の変化が適用されるので注意が必要です。

 

3)人称ごとの活用語尾を付ける

最後に活用語尾を付けて、できあがり。

minä kylmenen lämpenen
sinä kylmenet lämpenet
hän kylmenee lämpenee
me kylmenemme lämpenemme
te kylmenette lämpenette
he kylmenevät lämpenevät

 

このタイプ6の動詞、数は少ないものの、忘れた頃に出てきて、「あー、タイプ6の変化ってどうするんだっけ?」と思うことがあります。

この数が少ないというのが曲者で、文法事項というのは難しくても出現頻度が高ければ覚えてしまいますし、簡単でも出現頻度が低ければ忘れてしまいます。

この機会に、タイプ1〜5の動詞と合わせて復習しておきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.528 − インフルエンザ流行

18010601

インフルエンザの流行が本格的に始まったようです。

去年インフルエンザにかかってしまったので、今年は予防接種に行こうと思っていたのですが、行動に移さないまま年があけてしまいました。今頃、予防接種に行っても効果はあるのでしょうか?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」によると、フィンランドでもインフルエンザが流行っているようです。

Influenssaa on nyt paljon

Influenssakausi on nyt toden teolla alkamassa. Tapauksia on jo niin paljon, että kyseessä on epidemia.

Influenssa A -virusta oli vuoden loppuun mennessä yli 800 tapausta. B-virusta oli yli 1700 tapausta. Epidemia kestää yleensä noin neljä (4) kuukautta, mutta joskus se kestää kauemmin.

Ylilääkäri Hanna Nohynek Terveyden ja hyvinvoinnin laitoksesta sanoo, että rokote kannattaa vielä ottaa.

インフルエンザが今、多くなっている。

インフルエンザのシーズンが今、本格的に始まっている。事例がもうかなり多いため、流行が問題になっている。

インフルエンザA型は年末までに800件以上あった。B型は1700件以上あった。流行は通常、約4か月続くが、時にはそれ以上続く。

保健福祉研究所の主任医師 Hanna Nohynek はまだ予防接種をした方がよいと言っている。

フィン
toden teolla really 本当に
alkaa start 始める
tapaus case 出来事
olla kyseessä at stake 問題になっている
epidemia epidemic (伝染病などの)流行
kestää last 続く
yleensä normally 普通は
ylilääkäri head physician 主任医師
terveys health 健康
hyvinvointi welfare 福祉
laitos institute 施設
rokote vaccine 予防注射
kannattaa to be worth 〜した方がよい

 

人口500万の国で患者数2500人というのはかなりの割合。しかもこの数はまだ増えていくのでしょう。

記事中に出てくる医師 Hanna Nohynek さんによると、今からでも予防接種に行った方がよいとのこと。

それでは重い腰を上げて次の休みに行ってこようかと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.527 − 静かなクリスマス

17122501

日本のクリスマスは賑やかなイメージですが、フィンランドのクリスマスは静かなイメージ。

クリスマスイブからクリスマスにかけては、多くの人が家で家族と過ごすため、店は閉まり、交通機関は止まってしまう。

そんなクリスマスの様子が、フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」で紹介されていました。

Suomi hiljenee jouluksi

Monet kaupat sulkivat ovet jouluaattona jo iltapäivällä.

Kaupoilla on kuitenkin lupa olla auki vaikka koko joulu, jos ne niin haluavat. Kauppojen aukioloajat voi katsoa esimerkiksi niiden nettisivuilta.

Myös liikenne on hiljentynyt joulun takia. Esimerkiksi Turussa, Tampereella, Jyväskylässä ja Oulussa paikallisbussit kulkevat seuraavan kerran vasta tapaninpäivänä eli toisena joulupäivänä.

Helsingissä bussit, raitiovaunut ja metro kulkevat joulupäivänä kello 11 jälkeen.

フィンランドはクリスマスに静かになる

多くの店がクリスマスイブの午後にはもう店を閉じる。

しかしもし望めば、クリスマスの間、店を開いてもかまわない。店の営業時間は例えばウェブサイトで見ることができる。

交通もクリスマスのためにゆっくりになる。例えばトゥルク、タンペレ、ユヴァスキュラ、オウルでは、地元のバスは、ボクシング・デーつまり2日目のクリスマスの日にようやく運行を再開する。

ヘルシンキでは、バスやトラムや地下鉄はクリスマスの日の11時以降に動く。

フィン
hiljetä become quiet 静かになる
sulkea close 閉じる
ovi door ドア
iltäpäivä afternoon 午後
lupa permission 許可
aukioloaika opening hours 営業時間
nettisivu website ウェブサイト
liikenne traffic 交通
hiljentyä become quiet
slow down
静かになる
スピードが落ちる
takia because of 〜のために
paikallinen local 地元の
seuraava next 次の
tapaninpäivä Boxing Day ボクシング・デー
(クリスマスの次の日)

 

こういった記事を読むと、フィンランドのクリスマスというのは、むしろ日本のお正月に近い感覚なのかなとも思います。

どこの国に住んでいても、年の変わり目にせわしない日常を離れてゆっくり過ごしたいという人々の気持ちは変わらないのかもしれません。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


cialis viagra online accutane