cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.520 − 後置詞あれこれ(4)

17112101

フィンランド語の後置詞に関するエントリーの続きです。

フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

フィンランド語学習記 vol.518 − 後置詞あれこれ(2)

フィンランド語学習記 vol.519 − 後置詞あれこれ(3)

先日のエントリーで紹介したフィンランド語の後置詞の中にこんなセットがありました。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
väliin
(間へ)
välissä
(間に)
välistä
(間から)

 

これらの後置詞はいわゆる内部格(入格、接格、出格)の形になっていますが、実は次のような外部格(向格、接格、離格)の形をしたセットも存在します。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
välille
(間へ)
välillä
(間に)
väliltä
(間から)

 

意味は同じ「間へ、間に、間から」なのに、いったい何が違うのでしょう?

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような説明が出ていました。

Kissa on pöydän ja television välissä, mutta Hämeenlinna on Helsingin ja Tampereen välillä. Jos on kaksi paikkakuntaa, niin on tavallisesti välillä. Samoin jos me puhumme ajasta: Tulen kotiin kolmen ja neljän välillä. Myös abstraktisesti: Mikä ero on postposition ja preposition välillä?

『suomea suomeksi 2』P.109

ここでは välissä の代わりに valillä を用いる3つのケースが紹介されています。

順に見ていきましょう。

 

1)地域

Hämeenlinna on Helsingin ja Tampereen välillä.
(ハメーンリンナはヘルシンキとタンペレの間にある。)

ある地域とある地域の「間」という意味を表すときには välillä を用います。

 

2)時間

Tulen kotiin kolmen ja neljän välillä.
(3時と4時の間に家に帰る。)

何時と何時の「間」という意味を表すときには välillä を用います。

 

3)抽象的

Mikä ero on postposition ja preposition välillä?
(後置詞と前置詞の間にはどんな違いがあるのか?)

抽象的なもの同士の「間」を表すときには välillä を用います。

 

以上、värissä の代わりに värillä を用いる3つのケースをまとめてみました。

そもそもフィンランド語において、内部格(入格、接格、出格)を使うのか、外部格(向格、接格、離格)を使うのかという選択は理屈で割り切れない部分もあります。

今回の värissä と värillä の使い分けも考えるより慣れるしかないのかもしれません。


フィンランド語学習記 vol.519 − 後置詞あれこれ(3)

17112001

昨日と一昨日のエントリーでは、フィンランド語の後置詞を扱いました。

フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

フィンランド語学習記 vol.518 − 後置詞あれこれ(2)

そこで紹介したのは例えば次のような文。

Kissa on television päällä.(ネコはテレビの上にいる。)

しかしフィンランド語を始めたばかりの頃には、次のような文を作っていたはずです。

Kissa on pöydällä.(ネコはテーブルの上にいる。)

「テーブルの上」と言いたいときには「テーブル」を意味する poytä の接格 pöydällä を用いるのに対して、「テレビの上」と言いたいときには「上に」を意味する後置詞 päällä を用います。

この違いはいったいどこから来るのでしょう?

テキストを読んでいたら、その理由が次のように説明されていました。

Kissa on pöydällä, mutta television päällä. Jos on epätavallinen paikka, niin käytetään postpositiota päällä. Lattialla, matolla, tuolilla, pöydällä, hyllyllä jne., mutta television päällä, pään päällä, jääkaapin päällä, lampun päällä jne.

『suomea suomeksi 2』P.109

これによると、ネコが「普通いないような場所」にいるときには後置詞の päällä を用いるとのこと。

ということは、ネコが「普通いるような場所」にいるときには接格[-llA]を用いるということになります。

それぞれの使い分けは次のように示されています。

 

ネコが普通いるような場所(接格[-llA])

  • lattialla(床の上)
  • matolla(マットの上)
  • tuolilla(イスの上)
  • pöydällä(テーブルの上)
  • hyllyllä(棚の上)

 

ネコが普通いないような場所(後置詞 päällä)

  • television päällä(テレビの上)
  • pään päällä(頭の上)
  • jääkaapin päällä(冷蔵庫の上)
  • lampun päällä(電灯の上)

 

ネコを飼ったことがないので、ネコが普通どのような場所にいるのかはあまりよくわからないのですが、両グループの間に境界線があることは何となくわかります。

日本語ではどちらも「上」、英語ではどちらも on を使うところ、わざわざこんな使い分けをするフィンランド語はユニークだと改めて思います。


フィンランド語学習記 vol.518 − 後置詞あれこれ(2)

17111901

昨日のエントリーでは、フィンランド語の後置詞を扱いました。

フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

今日もフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』から例文を引用しつつ、様々な後置詞を見ていきたいと思います。

Kissa hyppää television päälle.(ネコはテレビの上へジャンプする。)
Kissa on television päällä.(ネコはテレビの上にいる。)
Kissa hyppää pois television päältä.(ネコはテレビの上からジャンプする。)
Kissa menee pöydän alle.(ネコはテーブルの下へ行く。)
Kissa on pöydän alla.(ネコはテーブルの下にいる。)
Kissa menee pois pöydän alta.(ネコはテーブルの下から出る。)

これらの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
päälle
(上へ)
päällä
(上に)
päältä
(上から)
alle
(下へ)
alla
(下に)
alta
(下から)

 

「上、下」の後置詞は語尾が規則的なので覚えやすいと思います。

さらにどーんと見ていきましょう。

Kissa menee pöydän ja teeveen väliin.(ネコはテーブルとテレビの間へ行く。)
Kissa on pöydän ja teeveen välissä.(ネコはテーブルとテレビの間にいる。)
Kissa menee pois pöydän ja teeveen välistä.(ネコはテーブルとテレビの間から離れる。)
Kissa menee teeveen viereen.(ネコはテレビの横へ行く。)
Kissa on teeveen vieressä.(ネコはテレビの横にいる。)
Kissa menee pois teeveen vierestä.(ネコはテレビの横から離れる。)
Kissa menee teeveen ääreen.(ネコはテレビの側へ行く。)
Kissa on teeveen ääressä.(ネコはテレビの側にいる。)
Kissa menee pois teeveen äärestä.(ネコはテレビの側から離れる。)
Kissa menee kukkien keskelle.(ネコは花々の中へ行く。)
Kissa on kukkien keskellä.(ネコは花々の中にいる。)
Kissa menee pois kukkien keskeltä.(ネコは花々の中から離れる。)

これらの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
väliin
(間へ)
välissä
(間に)
välistä
(間から)
viereen
(横へ)
vieressä
(横に)
vierestä
(横から)
ääreen
(側へ)
ääressä
(側に)
äärestä
(側から)
keskelle
(中へ)
keskellä
(中に)
keskeltä
(中から)

 

これらの後置詞を見て不思議に思うのは、

「横、側」がなぜ内部格の形なのか?
「中」がなぜ外部格の形なのか?

ということ。

つい vierellä, äärellä, keskessä などと言ってしまいそうになるので気を付けなければなりません。

昨日と今日のエントリーで紹介した後置詞は全部で24個。

実はフィンランド語の後置詞というのはまだまだ他にもあるのですが、まずは今回取り上げたものをしっかりと使いこなせるようにしていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

17111801

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』の新しい課で、フィンランド語の後置詞がまとめて紹介されていました。

フィンランド語は前置詞よりも後置詞の方が多い言語。そのため、これらの後置詞をきちんと暗記しておく必要があります。

まずは後置詞を含む例文を見てみましょう。

Aurinko menee pilven taakse.(太陽は雲の後ろへ隠れる。)
Aurinko on pilven takana.(太陽は雲の後ろにある。)
Aurinko tulee pilven takaa.(太陽は雲の後ろから出て来る。)
Pilvi tulee auringon eteen.(雲は太陽の前へ出て来る。)
Pilvi on auringon edessä.(雲は太陽の前にある。)
Pilvi menee pois auringon edestä.(雲は太陽の前から過ぎて行く。)

[注]フィンランド語の後置詞は原則として「属格+後置詞」という形で用います。

主格 属格+後置詞
pilvi(雲) pilven takana(雲の後ろに)
aurinko(太陽) auringon edessä(太陽の前に)

 

先ほどの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
後ろ taakse
(後ろへ)
takana
(後ろに)
takaa
(後ろから)
eteen
(前へ)
edessä
(前に)
edestä
(前から)

 

eteen, edessä, edestä のセットはそれぞれ入格[-Vn]、内格[-ssA]、出格[-stA]の格語尾に対応しているのでわかりやすいですが、taakse, takana, takaa のセットはそのような法則性がないのでそのまま覚えるしかありません。

その際には後置詞単体で覚えるよりも、次のように例文で(動詞とセットで)覚えてしまった方が「動き」のイメージを掴みやすくなるような気がします。

Aurinko menee pilven taakse.
Aurinko on pilven takana.
Aurinko tulee pilven takaa.

以上、本日はここまで。明日はもっと多くの後置詞を扱います。


フィンランド語学習記 vol.516 − 第2不定詞具格

17111301

今回はフィンランド語の動詞の第2不定詞具格と呼ばれる形について見ていきたいと思います。

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような例文が出ています。

Iida tuli itkien kotiin.
(イーダは泣きながら、家に帰ってきた。)

Pekka istui kotona katsellen televisiota.
(ペッカはテレビを見ながら、家で座っていた。)

Bussiin on noustava varoen.
(バスは注意しながら〔=注意して〕、乗らなければならない。)

それぞれ太字の部分が第2不定詞具格と呼ばれる形です。

日本語訳から分かるとおり、第2不定詞具格というのは「〜しながら」という意味を表します。もとになっているのは次の動詞。

フィン
itkeä cry 泣く
katsella watch 見る
varoa be careful 注意する

 

続いてこの第2不定詞具格の作り方を見ていきましょう。

 

第2不定詞具格の作り方

第2不定詞具格は、語末の[-A]を[-en]に変えて作ります。

katsella(見る)→ katsellen(見ながら)
varoa(注意する)→ varoen(注意しながら)

ただし[-eA]で終わる動詞は、この手順の際に[e]が[i]に変わります。

itkeä(泣く)→ itkien(泣きながら)

手順はたったこれだけ。

第2不定詞具格などと物々しい名前が付いていますが、作り方は非常にシンプルです。

ただ一点スッキリしないのは、なぜこの形を第2不定詞具格と呼ぶのか?ということ。

そんなことを言い出したらきりがないのがフィンランド語の世界ではありますが。。。


フィンランド語学習記 vol.515 − Suomen historia(4)

17101101

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)
フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)
フィンランド語学習記 vol.514 − Suomen historia(3)

戦争が終わり、フィンランドはヨーロッパの福祉国家として発展していくことになります。

Sotien jälkeen elämä Suomessa oli köyhää. Ihmiset tekivät päljon töitä, koska maata rakennettiin uudelleen. Helsingissä pidettiin olympialaiset vuonna 1952, mikä oli Suomelle tärkeä kansainvälinen tapahtuma.

1960-luvulla monet muutivat maalta kaupunkiin, mutta usein kaupungeissakaan ei riittänyt töitä kaikille.Siksi monet lähtivät ulkomaille, eniten Ruotsin. Vähitellen Suomen talous ja yhteiskunta kehittyivät ja nykyisin Suomi on eurooppalainen hyvinvointivaltio. Suomi liittyi Euroopan unioniin 1995, ja euro otettiin käyttöön 2002.

戦争の後、フィンランドの人々の生活は貧しいものだった。国が再建されたため、人々は多くの仕事をした。ヘルシンキでは1952年にオリンピックが行われた。それはフィンランドにとって重要な国際イベントだった。

1960年代には多くの人々が田舎から都市へと移動した。しかし都市においても全ての人に十分な仕事がないことはよくあった。そのため多くの人々は海外へ、多くの場合はスウェーデンに出かけた。少しずつフィンランドの経済と社会は発展した。そして今やフィンランドはヨーロッパの福祉国家である。フィンランドは1995年にEUに加盟した。そしてユーロは2002年に導入された。

フィン
köyhä poor 貧しい
rakentaa build 建てる
uudelleen again 再び
pitää hold 開催する
olympialaiset Olympic Games オリンピックゲーム
tärkeä important 重要な
tapahtuma event 出来事
kansainvälinen international 国際的な
moni many 多くの
riittää suffice 十分である
eniten most もっとも多く
talous economy 経済
yhteiskunta society 社会
nykyisin nowadays 今の
hyvinvointivaltio welfare state 福祉国家
liittyä belong メンバーになる
Euroopan unioni
(EU)
The European Union
(EU)
欧州連合
ottaa käyttöön put into use 使用される

 

ソ連との戦争の結果、敗戦国となったフィンランドには、ソ連への賠償が重くのしかかることになりました。

しかし1952年にはヘルシンキオリンピックを開催。その後はヨーロッパの福祉国家として発展していくことになります。

戦後においても、ソ連との関係はフィンランドにとって重い課題でしたが、ソ連による内政干渉などを巧みに切り抜け、中立国としての立場を確かなものにしていったようです。

ソ連崩壊後の1995年にはEUに加盟。経済も発展し、ノキア(Nokia)は携帯電話機の販売数世界一のメーカーになりました。そして今のフィンランドは教育の国としても世界に知られています。

以上、ここまで駆け足でフィンランドの歴史を見てきました。今回読んだテキストは短いものでしたが、フィンランド語でフィンランドの歴史に触れるという貴重な経験ができました。この次はぜひもっと本格的なものを読んでみたいと思います。


cialis viagra online accutane