cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.499 − 第1不定詞長形(2)

17092401

きのうに続いて、フィンランド語の第1不定詞長形について。

フィンランド語学習記 vol.498 − 第1不定詞長形(1)

今回はフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に出ていた例文を見ていきたいと思います。

Emme elä syödäksemme vaan syömme elääksemme.
Soitin kotiin kysyäkseni, kuinka vanhempani voivat.
Menimme taksilla ehtiäksemme ajoissa perille.

どの単語が第1不定詞長形になっているかわかるでしょうか?

以下に一文ずつ見ていきましょう。
 

Emme elä syödäksemme vaan syömme elääksemme.
(私たちは食べるために生きているのではなく、生きるために食べている。)

ここでは syödäksemme, elääksemme の部分が第1不定詞長形になっています。

syödä(食べる) syödäksemme(私たちが食べるために)
elää(生きる) elääksemme(私たちが生きるために)

 

Soitin kotiin kysyäkseni, kuinka vanhempani voivat.
(私は両親が元気なのか尋ねるために、家に電話をした。)

ここでは kysyäkseni の部分が第1不定詞長形になっています。

kysyä(尋ねる) kysyäkseni(私が尋ねるために)

 

Menimme taksilla ehtiäksemme ajoissa perille.
(私たちは目的地に間に合うように、タクシーで行った。)

ここでは ehtiäksemme の部分が第1不定詞長形になっています。

ehtiä(間に合う) ehtiäksemme(私たちが間に合うように)

 

以上、今回は第1不定詞長形を含む例文を3つ紹介してみました。

「第1不定詞長形がある」という前提で例文やスキットを見れば意味をつかむことはできるのですが、その前提なしで突然この形が出てきたら「これは何?」と迷ってしまいそうな気がします。

ポイントはおそらく真ん中の[-kse-]に気付けるかどうか。ただ語頭や語尾と違って語中のサインというのは見落としがちなので、そういう意味では少しやっかいな文法事項なのかなと思います。


フィンランド語学習記 vol.498 − 第1不定詞長形(1)

17092301

先日のフィンランド語教室では第1不定詞長形という動詞の形を扱いました。

[第1不定詞短形]lukea(読む)
[第1不定詞長形]lukeakseni(私が読むために)

第1不定詞短形というのはいわゆる動詞の原形(辞書形)のこと。

フィンランド語の動詞の原形は正式には第1不定詞短形と呼ばれる形で、それに対して第1不定詞長形と呼ばれる形もあるのだとか。

文法用語が苦手な人にとっては「??」という感じかもしれませんが、基本的には動詞を使って「◯が〜するために」という意味を表すための形と覚えておけばよいでしょう。

まずはその作り方から見ていきましょう。

 

第1不定詞長形の作り方

第1不定詞長形は動詞の原形(第1不定詞短形)に変格語尾[-kse]を付け、その後に所有接尾辞を付けてつくります。

*変格語尾の基本形は[-ksi]ですが、後に所有接尾辞が付くと[-kse]に変化するので注意が必要。

ここでは各人称の所有接尾辞を付けた形を見てみましょう。

一人称単数 lukeakseni [-ni] 私が読むために
二人称単数 lukeaksesi [-si] あなたが読むために
三人称単数 lukeakseen
lukeaksensa
[-en]
[-nsA]
彼/彼女が読むために
一人称複数 lukeaksemme [-mme] 私たちが読むために
二人称複数 lukeaksenne [-tte] あなたたちが読むために
三人称複数 lukeakseen
lukeaksensa
[-en]
[-nsA]
彼ら/彼女らが読むために

 

何となくイメージがつかめたでしょうか?

 

第1不定詞長形の慣用表現

フィンランド語には第1不定詞長形を使った次のような慣用表現もあるのだそう。

tietää(知っている) tietääkseni(私が知る限り)
muistaa(覚えている) muistaakseni(私が覚えている限り)
ymmärtää(理解する) ymmärtääkseni(私が理解している限り)
luulla(思う) luullakseni(私が思う限り)

 

これらは「◯が〜するために」とは訳せない、やや特殊な用法。

数は多くないので、そのまま覚えておきたいところです。

明日も引き続き、この第1不定詞長形について見ていきたいと思います。


ハリー・ディーン・スタントンのこと

17091701

アメリカの俳優ハリー・ディーン・スタントンが15日に91歳で亡くなりました。

。。。というニュースを最初に見たのは、ツイッターのタイムラインに流れてきたフィンランド国営放送 yle のツイートでした。

これも何かの縁ということで、記事の抜粋を訳してみます。

Näyttelijä Harry Dean Stanton on kuollut

Monista mieleenpainuvista sivurooleista tunnettu Harry Dean Stanton on kuollut. 91-vuotiaana kuollut Stanton on näytellyt seitsemällä eri vuosikymmenellä.

俳優ハリー・ディーン・スタントン亡くなる

多くの印象に残る脇役で知られるハリー・ディーン・スタントンが亡くなった。91歳で亡くなったスタントンは70年の間、演技を続けてきた。

フィン
näyttelijä actor 俳優
mieleenpainuva unforgetable 忘れられない
sivurooli supporting role 脇役
tunnettu famous, well-known 有名な、よく知られた
näytellä act 演じる
vuosikymmen decade 10年

 

ハリー・ディーン・スタントンと言えば、やはり印象に残っているのは『パリ、テキサス』の中で演じた寡黙な主人公。

さきほどの yle の記事の中でも mieleenpainuva(unforgetable)という単語を使っていますが、本当に一度映画を見たら忘れられない印象を残す個性的な俳優でした。

また一人、映画の中のヒーローが去ってしまったようで寂しい気持ちです。


フィンランド語学習記 vol.497 − 本を集める人

17091201

電子書籍の利便性は認めつつも、紙の本の手触りも捨てがたい。

本好きの人なら、そのような感情を抱いている人も多いでしょう。

現在のようにデジタルデータのない時代、一冊の紙の本には私たちの想像が及ばないような価値があったのかもしれません。

今回はフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」から本にまつわる素敵なコラムを一つ紹介してみたいと思います。

Kirjastojen sankari Matti Pohto

Matti Pohto on suomalaisen kirjallisuuden sankari, joka on unohdettu.

1800-luvun alkupuolella Matti Pohto käveli tuhansia kilometrejä ympäri Suomea. Hän keräsi kirjoja. 4 000 suomenkielistä kirjaa tarvittiin niiden tilalle, jotka paloivat Suomen suurimman kirjaston mukana Turussa 190 vuotta sitten. Matti Pohto ehti kerätä melkein kaikki 4 000 kirjaa. Vain muutama puuttui, kun hän kuoli.

Matti Pohto keräsi kirjoja, vaikka hän oli köyhä eikä päässyt lapsena kouluun.

図書館の英雄、マッティ・ポフト

マッティ・ポフトは、忘れられたフィンランド文学の英雄である。

1800年代前半、マッティ・ポフトはフィンランドを回って数千キロメートルを歩いた。彼は本を集めていた。四千冊のフィンランド語の本が必要とされていた。190年前のトゥルクにおいてフィンランド最大の図書館とともに燃えてしまった本の代わりとして。マッティ・ポフトは全部でほぼ四千冊の本を集めることができた。彼が亡くなったときには、ほんの数冊が無くなっっていただけだった。

マッティは本を集めたけれども、貧しく子どものときに学校へ行くことはできなかった。

フィン
sankari hero 英雄、ヒーロー
kirjallisuus literature 文学
unohtaa forbid 忘れる
alkupuoli first part 前半
kävellä walk 歩く
tuhat thousand 1,000
ympäri around 〜を回って
kerätä collect 集める
tarvita need 必要とする
palaa burn 燃える
ehtiä have time, make it 間に合う、到達する
muutama a few, some いくつかの
puuttua to be missing 欠く、失う
kuolla die 死ぬ
köyhä poor 貧乏な
päästä get 行く

 

本を書いた人だけでなく、このように本を後世に残した人も、たしかにフィンランド文学の英雄なのでしょう。

時代を超えて、先人から受け継がれた貴重な書物たち。これからも一冊一冊との出会いを大切にしていきたいと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.496 − 動作主分詞の使い方

17090401

昨日に続いて、フィンランド語の動作主分詞について。

フィンランド語学習記 vol.495 − 動作主分詞の作り方

昨日作ったのは次のような表現。

Pekan avaama kirje(ペッカが開いた手紙)

このフレーズを使って、次のような文を作ってみたいと思います。

                     oli valokuva.
(ペッカが開いた手紙の中には写真が入っていた。)

「手紙の中」なので、kirje を kirjessä と内格[-ssA]の形にすればよいのかなと思いますが、、、

* Pekan avaama kirjessä  oli valokuva.
(ペッカが開いた手紙の中には写真が入っていた。)

これは間違い。

kirjessä を修飾する動作主分詞 avaama も kirjessä に合わせて内格の形にしなければなりません。

 Pekan avaamassa kirjessä  oli valokuva.
(ペッカが開いた手紙の中には写真が入っていた。)

これでできあがり。

なおテキストには次のような表現も出ていました。

Pidin lainaamastani kirjasta.
(私は借りてきた本の内容が好きだ。)
Pekka antoi kadulta löytämänsä lompakon poliisille.
(ペッカは道で拾った財布を警察に届けた。)

太字の部分は「人称代名詞の属格+動作主分詞」の人称代名詞が省略されて、代わりに動作主分詞の末尾に所有接尾辞が付いた形になっています。

minun lainaama kirja
Pidin minun lainaamasta kirjasta.
Pidin lainaamastani kirjasta.

 

hänen löytämä lompakko
Pekka antoi kadulta hänen löytämän lompakon poliisille.
Pekka antoi kadulta löytämänsä lompakon poliisille.

 

このように分詞の動作主と主語の動詞が同じときには、動作主に当たる人称代名詞の属格は省略するのがルール。

人称代名詞と所有接尾辞の関係を念のため確認しておきましょう。

一人称単数 minun [-ni]
二人称単数 sinun [-si]
三人称単数 hänen [-nsA]
一人称複数 meidän [-mme]
二人称複数 teidän [-tte]
三人称複数 heidän [-nsA]

 

このように語尾が複数重なる形は少々ややこしく、認識するのに時間がかかってしまいます。

とはいえ、これでフィンランド語の5つの分詞はすべて終了。

お疲れさまでした!


フィンランド語学習記 vol.495 − 動作主分詞の作り方

17090301

今回はフィンランド語の動作主分詞と呼ばれる形を見ていきたいと思います。

フィンランド語の分詞の種類は次の5つ。

1 能動現在分詞
2 受動現在分詞
3 能動過去分詞
4 受動過去分詞
5 動作主分詞(←ココ)

 

1〜4の「能動現在分詞、受動現在分詞、能動過去分詞、受動過去分詞」は過去のエントリーで扱いました。

今回は扱うのは最後の一つ、5番目の動作主分詞という形。

まずは実際の例を見てみましょう。

avata(〜を開く)
受動過去分詞 avattu kirje(開かれた手紙=開いた手紙)
動作主分詞 Pekan avaama kirje(ペッカが開いた手紙)

 

「開いた手紙」という表現には、以前扱った受動過去分詞を使います。

ここに「ペッカが開いた手紙」というように動作主を付け足したいときには、今回扱う動作主分詞を使います。

動作主分詞は上記の avaama のように語尾が[-mA]の形になります。この動作主分詞の作り方はとてもシンプル。

 

1)三人称複数[-vAt]の形を求める。

動詞 avata の基本的な語形変化は次のとおり。(タイプ4)

単数 複数
一人称 avaan avaamme
二人称 avaat avaatte
三人称 avaa avaavat

 

avata → avaavat

 

2)[-vAt]を外して、代わりに[-mA]を付ける。

avaavat → avaama

 

手順はたったこれだけ。

なおテキストには次のような表現も出ていました。

lainata(〜を借りる)
受動過去分詞 lainattu kirja(借りられた本=借りた本)
動作主分詞 Pekan lainaama kirja(ペッカが借りた本)

 

lainata → lainaavat → lainaama
 

löytää(〜を見つける)
受動過去分詞 löydetty lompakko(見つけられた財布=見つけた財布)
動作主分詞 Pekan löytämä lompakko(ペッカが見つけた財布)

 

löytää → löytävät → löytämä
 

語形変化の基本的なイメージは掴めたでしょうか?

明日のエントリーではこれらの動作主分詞を使った文を見ていきたいと思います。


cialis viagra online accutane