cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.433 − ひとりぼっち

16122101

ひとりぼっち

仲間や、たよりにする人などが居なくなった人(状態)。孤独。ひとりぽっち。

「新明解国語辞典 第七版」

語源由来辞典によれば「ひとりぼっち」というのは特定の宗派に属さないお坊さんを「独法師」と呼んだことに由来するのだそう。

ひとりぼっちの他に「◯◯ぼっち」という言葉はあるのだろうか?と考えてみても、なかなか思い付かず。そういう意味では独特の日本語表現と言えるのかもしれません。

先日のフィンランド語教室では、この「ひとりぼっち」に近いニュアンスの ypöyksin という単語を習いました。

ypöyksin

all alone

Koira jätettiin ypöyksin.
(The dog was left all alone.)

「Wiktionary」

フィンランド語の yksin は「一人で」の意味。それではその前に付いている ypö の意味は何なのだろう?と思って調べてみたものの、はっきりしたことはわかりませんでした。

意味というより、単に[y-y-]という音のリズムにポイントがあるのかもしれません。フィンランド語には同様のリズムを持った次のような単語もあります。

upouusi

brand new

「Wiktionary」

täpötäysi

full to the brim, as full as possible

Huone oli täpötäysi.
(The room was packed.)

「Wiktionary」

ypöyksin[y-y-], upouusi[u-u-], täpötäysi[t-t-]はどれもユニークな語感の単語。

もしかしたら日本語のオノマトペに近い感覚で使われているのでしょうか?


フィンランド語学習記 vol.432 − tulikuuma, jääkylmä

フィンランド語で「暑い」は kuuma(クーマ)、「寒い」は kylmä(キュルマ)。

ただしそんな単語では伝えきれないくらい「暑い!」「寒い!」と言いたいときには、次のような表現もあるようです。

tulikuuma

boiling, sizzling hot

「Wiktionary」

jääkylmä

ice-cold, freezing cold, frosty, stone cold (very cold)

「Wiktionary」

tulikuuma の tuli は「火」の意味、jääkylmä の jää は「氷」の意味。

tuli kuuma tulikuuma
jää kylmä jääkylmä

 

字義通りに訳すなら、tulikuuma は「火のように暑い(熱い)」、jääkylmä は「氷のように寒い(冷たい)」という感じでしょうか。

考えてみると、日本語にも「うだるように暑い」「身を切るように寒い」のように暑さ・寒さを表す様々な表現があります。

言語間でこういった暑さ・寒さの表現を比べてみたら、おもしろいのではないかと思います。


フィンランド語学習記 vol.431 − ys か yys か

16121501

[-us][-ys][-uus][-yys]で終わる単語の語形変化をよく間違ってしまうので、改めて整理しておきたいと思います。

間違いが起こる最大の原因は以下の1と2のグループを混同してしまうこと。

  1. [-us][-ys]で終わる単語
  2. [-uus][-yys]で終わる単語

1と2では格変化のパターンがかなり異なります。今回は kysymys(質問)と ystävyys(友情)という単語を例にそれぞれの形を見ていきましょう。

kysymys(質問)
[単数語幹]kysymykse
[複数語幹]kysymyksi

単数 複数
属格 kysymyksen kysymysten
kysymyksien
分格 kysymystä kysymyksiä
内格 kysymyksessä kysymyksissä
ystävyys(友情)
[単数語幹]ystävyyte
[複数語幹]ystävyykse

単数 複数
属格 ystävyyden ystävyyksien
分格 ystävyyttä ystävyyksiä
内格 ystävyydessä ystävyyksissä

 
語幹を取り出して比べてみると、両者の違いがわかりやすいかもしれません。

単数語幹 複数語幹
kysymys kysymykse kysymyksi
ystävyys ystävyyte ystävyykse

 

[-ks-]の語幹が、kysymys においては単数・複数の両方に現れるのに対して、ystävyys においては複数にだけ現れます。

この非対称性がやっかいで、ystävyys の属格をつい ystävyyksen と言いたくなってしまいます。

ややこしいですね!


フィンランド語学習記 vol.430 − 真っ白、真っ黒

photo credit: `James Wheeler Peaceful Winter via photopin (license)

photo credit: `James Wheeler Peaceful Winter via photopin (license)

先日のフィンランド語教室にて、おもしろい単語を習ったので書き留めておきたいと思います。

vitivalkoinen

snow-white (white as snow, extremely white)

「Wiktionary」

sysimusta

pitch black

「Wiktionary」

vitivalkoinen はフィンランド語で「白」を意味する valkoinen に接頭辞の[viti-]を加えた単語。

sysimusta はフィンランド語で「黒」を意味する musta に接頭辞の[sysi-]を加えた単語。

[viti-] valkoinen vitivalkoinen
[sysi-] musta sysimusta

 

Wiktionary によると、viti は雪、sysi は木炭の意味。

先生曰く、これらの接頭辞を用いた vitivalkoinen(雪のように白い)、sysimusta(木炭のように黒い)という表現は日本語の「真っ白、真っ黒」に近いニュアンスがあるとのこと。

そのような話をしていたときに、「そもそも真っ白、真っ黒の真って何だろう?」という話題になったのですが、どうもよくわからず。帰宅後、念のために辞書を引いてみました。

まっしろ【真っ白】

白以外の何物でもない様子だ。

「新明解国語辞典 第七版」

まっくろ【真っ黒】

  1. 黒以外の何物でもない様子だ。
  2. ひどくよごれて、黒ずみが目立つ様子だ。

「新明解国語辞典 第七版」

おそらく「真っ白、真っ黒」というのは「混じりけなしに白い、混じりけなしに黒い」くらいの意味なのでしょう。

ただ日本語の場合「真っ◯」と言える色は限られています。

標準的な色名ではおそらく「真っ白、真っ黒、真っ赤、真っ青、真っ黄色、真っ茶色」の6つだけではないでしょうか。

フィンランド語にせよ、日本語にせよ、このような色の接辞というのはおもしろい研究対象になりそうですね。


フィンランド語学習記 vol.429 − katsoa, katsella

photo credit: Alireza Borhani Letter via photopin (license)

photo credit: Alireza Borhani Letter via photopin (license)

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 2』に次のようなスキットが出てきました。

Myyjä: Päivää. Tarvitsetteko apua?
Olga: No jaa, ehkä. Katselemme tässä kahvinkeittimiä, koska ikivanhassa keittimessämme kahvi ei enää kuumene kunnolla.

ざっと意訳するとこんな感じでしょうか。

店員:こんにちは。何かお手伝いしましょうか?
オルガ:はい。私たちはここでコーヒーメーカーを見てるんです。私たちのコーヒーメーカーがかなり古くなってしまって、コーヒーがきちんと熱くならないんです。

「コーヒーメーカーを見ている」の「見る」には katsella という動詞が使われています。

先生曰く、この katsella は以前に習った katsoa(見る)という動詞から作られているとのこと。

katsoa と katsella はどちらも「見る」という意味なのですが、katsella の方が長い時間見ているニュアンスがあるのだそうです。

[-ella]という接尾辞にそのような意味が含まれているということだったので、帰宅後に Wiktionary を調べてみると、次のような項目を見つけました。

-ella (front vowel harmony variant -ellä)

Forms frequentative verbs. The resulting verb often describes a more or less leisurely or long-lasting activity, or an activity that is not overly goal-oriented.

「Wiktionary」

つまり[-ella]は「急がない/長く時間続く/目的志向ではない動作」に用いられるということなんですね。

また念のため katsoa と katsella についても調べてみました。

katsoa

  1. To look, have a look, take a look (+ at).
  2. To watch.

「Wiktionary」

katsella

To watch.

「Wiktionary」

英語ではどちらも to watch になってしまいますが、katsella の方には次のような注釈が付いていました。

Usage notes

Katsella expresses less attentive watching than katsoa.

なるほど。katsella=less attentive ということは、例えばテレビを見るなら「katsoa=きちんと見る」「katsella=他のことをしながら見る」というようなニュアンスなのかもしれません。

こんな細かい違いのために動詞を使い分けるなんて、フィンランド語というのは実に繊細な言語ですね。


フィンランド語学習記 vol.428 − Kunpa hän tulisi!

16112901

『フィンランド語文法ハンドブック』の条件法のページに、次のような例文が出てきました。

Kunpa hän tulisi!
(彼女が来ればいいのに)

『フィンランド語文法ハンドブック』P.96

tulisi は「来る」を意味する動詞 tulla の条件法現在形三人称単数の形。

tulla(来る)
[現在語幹]tule
[条件法語幹]tulisi

単数 複数
一人称 tulisin tulisimme
二人称 tulisit tulisitte
三人称 tulisi tulisivat

このあたりの形はかなりすばやく作れるようになってきました。

たださきほどの文(Kunpa hän tulisi!)でよくわからないのが文頭の kunpa という単語。

Wiktionary で調べると、次のように出ていました。

kunpa

if only, I wish

Kunpa minulla olisi rahaa!
(If only I had money!)
Milloin pääsemme täältä pois? — Kunpa tietäisin!
(When do we get away from here? — I wish I knew!)

「Wiktionary」

ずいぶん切実な例文が並んでいます。。。

もともと when などを意味する接続詞の kun に接尾辞の[-pa]がくっついたこの kunpa という単語。英語の if only, I wish と同じような感覚で使えるようです。

切実に何かを訴えたくなるようなことがあったら、ぜひ使ってみたいと思います。

 

フィンランド語文法ハンドブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 110,109

cialis viagra online accutane