cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.441 − コーヒーを淹れる

photo credit: photography.andreas just coffee beans - Kaffeebohnen via photopin (license)

photo credit: photography.andreas just coffee beans – Kaffeebohnen via photopin (license)

フィンランド語で「コーヒー」は kahvi(カフヴィ)。

フィンランド語の辞書を眺めていると、次のようなコーヒーまわりの単語もいくつか見つけることができます。

フィン
kahvicuppi coffee cup コーヒーカップ
kahvila cafe 喫茶店
kahvinkeitin coffee maker コーヒーメーカー
kahvimylly coffee grinder コーヒーミル
kahvinporot coffee grounds コーヒーのかす
kahvintauko coffee break コーヒーブレーク

 

ちょっと面白いなと思ったのは kahvinkeitin(コーヒーメーカー)の kahvi は属格[-n]の形になっているのに対して、kahvimylly(コーヒーミル)の kahvi はそのままの形になっていること。

kahvi +n +keitin
kahvi +mylly

 

このあたり何か基準のようなものはあるのでしょうか?

またフィン・英辞書アプリ『MOT Finnish-English』には次のような動詞も出ていました。

kahvittaa

1 (tarjota kahvia) serve coffee

Hän kahvitti koko porukan hautajaisten jälkeen.
(She served everyone coffee after the funeral.)

2 (tehdä mieli kahvia) feel like a cup of coffee [felt, felt], hanker for coffee

Minua kahvittaa kovasti.
(I really feel like a cup of coffee.)

「MOT Finnish-English」

kahvittaa は「コーヒーを淹れる、コーヒーが欲しくなる」の意味。

こんな細かいニュアンスを伝える動詞まであるとは、さすが世界有数のコーヒー消費大国フィンランド。

ただフィンランド語というのは、この手の動詞をたくさん作ることのできる言語のようなので、探せばコーヒー以外のものを扱う動詞もあるのでしょう。

それにしてもコーヒー好きの人間としては、この kahvittaa 一度は使ってみたい動詞です。


フィンランド語学習記 vol.440 − revontulet

photo credit: musubk Night via photopin (license)

photo credit: musubk Night via photopin (license)

フィンランド語で「オーロラ」は revontulet(レヴォントゥレット)。

この revontulet は revon+tulet という構造の複合語。

revon は「狐」を意味する repo の属格、tulet は「火」を意味する tuli の複数主格です。

単数主格 repo
単数属格 revon

 

単数主格 tuli
複数主格 tulet

 

つまり revontulet というのはもともと「狐火」という意味なのだそうです。

この由来について「フィンランド政府観光局公式ホームページ」には次のような説明が出ていました。

サーミの伝説によれば、キツネが北極圏の丘を走るとき、尻尾が雪原に触れ、それが火花となって巻き上がり、夜空に光となって現れるのだとのこと。

「フィンランド政府観光局公式ホームページ」より

あのオーロラにはそんな想像力溢れる言い伝えが隠されていたんですね。

ところで「狐火」というのはたしか日本にもあったはず、と思って辞書を調べてみると見出し語になっているのを発見。

きつねび【狐火】

(狐が口から吐くという俗説に基づく)

暗夜、山野に見える怪火。鬼火・燐火などの類。狐の提灯。

「広辞苑 第五版」

そうそう、日本の狐火というのは怪談に出てくるような、おどろおどろしいイメージです。

日本の狐火とフィンランドの revontulet。遠く離れた二つの地域で、イメージの全く異なる二つの狐火が生まれたのは単なる偶然なのでしょうか?


フィンランド語学習記 vol.439 − Hard Brexit

17011901

イギリスのテリーザ・メイ首相が、17日に行った演説の中で、イギリスのEU離脱に関する具体的な計画を発表したというニュースがありました。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」でもこのトピックを扱っていたので、紹介してみたいと思います。

(日本語訳は筆者による。間違いがあったら申し訳ありません。)

Britannia aikoo jättää EU:n vapaan kaupan

Britannia eroaa EU:n sisämarkkinoilta. Sisämarkkinat tarkoittaa, että EU-maat voivat käydä kauppaa vapaasti toisten EU-maiden kanssa.

Britannian pääministeri Theresa May kertoi asiasta, kun hän puhui Britannian EU-erosta. May haluaa kuitenkin pitää hyvät kauppasuhteet EU:n kanssa.

イギリスはEUの自由貿易を手放す予定。

イギリスはEUの単一市場を離脱します。単一市場というのは、EU加盟国が他の加盟国と自由に貿易ができるということを意味しています。

イギリスのテリーザ・メイ首相は、イギリスのEU離脱について話したとき、この問題について語りました。しかしながらメイ首相はEUとのよい貿易関係は維持したいと思っています。

フィン
aikoa be going to 〜するつもりだ
jättää leave 手放す
vapaa kauppa free trade 自由貿易
erota part from 離れる
sisämarkkinat internal market
single market
単一市場
käydä kauppaa jkn kanssa trade with sb 〜と貿易をする
pääministeri prime minister 首相
kertoa tell 語る
kauppasuhteet trade connection 貿易関係

 

kauppa という単語はこれまで shop, store の意味しか知りませんでしたが、business や trade の意味もあるということを初めて知りました。

この「Yle Uutiset selkosuomeksi」は中級程度のフィンランド語力でも、内容のある文章が読める貴重なニュースサイト。

今後も折に触れてチェックしていきたいと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.438 − 能動過去分詞の使い方

photo credit: Daniel Kulinski Horizon via photopin (license)

photo credit: Daniel Kulinski Horizon via photopin (license)

昨日の能動過去分詞に関するエントリーの続きです。

フィンランド語学習記 vol.437 − 能動過去分詞の作り方

今回は能動過去分詞の形容詞としての使い方を見ていきましょう。フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような用例が出ています。

kaatua
(倒れる)
kaatunut puu
(倒れた木)
kuolla
(死ぬ)
kuollut lintu
(死んだ鳥)
saada
(得る)
suudelman saanut mies
(キスをされた男)
pudota
(落ちる)
maahan pudonnut omena
(地面に落ちたリンゴ)

 

太字の部分が能動過去分詞[-nut/-nyt]の形になっています。

この形を作るだけなら、きのうのエントリーで扱った能動過去分詞の作り方を押さえていれば大丈夫。

ただフィンランド語では、これらのフレーズが文中の役割に応じてさらに格変化をします。以下にその例を見ていきましょう。

 

kaatunut puu(倒れた木)

Metsässä oil kaksi kaatunutta puuta.
(森には二本の倒れた木があった。)

2以上の数詞の後に来ているので、二本の木は分格の形になっています。

単数主格 kaatunut kuu
単数分格 kaatunutta kuuta

 

kuollut lintu(死んだ鳥)

Näin kuolleen linnun.
(私は死んだ鳥を見た。)

目的語なので、死んだ鳥は対格[-n]の形になっています。

単数主格 kuollut lintu
(語幹) kuollee lintu : linnu
単数対格 kuolleen linnun

 

*能動過去分詞の単数語幹は語尾の[-ut/-yt]を[-ee]に変えた形です。

 

suudelman saanut mies(キスをされた男)

Joku pitää suudelman saaneesta miehestä.
(誰かがキスをされた男のことを好きだ。)

pitää+出格で「〜が好きだ」の意味になるので、キスをされた男は単数出格[-stA]の形になっています。

単数主格 saanut mies
単数出格 saaneesta miehestä

 

maahan pudonnut omena(地面に落ちたリンゴ)

Puutarhassa oil paljon maahan pudonneita omenia.
(庭園にはたくさんの地面に落ちたリンゴがあった。)

paljon(たくさんの)の後に来ているので、地面に落ちたリンゴは複数分格の形になっています。

単数主格 pudonnut omena
(語幹) pudonnei omeni
複数分格 pudonneita omenia

 

*能動過去分詞の複数語幹は語尾の[-ut/-yt]を[-ei]に変えた形です。

 

まとめ

以上、今回は能動過去分詞の形容詞としての使い方を取り上げてみました。

過去分詞を作ること自体はそれほど難しくないのですが、そこからさらに格変化をするときに語幹が少し変わった形になるのがやっかいなところ。

とはいえ、能動過去分詞の語尾はみな同じ形[-ut/-yt]なので、そこから派生する形は限られています。覚えておかなければならないのは単複の語幹と分格の形くらいでしょう。

väsynyt(疲れた)

単数 複数
語幹 väsynee väsynei
分格 väsynyttä väsyneitä

*単数分格は能動過去分詞の原形に[-tA]を付け、複数分格は複数語幹に[-tA]を付ける。


フィンランド語学習記 vol.437 − 能動過去分詞の作り方

photo credit: jttoivonen Winter White via photopin (license)

photo credit: jttoivonen Winter White via photopin (license)

以前のエントリーでフィンランド語の能動現在分詞・受動現在分詞を扱いました。

本日のエントリーでは引き続き能動過去分詞を扱っていきたいと思います。

1 能動現在分詞
2 受動現在分詞
3 能動過去分詞(←ココ)
4 受動過去分詞
5 動作主分詞

 

なお能動過去分詞という形そのものは今回初めて見る訳ではなく、既出の文法事項でも使われていました。

【過去形の否定文】Minä en opiskellut suomea eilen.
(私はきのうフィンランド語を勉強しませんでした。)

【現在完了形】Minä olen opiskellut suomea kolme vuotta.
(私は3年間フィンランド語を勉強しています。)

過去形の否定文 否定動詞+(能動)過去分詞
現在完了形 olla+(能動)過去分詞

 

この能動過去分詞というのは、形容詞と同じように名詞を修飾するのに使うこともできます。

paljon matkustanut ihminen(たくさん旅行をした人)
フィン
matkustaa travel 旅行をする
ihminen person

 

ここでは「旅行をする」を意味する動詞 matkustaa が matkustanut という能動過去分詞の形になって、後続の ihminen を修飾しています。

この能動過去分詞の作り方は以前にも扱っていますが、ここで再度おさらいしておきましょう。

 

タイプ1、2の動詞

辞書形 語幹 能動過去分詞
T1 puhua 話す puhu puhunut puhuneet
T2 juoda 飲む juo juonut juoneet

 

手順1)語幹をもとめる。

T1 は語尾の[-A]、T2 は語尾の[-dA]を外す。

手順2)主語が単数なら[-nut/-nyt]、複数なら[-neet]を付ける。

 

タイプ3の動詞

辞書形 子音語幹 能動過去分詞
T3 tulla 来る tul tullut tulleet
T3 mennä 行く men mennyt menneet

 

手順1)子音語幹をもとめる。

語尾の二文字を外す。

手順2)語幹末尾の文字を重ねて、主語が単数なら[-ut/-yt]、複数なら[-eet]を付ける。

 

タイプ4〜6の動詞

辞書形 子音語幹 能動過去分詞
T4 haluta 望む halut halunnut halunneet
T5 tarvita 必要とする tarvit tarvinnut tarvinneet
T6 kyetä できる kyet kyennyt kyenneet

 

手順1)子音語幹をもとめる。

語尾の[-A]を外す。

手順2)主語が単数なら[-nut/-nyt]、複数なら[-neet]を付けて、語幹末尾の文字を[n]に変える。

 

以上、今回は能動現在分詞の作り方をまとめてみました。

明日のエントリーでは、この能動過去分詞が実際の文中でどのように使われているのかを見ていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.436 − kylä

photo credit: Jori Samonen Berries and Flare via photopin (license)

photo credit: Jori Samonen Berries and Flare via photopin (license)

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』にちょっと面白い表現が出てきたので拾ってみます。

Me olimme eilen Leenan äidin luona kylässä.
(私たちはきのうレーナのお母さんのところを訪ねていました。)
フィン
äiti mother お母さん
luona at, by 〜のところに
kylä village 村、訪問

 

面白いのは「村、訪問」を意味する kylä という単語の使い方。

Wiktionary の解説を見てみましょう。

kylä

  1. village
  2. (idiomatic) Any private place, typically someone else’s home, which one is visiting; used in this context mainly with verbs olla (“to be”) (kylässä), mennä (“to go”) (kylään), tulla (“to come”) (kylästä). In English, e.g. verbs to visit or see may be used as equivalent to this structure.

「Wiktionary」

これによると kylä は[olla+kylässa][mennä+kylään][tulla+kylästä]という組み合わせで使われるとのこと。

日本語には訳しにくいのですが、頑張って訳せば次のようになるでしょうか?

フィン
olla kylässä 訪ねている
mennä kylään 訪ねる
tulla kylästä 訪ねて(から)くる

 

なお冒頭の例文では kylässä が文末に来ていましたが、文中に来るケースもあるようです。

辞書には次のような例文も出ていました。

Olin kylässä vanhempieni luona, kun kuulin uutisen.
(I was visiting my parents when I heard the news.)

「MOT Finnish-English」

この kylä(kylässä, kylään, kylästä)は英語や日本語に置きかえて理解するのが難しい表現。

kylä を「人と人が出会う場所」くらいにざっくりイメージしておくとよいのかもしれません。


cialis viagra online accutane