cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.476 − フィンランドの熊事情

photo credit: FotoFloridian Lucy Brook barns via photopin (license)

photo credit: FotoFloridian Lucy Brook barns via photopin (license)

フィンランド語で「熊」は karhu(カルフ)。

少し前に、同名のフィンランドビールが日本でも買えるようになったというニュースがありました。

数年前にフィンランドを旅行したときに飲みましたが、味は普通のラガービール。

ただもしどこかのお店であの熊のイラストと再会することがあれば、もう一度飲んでみたいような気もします。

さて今日のトピックはビールではなく熊の karhu について。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」を読んでいたら、フィンランドの熊事情(?)に関するこんな記事が出ていました。

Karhut liikkuvat nyt paljon

Karhut liikkuvat nyt paljon, koska ne etsivät ruokaa ja asuinpaikkaa. Lisäksi karhuilla on nyt myös kiima eli ne haluavat tehdä pentuja. Karhuja voi näkyä nyt ihmisten asuinalueiden lähellä.

Niitä on paljon varsinkin Itä-Suomessa. Arvioidaan, että karhuja on Suomessa nyt noin 2000.

熊は今、たくさん移動している

熊は食べ物や住む場所を探して、今たくさん移動している。加えて、熊は今発情期でもあり、つまり子どもを作りたいと思っている。熊は今、人の居住地の近くで見ることもある。

熊は特に東部フィンランドに多い。フィンランドには今約2,000頭の熊がいると推測されている。

フィン
liikkua move 移動する
etsiä look for 探し求める
ruoka food 食事
asuinpaikka place of residence 住所、居所
lisäksi in addition 加えて
kiima heat 発情
pentu puppy 獣の子ども
näkyä show, appear 見える
asuinalue residential area 住区
varsin pretty, quite 特に
arvioida value, estimate 見積もる

 

ビールのラベルや写真で見る熊は愛嬌があってかわいいのですが、近所で鉢合わせするということになると、そんな悠長なことも言っていられません。

お互いのテリトリーで共存共栄していけたらよいのにと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.475 − 乗り物の名前(2)

17052901

先日のフィンランド語教室にて。

先生から「思い付く限りの乗り物の名前を書いてみよう」と言われて、ノートに書いたのが次の単語。

フィン
auto car
bussi bus バス
juna train 電車
lentokone plane 飛行機

 

このときに思い付いたのはたった4つ!

これだけでは何とも寂しいので、帰宅後にこのリストを膨らませることにしました。

手持ちのフィン・日辞書、Google 翻訳、Wikipedia などを使って単語を調べていきます。

フィン
helikopteri helicopter ヘリコプター
kelkka sled そり
laiva ship
lautta ferry フェリー
metro metro 地下鉄
moottoripyörä motorbike オートバイ
raitiovaunu tram 路面電車
raketti rocket ロケット
polkupyörä bicycle 自転車
panssarivaunu tank 戦車
sukellusvene submarine 潜水艦
taksi taxi タクシー

 

raitiovaunu(路面電車)と panssarivaunu(戦車)の両方に含まれている vaunu とは何でしょう?

調べてみると、これは「車両」の意味。用途はかなり違うものの、どちらも四輪車という共通点があります。

この戦車のように、リストには日常的に使わない乗り物の名前も含めました。会話はともかく読解においてはこういった語彙も必要になるはず。

乗り物だけではなく、様々なジャンルで少しずつ語彙を増やしていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.474 − フィンランド人はどこにいる?

17052501

フィンランド人が最も多く住んでいる国はフィンランド。

それは当然として、それではフィンランドの国外でフィンランド人が多く住んでいる国・都市はどこなのでしょう?

そんな話題がフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」に出ていたので紹介してみたいと思います。

Monissa ulkomaan kaupungeissa on tuhansia suomalaisia

Ulkomailla on paljon kaupunkeja, joissa asuu tuhansia suomalaisia.

Eniten suomalaisia asuu Ruotsissa. Tukholmassa asuu 46 000 suomalaista ja Göteborgissa 18 000 suomalaista.

1900-luvulla monet suomalaiset muuttivat ulkomaille, koska heidän piti saada työtä.

Nykyään moni suomalainen muuttaa ulkomaille myös auringon ja lämmön takia. Esimerkiksi Espanjan aurinkorannikolla asuu yli 20 000 suomalaista.

多くの外国の都市に数千のフィンランド人

外国には数千のフィンランド人が住んでいる多くの都市がある。

最も多くのフィンランド人が住んでいるのはスウェーデンである。ストックホルムには46,000人、ヨーテボリには18,000人のフィンランド人が住んでいる。

1900年代には多くのフィンランド人が外国へ移住した。なぜなら彼らは職を得なければならなかったからだ。

この頃は多くのフィンランド人が太陽と温暖を求めて外国へ移住する。例えば、スペインのコスタ・デル・ソル(太陽海岸)には20,000人以上のフィンランド人が住んでいる。

フィン
ulkomailla abroad 外国に
eniten most 最も多い
muuttaa move 移動する
nykyään nowadays この頃は
aurinko sun 太陽
lämpö warmth 暖かさ
rannikko coast 沿岸
takia because of 〜の理由で

 

スペインとフィンランド人というのはちょっと意外な組み合わせ。やはり暖かい場所に行きたいという気持ちが強いのでしょう。

あるいはもしかしたら渡り鳥のように夏はフィンランド、冬はスペインという二重生活を送っている人もいるのかもしれません。そんなライフスタイルにも憧れてしまいます。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.473 − keritä

17052401

今回はフィンランド語の keritä(間に合う)という動詞について。

一見どこにでもある普通の動詞に見えますが、語形変化において二つの注意点があります。

 

ポイント1)[-itA]で終わるのに[AtA, OtA, utA]タイプの語形変化をする

通常[AtA, OtA, utA]で終わる動詞はタイプ4、[-itA]で終わる動詞はタイプ5に分類されます。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

ただ keritä の場合は[-itA]で終わるのに、特例としてタイプ4に分類されるとのこと。

ここでは改めてタイプ4、タイプ5の動詞の基本的な活用を確認しておきましょう。

 

タイプ4=[AtA, OtA, utA]で終わる動詞

haluta(望む)
[語幹]halua

単数 複数
一人称 haluan haluamme
二人称 haluat haluatte
三人称 haluaa haluavat

タイプ4の動詞は語末の[t]を外すことで語幹が得られます。

 

タイプ5=[itA]で終わる動詞

tarvita(必要とする)
[語幹]tarvitse

単数 複数
一人称 tarvitsen tarvitsemme
二人称 tarvitset tarvitsette
三人称 tarvitsee tarvitsevat

タイプ5の動詞は語末の[A]を[se]に変えることで語幹が得られます。

 

今回の keritä はさきほどの haluta と同じタイプ4に分類されるそうなので、

keritä
→ タイプ4の変化なら語幹は → keriä
→ タイプ5の変化なら語幹は → keritse

語幹は keriä になるのだろう、と思いきや、、、

 

ポイント2)語幹を求める際に、無から[k]が現れる

まずは keritä の基本的な活用を見てみましょう。

keritä(間に合う)
[語幹] kerkiä

単数 複数
一人称 kerkiän kerkiämme
二人称 kerkiät kerkiätte
三人称 kerkiää kerkiävat

この語形変化はタイプ4と同じ。ただし語幹の中に[k]が一つ増えているのに注意が必要。

タイプ4の動詞には kpt 交替において弱形から強形への変化が起こるというルールがありました。

keritä の場合は、下表二番目の[k←×]に該当します。

強形 ←→ 弱形
kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 

まとめ

動詞 keritä の注意点をまとめておきます。

ポイント1)[-itA]で終わるのに[AtA, OtA, utA]タイプの語形変化をする
ポイント2)語幹を求める際に、無から[k]が現れる

なおフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』では次のような文の中に keritä が出てきました。

Mutta kerkiänköhän minä ennen neljää?
(でも4時前に間に合うかな?)

うっかり「kerkiänköhän って何?」なんて思ってしまったら、ここから辞書形の keritä に辿り着くのはかなり大変。

kerkiän という形もそのまま頭に入れておくのがベストでしょう。


フィンランド語学習記 vol.472 − tuskin

17052201

きのうに続いて、フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』のスキットより。

Tuskin minun kannattaa mennä taksilla.

動詞 kannattaa の使い方については以前のエントリーに書いたことがあります。

Sinun kannattaa ostaa sanakirja.
(あなたは辞書を買ったほうがよい。)

フィンランド語学習記 vol.291 − kannattaa を使った文

「属格+kannattaa」は「〜した方がよい」の意味。

ということは冒頭の文は「私はタクシーで行った方がよい」という意味になるのか、、、と思いきや、文の最初にある tuskin という単語がくせ者でした。

先生曰く tuskin があるときには、その後の文がまるごと否定の意味になるとのこと。

kannattaa の否定形は「〜する必要はない」という意味なので、冒頭の文は次のような意味に。

Tuskin minun kannattaa mennä taksilla.
(私はタクシーで行く必要はない。)

それにしても、この tuskin という単語の正体は何だろう?と考えていたのですが、Wiktionary の英訳を見たら腑に落ちました。

tuskin

  1. hardly
  2. barely

「Wiktionary」

なるほど。言われてみれば hardly も否定辞なしに否定の意味を表すことができる単語です。

それにしても、この手の単語はうっかり見落とすと文が真逆の意味になってしまうので気を付けなければなりません。


フィンランド語学習記 vol.471 − おろすのか、あげるのか

17052101

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』のスキットより。

「これから自分が口座を作った銀行の支店へ行く」と言う会社の同僚にこんなひとこと。

Voithan sinä nostaa rahaa pankkikortilla mistä konttorista tai automaatista tahansa.
(どの支店でも、どのATMでも、キャッシュカードでお金をおろすことはできるでしょ。)
フィン
nostaa (上に)あげる
(お金を)おろす
pankkikortti 銀行カード
konttori 事務所、支店
automaatti
(pankkiautomaatti)
ATM
tahansa 〜でも

 

さきほどのスキットで「(お金を)おろす」の意味で使われている nostaa という動詞はもともと「(上に)あげる」の意味。

ではなぜそれがおろすの意味で使われているのかと言うと、ATMでお金をおろすときには出てきたお金を持ち上げているからなのだそう。

たしかに!

言われてみれば、ATMでお金を取り出すときにはお金を持ち上げています。

そう聞いてしまうと、何だか日本語の方がおかしいように思えてくるから不思議なもの。

どうして日本語ではお金を「おろす」のでしょう??


cialis viagra online accutane