cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.518 − 後置詞あれこれ(2)

17111901

昨日のエントリーでは、フィンランド語の後置詞を扱いました。

フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

今日もフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』から例文を引用しつつ、様々な後置詞を見ていきたいと思います。

Kissa hyppää television päälle.(ネコはテレビの上へジャンプする。)
Kissa on television päällä.(ネコはテレビの上にいる。)
Kissa hyppää pois television päältä.(ネコはテレビの上からジャンプする。)
Kissa menee pöydän alle.(ネコはテーブルの下へ行く。)
Kissa on pöydän alla.(ネコはテーブルの下にいる。)
Kissa menee pois pöydän alta.(ネコはテーブルの下から出る。)

これらの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
päälle
(上へ)
päällä
(上に)
päältä
(上から)
alle
(下へ)
alla
(下に)
alta
(下から)

 

「上、下」の後置詞は語尾が規則的なので覚えやすいと思います。

さらにどーんと見ていきましょう。

Kissa menee pöydän ja teeveen väliin.(ネコはテーブルとテレビの間へ行く。)
Kissa on pöydän ja teeveen välissä.(ネコはテーブルとテレビの間にいる。)
Kissa menee pois pöydän ja teeveen välistä.(ネコはテーブルとテレビの間から離れる。)
Kissa menee teeveen viereen.(ネコはテレビの横へ行く。)
Kissa on teeveen vieressä.(ネコはテレビの横にいる。)
Kissa menee pois teeveen vierestä.(ネコはテレビの横から離れる。)
Kissa menee teeveen ääreen.(ネコはテレビの側へ行く。)
Kissa on teeveen ääressä.(ネコはテレビの側にいる。)
Kissa menee pois teeveen äärestä.(ネコはテレビの側から離れる。)
Kissa menee kukkien keskelle.(ネコは花々の中へ行く。)
Kissa on kukkien keskellä.(ネコは花々の中にいる。)
Kissa menee pois kukkien keskeltä.(ネコは花々の中から離れる。)

これらの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
väliin
(間へ)
välissä
(間に)
välistä
(間から)
viereen
(横へ)
vieressä
(横に)
vierestä
(横から)
ääreen
(側へ)
ääressä
(側に)
äärestä
(側から)
keskelle
(中へ)
keskellä
(中に)
keskeltä
(中から)

 

これらの後置詞を見て不思議に思うのは、

「横、側」がなぜ内部格の形なのか?
「中」がなぜ外部格の形なのか?

ということ。

つい vierellä, äärellä, keskessä などと言ってしまいそうになるので気を付けなければなりません。

昨日と今日のエントリーで紹介した後置詞は全部で24個。

実はフィンランド語の後置詞というのはまだまだ他にもあるのですが、まずは今回取り上げたものをしっかりと使いこなせるようにしていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.517 − 後置詞あれこれ(1)

17111801

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』の新しい課で、フィンランド語の後置詞がまとめて紹介されていました。

フィンランド語は前置詞よりも後置詞の方が多い言語。そのため、これらの後置詞をきちんと暗記しておく必要があります。

まずは後置詞を含む例文を見てみましょう。

Aurinko menee pilven taakse.(太陽は雲の後ろへ隠れる。)
Aurinko on pilven takana.(太陽は雲の後ろにある。)
Aurinko tulee pilven takaa.(太陽は雲の後ろから出て来る。)
Pilvi tulee auringon eteen.(雲は太陽の前へ出て来る。)
Pilvi on auringon edessä.(雲は太陽の前にある。)
Pilvi menee pois auringon edestä.(雲は太陽の前から過ぎて行く。)

[注]フィンランド語の後置詞は原則として「属格+後置詞」という形で用います。

主格 属格+後置詞
pilvi(雲) pilven takana(雲の後ろに)
aurinko(太陽) auringon edessä(太陽の前に)

 

先ほどの例文から後置詞だけを抜き出すと次のようになります。


〔行く〕

〔ある〕
から
〔来る〕
後ろ taakse
(後ろへ)
takana
(後ろに)
takaa
(後ろから)
eteen
(前へ)
edessä
(前に)
edestä
(前から)

 

eteen, edessä, edestä のセットはそれぞれ入格[-Vn]、内格[-ssA]、出格[-stA]の格語尾に対応しているのでわかりやすいですが、taakse, takana, takaa のセットはそのような法則性がないのでそのまま覚えるしかありません。

その際には後置詞単体で覚えるよりも、次のように例文で(動詞とセットで)覚えてしまった方が「動き」のイメージを掴みやすくなるような気がします。

Aurinko menee pilven taakse.
Aurinko on pilven takana.
Aurinko tulee pilven takaa.

以上、本日はここまで。明日はもっと多くの後置詞を扱います。


フィンランド語学習記 vol.516 − 第2不定詞具格

17111301

今回はフィンランド語の動詞の第2不定詞具格と呼ばれる形について見ていきたいと思います。

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような例文が出ています。

Iida tuli itkien kotiin.
(イーダは泣きながら、家に帰ってきた。)

Pekka istui kotona katsellen televisiota.
(ペッカはテレビを見ながら、家で座っていた。)

Bussiin on noustava varoen.
(バスは注意しながら〔=注意して〕、乗らなければならない。)

それぞれ太字の部分が第2不定詞具格と呼ばれる形です。

日本語訳から分かるとおり、第2不定詞具格というのは「〜しながら」という意味を表します。もとになっているのは次の動詞。

フィン
itkeä cry 泣く
katsella watch 見る
varoa be careful 注意する

 

続いてこの第2不定詞具格の作り方を見ていきましょう。

 

第2不定詞具格の作り方

第2不定詞具格は、語末の[-A]を[-en]に変えて作ります。

katsella(見る)→ katsellen(見ながら)
varoa(注意する)→ varoen(注意しながら)

ただし[-eA]で終わる動詞は、この手順の際に[e]が[i]に変わります。

itkeä(泣く)→ itkien(泣きながら)

手順はたったこれだけ。

第2不定詞具格などと物々しい名前が付いていますが、作り方は非常にシンプルです。

ただ一点スッキリしないのは、なぜこの形を第2不定詞具格と呼ぶのか?ということ。

そんなことを言い出したらきりがないのがフィンランド語の世界ではありますが。。。


フィンランド語学習記 vol.515 − Suomen historia(4)

17111101

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)
フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)
フィンランド語学習記 vol.514 − Suomen historia(3)

戦争が終わり、フィンランドはヨーロッパの福祉国家として発展していくことになります。

Sotien jälkeen elämä Suomessa oli köyhää. Ihmiset tekivät päljon töitä, koska maata rakennettiin uudelleen. Helsingissä pidettiin olympialaiset vuonna 1952, mikä oli Suomelle tärkeä kansainvälinen tapahtuma.

1960-luvulla monet muutivat maalta kaupunkiin, mutta usein kaupungeissakaan ei riittänyt töitä kaikille.Siksi monet lähtivät ulkomaille, eniten Ruotsin. Vähitellen Suomen talous ja yhteiskunta kehittyivät ja nykyisin Suomi on eurooppalainen hyvinvointivaltio. Suomi liittyi Euroopan unioniin 1995, ja euro otettiin käyttöön 2002.

戦争の後、フィンランドの人々の生活は貧しいものだった。国が再建されたため、人々は多くの仕事をした。ヘルシンキでは1952年にオリンピックが行われた。それはフィンランドにとって重要な国際イベントだった。

1960年代には多くの人々が田舎から都市へと移動した。しかし都市においても全ての人に十分な仕事がないことはよくあった。そのため多くの人々は海外へ、多くの場合はスウェーデンに出かけた。少しずつフィンランドの経済と社会は発展した。そして今やフィンランドはヨーロッパの福祉国家である。フィンランドは1995年にEUに加盟した。そしてユーロは2002年に導入された。

フィン
köyhä poor 貧しい
rakentaa build 建てる
uudelleen again 再び
pitää hold 開催する
olympialaiset Olympic Games オリンピックゲーム
tärkeä important 重要な
tapahtuma event 出来事
kansainvälinen international 国際的な
moni many 多くの
riittää suffice 十分である
eniten most もっとも多く
talous economy 経済
yhteiskunta society 社会
nykyisin nowadays 今の
hyvinvointivaltio welfare state 福祉国家
liittyä belong メンバーになる
Euroopan unioni
(EU)
The European Union
(EU)
欧州連合
ottaa käyttöön put into use 使用される

 

ソ連との戦争の結果、敗戦国となったフィンランドには、ソ連への賠償が重くのしかかることになりました。

しかし1952年にはヘルシンキオリンピックを開催。その後はヨーロッパの福祉国家として発展していくことになります。

戦後においても、ソ連との関係はフィンランドにとって重い課題でしたが、ソ連による内政干渉などを巧みに切り抜け、中立国としての立場を確かなものにしていったようです。

ソ連崩壊後の1995年にはEUに加盟。経済も発展し、ノキア(Nokia)は携帯電話機の販売数世界一のメーカーになりました。そして今のフィンランドは教育の国としても世界に知られています。

以上、ここまで駆け足でフィンランドの歴史を見てきました。今回読んだテキストは短いものでしたが、フィンランド語でフィンランドの歴史に触れるという貴重な経験ができました。この次はぜひもっと本格的なものを読んでみたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.514 − Suomen historia(3)

17111001

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)
フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)

ロシアの支配下にあったフィンランドは、1917年のロシア革命をきっかけとしてついに独立を果たします。

Vuonna 1917 Venäjällä oli vallankumous ja samana vuonna Suomi itsenäistyi. Suomessa alkoi kuitenkin sisällissota 1918. Vasta vuonna 1919 kirjoitettiin Suomen perustuslaki ja päätettiin, että Suomi on tasavalta.

Vuonna 1939-1940 käytiin Suomen ja Neuvostoliiton välillä talvisota ja sen jälkeen jatkosota 1941-1944. Rauhansopimuksessa sovittiin, että Suomi joutui luovuttamaan Neuvostoliitolle useita alueita ja maksamaan korkeat sotakorvaukset.

1917年にはロシアで革命があり、同年フィンランドは独立した。しかしフィンランドでは1918年に内戦が始まった。1919年にはもう憲法が起草され、フィンランドが共和国であることが定められた。

1939年から1940年にはフィンランドとソ連の間で冬戦争が始まり、それに続いて1941年から1944年には継続戦争が始まった。休戦条約においては、フィンランドはソ連にいくつかの地域を割譲し、高額の賠償金を支払わなければならなくなった。

フィン
vallankumous revolution 革命
itsenäistyä become independent 独立する
sisällissota civil war 内戦
perustuslaki constitution 憲法
päättää decide 決める
tasavalta republic 共和国
välillä between 〜の間に
talvisota Winter War 冬戦争
jatkosota Continuation War 継続戦争
rauhansopimus peace treaty 休戦条約
sopia agree 同意する
joutua +mAAn be forced to do 〜することを強いられる
luovuttaa give, hand over あげる、引き渡す
Neuvostoliitto USSR ソ連
usea several いくつかの
sotakorvaus reparations 賠償金

 

フィンランドが独立を勝ち取り、現在のフィンランド共和国(Suomen tasavalta)が成立したのは1917年12月6日のこと。

その直後には革命をめざす赤衛隊とそれを阻止しようとする白衛隊という二つの勢力による内戦が勃発。この戦いはマンネルヘイム率いる白衛隊が勝利します。

内戦が収まった後は隣接する大国ソ連との関係構築に苦労し、第二次世界大戦の時期には冬戦争(talvisota)、継続戦争(jatkosota)と呼ばれる二回の戦争を行うことになりました。

フィンランドの近現代史というのは、ある意味、ロシア(ソ連)との関係の歴史なのかもしれません。

島国に住んでいる日本人には、ロシアのような大国と1,000km以上もの国境線を共有するということがどういうことなのか肌感覚でわからないところもあります。

いずれにせよ、二回の戦争をくぐり抜けたフィンランドは、戦後の復興へと歩を進めることになります。

続きは明日のエントリーにて。


フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)

17110901

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)

長い間、スウェーデンの一部であったフィンランドは、1809年にロシアに併合されます。

Ruotsin vallan aika päättyi 1809, kun Suomi liitettiin Venäjään. Vaikka Suomi oli osa Venäjää, Suomella oli oma hallinto ja omat lait. Helsingistä tuli pääkaupunki. Euroopassa vallitsi kansallisromanttinen aate, joka vaikutti myös Suomessa: suomen kieli, taide ja kulttuuri kehittyivät voimakkaasti. Myös Kalevalan runot kerättiin 1800-luvulla. Kalevala on Suomen kansalliseepos.

スウェーデンによる支配の時代は、フィンランドがロシアに併合された1809年に終わった。フィンランドはロシアの一部ではあったけれども、フィンランドには独自の行政と法律があった。首都はヘルシンキになった。ヨーロッパには民族的ロマン主義の思想が広まり、それはフィンランドにも影響を与えた。フィンランド語、芸術と文化が力強く発展した。またカレワラの詩は1800年代に集められた。カレワラはフィンランドの民族叙事詩である。
フィン
päättyä end 終わる
liittää join, annex 併合する
oma own 自分の
hallinto administration 行政
laki law
vallita prevail 広まる
kansallisromanttinen National Romanticism 民族的ロマン主義
aate ideology 思想
vaikuttaa impact 影響を与える
kehittyä evolve 発達する
voimakas strong 力強い
Kalevala Kalevala カレワラ
runo poem, rune
kerätä collect 集める
kansalliseepos national epic 民族叙事詩

 

この時代のフィンランドはフィンランド大公国(Suomen suuriruhtinaskunta)と呼ばれ、ロシア皇帝がフィンランド大公を兼ねる形で統治されていました。

しかしさきほどの本文にもあるとおり、フィンランド人による自治が認められていたため、比較的のびのびとした時代だったようです。

それまでの首都であったトゥルクからヘルシンキに首都が移されたのは1812年のこと。ヘルシンキの首都としての歴史はまだ200年くらいなんですね。

また医師であったエリアス・リョンロート(Elias Lönnrot)がフィンランドの民族叙事詩『カレワラ』を出版したのもこの時期のこと。

この時期にフィンランド人としてのアイデンティティが形成され、ナショナリズムの機運が高まっていきました。この機運がやがて独立へとつながっていきます。

続きは明日のエントリーにて。


cialis viagra online accutane