cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)

17110901

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)

長い間、スウェーデンの一部であったフィンランドは、1809年にロシアに併合されます。

Ruotsin vallan aika päättyi 1809, kun Suomi liitettiin Venäjään. Vaikka Suomi oli osa Venäjää, Suomella oli oma hallinto ja omat lait. Helsingistä tuli pääkaupunki. Euroopassa vallitsi kansallisromanttinen aate, joka vaikutti myös Suomessa: suomen kieli, taide ja kulttuuri kehittyivät voimakkaasti. Myös Kalevalan runot kerättiin 1800-luvulla. Kalevala on Suomen kansalliseepos.

スウェーデンによる支配の時代は、フィンランドがロシアに併合された1809年に終わった。フィンランドはロシアの一部ではあったけれども、フィンランドには独自の行政と法律があった。首都はヘルシンキになった。ヨーロッパには民族的ロマン主義の思想が広まり、それはフィンランドにも影響を与えた。フィンランド語、芸術と文化が力強く発展した。またカレワラの詩は1800年代に集められた。カレワラはフィンランドの民族叙事詩である。
フィン
päättyä end 終わる
liittää join, annex 併合する
oma own 自分の
hallinto administration 行政
laki law
vallita prevail 広まる
kansallisromanttinen National Romanticism 民族的ロマン主義
aate ideology 思想
vaikuttaa impact 影響を与える
kehittyä evolve 発達する
voimakas strong 力強い
Kalevala Kalevala カレワラ
runo poem, rune
kerätä collect 集める
kansalliseepos national epic 民族叙事詩

 

この時代のフィンランドはフィンランド大公国(Suomen suuriruhtinaskunta)と呼ばれ、ロシア皇帝がフィンランド大公を兼ねる形で統治されていました。

しかしさきほどの本文にもあるとおり、フィンランド人による自治が認められていたため、比較的のびのびとした時代だったようです。

それまでの首都であったトゥルクからヘルシンキに首都が移されたのは1812年のこと。ヘルシンキの首都としての歴史はまだ200年くらいなんですね。

また医師であったエリアス・リョンロート(Elias Lönnrot)がフィンランドの民族叙事詩『カレワラ』を出版したのもこの時期のこと。

この時期にフィンランド人としてのアイデンティティが形成され、ナショナリズムの機運が高まっていきました。この機運がやがて独立へとつながっていきます。

続きは明日のエントリーにて。


フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)

17110801

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にフィンランドの歴史をコンパクトにまとめた読み物がのっていました。

フィンランドの歴史をさっと俯瞰できるので、拙訳とともに紹介してみたいと思います。

まずは先史時代からスウェーデンによる支配の時代まで。

Suomea alettiin asuttaa kivikaudella noin 8 000 eaa., kun jääkausi oli loppunut. Rannikoille muutti vähitellen metsästäjiä ja kalastajia sekä idästä että etelästä. Noin 1 500 eaa. Suomessa aloitettiin maanviljejy. Suomi oli pitkään harvaan asuttu alue, jolla ei ollut hallitsijaa.

1100-luvulla ruotsalaiset saapuivat lännestä Suomeen ja alkoi Ruotsin vallan aika. Suomi oli osa Ruotsia noin 700 vuotta. Suomen pääkaupunki oli Turku. Ruotsi-Suomessa käännyttiin kristinuskoon 1200-luvulla. Mikael Agricola toi 1500-luvulla Suomeen luterilaisen uskon ja kehitti myös suomen kirjakielen.

フィンランドには氷河期が終わった紀元前8000年頃に人が住み始めた。沿岸には、東方や南方から猟師や漁師たちが移り住んできた。紀元前1500年頃にはフィンランドで農業が始まった。フィンランドは長い間、統治者のいない、人がまばらに住む土地であった。

1100年代にはスウェーデン人が西からフィンランドに辿り着き、スウェーデンによる支配の時代が始まった。フィンランドは約700年、スウェーデンの一部であった。フィンランドの首都はトゥルクだった。スウェーデン=フィンランドでは1200年代にキリスト教が広まった。ミカエル・アグリコラは1500年代にフィンランドにルーテル派の信仰をもたらし、フィンランド語の書き言葉も発達させた。

フィン
asuttaa inhabit, settle 居住する
kivikausi Stone Age 石器時代
eaa. BCE 紀元前
jääkausi ice age 氷河期
rannikko coast 沿岸
vähitellen gradually 少しずつ
metsästäjä hunter 猟師
kalastaja fisher 漁師
maanviljely farming, agriculture 農業
pitkään for a long time 長い間
harvaan asuttu sparsely populated まばらに住んでいる
alue area 地域
hallitsija monarch 君主
valta power 支配、力
osa part 部分
kääntyä turn, convert 回る、改宗する
kristinusko Christianity キリスト教
luterilainen Lutheran ルーテル派の
usko belief 信仰
kehittää develop 発達させる
kirjakieli literary language 書き言葉

 

ミカエル・アグリコラ(Mikael Agricola)フィンランド語の書き言葉の父と呼ばれるルーテル派の牧師。彼は新約聖書をフィンランド語に翻訳するため、フィンランド語の書き言葉を統一する作業を行いました。

数年前にヘルシンキの大聖堂を訪れた際、聖堂の中にアグリコラの立派な像があったことを覚えています。

アグリコラがフィンランド語の書き言葉についてまとめた『ABCkiria』の初版本を出したのは1543年。よって自分たちが今学んでいるフィンランド語の書き言葉というのは、まだ500年に満たない歴史しかありません。

このような記述を見ると、フィンランドというのは本当に新しい国なのだということがわかります。

長くなったので、続きは明日のエントリーにて。


フィンランド語学習記 vol.511 − 悪夢

17110701

みなさんが見る夢は、良い夢が多いですか? それとも悪い夢が多いですか?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にそんな夢に関する興味深いニュースが出ていたので紹介してみたいと思います。

Painajaisunista laaja tutkimus

Moni suomalainen aikuinen näkee painajaisunen ainakin yhden kerran kuukaudessa. Uusi tutkimus kertoo, että noin puolet aikuisista näkee painajaisen joka kuukausi. Painajainen on paha uni, joka ahdistaa.

Tutkimuksen mukaan painajaisten näkeminen lisääntyy, kun ihminen vanhenee. Sadat tuhannet suomalaiset näkevät painajaisia joka viikko.

Tutkija arvioi, että painajaisunia nähdään silloin, jos elämässä ei ole kaikki hyvin.

Uudessa tutkimuksessa tutkittiin painajaisia 40 vuoden ajalta. Mukana oli kymmeniä tuhansia suomalaisia.

悪夢に関する幅広い研究

多くのフィンランド人の成人は少なくとも月に一回は悪夢を見る。新しい研究によれば、約半数の成人は毎月悪夢を見る。悪夢(painajainen)とは、人を悩ませる悪い夢のことである。

研究によれば、悪夢を見る回数は年をとるにつれて増える。何十万というフィンランド人は毎週、悪夢を見る。

研究者は、人生があまり上手くいっていないと、人は悪夢を見ると推定した。

新しい研究では、40年の間悪夢を研究している。何万人ものフィンランド人がそこに関わった。

フィン
painajaisuni nightmare 悪夢
laaja broad 広い
tutkimus research 研究
aikuinen adult 大人
ainakin at least 少なくとも
paha bad 悪い
uni dream
ahdistaa distress 悩ませる
〜mukaan according to〜 〜によれば
lisääntyä increase 増える
vanheta age 年をとる
tutkija researcher 研究者
arvioida estimate 推定する
tutkia examine 研究する

 

年をとると悪夢を見る回数が増えるというのは、本当なら恐ろしいこと。

私自身も年に数回くらいは悪夢を見ることがありますが、その頻度はこれからどんどん増えていくのでしょうか?

悪夢ばかり見ていると、夜眠るのが怖くなってしまいそうで心配です。

また毎週悪夢を見るフィンランド人が何十万もいるというのはびっくりする話。

(人口500万+の国なのに!)

もしも夢をコントロールする装置を発明することができれば、パソコンやスマートフォンと同じレベルで世界を席巻する大ヒット商品になるのかもしれませんね。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.510 − 演奏する人

17110101

以前のエントリーで「芸術と文化を作る人」に関する語彙を紹介しました。

フィン
taiteilija artist 芸術家
näyttelijä actor 俳優
laulaja singer 歌手
ohjaaja director 監督、演出家
puvustaja costumer 衣装係
lavastaja set designer 舞台美術家
valokuvaaja photographer 写真家
katsoja spectator 観客
kävijä visitor 訪問者

 

フィンランド語学習記 vol.507 − 芸術と文化を作る人

これらの語彙に共通するのは「〜する人」を意味する[-jA]という接尾辞が付いていること。

[-jA]は英語の[-er]に当たる接尾辞です。

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』には同じく「〜する人」を意味する[-isti]という接尾辞の付く単語も紹介されていました。

フィン
kitaristi guitarist ギタリスト
basisti bassist ベーシスト
solisti soloist ソリスト
pianisti pianist ピアニスト
viulisti violinist バイオリニスト
artisti artist アーティスト

 

こちらは主に「楽器を演奏する人」に関する語彙になっています。

またこうして英単語の隣に並べてみると、フィンランド語の[-isti]は英語の[-ist]に当たる接尾辞であることがわかります。

この中でソリストとアーティスト以外はもとになっている楽器の名前があるはずなので、そちらも拾ってみました。

kitaristi(ギタリスト) kitara(ギター)
basisti(ベーシスト) basso(ベース)
solisti(ソリスト) -
pianisti(ピアニスト) piano(ピアノ)
viulisti(バイオリニスト) viulu(バイオリン)
artisti(アーティスト) -

 

なお接尾辞[-jA]は動詞に付くのに対して、[-isti]は名詞に付くという違いがあります。

laulaa(歌う)→ laulaja(歌手)
piano(ピアノ)→ pianisti(ピアニスト)

なかなか奥が深いフィンランド語の接尾辞の世界。

こういった接尾辞を押さえておけば、使える語彙の数も飛躍的に増えていくように思います。


フィンランド語学習記 vol.509 − 安楽死させる人

17102801

いよいよ来週から六本木のTOHOシネマズで「フィンランド映画祭 2017」が始まります。

フィンランド映画祭 2017

映画祭のオープニング作品になっているのが『ペット安楽死請負人』という作品。物騒なタイトルですが、いったいどんなストーリーなのでしょう?

予告編から映画の雰囲気はよく伝わってきますが、ストーリーはよくわからず。そこは映画館に行って確かめたいと思います。

なおこの作品、フィンランド語の原題は「Armomurhaaja」、英語のタイトルは「Euthanizer」となっています。

ただ手元の辞書を引いても armomurhaaja という単語は出ていません。

こういうケースは大抵複合語なので、切れ目を探して前後に分割します。

すると armo は「思いやり」、murhaaja は「殺人者」の意味であることがわかりました。

フィン
armo mercy 思いやり
murha n. murder 殺人
murhata v. murder 人を殺す
murhaaja murderer 殺人者

 

思いやりの殺人者とは、英語の euthanizer や mercy killer と同じ「安楽死させる人」の意味なのでしょう。

それにしても英語の murder とフィンランド語の murha は綴りがよく似ています。もしかしたら同じ語源の単語なのでしょうか?

と、そんな話はさておき、フィンランド映画祭のチケットはオンラインで購入することもできます。

日本ではなかなか見ることができないフィンランドの映画をまとめて見ることができる貴重な機会。

興味のある方はぜひチェックしてみてください!

フィンランド映画祭 2017


フィンランド語学習記 vol.508 − 芸術と文化を作る人(2)

17102701

昨日のエントリーでは「〜する人」を意味するフィンランド語の接尾辞[-jA]の付く単語から、もとの動詞を取り出してみました。

laulaja(歌手)→ laulaa(歌う)

フィンランド語学習記 vol.507 − 芸術と文化を作る人

今回は逆に動詞の方から[-jA]の形を作る手順を確認してみたいと思います。

手順そのものは非常にシンプル。

  1. 語幹をもとめる
  2. 語幹に[-jA]を付ける

ただ語幹のもとめ方は動詞のタイプによって異なるので、まずはフィンランド語の動詞のタイプをおさらいしておきましょう。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

各タイプごとの語幹のもとめ方は次のとおり。

ステップ1 ステップ2
タイプ1 おしまいの[A]を外す kpt交替のチェック
タイプ2 おしまいの[dA]を外す
タイプ3 おしまいの2文字[lA, nA, rA, tA]を外し
[e]を添える
逆kpt交替のチェック
タイプ4 おしまいから2文字目の[t]を外す 逆kpt交替のチェック
タイプ5 おしまいの[A]を[se]に変える
タイプ6 おしまいの[tA]を[ne]に変える 逆kpt交替のチェック

 

この2つのステップを昨日取り上げた単語に適用してみます。

T1 laulaa(歌う) → laula → laulaja(歌手)
T1 puvustaa(衣装を調達する) → puvusta → puvustaja(衣装係)
T1 lavastaa(舞台を作る) → lavasta → lavastaja(舞台美術家)
T1 katsoa(見る) → katso → katsoja(観客)
T2 käydä(訪問する) → käy
→ *kävi
*これだけ過去語幹?
→ kävijä(訪問者)
T3 taiteilla(芸術作品を作る) → taiteile → taiteilija(芸術家)
T3 näytellä(演じる) → näyttele → näyttelijä(俳優)
T4 ohjata
(監督する、演出する)
→ ohjaa → ohjaaja
(監督、演出家)
T4 valokuvata(写真を撮る) → valokuvaa → valokuvaaja(写真家)

 

この中で気を付けなければならないのが、語幹が[e]で終わる動詞。

これらの動詞は[-jA]をつける際に語幹末尾の[e]が[i]に変わります。

taiteilla → teiteile → taiteilija
näytellä → näyttele → näyttelijä

それぞれ *taiteileja, *näyttelejä にはなりませんので、この形を作るときには注意が必要です。

フィンランド語では、新しく覚えた単語が、実はすでに知っている単語の派生形だったというケースがよくあります。

それだけに今一度、語形変化のパターンをきちんと押さえておくことで、語彙力の増強にもつながるのではないかと思います。


cialis viagra online accutane