cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.461 − kuolla

17041801

フィンランド語で「死ぬ」は kuolla(クオッラ)。

この kuolla を辞書で引いてみると、次のような例文が出ていました。

Hän kuoli syöpään.

(He died of cancer.)

「MOT Finnish-English」

「◯◯で亡くなる」と言うときに、英語では前置詞の of, from を使いますが、フィンランド語では入格の形になっています。

[主格]syöpä
[入格]syöpään

入格はもともと「〜の中へ」を意味する格。

この形が標準なのかどうかを確認するため、語法書の『Tarkista Tästä』を調べてみました。

KUOLLA(verbi, intransit)

kuolla + N ill Hän kuoli syöpään.
Isä kuoli tuberkuloosiin.
Ystäväni on kuollut aidsiin.

 

『Tarkista Tästä』P.63

やはり「〜で亡くなる」と言うときには kuolla の後に来る単語は入格の形になるようです。

なお例文の意味は次のとおり。

Hän kuoli syöpään.(彼はガンで亡くなりました。)
Isä kuoli tuberkuloosiin.(父は結核で亡くなりました。)
Ystäväni on kuollut aidsiin.(私の友人はエイズで亡くなりました。)

以下の単語が入格の形になっています。

フィン
syöpä cancer ガン
tuberkuloosi tuberculosis 結核
aids aids エイズ

 

日本語の「〜で」、英語の of, from、フィンランド語の入格。

人が亡くなる原因の示し方は言語によってずいぶん違うものだなと思います。


フィンランド語学習記 vol.460 − サイクリング

17041501

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』を読んでいたら、次のような文が出てきました。

Nyt hän on ruvennut pyöräilemään.

on ruvennut は「〜を始める」を意味する動詞 ruveta の現在完了形。

フィン
ruveta start 〜を始める

 

語法書の『Tarkista Tästä』で ruveta の用法を調べてみると ruveta+[-mAAn]で「〜し始める」という意味になるようです。

RUVETA(verbi, intransit)

ruveta + V -mAAn Hän rupesi tekemään harjoituksia.
Kaarlo on ruvennut opiskelemaan japania.

 

『Tarkista Tästä』P.118

もう一度、さきほどの文に戻りましょう。

Nyt hän on ruvennut pyöräilemään.

文末の pyöräilemään は「自転車に乗る」を意味する動詞 pyöräillä の第3不定詞入格の形。

pyöräillä は「自転車」を意味する polkupyörä の派生語です。

フィン
polkupyörä bicycle 自転車
pyöräillä ride a bicycle 自転車に乗る
サイクリングをする

 

すなわち、冒頭の文は次のような意味になります。

Nyt hän on ruvennut pyöräilemään.
(今、彼はサイクリングを始めました。)

何か新しいことを始めるときに使えそうな文型なので、覚えておきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.459 − 男の子のような、女の子のような

photo credit: Stijn Vogels Kitten (by unknown) via photopin (license)

photo credit: Stijn Vogels Kitten (by unknown) via photopin (license)

フィンランド語で「男の子」は poika、「女の子」は tyttö。

これらの単語に[-mainen][-mäinen]という接尾辞を付けると、次のような意味になります。

フィン
poikamainen boyish 男の子のような、男の子らしい
tyttömäinen girlish 女の子のような、女の子らしい

 

この[-mainen][-mäinen]という接尾辞は動物の名前に付けて「〜のような」という意味を表すことも。

フィン
hevosmainen horselike 馬のような
kanimainen rabbitlike ウサギのような
kissamainen catlike 猫のような
koiramainen doglike 犬のような

 

あるいは動物以外のものに付けることもできます。

フィン
makkaramainen sausagelike ソーセージのような

 

もちろん何にでも付けられるという訳ではないのでしょうが、知っていると便利な接尾辞の一つだと思います。


フィンランド語学習記 vol.458 − Pietarin räjähdys

photo credit: Boris Samoylenko Peterhof, Russia via photopin (license)

photo credit: Boris Samoylenko Peterhof, Russia via photopin (license)

ロシアのサンクトペテルブルクで3日、地下鉄の爆発事故がありました。テロ行為の可能性もあるようです。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」でもこのニュースを扱っていたので、日本語に訳してみました。

Pietarin räjähdys

Venäjällä Pietarin metrossa on tapahtunut räjähdys. Noin 10 ihmistä kuoli. Loukkaantuneita on paljon.

Räjähdys tapahtui metrojunassa 2 metroaseman välillä. Venäjän viranomaiset sanovat, että räjähdys oli ehkä terroriteko.

Pietarin metroliikenne pysäytettiin räjähdyksen jälkeen.

サンクトペテルブルクの爆発

ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で爆発が起こった。約10人が死亡。負傷者は多数。

爆発は2つの地下鉄の駅の間の車内で起こった。ロシア当局は、爆発はおそらくテロ行為だろうと言っている。

サンクトペテルブルクの交通は爆発の後、止まっている。

フィン
Venäjä Russia ロシア
Pietari Saint Petersburg サンクトペテルブルク
tapahtua happen 起こる
räjähdys explosion 爆発
kuolla die 死ぬ
loukkaantua be injured 負傷する
välillä between 〜の間で
viranomaiset authorities 当局
terroriteko act of terror テロ行為
liikenne traffic 交通
pysäyttää stop 止まる

 

サンクトペテルブルクはいつか行ってみたいと思いながら、まだ行けていない街の一つ。

亡くなった人の冥福を祈るとともに、事件の全容が解明されることを願っています。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.457 − どこから来て、どこへ行く?

17040101

フィンランド語を学んでいると「この構文は日本語に似ているな」あるいは「この構文は英語に似ているな」というように、無意識のうちに自分のよく知っている言語の方に引き寄せて理解しようとしている自分に気が付くことがあります。

そんな無意識の姿勢に気付かされるのは、日本語にも英語にも全く似ていない文に出会ったとき。

Mihin sinä olet menossa?(どこへ行くところですか?)

Mistä sinä olet tulossa?(どこから来るところですか?)

「ニューエクスプレス フィンランド語」P.131

menossa は「行くこと」を意味する名詞 meno の内格[-ssA]の形。

tulossa は「来ること」を意味する名詞 tulo の内格[-ssA]の形。

内格は英語の in に当たる格なので、上記の文を逐語的に英訳すれば次のようになるでしょうか。

Where you are in ‘going’ to?
Where you are in ‘coming’ from?

*自然な英文なら次のようになるでしょう。

Where are you going?
Where are you coming from?

要はフィンランド語には英語の be+〜ing のような明確な進行形(進行相)がないので、このような形を用いるということ。(目的語の形によって進行相を示すこともあります。)

逐語的な発想では絶対に思い付かないので、フレーズとして覚えるしかありません。

こういった表現に出会うのが外国語の学習において最も面白いことであり、かつこういった表現を使いこなすのが外国語の学習において最も難しいことなのだと思います。

 

CD付 ニューエクスプレス フィンランド語
山川 亜古
白水社
売り上げランキング: 114,851

フィンランド語学習記 vol.456 − 二番目や三番目に大きい

photo credit: Jori Samonen Pikku Kallahti via photopin (license)

photo credit: Jori Samonen Pikku Kallahti via photopin (license)

きのうのエントリーで次のような文を紹介しました。

Helsinki on maailman suurin kaupunki.
(ヘルシンキは世界で一番大きな都市だ。)
フィンランド語学習記 vol.455 − ヘルシンキは世界で一番大きい都市?
もちろんこの文は事実を正しく伝えていないので、次のように書き換えておきましょう。

Helsinki on Suomen suurin kaupunki.
(ヘルシンキはフィンランドで一番大きな都市だ。)

また二番目や三番目に大きい都市は次のように表すことができます。

Espoo on Suomen toiseksi suurin kaupunki.
(エスポーはフィンランドで二番目に大きな都市だ。)

Tampere on Suomen kolmanneksi suurin kaupunki.
(タンペレはフィンランドで三番目に大きな都市だ。)

Vantaa on Suomen neljänneksi suurin kaupunki.
(ヴァンターはフィンランドで四番目に大きな都市だ。)

Turku on Suomen viidenneksi suurin kaupunki.
(トゥルクはフィンランドで五番目に大きな都市だ。)

これらの文で suurin の前に置かれているのは序数の変格の形[-ksi]。

基数ではなく序数の変格である点に注意しましょう。

基数 序数
主格 変格 主格 変格
kaksi kahdeksi toinen toiseksi
kolme kolmeksi kolmas kolmanneksi
neljä neljäksi neljäs neljänneksi
viisi viideksi viides viidenneksi

 

序数のそのまた変格となると作るのも大変。こんがらがってしまわないように注意が必要です。


cialis viagra online accutane