cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.480 − ◯◯より

17061501

きのうも取り上げたこちらのスキットから、文法のポイントをもう一つ。

Vanhempani ovat sitä mieltä, että ennen kaikki oli paremmin kuin nyt. Heidän mielestään heidän nuoruudessaan elettiin nykyistä rauhallisemmin ja tasapainoisemmin.
(私の両親の考えでは、昔は全てが今よりもよかった。彼らの考えでは、彼らの若い頃には今よりも平和に平等に暮らしていた。)

「今より」に当たる部分が一つ目の文では kuin nyt という形になっているのに対して、二つ目の文では nykyistä という形になっています。

比較表現において、「◯◯より」という意味を表すには「kuin+◯◯」を使って表す方法と「◯◯の分格」を使って表す方法がありました。以前のエントリーから用例を抜き出してみましょう。

Ruotsi on suurempi kuin Suomi.
(スウェーデンはフィンランドより大きい。)

Ruotsi on Suomea suurempi.
(スウェーデンはフィンランドより大きい。)

フィンランド語学習記 vol.390 − 形容詞の比較変化(2)

kuin Suomi の Suomi は名詞。よって Suomi → Suomea と分格の形を作ることできます。

主格 Suomi
分格 Suomea

 

しかし冒頭のスキットに出てくる kuin nyt の nyt は副詞。副詞には格変化がないため、分格の形を作ることができません。

そこでこの場合は nykyinen(今の)という形容詞の分格を代用することになります。

Ennen elettiin rauhallisemmin kuin nyt.
(昔は今よりも平和に暮らしていた。)

Ennen elettiin nykyistä rauhallisemmin.
(昔は今よりも平和に暮らしていた。)

主格 nyt nykyinen
分格 × nykyistä

 

話したり書いたりアウトプットの際には「kuin+◯◯」の方が簡単ではありますが、「◯◯の分格」の形にも少しずつ慣れていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.479 − ◯◯の考えでは

17061401

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に次のようなスキットが出てきました。

Vanhempani ovat sitä mieltä, että ennen kaikki oli paremmin kuin nyt. Heidän mielestään heidän nuoruudessaan elettiin nykyistä rauhallisemmin ja tasapainoisemmin.
(私の両親の考えでは、昔は全てが今よりもよかった。彼らの考えでは、彼らの若い頃には今よりも平和に平等に暮らしていた。)

ここに「◯◯の考えでは」という意味の二通りの表現が出ているので、まとめておきたいと思います。

 

A olla sitä mieltä, että〜(Aの考えでは〜である)

Vanhempani ovat sitä mieltä, että ennen kaikki oli paremmin kuin nyt.
(私の両親の考えでは、昔は全てが今よりもよかった。)

mieltä は「考え」を意味する mieli の分格の形。

että の後に文をつなげる形で使います。

英語の I think〜 に似た表現かもしれません。

 

属格[-n]mielestä+所有接尾辞(属格の考えでは〜)

Heidän mielestään heidän nuoruudessaan elettiin nykyistä rauhallisemmin ja tasapainoisemmin.
(彼らの考えでは、彼らの若い頃には今よりも平和に平等に暮らしていた。)

mielestä は「考え」を意味する mieli の出格の形。

ただし属格の部分が代名詞の場合は mielestä に所有接尾辞が付くので注意が必要です。

minun mielestä+ni (私の考えでは)
sinun mielestä+si (あなたの考えでは)
hänen mielestä+än (彼の/彼女の考えでは)
meidän mielestä+mme (私たちの考えでは)
teidän mielestä+nne (あなたたちの考えでは)
heidän mielestä+än (彼らの考えでは)

 

こちらは英語の in one’s opinion に似た表現かもしれません。

自分の意見を述べるときの minun mielestani はこのままの形で覚えておけば使いやすそうですね。

 

以上、今回はフィンランド語で「◯◯の考えでは」を意味する二つの表現を紹介してみました。

こういった表現を使いつつ、外国語でスパッと自分の考えを述べられるようになりたいものです。


フィンランド語学習記 vol.478 − ふとアイスクリームが食べたくなる

17060501

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』にこんな表現が出てきました。

Minun tekee mieli jäätelöä.(ふとアイスクリームが食べたくなる。)

mieli は「考え」を意味する名詞。

構文としては以前に習った täytyy の文に似ています。

täytyy を使った文では、主語が属格[-n]の形になります。

Minun täytyy opiskella.(私は勉強しなければならない。)

フィンランド語学習記 vol.224 − täytyy を使った文

変わった形の文なので、まるごと覚えるのがベストでしょう。

なお『フィンランド語文法ハンドブック』には次のような例文が出ていました。

Minun tekee mieli lähteä ulos.(私は外へ出かけたい。)

ここでは mieli の後に lähteä(出発する)という動詞が置かれています。

冒頭の文も mieli の後に syödä(食べる)という動詞が省略されているのだと思います。

アイスクリームが食べたいのならストレートに Haluan syödä jäätelöä. と言ってもよいのですが、Minun tekee mieli jäätelöä. と言う方が自分の気持ちに近いときもあるでしょう。

実際、こんな例文を見ただけで、ふとアイスクリームが食べたくなったりしませんか。

 

フィンランド語文法ハンドブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 144,399

フィンランド語学習記 vol.477 − 君の名は。

17060201

去年大ヒットしたアニメーション映画『君の名は。』が、今年の4月にフィンランドでも公開されたようです。

なおタイトルはフィンランド語ではなく英語の「Your name.」を使用。

その予告編が Youtube にアップされていました。

予告編なので短い映像ですが、キャラクターのセリフがフィンランド語字幕になっているので「なるほど。こういう表現をするのか」と勉強になって面白いです。有名なセリフをいくつか拾ってみました。

Tee minusta seuraavassa elämässä komea tokiolaispoika!
(来世は東京のイケメン男子にしてください!)

Yksi asia on varma. Tiedämme kyllä, jos kohtaamme.
(たしかなことが一つだけある。私たちは会えば絶対、すぐにわかる。)

Halusin kertoa, että tulen tapaamaan sinua vaikka maailman ääriin.
(言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても必ず会いに行くって。)

フィン
komea handsome ハンサムな
kohdata meet, encounter 出会う
ääri edge

 

「東京のイケメン男子」は komea tokiolaispoika となっています。

またおもしろいなと思ったのは原題の『君の名は。』に句点が付いているのに対応して、英語タイトルにも Your name. とピリオドが付いていること。細かいところにこだわっています。

このフィンランド語字幕付きで全編を見ることができたら、かなりフィンランド語の勉強になりそう。そのうちフィンランド語版のブルーレイを入手できたらと思います。


フィンランド語学習記 vol.476 − フィンランドの熊事情

photo credit: FotoFloridian Lucy Brook barns via photopin (license)

photo credit: FotoFloridian Lucy Brook barns via photopin (license)

フィンランド語で「熊」は karhu(カルフ)。

少し前に、同名のフィンランドビールが日本でも買えるようになったというニュースがありました。

数年前にフィンランドを旅行したときに飲みましたが、味は普通のラガービール。

ただもしどこかのお店であの熊のイラストと再会することがあれば、もう一度飲んでみたいような気もします。

さて今日のトピックはビールではなく熊の karhu について。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」を読んでいたら、フィンランドの熊事情(?)に関するこんな記事が出ていました。

Karhut liikkuvat nyt paljon

Karhut liikkuvat nyt paljon, koska ne etsivät ruokaa ja asuinpaikkaa. Lisäksi karhuilla on nyt myös kiima eli ne haluavat tehdä pentuja. Karhuja voi näkyä nyt ihmisten asuinalueiden lähellä.

Niitä on paljon varsinkin Itä-Suomessa. Arvioidaan, että karhuja on Suomessa nyt noin 2000.

熊は今、たくさん移動している

熊は食べ物や住む場所を探して、今たくさん移動している。加えて、熊は今発情期でもあり、つまり子どもを作りたいと思っている。熊は今、人の居住地の近くで見ることもある。

熊は特に東部フィンランドに多い。フィンランドには今約2,000頭の熊がいると推測されている。

フィン
liikkua move 移動する
etsiä look for 探し求める
ruoka food 食事
asuinpaikka place of residence 住所、居所
lisäksi in addition 加えて
kiima heat 発情
pentu puppy 獣の子ども
näkyä show, appear 見える
asuinalue residential area 住区
varsin pretty, quite 特に
arvioida value, estimate 見積もる

 

ビールのラベルや写真で見る熊は愛嬌があってかわいいのですが、近所で鉢合わせするということになると、そんな悠長なことも言っていられません。

お互いのテリトリーで共存共栄していけたらよいのにと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.475 − 乗り物の名前(2)

17052901

先日のフィンランド語教室にて。

先生から「思い付く限りの乗り物の名前を書いてみよう」と言われて、ノートに書いたのが次の単語。

フィン
auto car
bussi bus バス
juna train 電車
lentokone plane 飛行機

 

このときに思い付いたのはたった4つ!

これだけでは何とも寂しいので、帰宅後にこのリストを膨らませることにしました。

手持ちのフィン・日辞書、Google 翻訳、Wikipedia などを使って単語を調べていきます。

フィン
helikopteri helicopter ヘリコプター
kelkka sled そり
laiva ship
lautta ferry フェリー
metro metro 地下鉄
moottoripyörä motorbike オートバイ
raitiovaunu tram 路面電車
raketti rocket ロケット
polkupyörä bicycle 自転車
panssarivaunu tank 戦車
sukellusvene submarine 潜水艦
taksi taxi タクシー

 

raitiovaunu(路面電車)と panssarivaunu(戦車)の両方に含まれている vaunu とは何でしょう?

調べてみると、これは「車両」の意味。用途はかなり違うものの、どちらも四輪車という共通点があります。

この戦車のように、リストには日常的に使わない乗り物の名前も含めました。会話はともかく読解においてはこういった語彙も必要になるはず。

乗り物だけではなく、様々なジャンルで少しずつ語彙を増やしていきたいと思います。


cialis viagra online accutane