cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.444 − 受動過去分詞の使い方

photo credit: vahiinee Lonely beauty via photopin (license)

photo credit: vahiinee Lonely beauty via photopin (license)

昨日のエントリーに続いて、受動過去分詞の使い方を見ていきましょう。

フィンランド語学習記 vol.443 − 受動過去分詞の作り方

今回もフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』から用例を拾ってみました。

avata
(開く)
avattu kirje
(開かれた手紙)
käyttää
(使う)
käytetty auto
(使われた車=中古車)
rakentaa
(建てる)
1200-luvulla rakennettu kirkko
(1200年代に建てられた教会)

 

昨日のエントリーで確認したとおり、太字の部分が[-u]または[-y]で終わる受動過去分詞の形になっています。

続いてこれらのフレーズを含んだ例文を見ていきましょう。

 

avattu kirje(開かれた手紙)

Pöydällä on avattu kirje.
(テーブルの上に開かれた手紙が置いてある。)

単数主格のままなので、手紙は一通であることがわかります。

 

käytetty auto(中古車)

Ostimme käytetyn auton.
(私たちは中古車を買った。)

目的語なので、中古車は対格[-n]の形になっています。

単数主格 käytetty auto
単数対格 käytetyn auton

 

1200-luvulla rakennettu kirkko(1200年代に建てられた教会)

Kävimme 1200-luvulla rakennetussa kirkossa.
(私たちは1200年代に建てられた教会を訪れた。)

käydä+内格で「〜を訪れる」の意味になるので、(建てられた)教会は単数内格[-ssA]の形になっています。

単数主格 rakennettu kirkko
単数内格 rakennetussa kirkossa

 

まとめ

以上、今回は受動過去分詞の使い方を取り上げてみました。

これで「能動現在分詞」「受動現在分詞」「能動過去分詞」「受動過去分詞」の4つの形を習ったことになります。

能動 受動
現在分詞 puhuva
(話す〜)
puhuttava
(話される〜)
過去分詞 puhunut
(話した〜)
puhuttu
(話された〜)

 

それぞれの作り方も簡単にまとめておきます。

能動現在分詞 三人称単数[-vAt]の形を作り、[-vAt]の代わりに[-vA]を置く。
受動現在分詞 受動過去形[-ttiin]の形を作り、[-iin]を[-AvA]に変える。
能動過去分詞 T1-2 語幹に[-nut/nyt]を付ける。
T3 子音語幹末尾の子音を重ねて[-ut/-yt]を付ける。
(tulla → tullut)
T4-6 子音語幹末尾の子音を[n]に変えて[-nut/nyt]を付ける。
(haluta → halunnut)
受動過去分詞 受動過去形[-ttiin]の形を作り、[-iin]を[-u/-y]に変える。

 

こうして並べてみると、一つ一つを扱っていたときには見えていなかった全体像が少し見えてきたような気がします。

あとはそれぞれの形をすばやく作れるように練習するのみ!ですね。


フィンランド語学習記 vol.443 − 受動過去分詞の作り方

photo credit: aquigabo! Witness of the Noon via photopin (license)

photo credit: aquigabo! Witness of the Noon via photopin (license)

これまで数回のエントリーに分けて、フィンランド語の現在分詞・過去分詞を扱ってきました。

本日のエントリーでは受動過去分詞を扱っていきます。

1 能動現在分詞
2 受動現在分詞
3 能動過去分詞
4 受動過去分詞(←ココ)
5 動作主分詞

 

受動過去分詞を作るための手順は次の3ステップ。

  1. 受動現在形を作る。
  2. そこから受動過去形を作る。
  3. そこから受動過去分詞を作る。

よって以前に扱った「受動現在形」「受動過去形」の作り方を覚えていれば「受動過去分詞」の作り方は簡単。

ただ今回は復習も兼ねて、次の3つの動詞を例に受動過去分詞を作るための一通りの手順を見ていきましょう。

T1 puhua 話す
T1 tietää 知っている
T2 syödä 食べる

 

1)受動現在形を作る。

タイプ1の動詞は弱形語幹に[-tAAn]を付ける。

ただし[-tAAn]の前に[A]が来るときは[A]を[e]に変える。

タイプ2〜6の動詞はおしまいの母音を重ねて[-n]を付ける。
(語幹を経由する必要はなし。)

辞書形 語幹 受動現在形
T1 puhua puhu puhutaan
T1 tietää *tiedä tiedetään
T2 syödä syö syödään

 

*kpt 変化のあるタイプ1の動詞では「強形→弱形」の変化あり。

 

2)受動過去形を作る。

受動現在形の語尾が[-tAAn]で終わる場合は、その[-tAAn]を[-ttiin]に変える。

受動現在形の語尾が[-dAAn][-lAAn][-nAAn]で終わる場合は、その[-dAAn][-lAAn][-nAAn]を[-tiin]にする。

辞書形 語幹 受動現在形 受動過去形
T1 puhua puhu puhutaan *puhuttiin
T1 tietää tiedä tiedetään *tiedettiin
T2 syödä syö syödään syötiin

 

*細かいですが[t]が2つになっています!

 

3)受動過去分詞を作る。

受動過去形の語尾[-iin]を[-u]または[-y]に変える。

辞書形 語幹 受動現在形 受動過去形 受動過去分詞
T1 puhua puhu puhutaan puhuttiin *puhuttu
T1 tietää tiedä tiedetään tiedettiin #tiedetty
T2 syödä syö syödään syötiin #syöty

 

*もとの単語に[a, o, u]が含まれていれば[u]。
#もとの単語に[a, o, u]が含まれていなければ[y]。

 

以上、ようやく受動過去分詞のできあがり。手順が多いので慣れるまでは少し時間がかかるかもしれません。

明日のエントリーではこれらの受動過去分詞の用法について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.442 − 孫

photo credit: ediblemanager elli watching elli via photopin (license)

photo credit: ediblemanager elli watching elli via photopin (license)

フィンランド語で面白いなと思うのが「孫」の表し方。

「孫」を意味する一般的な単語 lapsenlapsi は「子供」を意味する単語 lapsi の属格 lapsen にもう一つの lapsi を組み合わせた表現。

すなわち lapsenlapsi は「子供の子供」という構造になっています。

主格 lapsi
属格 lapsen lapsi
子供の 子供

 

フィンランド語にはこの他にも poika(息子)、tytär(娘)という単語を組み合わせた次のような表現があります。

  • pojanpoika
  • pojantytär
  • tyttärenpoika
  • tyttärentytär

pojanpoika は「息子の息子」。

主格 poika
属格 pojan poika
息子の 息子

 

pojantytär は「息子の娘」。

主格 poika
属格 pojan tytär
息子の

 

tyttärenpoika は「娘の息子」 。

主格 tytär
属格 tyttären poika
娘の 息子

 

tyttärentytär は「娘の娘」。

主格 tytär
属格 tyttären tytär
娘の

 

たしかに「孫」にはこの四通りの可能性がある、、、などということはフィンランド語のこれらの表現に触れるまで考えたこともありませんでした。

ただ日本語でも「祖父・祖母」「父・母」「息子・娘」「兄・姉」「弟・妹」という二親等以内の親族呼称には性の区別がある訳ですから、孫にだけ同等の表現が与えられていないのは不思議なことではあります。


フィンランド語学習記 vol.441 − コーヒーを淹れる

photo credit: photography.andreas just coffee beans - Kaffeebohnen via photopin (license)

photo credit: photography.andreas just coffee beans – Kaffeebohnen via photopin (license)

フィンランド語で「コーヒー」は kahvi(カフヴィ)。

フィンランド語の辞書を眺めていると、次のようなコーヒーまわりの単語もいくつか見つけることができます。

フィン
kahvicuppi coffee cup コーヒーカップ
kahvila cafe 喫茶店
kahvinkeitin coffee maker コーヒーメーカー
kahvimylly coffee grinder コーヒーミル
kahvinporot coffee grounds コーヒーのかす
kahvintauko coffee break コーヒーブレーク

 

ちょっと面白いなと思ったのは kahvinkeitin(コーヒーメーカー)の kahvi は属格[-n]の形になっているのに対して、kahvimylly(コーヒーミル)の kahvi はそのままの形になっていること。

kahvi +n +keitin
kahvi +mylly

 

このあたり何か基準のようなものはあるのでしょうか?

またフィン・英辞書アプリ『MOT Finnish-English』には次のような動詞も出ていました。

kahvittaa

1 (tarjota kahvia) serve coffee

Hän kahvitti koko porukan hautajaisten jälkeen.
(She served everyone coffee after the funeral.)

2 (tehdä mieli kahvia) feel like a cup of coffee [felt, felt], hanker for coffee

Minua kahvittaa kovasti.
(I really feel like a cup of coffee.)

「MOT Finnish-English」

kahvittaa は「コーヒーを淹れる、コーヒーが欲しくなる」の意味。

こんな細かいニュアンスを伝える動詞まであるとは、さすが世界有数のコーヒー消費大国フィンランド。

ただフィンランド語というのは、この手の動詞をたくさん作ることのできる言語のようなので、探せばコーヒー以外のものを扱う動詞もあるのでしょう。

それにしてもコーヒー好きの人間としては、この kahvittaa 一度は使ってみたい動詞です。


フィンランド語学習記 vol.440 − revontulet

photo credit: musubk Night via photopin (license)

photo credit: musubk Night via photopin (license)

フィンランド語で「オーロラ」は revontulet(レヴォントゥレット)。

この revontulet は revon+tulet という構造の複合語。

revon は「狐」を意味する repo の属格、tulet は「火」を意味する tuli の複数主格です。

単数主格 repo
単数属格 revon

 

単数主格 tuli
複数主格 tulet

 

つまり revontulet というのはもともと「狐火」という意味なのだそうです。

この由来について「フィンランド政府観光局公式ホームページ」には次のような説明が出ていました。

サーミの伝説によれば、キツネが北極圏の丘を走るとき、尻尾が雪原に触れ、それが火花となって巻き上がり、夜空に光となって現れるのだとのこと。

「フィンランド政府観光局公式ホームページ」より

あのオーロラにはそんな想像力溢れる言い伝えが隠されていたんですね。

ところで「狐火」というのはたしか日本にもあったはず、と思って辞書を調べてみると見出し語になっているのを発見。

きつねび【狐火】

(狐が口から吐くという俗説に基づく)

暗夜、山野に見える怪火。鬼火・燐火などの類。狐の提灯。

「広辞苑 第五版」

そうそう、日本の狐火というのは怪談に出てくるような、おどろおどろしいイメージです。

日本の狐火とフィンランドの revontulet。遠く離れた二つの地域で、イメージの全く異なる二つの狐火が生まれたのは単なる偶然なのでしょうか?


フィンランド語学習記 vol.439 − Hard Brexit

17011901

イギリスのテリーザ・メイ首相が、17日に行った演説の中で、イギリスのEU離脱に関する具体的な計画を発表したというニュースがありました。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」でもこのトピックを扱っていたので、紹介してみたいと思います。

(日本語訳は筆者による。間違いがあったら申し訳ありません。)

Britannia aikoo jättää EU:n vapaan kaupan

Britannia eroaa EU:n sisämarkkinoilta. Sisämarkkinat tarkoittaa, että EU-maat voivat käydä kauppaa vapaasti toisten EU-maiden kanssa.

Britannian pääministeri Theresa May kertoi asiasta, kun hän puhui Britannian EU-erosta. May haluaa kuitenkin pitää hyvät kauppasuhteet EU:n kanssa.

イギリスはEUの自由貿易を手放す予定。

イギリスはEUの単一市場を離脱します。単一市場というのは、EU加盟国が他の加盟国と自由に貿易ができるということを意味しています。

イギリスのテリーザ・メイ首相は、イギリスのEU離脱について話したとき、この問題について語りました。しかしながらメイ首相はEUとのよい貿易関係は維持したいと思っています。

フィン
aikoa be going to 〜するつもりだ
jättää leave 手放す
vapaa kauppa free trade 自由貿易
erota part from 離れる
sisämarkkinat internal market
single market
単一市場
käydä kauppaa jkn kanssa trade with sb 〜と貿易をする
pääministeri prime minister 首相
kertoa tell 語る
kauppasuhteet trade connection 貿易関係

 

kauppa という単語はこれまで shop, store の意味しか知りませんでしたが、business や trade の意味もあるということを初めて知りました。

この「Yle Uutiset selkosuomeksi」は中級程度のフィンランド語力でも、内容のある文章が読める貴重なニュースサイト。

今後も折に触れてチェックしていきたいと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


cialis viagra online accutane