cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.469 − 副詞の比較変化(2)

17051901

昨日のエントリーに続いて、副詞の比較変化について。

フィンランド語学習記 vol.468 − 副詞の比較変化(1)

今回は比較級・最上級を用いた文章表現を見ていきたいと思います。

もとになるのは昨日のエントリーにも出てきたこれらの単語。

形容詞 副詞
nopea(速い) nopeasti(速く)
kaunis(美しい) kauniisti(美しく)
ahkera(勤勉な) ahkerasti(勤勉に)

 

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』にこれらの単語を使った次のような例文が出ていました。

Kissa juoksee nopeasti, koira juoksee vielä nopeammin, susi juoksee kaikkein nopeimmin.

Liisan veli laulaa kauniisti, Liisan äiti laulaa vielä kauniimmin, mutta kaikkein kauneimmin laulaa Liisan isä.

Pekka opiskelee ahkerasti, Eeva opiskelee vielä ahkerammin, mutta Maija opiskelee kaikkein ahkerimmin.

以下にそれぞれの文を見ていきましょう。

 

Kissa juoksee nopeasti, koira juoksee vielä nopeammin, susi juoksee kaikkein nopeimmin.
(猫は速く走る。犬はさらに速く走る。オオカミはこれら全ての中で最も速く走る。)

「速く」を意味する副詞 nopeasti が nopeammin, nopeimmin と変化しています。

原級 比較級 最上級
形容詞 nopea nopeampi nopein
副詞 nopeasti nopeammin nopeimmin

 

オオカミってそんなに足が速かったんですね。

 

Liisan veli laulaa kauniisti, Liisan äiti laulaa vielä kauniimmin, mutta kaikkein kauneimmin laulaa Liisan isä.
(リーサの兄弟は美しく歌う。リーサの母はさらに美しく歌う。しかし全員の中でもっとも美しく歌うのはリーサの父だ。)

「美しく」を意味する副詞 kauniisti が kauniimmin, kauneimmin と変化しています。

原級 比較級 最上級
形容詞 kaunis kauniimpi kaunein
副詞 kauniisti kauniimmin kauneimmin

*最上級では、語末の[-i][-ii]は[-e]に変化する。

リーサ自身の歌はどうなのか気になりますね。

 

Pekka opiskelee ahkerasti, Eeva opiskelee vielä ahkerammin, mutta Maija opiskelee kaikkein ahkerimmin.
(ペッカは熱心に勉強する。エーヴァはさらに熱心に勉強する。しかしマイヤは全員の中で最も熱心に勉強する。)

「勤勉に」を意味する副詞 ahkerasti が ahkerammin, ahkerimmin と変化しています。

原級 比較級 最上級
形容詞 ahkera ahkerampi ahkerin
副詞 ahkerasti ahkerammin ahkerimmin

 

一瞬「ペッカは勉強が足りないのか?」と思ってしまいますが、熱心に勉強しているのだから問題ないはず。他の二人が頑張り過ぎなのかもしれません。

 
以上、今回は副詞の比較級・最上級を含んだ文をいくつか紹介してみました。

副詞の比較級・最上級はかなり長い形になるので、文中で出会ったときに、もとの形(形容詞)がなかなかイメージできないことがあります。まずはよく使う単語の変化形から頭に入れていきましょう。

続いて明日のエントリーでは、ちょっと変わった比較級・最上級の形を見ていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.468 − 副詞の比較変化(1)

17051801

今回のテーマは、フィンランド語の副詞の比較変化。

フィンランド語の副詞の多くは形容詞に[-sti]という語尾が付いた形になっています。

形容詞 副詞
nopea(速い) nopeasti(速く)
kaunis(美しい) kauniisti(美しく)
ahkera(勤勉な) ahkerasti(勤勉に)

 

よって副詞の比較級・最上級を作るときには、左側の形容詞の比較級・最上級をもとに作ります。

形容詞の比較級・最上級を作ることができれば、そこから副詞の比較級・最上級を作るのは簡単。

形容詞の比較変化については以前のエントリーで扱いました。

とはいえ、かなり久しぶりになってしまったので、もう一度おさらいをしておきましょう。

 

形容詞の比較級の作り方

形容詞の比較級を求めるための手順は以下のとおり。

nopea(速い)

nopea 1)単数語幹を求める nopea
nopea 2)kpt の変化を伴う単語では弱形の語幹を使用
*今回は kpt の変化なし
nopea
nopea 3)2音節の語では語末の[-a/-ä]が[e]に変化する
*今回は3音節なのでそのまま
nopea
nopea 4)語幹に比較級の印[-mpi]を付ける nopeampi

 

形容詞の最上級の作り方

形容詞の最上級を求めるための手順は以下のとおり。

nopea(速い)

nopea 1)単数語幹を求める nopea
nopea 2)kpt の変化を伴う単語では弱形の語幹を使用
*今回は kpt の変化なし
nopea
nopea 3ー1)語末の長母音は短母音に変化する
3ー2)語末の[-e][-a/-ä]は消える
3ー3)語末の[-i][-ii]は[-e]に変化する
*今回は(3ー2)のルールを適用
nope
nope 4)語幹に最上級の印[-in]を付ける nopein
 

これで形容詞 nopea の比較級・最上級の形ができました。

原級 比較級 最上級
形容詞 nopea nopeampi nopein

 

副詞の比較級・最上級の作り方

ここから副詞の比較級・最上級を作るのですが、手順は簡単。

副詞の比較級は形容詞の比較級語尾[-mpi]を[-mmin]に変えて作ります。

副詞の最上級は形容詞の最上級語尾[-in]を[-immin]に変えて作ります。

原級 比較級 最上級
形容詞 nopea nopeampi nopein
副詞 nopeasti nopeammin nopeimmin

 

よく見ると副詞の比較級(nopeammin)と最上級(nopeimmin)の違いは単語の中程にある[a]と[i]が入れ替わっているだけ。ちょっと紛らわしいので取り違えないように気を付けましょう。

ということで、今回はここまで。

明日のエントリーでは、この比較級・最上級を用いた文章表現を見ていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.467 − Minua ei huvita lähteä ulos.

17051001

今日は朝からぐずついた天気。

家でフィンランド語教室のノートを取り出して復習をしていたら、今の気分にぴったりの例文が出てきました。

Minua ei huvita lähteä ulos.
(外出する気分ではない。)

en huvita は「〜を楽しませる」を意味する動詞 huvittaa の三人称否定の形。また主語の場所にある minua は分格の形になっています。

辞書形 Minä huvittaa
Minua ei huvita

 

このようなタイプの文は感情使役文と呼ばれています。

フィンランド語学習記 vol.237 − 感情使役文

フィンランド語では感情や感覚に関わる話をする際に、人間を分格の目的語において表現することがしばしばあります。

Minua jännittää.(私はどきどきする。)

(中略)

Sinua hermostuttaa.(あなたは緊張している。いらいらしている。)

Häntä huolestuttaa.(彼は心配する。)

『フィンランド語文法ハンドブック』P.244-245

今回の huvittaa もこの仲間の一つ。後ろに動詞を伴って「〜する気分だ」「〜する気分ではない」という意味になります。

minua huvittaa〜(〜するのは私を楽しませる)→(〜する気分だ)
minua ei huvita〜(〜するのは私を楽しませない)→(〜する気分ではない)

フィンランド語の語法書 『Tarkista Tästä』には次のように使い方が出ていました。

HUVITTAA(verbi, transit)

huvittaa + O par Elokuva huvitti meitä.
Peterin jutut huvittivat heitä.
huvittaa + V 1. inf Huvittaisiko sinua lähteä teatteriin?

 

『Tarkista Tästä』P.33

今回取り上げた用法はこのうち下の部分。

Huvittaisiko sinua lähteä teatteriin?
(あなたは劇場に行きたい気分ですか?)

人間はというのはある意味、気分の生き物。

こんな風にその時々の気分を伝える表現も使えるようにしておきたいと思います。

 

フィンランド語文法ハンドブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 141,468

フィンランド語学習記 vol.466 − hihhuli

17043001

Wikipedia の「Gemination(重子音)」の項目を読んでいたら、フィンランド語に関する面白い記述が出てきたのでメモしておきます。

In Standard Finnish, consonant gemination of [h] exists only in interjections, new loan words and in the playful word “hihhuli”, with its origins in the 19th century, and derivatives of that word.

標準的なフィンランド語において、子音[h]の重子音は、間投詞や新しい外来語や19世紀に起源を持つおもしろい単語 hihhuli とその派生語にだけ存在します。

Wikipedia「Gemination」より

これによると、フィンランド語には子音[h]が重なる hihhuli という単語があるとのこと。

フィンランド語の子音の重なりは日本語の促音(「っ」で表すつまる音)と同じように発音するため、hihhuli は「ヒッフリ」という音になるものと思われます。

では hihhuli とはいったいどんな意味なのでしょう?

hihhuli

(colloquial, derogatory) A religious person; a zealot, a Jesus freak, a Holy Roller.

「Wiktionary」

hihhuli は「非常に信心深い人、狂信者」の意味。

おそらく使うことはなさそうですが、ヒッフリという語感がユニークなので、暗記用の単語リストに入れておきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.465 − viihtyä

17042701

今回は「居心地がよい」を意味するフィンランド語の動詞 viihtyä(ヴィーフテュア)の用法についてまとめておきます。

viihtyä は2つの母音で終わるタイプ1の動詞。次のように語形変化します。

単数 複数
一人称 viihdyn viihdymme
二人称 viihdyt viihdytte
三人称 viihtyy viihtyvät

 

語法書の『Tarkista Tästä』には次のような例文が出ていました。

VIIHTYÄ(verbi, intransit)

viihtyä + N ine/ade Viihdytkö uudessa työpaikassasi?
Kuinka olet viihtynyt Suomessa?
Muutimme takaisin kaupunkiin, koska emme viihtyneet maalla.

 

『Tarkista Tästä』P.155

後続の単語は内格[-ssA]または接格[-llA]になるようです。例文を訳してみると、こんな感じになるでしょうか。

Viihdytkö uudessa työpaikassasi?
(新しい職場は居心地がよいですか?)

Kuinka olet viihtynyt Suomessa?
(フィンランドはどれくらい居心地がよいですか?)

Muutimme takaisin kaupunkiin, koska emme viihtyneet maalla.
(田舎の居心地がよくなかったので、また都市に引っ越しました。)

自分にとって本当に居心地のよい場所があるかどうかは、人生の満足度を決める大きなポイント。Viihdyn+[-ssA/-llA]と言えるような場所を増やしていきたいものです。


フィンランド語学習記 vol.464 − 兄弟姉妹

photo credit: Theo Crazzolara Kirsche + Brombeere via photopin (license)

photo credit: Theo Crazzolara Kirsche + Brombeere via photopin (license)

フィンランド語で「兄弟」は veli(ヴェリ)、「姉妹」は sisar(スィサル)。

それぞれの複数形は veljet, sisaret となります。

兄弟 姉妹
単数主格 veli sisar
複数主格 veljet sisaret

 

この他、フィンランド語には原則として複数形で用いる sisarukset, veljekset という単語があります。

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』には次のような説明が出ていました。

Sisarkuset = sisaret ja veljet keskenään tai sisaret keskenään

Veljekset = veljet keskenään

この説明によると、

  • sisarukset = 姉妹+兄弟のグループ、または姉妹のみのグループ
  • veljekset = 兄弟のみのグループ

という分類になるようです。

これらの単語は複数形で用いるのが原則ですが、いちおう単数形も存在します。

(単数形は複合語などで用いられる。)

兄弟 兄弟姉妹
複数主格 veljekset sisarukset
単数主格 veljes sisarus

 

このフィンランド語の表現システムでおもしろいと思ったのは、姉妹を意味する sisar から派生した sisarukset という単語が「兄弟姉妹」を意味するということ。

きょうだいが「兄弟姉妹」の意味になる日本語とは逆の対応になっています。

近年よく話題になる言語における性差別(sexism in language)の問題においては、男性優位/男性標準のケースが大半を占めている訳ですから、このフィンランド語の兄弟姉妹の表現は珍しいケースと言えるのではないでしょうか。


cialis viagra online accutane