cialis viagra online accutane

フィンランド語

Google AdWordsのキーワードツールを使って日本における外国語の人気度を調査してみる

今の日本にフィンランド語を学習している人はいったいどれくらいいるでしょうか?

首都圏にはフィンランド語の教室がそれなりにありますし、宮崎あおいさんがCMでフィンランド語を話しているのを聞いたりすると、フィンランド語はそれなりに人気があるのかな?と思うことがあります。

そこで日本における外国語の人気度を調査するため、Google AdWords のキーワードツールを利用してみることにしました。

これはもともとウェブサイトのSEO対策のためのツールなのですが、それはさておき、あるキーワードが Google のサーチエンジンでどれくらい検索されたのかを調べることができます。

それでは、さっそく結果を見てみましょう。

*数値は月間の検索数(過去12か月の平均)

言語 検索数
英語 16,600,000
フランス語 673,000
ドイツ語 246,000
ラテン語 90,500
イタリア語 74,000
スペイン語 49,500
中国語 33,100
韓国語 33,100
ロシア語 12,100
ポルトガル語 8,100
アラビア語 8,100
スウェーデン語 6,600
フィンランド語 5,400
オランダ語 5,400
ノルウェー語 1,900
デンマーク語 1,300
アイスランド語 590
エストニア語 260
サーミ語 73
フェロー語 36

 
英語の1位は予想通り。しかし2位以下の言語とこれほどまでに数字の開きがあるとは思いませんでした。現在の地位は当分盤石でしょうか。

北欧の言語を見ると、フィンランド語はスウェーデン語に次ぐ2位という結果に。北欧では1位かと思っていただけにやや残念。

意外なのは7位の中国語。もう少し上位に来ると思ったのですが。

そんな訳で、妥当性にはやや疑問が残るものの、日本における外国語の人気度を調査してみました。

なお「フィンランド語」の検索数は5,400件でしたが、「ムーミン」は165,000件でした。ムーミンおそるべし。


フィンランド語学習記 vol.40 − suu と syy

フィンランド語教室19週目のレポート。

今回はしばし雑談の後、簡単な会話と発音の練習を行いました。

その際、話題になったのが、[u]と[y]の発音の違いについて。

フィンランド語の[y]は母音で、日本語の母音の中では比較的「ウ」に近い音だと思われます。しかし、そうだとすると[u]と[y]の違いはどこにあるのでしょうか?

困ったときの『フィンランド語文法ハンドブック』を参照してみました。

u は日本語の[ウ]とはかなり異なります。フィンランド語の u を発音するときには唇をしっかりと丸めて突き出し、口の奥の方で音を出すような感じで発音します。唇をしっかりと丸めるので、u は場合によると[オ]に聞こえるかもしれません。

y は唇を丸めて i[イ]を発音します。

P.9

この説明を読む限り、どちらも難しそうですね。

今回の授業でも、下記の単語で発音の練習をしたのですが、なかなか上手くいかず。

suu(口)
syy(繊維、理由)

特に上の suu は、どうしても日本語風の「スー」になってしまいコツがつかめません。

おそらく[u]と[y]では[u]の方が、日本人にとっては難しい音なのでしょう。

なんとなく字面のイメージから[u]の方が日本語の「ウ」に近く、[y]はやや変わった音かと思っていたのですが、そう単純な話ではないようです。

よい解決策も見つからないので、とりあえずこの問題は継続課題ということになりました。

今日も「スー」とか「す〜」とか言いながら、道を歩いていたので、よほど変な人と思われていたことでしょう。


フィンランド語学習記 vol.39 − 瞬間フィン作文

フィンランド語の勉強を始めて以来、時間の多くを単語の意味を覚えたり、文法項目を理解したりといういわゆる「インプット」に費やしてきました。

しかしフィンランド語教室でちょっとした会話練習が始まったこともあり、このあたりでアウトプットのトレーニングも取り入れることにしました。

英語学習で瞬間英作文というトレーニングがありますが、これのフィンランド語版、名付けて瞬間フィン作文です。

やり方はいたって簡単。簡単な日本語のフレーズを用意しておき、それを瞬時にフィンランド語に訳して口に出すだけ。人間版 Google Translate と言ってもよいでしょう。

日本語のフレーズは単語カードやノートに準備してもよいですが、ここでは iPhone アプリ『i暗記』を使用します。

このアプリは単語カードをめくって暗記するという昔ながらの仕組みを、そのまま iPhone 上に再現したものです。

まずはインターネットの専用ウェブサイトで、練習したいフィンランド語と日本語のフレーズを登録し、単語デッキ(この場合は文デッキ)を作成します。

次に iPhone 側から、さきほどの単語デッキをダウンロードすると準備完了。

下記のように日本語のフレーズが出てきますので、フィンランド語に訳して口に出してみます。カードをタップすると、くるっとカードがめくれて、裏のフィンランド語(正解)を確認することができます。

正解したカードは上の青いマス、不正解のカードは下の赤いマスへスワイプしましょう。

カードが一巡した後は、不正解のカードだけを再度練習することもできます。

『i暗記』については、以前のエントリーでもう少し詳しく紹介しました。興味のある方は合わせてご覧ください。

[参考]フィンランド語学習記 vol.6 − 語彙力増強作戦 | Fragments

とりあえずはフィンランド語教室で一度練習したフレーズを、この単語デッキにまとめておき、ときどき練習するようにしています。(まだ収集したフレーズの数が少ないので、これから増やしていく予定)

なお瞬間英作文の参考書を読むと、ある程度英語が読めても話すのが苦手な人は、中学英語レベルの非常に簡単な英文から始めるべきと書いてあります。

しかし私の場合は、中学レベルの文しかストックがないので、残念ながら背伸びをする余裕はありません。

作成したデッキには、さまざまな定着度のフレーズが混在しているので、日本語を見た瞬間に一気にフィンランド語に訳せるものもありますし、一語ずつフィンランド語に置き換えたり、格変化をひねり出したりしなければならないものもあります。

実際の効果はまだわかりませんが、これはアウトプットのよいトレーニングになると思いました。続けていると脳がほどよく疲労してきます。

 
i暗記 – Market -

 
i暗記+ i暗記+
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 教育, ゲーム, 単語
App Storeで詳細を見る

 


フィンランド語学習記 vol.38 − 属格のつくり方

フィンランド語教室18週目のレポート。

今回は属格のつくり方を扱いました。

属格とはフィンランド語の格変化の一つで、日本語の格助詞「の」に当たります。説明を聞くより、用例を見る方が易しと思いますので、まずは下記をご覧ください。

kissa(猫)
kissan nimi(猫名前)

単語の末尾に[-n]を付けると「〜の」の意味になります。[n]と「の」は音が似ているので、感覚的に覚えやすいですね。

ただし全ての単語に[-n]を付ければよいという訳ではなく、不規則な変化もあります。例えば代名詞。

minä 私は minun 私の
sinä あなたは sinun あなたの
hän 彼/彼女は hänen 彼/彼女の
me 私たちは meidän 私たちの
te あなたたちは teidän あなたたちの
he 彼/彼女たちは heidän 彼/彼女たちの

 
このような代名詞の不規則変化は英語にもありますので、それほど違和感はありません。(I, my, me, mine など)

「メイダン」「テイダン」「ヘイダン」は何だか力強い感じがしますね。

そしてフィンランド語がおもしろいのは、こういった格変化が固有名詞にまで及ぶという点でしょう。

Tomoko(ともこ)
Tomokon(ともこの)

こんな風に、フィンランド語の格変化は固有名詞をも浸食してしまいます。またルールは詳述しませんが、ここでも語幹の変化が起こる可能性があります。

Pekka(ペッカ)
Pekan(ペッカの)
Hakkinen(ハッキネン)
Hakkisen(ハッキネンの)

Pekan を見て「ペカン」ではなく「ペッカの」をすぐに思い浮かべるのは、なかなか難しいですね。

しかしこういった語形変化は、なんだかかわいらしいというか、口にしているだけで楽しくなってしまいませんか。ペカン。


フィンランド語学習記 vol.37 − 会話の練習をすこしだけ

photo credit: moleitau via photopin cc

フィンランド語教室17週目のレポート。

今回の授業ではフィンランドに行ったつもりで、会話の練習を行いました。言いたいことを瞬間的に文の形に組み立てるのはなかなか難しいです。

疑問文だから[olet]を先頭に出して、語尾に[-ko]を付けて、、、などと頭の中でこねくり回してしまい、フレーズがすっと口をついて出てきません。

以下に今回の会話練習で出てきた表現を少しだけ紹介してみます。

Oletko työssä vai oletko opiskelija?(あなたは仕事をしていますか、それとも学生ですか)
*työ(仕事)、vai(それとも)、opiskelija(学生)

työssä は työ の内格で、直訳すると「あなたは仕事の中にいますか?」という言い方をしています。またここでは主語の「あなた」は省略されています。

Missä Te olette työssä?(あなたはどこで仕事をしていますか)
*missä(どこ)

Te は二人称複数(あなたたち)の代名詞ですが、相手が一人の時に敬称として使うこともできます。

[参考]フィンランド語学習記 vol.26 − 二人称複数代名詞はなぜ敬称になるのか? | Fragments

Minä puhun suomea vähän.(私は少しフィンランド語を話します)
*puhua(話す)、vähän(少し)

puhun は動詞 puhua の一人称単数形です。実際にフィンランドに行って、こんなことを口走ったらどんどんフィンランド語で話しかけられそうです。

たったこれだけのフレーズでも、すっと口をついて出るようになるためには、まだまだ練習しなければなりません。

とはいえ、もしフィンランドに行く機会があったら、Minä puhun suomea vähän. くらいのことは自信を持って言えるようになっておきたいものです。もちろん vähän は外せませんが。。


フィンランド語学習記 vol.36 −「時間の言い方」のスピード練習

以前のエントリーでフィンランド語の「時間の言い方」を紹介しました。

フィンランド語学習記 vol.34 − 時間の言い方 | Fragments

その後、iPhoneアプリの『uTalk』を使って練習をしているのですが、これがなかなか難しい。

例えば、こちらの練習モードでは、流れてくる音声とマッチする時計の文字盤を選択するのですが、タイムプレッシャーがかけられているので、あわてて間違った選択をしてしまいます。

つまり、音声で kaksikymmentäviisi yli seitsemän と言われたときに、頭の中にすぐに「7:25」が浮かばず、変換に時間がかかってしまうのですね。

このことからわかるのは、単語というのは意味を「覚えているか、覚えていないか」の二項対立ではなく、覚えていてもそれを取り出すスピードは習熟度によってまちまちということです。

そういう意味では、実際に会話で使えるようになるためには、単に意味を取り出せるだけではなく、すばやく取り出せることが必要です。

このようなアプリも、そのための一助にはなることでしょう。

 
uTalk Classic はじめてのフィンランド語 uTalk Classic はじめてのフィンランド語
価格: ¥850(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 旅行
App Storeで詳細を見る

 
[メモ]フィンランド語で15は viisitoista ですが、このアプリでは15分を表すのに varttia(辞書形:vartti)という単語を使っています。辞書を引くと「4分の1」とありますので、おそらく英語の quarter に当たる単語でしょうか。


cialis viagra online accutane