cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.15 − 格変化のある文を作ってみる

フィンランド語教室8週目のレポート。

今週からいよいよ本格的に格変化について学ぶことに。そこで今回のエントリーでは、フィンランド語の格変化とはどのようなものであるのか? をフィンランド語を知らない人にも理解してもらえるように説明してみたいと思います。

例えば「私は学校にいます」と言いたいとき。

英語では、I’m at school. というように、私と学校の関係は前置詞「at」で表します。それに対して、フィンランド語では at school に当たる部分を school の格変化(語形変化)による一語で表すという仕組みを持っています。

これだけならよいのですが、フィンランド語の場合、この格変化が約30種類もあるため、初学者が覚えるのはなかなか大変です。また、

  • 名詞と合わせて、その名詞を修飾する形容詞も格変化する。
  • 語形変化のもとになる「語幹」自体が、語のつづりなどによって様々に変化する。

などのルールもあります。

これだけではわかりにくいと思いますので、例えば「私は白い教会にいます」という文を作ってみましょう。必要な単語は下記のとおり。

minä(私)
olen(〜です)
valkoinen(白い)
kirkko(教会)

まずは単純に並べてみましょう。

Minä olen valkoinen kirkko.

このままだと「私は白い教会です」の意味になってしまうので、「教会」を「教会の中に」の形に変化させます。

フィンランド語の「〜の中に」の形は語尾に[-ssa]を付けて作るので、

kirkko + ssa = kirkkossa

としたいところですが、ここでまた別のルールが。

 

ルール① 語幹の最後の音節に[k, p, t]の文字が含まれるときは、語幹が変化する。

この場合の語幹(kirkko)の最後の音節には[k]が含まれていますので、kirkko を変化させなければなりません。この変化パターンは手元の一覧表によると15種類くらいあるみたいです。(もしかするともっとあるのかもしれませんが)

一覧表を探してみると[kk]は[k]に変化するというパターンを見つけることができます。よって、

kirkko ⇒ kirko
kirko + ssa = kirkossa

となります。しかしここで安心してはいけません。

 

ルール② 語幹に[a, o, u]が含まれているときは語尾が[-ssa]のままでよいが、含まれていないときはウムラウト付きの[-ssä]となる。

えーと、この場合は kirkko に[o]が含まれているので、ウムラウトなしの[-ssa]でよいということですね。

さてようやく kirkko の変化が終わったので、次に valkoinen を同様の形に変化させてみましょう。

同じように[-ssa]を付けて、

valkoinen + ssa = valkoinenssa

でよいのかな? 語幹の末尾に[k, p, t]もないし。。。と思いたいところですが、ここでさらに次のルールが登場。

 

ルール③ 語幹の末尾が[i, e]または「子音」で終わっているときは、語幹が変化する。

valkoinen の末尾は[n]ですので、子音で終わっていますね。そこでまたまた別の変化一覧表を参照いたします。

すると語幹が[-nen]で終わっている場合は[-se]に変化するというパターンが見つかり、

valkoinen ⇒ valkoise
valkoise + ssa = valkoisessa

となります。

これでようやく一文が完成し、

Minä olen valkoisessa kirkossa.(私は白い教会にいます。)

という文がめでたく出来上がりました。

たった一文なのに、なかなか大変な作業だと思われたでしょうか?

しかしまだ始めたばかりなのでうかつなことは言えませんが、慣れてくればそれほど難しいことではないのかも、という気もしています。そのあたりの理由はまた別のエントリーで書いてみたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.14 − ウムラウトの憂鬱

ある日のフィンランド語クラスで、先生がこんなことを話しておりました。

学生の一人がノートにフィンランド語の作文を書いているのを見ていると、何とウムラウトの点(ä, ö などの点)がまったく書かれていません。不思議に思って理由を聞いてみると、その学生さんは「点は書かないことにしてるんです」とさらっと一言。

当然、先生は[ä]と[a]はまったく違う音なのに!と怒っておりました。

それはひどい話だなあと思いつつ、一方ではこんなことも思ってしまったのです。

その学生さんの気持ちわかる。

というのは、たしかにウムラウトを書くのはめんどうなのです。特にディクテーションなど速記をしているときに Hyvää päivää. なんて出てくると、もう身悶えしたくなってしまいます。とりあえず点は後で書く!ごめん!という感じで。

大変なのはノートに書くときだけではなく、例えばこのブログ。Macで書いているのですが、ウムラウト文字は、

[option]+[u]+[a]=[ä]

[option]+[u]+[o]=[ö]

と入力しなければなりません。[ä]や[ö]一文字を入力するのにキーボードを3回も叩かなければならないのです。

そんなこともあり、なんだか非効率な文字だなあと思っていたのでした。

しかしある日突然気付いてしまったのです。実は日本語にもあるのですね。このウムラウトが。

先生 「きみ、このかっこうって何?」
生徒 「あ、それはがっこうですね。」
先生 「すると、このハスってのは。。。」
生徒 「それはバスです。」
先生 「何で(゛)を書かないの?」
生徒 「点は書かないことにしてるんです。」
先生 (怒)

という訳で日本語に置き換えて考えてみると、先生の気持ちがよくわかったのでした。

結論:ウムラウトはきちんと書きましょう。


フィンランド語学習記 vol.13 − 踊りましょう

先日のフィンランド語のクラスで、宮崎あおいさんの earth music&ecology のCMが話題になっていたので、遅ればせながら見てみました。

これはどこからどう見てもカウリスマキ風の作品ですね。もしかしてパロディなのでしょうか? そのあたりはよくわかりませんが、こういう世界観は好きです。(カウリスマキって誰?という方はこちらへ)

フィンランド人の先生曰く最後の tanssitaan の発音がわかりにくく、最初に見たときは意味がわからなかったそうです。まあそれはよい(?)として、この単語はどこかで聞いたことがあるなと思い調べていたら、先日読んだ「フィンランド語のしくみ」に出ていました。

動詞の語形変化の説明でこの語が使われています。

Minä tanssin.(私は踊ります)
Sinä tanssit.(あなたは踊ります)
Hän tanssii.(彼/彼女は踊ります)

主語の人称によって、動詞が語形変化します。実際には各人称の複数形もそれぞれ独自の形を持つので、全部で6種類に。

En tanssi.(私は踊りません)
Et tanssi.(あなたは踊りません)
Hän ei tanssi.(彼/彼女は踊りません)

否定動詞(en, et, ei)を使うと、動詞は語幹の(tanssi)になります。一人称主語の minä と二人称主語の sinä は省略してもよいとのこと。省略しても動詞の形で主語はわかります。

Tanssi!(踊りなさい)
Tanssitaan!(踊りましょう)

冒頭の tanssitaan も紹介されていました。「フィンランド語文法ハンドブック」で調べてみると、この形は「受動形」と言うようです。英語の受動形とはずいぶん違いますが、なぜ受動と呼ぶのでしょう?

そのあたりはよくわかりませんが、この「〜しよう」の形は日常会話でもよく使われるらしく、こんな表現ものっていました。

Syödään paljon!(たくさん食べましょう)
Opiskellaan!(勉強しましょう)
Tavataan!(また会いましょう)

それではまた。

 

フィンランド語のしくみ
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 42071

フィンランド語学習記 vol.12 − 街を歩けばフィンランド語?

フィンランド語教室7週目のレポート。

今回は基本文のディクテーションからスタート。

先生がすごいスピードで文章を読み上げて行きます。

「こんなスペルだったかな」なんて考えているヒマはないので、あやふやな知識でもどんどん書いていきます。

日本語からフィンランド語へ、フィンランド語から日本語へという翻訳練習はときどきやっているものの、ディクテーションは初めて。かなり間違ったかなとも思ったのですが、答え合わせをしてみると、思いのほかよく出来ていました。

フィンランド語は基本的にローマ字読みで、音と文字の組み合わせをイメージしやすい言語なので、なんとなくこうかなあと思って書いた単語でも当たることが多いです。

これが英語となると「オフン」が often になったり「イナフ」が enough になったりする訳ですから、フィンランド語は恵まれていますね。

 

ディクテーションが終わった後は、街中で見られるフィンランド語の話題に。

あまり意識したことはなかったのですが、ファッションブランドやお店の名前などに、けっこうフィンランド語が使われているのだとか。例えば、

ehkä söpö

女性向けのファッションブランド。「たぶんかわいい」の意味だとか。たぶんでいいのかな?

otan tämän

上の ehkä söpö と同じ系列のファッションブランド。「これにします」の意味だそうです。語感がおもしろいですね。オタンタマン。

minä perhonen

こちらもファッションブランド。minäは「私」、perhonenは「蝶」の意味。動詞はないので「私、蝶」って感じでしょうか。

これはほんの一例で他にもいろいろあるようです。

今度街を歩くときはもっと注意して見てみたいと思います。今の知識ではフィンランド語かどうか識別する力はないのですが、ウムラウトの有無や単語の雰囲気(?)で少しはわかりそうな気がするのです。たぶん。


フィンランド語の隣人「エストニア語」を少しだけ訪ねてみる

Kalle Id / CC-BY-SA-3.0

フィンランド語は、北ヨーロッパの言語の中で、ひとつだけ別系統に属する言語であると言われています。

例えばスウェーデン語とノルウェー語の母語話者はおたがいの言葉をある程度理解できるらしいのですが、フィンランド語に限っては、そういうことはないようです。

そのことや文法の複雑さもあいまって「悪魔の言語」などと呼ばれることもあるフィンランド語ですが、言語的に全く孤立しているという訳ではなく、もっとも近い言葉の一つにエストニア語があります。

エストニアの首都タリンは、ヘルシンキからフィンランド湾を挟んでわずか80km。フェリーで3時間ということで買い物で訪れるフィンランド人も多いのだとか。

実際、エストニア語とはどんな言語であるのか? 何だか気になったので、フィンランド語のとっかかりに使った iPhoneアプリ「Euro Talk」のエストニア語版を購入。単語をいくつか比較してみました。

 
uTalk Classic はじめてのエストニア語 uTalk Classic はじめてのエストニア語
価格: ¥850(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 旅行
App Storeで詳細を見る

 

12112901

全然似ていない。。。しかも[o]の上にくねくねが乗っている文字が初登場。スペイン語/ポルトガル語に見られる文字ですね。調べたところ鼻音を表すマークで「チルダ/ティルデ」と呼ぶのだそう。

フィンランド語と似ている単語はないのかなと調べていくとありました。

12112902

「緑」など似ていない単語もありますが、おおむね似ています。これなら初見でも相手の言葉を理解できそうですね。そして数の単語はさらに似ています。

12112903

それにしても、このように言葉が似ている隣人がいるというのは楽しいことではないでしょうか。日本語は言語系統としてほとんど孤立語であるため、お互いが自分の言葉を話してわかりあえるような関係の隣人は残念ながらいません。

しかし書き言葉に限っては漢字の使用という点で中国語は隣人と言えるかもしれません。数年前、韓国に行ったときは看板など街中の文字がまったく理解できず心細い思いをしましたが、その後、台湾に行ったときは少しは文字が理解できるので安心感がありました。

目に入ってくる文字が少しもわからないというのは、それだけでかなりストレスになるものです。

そんな訳で言葉の隣人がいるということは心強いことだというお話でした。


フィンランド語学習記 vol.11 − Yes/Noがない?

フィンランド語教室6週目のレポート。

今回のおもしろい発見は、フィンランド語にはいわゆる「Yes/No」に相当する単語がないということ。

どういうことか説明するために、まずは文の基本形を確認しましょう。

[平叙文]Hän on Liisa.(彼女はリーサです)
[否定文]Hän ei ole Liisa.(彼女はリーサではありません)
[疑問文]Onko hän Liisa?(彼女はリーサですか?)

フィンランド語の否定文は動詞(on)の前に否定動詞(ei)を置いて作ります。*on は語幹の ole という形に変化。

一方、疑問文は動詞(on)を文頭に出して、疑問の接辞[-ko]をくっつけます。このあたりのルールは、英語のbe動詞の文に近いものがありますね。

そして疑問文への答えは下記のとおり。

On, hän on Liisa.(はい、彼女はリーサです)
Ei, hän ei ole Liisa.(いいえ、彼女はリーサではありません)

この場合、動詞の on と否定動詞の ei が、それぞれ「はい」「いいえ」の役割をすることになります。

しかしこの on や ei は主語によって語形変化をしますし、on(原形=olla)以外の動詞を使った文であれば、その動詞が「はい」の意味になります。

すなわち、英語の「Yes/No」や日本語の「はい/いいえ」に一対一の対応をする単語は、フィンランド語には存在しないようなのです。

なるほど、こんな言語のしくみもあるのか、といたく感心。とはいえフィンランド語の入門書の中には、

Kyllä(はい)
Ei(いいえ)

と書いてあるものも少なくありません。しかし kyllä という語はどちらかというと英語の I agree のような意味で、あなたの言うことに賛成しますというニュアンスが強いそうです。

もっとも入門書で「はい/いいえ」を説明しようとして、いちいち上のような説明をする訳にもいかないでしょうから、わかった上での妥協案なのでしょう。

新しい言葉を学んでいると日々発見があります。


cialis viagra online accutane