cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.77 − カードゲームをやったら思いのほか単語を知らないことに気付いたはなし

フィンランド語教室31週目のレポート。

今回は授業の前に Alias というカードゲームを使って、単語の練習をすることに。

カードが入っている箱の表面には sanaselityspeli と書いてあります。これは複合語なので、分解してみると、

sana(単語)
selitys(説明)
peli(ゲーム)

となりました。さて単語説明ゲームとは?

箱を開けてみると、それぞれのカードにフィンランド語の単語がいくつか書いてあります。

このカードを各プレーヤーに配付。プレーヤーはカードに書かれている単語の中から、一つを選びます。例えば「リンゴ」としましょう。

そのプレーヤーは「それは果物です」とか「それは赤いです」などと選んだ単語に関するヒントを出して、周りの人はそれが何かを当てていきます。

(ホントはもっと複雑なルールがあるらしいのですが、そこまで本格的にやる力がないので簡略にしました。)

それだけ?と思われるかもしれませんが、これをフィンランド語でやるとなかなか大変。

例えば、kissa(猫)を説明しようとします。

えーと「それは動物です」と言いたいけど。。。「動物」という単語がわからない!

続いて、tyttö(女の子)を説明しようとします。

うーん「それは人です」と言いたいけど。。。「人」という単語がわからない!

という具合に、思いのほか一般的な単語を知らないということに気付いたのでした。

特に様々なカテゴリー(総称)を表す単語が抜け落ちているので、ここにまとめておきたいと思います。

eläin 動物
ihminen
numero 数字
puku
rakennus 建物
ruoka 食べ物
väri

 
「服」は puku なんですね。これは大変覚えやすいです。

考えてみると単語力強化月間と位置付けた6月も今日で終り。この調子だと7月も引き続き単語力強化に取り組むことになりそうです。


フィンランド語学習記 vol.76 − 動詞の活用と語幹の変化(タイプ1)

photo credit: kevin dooley via photopin cc

いよいよ動詞を本格的に覚えていくことに。

手元の文法書によると、フィンランド語の動詞は活用のパターンによって、6種類に分けられるとのこと。

今回はその中のタイプ1の動詞を見ていきたいと思います。このタイプは語末が[母音]+[a/ä]で終わっているもの。例えば、

  • puhua(話す)
  • nukkua(寝る)

教室では、このタイプを VA動詞と呼んでいました。

VA の V というのは vowel(母音)の V でしょうか。いや vowel は英語なので、フィンランド語を調べてみると vokaali(母音)でした。

フィンランド語の動詞の約80%はこのタイプなのだそうです。だとすれば、6種類の動詞があるとはいっても、まずこのタイプをしっかりマスターするのが効率的かと。

以下に活用形の求め方を見ていきましょう。

 

puhua(話す)

フィンランド語の動詞の活用形を求める際は、まず語末の[-a/-ä]を外します。

puhua ⇒ puhu

下拵えができたら、下記の活用語尾を付け足します。

[一人称単数]+n
[二人称単数]+t
[三人称単数]語幹の最後の母音を重ねる
[一人称複数]+mme
[二人称複数]+tte
[三人称複数]+vat

すると、こんな感じに。

[一人称単数]puhun
[二人称単数]puhut
[三人称単数]puhuu
[一人称複数]puhumme
[二人称複数]puhutte
[三人称複数]puhuvat

なおフィンランド語の動詞の活用をまとめるときには、次のような2×3のマスに整理するとわかりやすいとのこと。

一人称単数 一人称複数
二人称単数 二人称複数
三人称単数 三人称複数

 
先ほど作った活用形をこのマスに当てはめると、次のようになりました。

puhun puhumme
puhut puhutte
puhuu puhuvat

 
この活用形を使って、例えば次のような文を作ることができます。

Minä puhun suomea vähän.(私は少しフィンランド語を話します。)

これだけならあまり難しいことはないのですが、そう簡単にはいかないのがフィンランド語の世界。次の例を見てみましょう。

 

nukkua(寝る)

まずは語末の[-a/-ä]を外しましょう。

nukkua ⇒ nukku

そして下記の語尾を付け足します。

[一人称単数]+n
[二人称単数]+t
[三人称単数]語幹の最後の母音を重ねる
[一人称複数]+mme
[二人称複数]+tte
[三人称複数]+vat/vät

作った活用形を先ほどの2×3のマスに整理してみましょう。

nukun nukumme
nukut nukutte
nukkuu nukkuvat

 
出来上がり!と思いきや、ちょっとおかしなところがありますね。

はい。上の4マスでは nukku の k が一つ消えているのに対して、下の2マスでは kk がそのままです。

これはどこかで見たことがある。。。と振り返ってみると、フィンランド語の語形変化のルールの一つに kpt 交替というものがありました。

ある名詞や動詞の語幹を求めるとき、単語の最後の音節に[k, p, t]が含まれていると、こんな風に語幹が変化します。

kk k nukkua nuku 寝る
pp p loppua lopu 終わる
tt t kirjoittaa kirjoita 書く

 
これ以外の kpt 交替の一覧については、こちらのエントリーをご覧ください。

[参考]フィンランド語学習記 vol.75 − kpt/子音階程交替 | Fragments

動詞の活用形を作る際は、この kpt 交替のルールをきちんと押さえていなければなりません。

また kpt 交替のルールを適用する場合でも、上記のように三人称だけは適用外となります。

なぜ三人称だけは適用外なのか??

残念ながらその理由はわかりません。。。しかし理由を考えるより、その時間で動詞を一つでも覚えた方がよさそうです。頑張りましょう!


フィンランド語学習記 vol.75 − kpt/子音階程交替

photo credit: dotsi via photopin cc

フィンランド語教室では、とうとう動詞の本格的な勉強が始まりました。

その前に動詞の人称変化に欠かせない kpt 交替のルールをまとめておきましょう。

 

kpt 交替とは?

kpt 交替(子音階程交替)とは、フィンランド語の格変化や人称変化に伴う、語幹の子音変化のこと。

百聞は一見に如かずということで、実際の例を見てみましょう。

1)Tämä on kirkko.(これは教会です。)
2)Minä olen kirkossa.(私は教会にいます。)

教会はフィンランド語で kirkko と言います。

1の文では、そのままの形で使われていますね。

一方、2の文では「〜の中に」という意味を表す格語尾[-ssa]が末尾に付いて、kirkossa という形になっています。

[単数主格]kirkko(教会は)
[単数内格]kirkossa(教会の中に)

今回のポイントは、それぞれの語幹部分。よくよく見ると、kirkko → kirko と[k]が一つ落ちているのがわかります。

これにより、発音も「キルッコ → キルコ」と促音のない音になります。

フィンランド語の場合、このような変化が子音の[k, p, t]について起こるため、このルールを kpt 交替または子音階程交替と呼んでいます。

いかがでしょう?

すでにブラウザのタブの×を押されてしまっているかもしれませんが、めげずに kpt 交替のパターン一覧を見ていきたいと思います。

 

kpt 交替のパターン一覧

① 単語の最後の音節に[kk, pp, tt]がある場合

[kk, pp, tt]は、縮まって[k, p, t]になります。

kk k kirkko kirko 教会
pp p kauppa kaupa
tt t matto mato マット

 
これはまあわかりやすいですね。

 

② 単語の最後の音節に[k, p, t]がある場合

単独の[k]は音が消えてしまいます。また[p, t]は、それぞれ[v, d]になります。

k × Turku Turu トゥルク
p v kylpy kylvy 浴槽
t d katu kadu 通り

 
[p, t]→[v, d]の変化は音が濁る感じです。正確ではないものの、カタカナで書いてみると感覚をつかみやすいかもしれません。

[プ → ブ][トゥ → ドゥ]・・・こんな感じです。

 

③ その他いろいろ

[k, p, t]の前後に特定の文字が来ると、前述の②とは異なる特別な変化をすることがあります。これはもう、わっせわっせと覚えてしまいましょう。

nk ng kaupunki kaupungi 都市
uku uvu luku luvu
yky yvy kyky kyvy 能力
lke lje kulkea kulje 歩く
rke rje rkeä rje 壊す
hke hje ? ?
mp mm kampa kamma くし
nt nn Islanti Islanni アイスランド
lt ll ilta illa 夕方、晩
rt rr kertoa kerro 説明する

 

④ 変化しないケース

[k, p, t]の前後に特定の文字が来ると、変化を伴わないというケースもあります。こちらも、わっせわっせと覚えてしまいましょう!

[k, p, t]の前後に[s]があるときは、変化なし。

ts ts metsä metsä

 
[tk]の組み合わせは、変化なし。

tk tk matka matka

 

まとめ

なかなか複雑なルールではありますが、幸いにしてパターンが限定されているので、時間をかければ何とか覚えられるでしょう。

これをマスターしておかないと、次の課題である動詞の人称変化に進むことができません。

コツコツ取り組んでいきましょう。

[おまけ]英語の文法書を見ていたら、この文法項目は Consonant Gradation と名付けられていました。なかなかイメージのつかみやすい名前だと思います。

フィンランド語学習記 vol.74 − 関係代名詞(joka)

photo credit: [ changó ] via photopin cc

フィンランド語教室30週目のレポート。

今回は関係代名詞 joka の使い方を習いました。

関係代名詞というのは、日本語にはない概念です。

しかしほとんどの人は、関係代名詞と聞くと、中学英語で習った関係代名詞のことを懐かしく(?)思い出すことになるのではないでしょうか。

そんな関係代名詞(joka)の使い方を以下にまとめてみたいと思います。

 

関係代名詞 joka の使い方

まずは関係代名詞 joka を使った実際の文章を見てみましょう。

Minulla on ystävä, joka asuu Suomessa.(私には、フィンランドに住んでいる友達がいます。)

これだけではわかりにくいので、左から一語ずつ順番に日本語との対応に注意しながら読んでみましょう。

Minulla on ystävä , joka asuu Suomessa .
私には います 友達が その友達は 住んでいます フィンランドに

 
何となく、文の流れがつかめたでしょうか?

次にもう一度、前半と後半に分けて見てみます。

[前半]Minulla on ystävä

「私には友達がいます」と友達を紹介しています。

[後半], joka asuu Suomessa.

どんな友達なのかと言うと、「その友達はフィンランドに住んでいるんです」と友達の説明をしています

こんな風に、先行する人やものを詳しく説明するのが、関係代名詞の働きであると言えるでしょう。

 

やはり格変化が待っている

次にこちらの文をご覧ください。

Minulla on kissa, jonka nimi on Mirri.(私は、ミッリという名前の猫を飼っています。)

さきほどの joka が、ここでは jonka という形になっています。ここでも左から一語ずつ順番に読んでみましょう。

Minulla on kissa , jonka nimi on Mirri .
私には います 猫が その猫の 名前は です ミッリ

 
関係代名詞 joka は、フィンランド語の他の代名詞と同じく格変化をします。

最初の文では「その友達」と「〜は」の働きをしていたので主格(joka)、次の文では「その猫」と「〜の」の働きをしているので属格(jonka)の形になっています。

joka の格変化はご覧のとおり。

単数 複数
主格 〜は joka jotka
属格 〜の jonka joiden
joitten
分格 〜を jota joita
内格 〜の中に jossa joissa
出格 〜の中から josta joista
入格 〜の中へ johon joihin
接格 〜の表面で jolla joilla
奪格 〜の表面から jolta joilta
向格 〜の表面へ jolle joille
様格 〜として jona joina
変格 〜に(なる) joksi joiksi

[参考]フィンランド語文法ハンドブック

相変わらず盛りだくさんです。とはいえ、それぞれの格語尾の形はおおむね基本ルールを踏襲しているので、覚えるのはそれほど大変ではありません。

 

英語との違いは?

さきほど紹介した joka/jonka の関係は、英語の who/whose の関係と同じと言えます。

ここでは英語との違いをまとめてみました。

英語 フィンランド語
格変化 主格/所有格/目的格の3種類のみ たくさん!
先行詞との関係 先行詞が人なら who
もの・動物なら which
などの使い分けあり
使い分けなし
コンマ 制限用法=コンマなし
非制限用法ーコンマあり
常にコンマあり

*制限用法と非制限用法の違いについては、また別の機会に。

英語の方が簡単な点とフィンランド語の方が簡単な点があるようです。この勝負は引き分けといったところでしょう。

 

まとめ

今回は関係代名詞 joka の用法をまとめてみました。理解するだけなら、それほど難しい文法項目ではなさそうです。

あとは使いこなせるように練習あるのみ。頑張りましょう。


フィンランド語学習記 vol.73 − papukaija と tuuli

photo credit: sachman75 via photopin cc

フィンランド語教室29週目のレポート。

授業前に、先生からサルミアッキのキャンディをいただきました。

噂には聞いていましたが、一口食べてみると確かに独特の味。始めは塩辛く、なめていると何とも言えない風味が口の中に広がっていきます。

好んで食べるほどではないものの、食べられないということもなく、結局2粒もいただきました。

さて授業では所有文を含んだ文章の復習を行いました。

ここでまたしても[u]の発音で苦戦することに。

[参考]フィンランド語学習記 vol.40 − suuとsyy | Fragments

先生曰く、papukaija(オウム)という単語を発音するとき、日本人は[u]の音が短くなりがちだと言うのです。

これはなかなか奥深い問題を孕んでいます。

例えば、papukaija という単語を「パプカイヤ」とカタカナ表記に直して日本語風に読んでみましょう。

それでも、プの母音は弱くなったり、消えてしまったりしませんか。これはなぜなのでしょう?

それに加えて[u]の発音自体が、日本人には難しいという面もあります。

日本語の「ウ」という母音はかなり特殊な音なので、他言語の発音にそのまま応用できないという理由もあるようです。

なお、今回はこのような単語を使って発音を練習しました。

tuuli(風)
tyyli(型)

下の tyyli は「テューリ」という感じに発音すれば、原音からそれほど離れていないようです。

しかし上の tuuli は「トゥーリ」ではどうも違う感じ。

発音のポイントは2点。

  • 唇を丸めて発音する
  • 「オ」と同じくらい口の奥から発音する

もしかするとカタカナで書いた場合、「トゥーリ」より「トォーリ」に近い音なのかもしれません。

上手く発音できるクラスメイトもいるのですが、自分はあまり上手くいかないまま授業は終了。

このままでは何だか心残りなので、練習して、次回こそは先生の認定(?)を得たいと思います。


フィンランド語学習記 vol.72 − Learn Opposites

6月は単語力強化月間ということで、単語の暗記に力を入れています。

まずはこれまでに習った単語の整理と総復習に着手。

単語を覚えるときのコツとして、対義語をセットで覚えるというものがあります。

対にできるものはどんどん対にしてしまいましょう。

hyvä(よい) huono(悪い)
iso(大きい) pieni(小さい)
kallis(高い) halpa(安い)
kuuma(暑い) kylmä(寒い)
oikea(正しい) väärä(間違った)
vanha(古い) uusi(新しい)

 
このように単語を対にしてみると、曖昧だった記憶も整理され、それぞれの単語が収まるべきところに収まる感じがします。

これは単なる記憶法であり、文法の勉強をしている訳ではないので、対義語であろうとなかろうと、対にできるものはどんどん対にしてしまうという方法もあるでしょう。

kissa(猫) koira(犬)
musta(黒い) valkoinen(白い)
pöytä(テーブル) tuoli(イス)
suomalainen(フィンランドの) japanilainen(日本の)
tyttö(女の子) poika(男の子)
Kiitos.(ありがとう) Ei kestä.(どういたしまして)

 
「フィンランド語で猫は kissa と言います」と聞けば、「では犬は?」と聞きたくなるのが人情というもの。

このようにペアやグループをつくることで、脳内の語彙マップに秩序を保ちつつ、それを拡大していくことができます

単語帳や単語カードを作るときには、ぜひお試しください。


cialis viagra online accutane