cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.59 − ふたたび属格と日本語の「の」の話

以前、このブログでフィンランド語の属格と日本語の格助詞「の」についてのエントリーを書きました。

ポイントになる部分だけ、抜き出してみます。

属格とはフィンランド語の格変化の一つで、日本語の格助詞「の」に当たります。説明を聞くより、用例を見る方が易しと思いますので、まずは下記をご覧ください。

kissa(猫)
kissan nimi(猫の名前)

単語の末尾に[-n]を付けると「〜の」の意味になります。[n]と「の」は音が似ているので、感覚的に覚えやすいですね。

フィンランド語学習記 vol.38 − 属格のつくり方

 

・・・明らかになったのは日本語の格助詞「の」とフィンランド語の属格[-n]は決してイコールではないということ。

もちろん重なり合っている部分もあるのでしょうが、重ならない部分もあるということです。

フィンランド語学習記 vol.52 − 属格について考えているうちに日本語の「の」がすっかりわからなくなってしまった話

文法書では、フィンランド語の属格は日本語の「の」に当たるものとして導入することが多いものの、実際にはかなり異なる部分もあるという話です。

もちろん初学者向けの文法書でそんな細かいことを説明しても仕方ないので、枝葉ではなく幹の部分を説明しているということなのでしょう。

その後、またつらつらと考えていると、日本語の「の」というのは、ずいぶん幅広い役割をする助詞だなあということに思い当たりました。

先日読んだ『たのしい日本語学入門』によると、例えば「◯◯の本」という言い方は3通りの解釈ができるようです。

ここでは、

  • 私の本
  • 村上春樹の本
  • 坂本龍馬の本

の解釈を考えてみましょう。

 

1)私の本

これはフィンランド語の属格と同じく、本の所有者を表していると考えるのが普通でしょう。

(例)これは私の本です。

英語で言えば、my book となります。

 

2)村上春樹の本

これは村上春樹さんと知り合いではない私たちが使う場合は、村上春樹さんが書いた本という意味で使うことがほとんどでしょう。

(例)きのう村上春樹の本を読みました。

英語で言えば、a book (written) by Haruki Murakami ですね。

 

3)坂本龍馬の本

これは坂本龍馬が著書を残したという歴史的事実を知らない私たちが使う場合は、坂本龍馬について書かれた本という意味を想定するのではないでしょうか。

(例)今日は坂本龍馬の本を読みます。

英語で言えば、a book of/about Ryoma Sakamoto となります。

 

もちろん実際には、1〜3の意味を入れ替えて使うことも可能です。

しかし文脈と「の」の前に来る人名によって、意味を想起する優先順位が変わってしまうのは確かでしょう。

また日本語の「の」には、この他にもこれだけの用法があります。

フィンランド語の属格は、日本語の「の」よりは狭い用法しかないのだと思いますが、どこからどこまでが重なっているのかは現時点ではよくわかりません。

それにしても外国語を学んでいると、副産物として母語について考える機会がずいぶん多くなります。

 


フィンランド語学習記 vol.58 − 値段はいくら?

フィンランド語教室24週目のレポート。

ゴールデンウイーク休みを挟んだため、2週間ぶりの教室です。

今回は以前学習した「分格」を使って、値段の言い方を練習しました。

「分格」については、こちらのエントリーで紹介しています。

[参考]フィンランド語学習記 vol.55 − 分格のつくり方 | Fragments

細かい内容はさておき、今回は2以上の数詞の後ろに置く名詞は分格の形になるという一点のみ、押さえておきましょう。

[主格]kissa(猫)
[分格]2 kissaa(2匹の猫)

2匹の猫と言う場合には、kissa に[-a]が付いて kissaa となります。

この分格の形は、買い物などで値段のやり取りをする際に必要になります。例えば、こんな会話。

Kuinka paljon tämä maksaa?(これはいくらですか)
Se maksaa 30 euroa.(30ユーロです)
*kuinka(どのくらい)、paljon(多く)、tämä(これは)、maksaa(支払う)、se(それは)

フィンランドの通貨単位はユーロ(euro)です。ここでは数詞の30に続いているため、euroa という分格の形になっています。

もう少し別の例文も見てみましょう。今度は数字を文字で書いてみます

Tämä pieni sanakirja maksaa kuusikymmentäviisi euroa.(この小さい辞書は65ユーロです)
Tuo iso sanakirja maksaa satakaksikymmentäviisi euroa.(あの大きい辞書は125ユーロです)
*pieni(小さい)、sanakirja(辞書)、tuo(あの)、iso(大きい)

値段のやり取りをする際には、このような数字の読み方が非常に重要になってきます。

例えば、フィンランドへ旅行へ行って、買い物の際に何かの値段を尋ねたと想像してみてください。

そこで「それは satakaksikymmentäviisi ユーロです」と言われたとき、頭の中にすぐ125が浮かばないと買うかどうかの判断をすることができません。

そのため、教科書にはこんな練習問題ものっています。

  1. Yhdeksän kertaa yhdeksän on __________.
  2. Viisikymmentäneljä miinus neljäkymmentäkaksi on __________.
  3. Yhdeksäntoista plus kuusitoista on __________.

これは計算問題になっていて、数字で書くと、

  1. 9×9=
  2. 54-42=
  3. 19+16=

となります。

こう書いてしまえば簡単なのですが、文字で書いてあるとどうしても読み解く時間がかかってしまいます。自在に変換できるようになるには、練習あるのみ!ですね。


あっさりスープを頼んでみれば

突然ですが、下記のフィンランド語の共通点は何でしょう?

kissa(ねこ)
kukka(花)
mekko(ドレス)
missä(どこ)
sitten(それでは)
takki(ジャケット)

それは同じ子音の重なりがあること。kissa の場合で言うと[-ss-]の部分ですね。

これは日本語の促音(「っ」「ッ」)と同種の音で、kissa は「キッサ」と発音します。

他の単語もカタカナ表記をすれば「クッカ」「メッコ」「ミッサ」「スィッテン」「タッキ」となります。

これらは促音のある日本語を母語とする日本人にとっては特に難しい発音ではありませんが、ヨーロッパ系言語を母語とする人にとっては一筋縄ではいかない発音のようです。

というのも英語やフランス語やドイツ語には基本的にこの促音に当たる音がありません。

しかしながら、日本語で「あさり」と「あっさり」では意味が変わってしまうように、フィンランド語でも kuka(誰)と kukka(花)では意味が変わってしまいます。

以前「フィンランド語が簡単だと思える4つの理由」というエントリーを書いたのですが、この促音の共通性も5つ目の理由として付け足すことができるかもしれません。

[参考]フィンランド語が簡単だと思える4つの理由 | Fragments

なおヨーロッパの言語では、イタリア語に促音に近い音があり、motto(モットー)、paparazzi(パパラッチ)などは日本でも馴染みのある単語ですね。


フィンランド語学習記 vol.57 − 人称変化と肯定/否定文

photo credit: Visit Finland via photopin cc

フィンランド語教室23週目のレポート後編です。

この日は新出の動詞を使って人称変化と肯定文/否定文の作り方を再確認しました。

まずは文を作るのに必要な人称代名詞をおさらいしましょう。

minä(私は)
sinä(あなたは)
hän(彼は/彼女は)
me(私たちは)
te(あなたたちは)
he(彼らは/彼女らは)

次にこれらの人称代名詞を使って、opiskella(勉強する)という動詞を人称変化させてみます。

[肯定形]

単数 複数
一人称 minä opiskelen me opiskelemme
二人称 sinä opiskelet te opiskelette
三人称 hän opiskelee he opiskelevat

 
[否定形]

単数 複数
一人称 minä en opiskele me emme opiskele
二人称 sinä et opiskele te ette opiskele
三人称 hän ei opiskele he eivät opiskele

 
続いて肯定文と否定文を、人称代名詞ごとのペアで見てみましょう。

Minä opiskelen suomea.(私はフィンランド語を勉強しています)
Minä en opiskele suomea.(私はフィンランド語を勉強していません)
Sinä opiskelet suomea.(あなたはフィンランド語を勉強しています)
Sinä et opiskele suomea.(あなたはフィンランド語を勉強していません)
Hän opiskelee suomea.(彼はフィンランド語を勉強しています)
Hän ei opiskele suomea.(彼はフィンランド語を勉強していません)
Me opiskelemme suomea.(私たちはフィンランド語を勉強しています)
Me emme opiskele suomea.(私たちはフィンランド語を勉強していません)
Te opiskelette suomea.(あなたたちはフィンランド語を勉強しています)
Te ette opiskele suomea.(あなたたちはフィンランド語を勉強していません)
He opiskelevat suomea.(彼らはフィンランド語を勉強しています)
He eivät opiskele suomea.(彼らはフィンランド語を勉強していません)

こうして並べてみると、それぞれの形が美しい法則に貫かれていることが見てとれます。ついつい見とれてしまいますね。

なお、フィンランド語の一人称(minä, me)、二人称(sinä, te)はしばしば省略されるとのこと。

主語が省略されても、動詞の形で主語がわかるから大丈夫ということらしいのですが、同じく主語がしばしば省略される日本語の動詞にはこのような人称変化はありません。

だとすると、日本語ではどのようにして主語(主体)を判断しているのでしょう?

母語ほど難しいものはないですね。


フィンランド語学習記 vol.56 − むむっと2〜3秒

フィンランド語教室23週目のレポート前編です。

この日はまず3月頃に習った内容の復習を行いました。

先生が既習の表現や文法事項を含んだ文をどんどん話していきます。

しかし、何を言っているか聞き取ることはできるものの、意味を理解するのにワンテンポ余分な時間がかかってしまいます。

Kenen tuo iso suomi-japani sanakirja on?

むむっ(2〜3秒)

あの大きなフィン・日辞書は誰のですか?

こちらが「むむっ」となっている間に次の文に移っていることもあるので、この時間を短縮したいのですが、なかなか一筋縄ではいきません。

Se on ehkä Pekan.

むむっ(2〜3秒)

それはたぶんペッカのです。

おそらくインプットが足りないのだろうな、ということは想像できるものの、ラジオを聞き流すほどの力はありませんので、教科書の音源CDを使ってシャドーイングの練習を取り入れてみようかと考えています。

シャドーイングというのは、音声を聞きながら、それに遅れないよう繰り返して発声するという、もともとは同時通訳者の基礎訓練に使われていた方法です。

いちいち「むむっ」となっていては同時通訳などできるはずもないので、スピードアップのためのよい練習になるかもしれません。

ものは試しです。


フィンランド語学習記 vol.55 − 分格のつくり方

フィンランド語教室22週目は、仕事の都合でお休みしてしまいました。

この週に扱った内容は「分格」のつくり方。

これがなかなか難しく、参考書を読みながら独学で理解するのにかなり苦労しました。

頭を整理するため、以下に理解した内容をまとめてみたいと思います。

 

1)分格とは?

フィンランド語の「分格」とは、おもに日本語の「〜を」に当たる語形変化の形です。例えば、こんなイメージ。

[主格]kukka(花は)
[分格]kukkaa(花を)

これだけだと英語の代名詞の目的格に似ていますが、フィンランド語の分格にはより幅広い用法があり、様々な表現で使われます。

すべてを見ていくことはできないので、まずは骨子となる部分を理解したいと思います。

また分格には、単数と複数の形がありますが、今回は単数に絞って見ていきます。

 

2)数詞+分格

2以上の数詞の後ろに置く名詞は分格の形になります。

yksi talo(1軒の家)
kaksi taloa(2軒の家)
*yksi(1)、kaksi(2)

「なぜ2以上だと分格になるのか?」は気になるところですが、はっきりとした答えは見つかりませんでした。ここで考えていても仕方ないので、次にすすみます。

 

3)分格のつくり方

単数主格(辞書形)の形によって、分格のつくり方は変わります。以下に見ていきましょう。

 

3ー1)一つの母音で終わる語

語尾に[-a/-ä]を付けます。このパターンが一番多いようなので、これを基本形として覚えておくようにします。

talo ⇒ taloa
päivä ⇒ päivää

*もとの単語に[a, u, o]が含まれていれば[-a]、含まれていなければ[-ä]を付けます。

 

3ー2)二つの母音で終わる語(長母音、二重母音)

語尾に[-ta/-tä]を付けます。

radio ⇒ radiota
puu ⇒ puuta
tie ⇒ tie

*もとの単語に[a, u, o]が含まれていれば[-ta]、含まれていなければ[-tä]を付けます。

 

3ー3)[i]で終わる語

おもに、語尾の[i]を落として[-ta/-tä]を付ける語と[i]を[e]に変えて[-a/-ä]を付ける語があります。

kieli ⇒ kiel
suomi ⇒ suomea

この違いについては、まずは下の表をご覧ください。

kieli ⇒[子音語幹]kiel ⇒ kiel
kieli ⇒[母音語幹]kiele ⇒ ×
suomi ⇒[子音語幹]×
suomi ⇒[母音語幹]suome ⇒ suomea

 

子音で終わる子音語幹を持つ語は、子音語幹に[-ta/-tä]を付けます。

子音語幹を持たず、母音語幹が一つの母音で終わる語は、母音語幹に[-a/-ä]を付けます。(これは3ー1のルールと同じ)

<子音語幹/母音語幹とは?>
ある単語の語幹をもとめるとき、母音で終わる母音語幹と子音で終わる子音語幹の2種類があります。上の例で言うと、kieli は子音語幹と母音語幹の両方を持っているのに対して、suomi は母音語幹しか持っていません。

ただし!

語尾が[-si]で終わる語は[-si]を[-te]に変えて、[e]を落として[-ta/-tä]を付けます。

vesi ⇒ vet

 

3ー4)子音で終わる語

子音で終わる語は、だいたい語尾に[-ta/-tä]を付けます。

mies ⇒ mies

ただし!

語尾が[-nen]で終わる語は[-nen]を[-s]に変えて[-ta/-tä]を付けます。

nainen ⇒ naista

この他にも例外はあるようですが、枝葉に入りすぎるため、今回は省略いたします。

 

3ー5)[e]で終わる語(母音語幹が[ee]で終わる語)

語尾に[-tta/-ttä]を付けます。

kappale ⇒ kappaletta
pääte ⇒ päätettä

ただし!

tee のようにもともと二つの母音の語は「3ー2」のルールが適用され、語尾に[-ta/-tä]を付けて teetä となります。

 

4)まとめ

ここまでのポイントをまとめると以下のようになります。

  • 分格は、日本語の「〜を」に当たる語形変化の形である。
  • 2以上の数詞の後ろに置く名詞は分格の形になる。
  • 分格をつくる際には、語尾に[-a/-ä]を付ける語、[-ta/-tä]を付ける語、[-tta/-ttä]を付ける語の3種類があり、その中では[-a/-ä]を付ける語の数がもっとも多い。

ここまで覚えるのもなかなか大変ですが、この先はさらに日本語の「〜を」に当たる格には「分格」のほかに「対格」という形もあります、という話につながってまいります。

to be continued…

[本稿の参考文献]
Suomea Suomeksi(SKS)
フィンランド語文法ハンドブック(白水社)
クラスメイトのノート

 

フィンランド語文法ハンドブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 56,514

cialis viagra online accutane