cialis viagra online accutane

ヘイフラワーとキルトシュー(Heinähattu ja Vilttitossu)

13123101

DVDで『ヘイフラワーとキルトシュー』というフィンランド映画を見ました。

Hayflower and Quiltshoe – Trailer from NonStop Sales on Vimeo.

ヘイフラワーとキルトシュー(Hayflower and Quiltshoe)というのは、主人公の姉妹の名前。

ただしこれは英語タイトルをそのままカタカナにしたもので、もとのフィンランド語タイトルは Heinähattu ja Vilttitossu となっています。

7歳のしっかりもののお姉さん Heinähattu の heinä は「干し草」、hattu は「帽子」の意味。

干し草の帽子というのは「麦わら帽子」のこと。

5歳のおてんばな妹 Vilttitossu の viltti は「毛布」、tossu は「スリッパ」の意味。

毛布のスリッパ? これはそのような生地のスリッパということでしょうか。

映画の中で、ヘイフラワーは麦わら帽子をかぶり、キルトシューはスリッパを履いているので、二人が身に付けているものがそのままそれぞれの名前になっているんですね。

この映画は、ジャガイモの研究をしているお父さん(isä)、家事が苦手なお母さん(äiti)、そしてヘイフラワーとキルトシューの4人家族の物語。

しっかりもののヘイフラワーは、家事が苦手なお母さんの手伝いをしたり、おてんばなキルトシューの面倒をみたり、一家の大黒柱(?)として頑張りますが、ある事件をきっかけにすっかり口を利かなくなってしまい。。。

ストーリーらしいストーリーがある訳ではなく、ちょっと風変わりな家族の日常が淡々と描かれていきます。

でもそんな日常の一コマ一コマがとてもいとおしく思える素敵な映画です。

また主人公やお隣さんの家のインテリアデザインがとてもカラフルで楽しいので、そのあたりに注目して見るのもよいでしょう。

家族のキャラクターや舞台設定などは、何となく『となりのトトロ』を連想させるところもあり。トトロが好きな人なら、きっと楽しめると思います。

2002年製作の映画ということですので、今ではこの姉妹もすっかり大人になっているんでしょうね。

フィンランド(フィンランド語)に興味がある人、デザインに興味がある人、とにかくかわいい映画が見たい人にはオススメの一本です。
 

ヘイフラワーとキルトシュー [DVD]
アット・エンタテインメント (2006-07-07)
売り上げランキング: 32,323

フィンランド語学習記 vol.133 − 北欧の国旗

13123001

Suomen lippu on sininen ja valkoinen.(フィンランドの国旗は青と白です。)
*lippu(旗)、sininen(青い)、valkoinen(白い)
フィンランドの国旗は白地に青十字。十字の中心はやや左に寄っています。

青は湖(järvi)、白は雪(lumi)を表しているのだとか。

調べてみると、北欧の国旗は配色こそ異なるものの、全てこのようなデザインになっていました。

このデザインは「スカンディナヴィア十字」と呼ばれているようです。

スカンディナヴィア十字(スカンディナヴィアじゅうじ、スカンディナヴィア・クロス、Scandinavian Cross)またはノルディック・クロス(Nordic Cross)は、北欧地域で良く見られる十字。

左側に交点が寄った横長の十字であり、国旗や地域の旗などに用いられている。デンマークの国旗が基になっている。

Wikipedia「スカンディナヴィア十字」より

これが北欧の伝統的なデザインなんですね。

13123002

Ruotsin lippu on sininen ja keltainen.(スウェーデンの国旗は青と黄色です。)
*keltainen(黄色い)

スウェーデン国旗の十字はよく見ると、黄色というより金色(kultainen)に近いのかもしれません。

Wikipedia の説明によると、青は空(taivas)、黄/金はキリスト教(kristillinen)、自由(vapaus)、独立(itsenäisyys)を表しているとのこと。

しかし別の情報源によると、金は太陽(aurinko)を表すとも。

色の意味というのは、法律で決められている訳でもないでしょうし、さまざまな解釈の余地があるのかもしれません。

よく見ると、十字の幅はフィンランド国旗よりいくぶん細くなっています。

13123003

Tanskan lippu on punainen ja valkoinen.(デンマークの国旗は赤と白です。)
*punainen(赤い)

一説によると、デンマークの国旗は世界最古の国旗と言われているそうです。

よって冒頭に紹介したスカンディナヴィア十字のオリジナルは、このデンマーク国旗。

紅白の国旗というのは、日本を含め、インドネシア、カナダ、スイス、トルコなどなど世界中に多く存在します。

そんな中、デンマーク国旗の赤は祖国愛(isänmaallisuus)を表すのだとか。

よく見ると、十字の幅はスウェーデン国旗よりさらに細くなっています。

13123004

Norjan lippu on punainen, sininen ja valkoinen.(ノルウェーの国旗は赤と青と白です。)

ノルウェーの国旗は、これまでに見てきたフィンランド、スウェーデン、デンマークのものとは異なり、十字の部分に白の縁取りがあります。(中央の青はインディゴ・ブルー)

あるいはデンマークの国旗に青十字を足したという見方もできますね。

色の由来は調べてみたものの発見できず。

ただし赤・青・白という組み合わせはイギリスのユニオンフラッグやフランスのトリコロールと同じです。これは偶然の一致でしょうか?

またかつての連合国であるデンマーク(赤)、スウェーデン(青)とのつながりを示しているという説もあるようです。

13123005

Islannin lippu on sininen, punainen ja valkoinen.(アイスランドの国旗は青と赤と白です。)

アイスランドの国旗は、ノルウェーのものと青赤がちょうど逆になっています。(ただし青はインディゴではない。)

青は山(vuori)、赤は火山(tulivuori)、白は雪(lumi)と氷河(jäätikkö)を表すとのこと。

フィンランドの青は湖、スウェーデンの青は空、そしてアイスランドの青は山。

このあたりの対比もおもしろいですね。

 

まとめ

もう一度、北欧の国旗で使われている色とその意味をまとめておきたいと思います。

väri(色) merkitys(意味)
valkoinen lumi
jäätikkö 氷河
sininen järvi
taivas
vuori

keltainen
kultainen
kristillinen キリスト教
vapaus 自由
itsenäisyys 独立
aurinko 太陽
punainen isänmaallisuus 祖国愛
tulivuori 火山


こうして並べてみると、北欧の人たちが何を大切にしてきたのかがよくわかる気がします。

旗というのは、その国についてさまざまなことを知ることができるおもしろい教材だと思いました。


『カラン・メソッド「英語反射力」を鍛える奇跡の学習法』坂本美枝著

photo credit: chotda via photopin cc

photo credit: chotda via photopin cc

外国語の学習法は選り取り見取り。大型書店に行けば、さまざまな学習法の本を見つけることができます。

そんな中、カラン・メソッドという、少し風変わりな英語学習法を紹介した本を読んだので、ここにシェアしてみたいと思います。

 

カラン・メソッドとは?

カラン・メソッドでは、講師が投げかける質問に一問一答形式でどんどん答えていきます。

例えば、本書に掲載されている質問・回答例は次のとおり。

Is Greece in Asia?

No, Greece isn’t in Asia; it’s in Europe.

Which’s the last letter of the alphabet?

Z’s the last letter of the alphabet.

ここでのポイントはフルセンテンスで答えること。

例えば一つ目の質問に No だけで答えたり、二つ目の質問に Z だけで答えるのはNGとなります。

つまり質問文の内容と形式を踏まえた上で、文法的に正しい文をきちんと発話しなければなりません。

私たちは外国語の聞き取りにおいて、往々にして質問のポイントだけを捉えがちです。

たとえ一語一句聞き取れていなくても、前後の文脈などから何が聞かれているのかわかってしまうことが多いのではないでしょうか。

もちろんそのこと自体は悪いことではありませんし、慣れない言葉でコミュニケーションを図る上では、むしろ必要な能力と言えます。

そのためさきほどの質問に No や Z と答えることはそれほど難しくないのですが、フルセンテンス必須となると、より一層の集中力が要求されますし、認知処理的な負荷も高まります。

つまりカラン・メソッドというのは、会話におけるレスポンスのスピードを上げるための訓練と解釈することができるでしょう。

ただし質問の内容が理解できないときには、先生が繰り返し問いかけてくれたり、ゆっくり言い直してくれたりということはあるようです。

またこちらの発音がおかしいときにも、止まって訂正してくれるのだとか。

いわゆる communicative なアプローチとはやや異なりますが、これはこれでおもしろい方法だと思いました。

 

カラン・メソッドのレベル

カランメソッドのカリキュラムは全部で12段階のレベル(Stage)に分かれており、Stage によって質問の難易度が異なります。(Stage 1が最も易しい。)

本書の中に Stage 1と Stage 10の質問・回答例がのっていたので引用してみます。(Stage 11, 12はケンブリッジ英検対策のカリキュラムなので、やや方向性が異なるとのこと。)

[Stage 1]

Is this a pen?

No, it’s not a pen; it’s a pencil.

[Stage 10]

What do we mean if we say we have a guilty of conscience?

(「良心の呵責を感じる」とはどういうこと?)

If we say we have a guilty of conscience, we mean that we have done something wrong and are worried about it. Usually we have not been found out or punished, but we still feel uncomfortable about it.

(「良心の呵責を感じる」とは、何かよからぬことをして、それが気になっている状態だ。発覚したり罰せられたりしなくても、自分がやったことに対して気持ちが落ち着かない)

こうして見ると、Stage 1は日本の中学1年レベルですが、Stage 10は相当難易度が高そうです。

この質問に答えがすらすらと出てくるようなら、かなりのレベルと言えるでしょう。あるいは日本語で聞かれたとしても、難しい質問ではないでしょうか?

 

カラン・メソッドへの批判とその回答

どんな学習法にも長所と短所はあるもの。

カラン・メソッドに対する批判としてありそうなのは、これだけで本当に自由な会話ができるようになるのか?というものでしょう。

結論から言えば、おそらくこれだけで自由に会話ができるようになることはないのかもしれません。

しかし多くの日本人のように単語と文法の知識がある程度あり、多読・多聴などのインプットも合わせて行っている人が、アウトプット強化のためにこのメソッドを利用するならば、それなりの効果があるような気がします。

もちろん実際にやってみた訳ではないので、うかつなことは言えませんが、一度試してみたいと思える内容であることはたしかです。

この本で紹介されている「QQ English」を始め、カラン・メソッドのレッスンを提供しているオンライン英会話サービスは複数あるそうなので、通学できる環境でなくても、気軽に始めることはできそうです。

 

まとめ

熟練した講師について、カラン・メソッドのレッスンを受ければ、様々なフィードバックやそれに伴う「気付き」を得ることができるでしょう。(特に発音など)

しかし学習効率は落ちるかもしれませんが、このような訓練を一人または学習者同士で行ったとしても、瞬間英作文などと同じくアウトプットのための反射神経は鍛えられるような気がするのですが、果たしてどうでしょうか?

なぜそんなことを思ったかというと、フィンランド語の学習にこのメソッドを応用してみたいと思ったからなのです。

いずれにせよ、この本を読んだ率直な感想は日本人と相性の良さそうな(日本人に必要な語学スキルを補ってくれる)メソッドであるというもの。

それだけにぜひ一度試してみたいものです。もし試したらこのブログでまた報告したいと思います!

カラン・メソッド 「英語反射力」を鍛える奇跡の学習法
東洋経済新報社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 9,646


No Country for Old Men − ビザンティウムへの船出

photo credit: Kıvanç Niş via photopin cc

photo credit: Kıvanç Niş via photopin cc

以前のエントリーで岩波文庫の『対訳イェイツ詩集』から、詩を一編紹介したことがありました。

W. B. Yeats「The Falling of the Leaves」 | Fragments

その後も一編ずつ、寝る前などに読んでいたところ、ちょっと引っかかる詩に出会ったので再びご紹介。

Sailing to Byzantium

That is no country for old men. The young
In one another’s arms, birds in the trees
– Those dying generations – at their song,
The salmon‐falls, the mackerel‐crowded seas,
Fish, flesh, or fowl, commend all summer long
Whatever is begotten, born, and dies.
Caught in that sensual music all neglect
Monuments of unageing intellect.

ビザンティウムへの船出

あれは老人の住む国ではない。若い者らは
たがいに抱き合い、鳥は木々に止って
ーこの死んで殖えるやからー ひたすら歌う。
鮭がのぼる滝、鯖のむらがる海、
魚も、獣も、あるいは鳥も、夏のあいだじゅう
種を受け、生れ、死ぬ者らすべてを称える。
その官能の音楽にとらわれて、すべてが
不老の知性の記念碑をなおざりにする。

*『対訳イェイツ詩集』より

この詩を読んで、一行目の出だしにあれっ?と思ったのは、かなり映画好きの人だと思います。

2007年のコーエン兄弟の映画『No Country for Old Men(邦題:ノーカントリー)』のタイトルはここから引用されているんですね。

全く知らなかったので、偶然の出会いにびっくり。

より正確には、原作本『No Country for Old Men(邦題:血と暴力の国)』のタイトルがイェイツの詩から引用されているということになります。

原作は読んでいないのですが、映画はコーエン兄弟の作品の中でも一二を争う傑作だと思います。

ハビエル・バルデム演じる殺し屋の存在感と凄惨な暴力描写が強く印象に残る映画でした。

また映画の中ではトミー・リー・ジョーンズ演じる保安官が凶悪事件が横行する現代(といっても映画の舞台は1980年ですが)を嘆くシーンがあります。

タイトルの no country for old men というのは、この保安官の語りとあいまって、この世界には老人たちの住める国はどこにもないというような悲嘆のニュアンスを感じさせます。

一方、イェイツの原詩の方では、That is が付いて、That is no country for old men となっています。

That が指し示しているのは、私たちが住むこの国のこと。ここでもこの国は老人たちの住める国ではないと言っているのですね。

しかしこの詩の主人公は現状を嘆いているばかりではありません。若者の国を脱出し、理想郷である聖都ビザンティウムへと向かう航海に出ます。

ビザンティウムというのは、現在のトルコ・イスタンブールの旧名。ここでビザンティウムという都市名が何を象徴しているのかについては、さまざまな解釈ができるように思います。

いずれにせよ、同じ no country でも映画と詩ではずいぶん趣が違うような気がしました。

この詩を書いたとき、イェイツは60歳を超えていました。

そういう意味でまだこの詩の心境がわかる年ではありませんが、詩の壮麗な描写や主人公の覚悟のようなものは強く印象に残ります。

なお冒頭に引用したのは、この詩の最初のスタンザ。詩全体も以下にのせておきます。

Sailing to Byzantium

That is no country for old men. The young
In one another’s arms, birds in the trees
– Those dying generations – at their song,
The salmon‐falls, the mackerel‐crowded seas,
Fish, flesh, or fowl, commend all summer long
Whatever is begotten, born, and dies.
Caught in that sensual music all neglect
Monuments of unageing intellect.

An aged man is but a paltry thing,
A tattered coat upon a stick, unless
Soul clap its hands and sing, and louder sing
For every tatter in its mortal dress,
Nor is there singing school but studying
Monuments of its own magnificence;
And therefore I have sailed the seas and come
To the holy city of Byzantium.

O sages standing in God’s holy fire
As in the gold mosaic of a wall,
Come from the holy fire, perne in a gyre,
And be the singing‐masters of my soul.
Consume my heart away; sick with desire
And fastened to a dying animal
It knows not what it is; and gather me
Into the artifice of eternity.

Once out of nature I shall never take
My bodily form from any natural thing,
But such a form as Grecian goldsmiths make
Of hammered gold and gold enamelling
To keep a drowsy Emperor awake;
Or set upon a golden bough to sing
To lords and ladies of Byzantium
Of what is past, or passing, or to come.

対訳 イェイツ詩集 (岩波文庫)
イェイツ
岩波書店
売り上げランキング: 79,169


フィンランド語学習記 vol.132 − 大掃除

13122701

まだ仕事納めではありませんが、本日はお休み。そこで部屋の大掃除をすることにしました。

掃除とは言っても、きれいにするより、モノを捨てることが主な作業。

ゴミがどんどん出て行くのは気持ちいいですね。

さてフィンランド語で「掃除」は何と言うのだろう?と思って、Google翻訳に入れてみると、puhdistus(プフディストゥス)という単語が出てきました。

念のため Wiktionary でも調べてみると、cleansing, purge などの英訳が。

英語の purge には「浄化」という意味の他に、(政敵などの)「追放、粛清」という意味もあります。

フィンランド語の puhdistus にこのような意味があるのかどうかはわかりませんが、もう少し別の言い方はないのかなと思って他の候補を調べてみると、siivous(スィーヴォウス)という単語が出てきました。

今回はこの二つを動詞とともに押さえておきましょう。

フィン
1 n puhdistus cleansing, purge 掃除、粛清
2 v puhdistaa clean (up), clear (up), cleanse, purge 掃除をする
3 n siivous cleaning 掃除
4 v siivota clean 掃除をする


ところで年末に大掃除をするというのは、日本独自の習慣らしいですね。欧米では春に大掃除をするケースが多いのだとか。

また今日はたくさん洗濯もしたので、洗濯関連もまとめておきます。

フィン
5 n pesu washing 洗濯
6 v pestä wash 洗う、洗濯する
7 n pesukone washing machine 洗濯機


洗濯機は以前に紹介した家電の名前編にも出てきました。

[参考]フィンランド語学習記 vol.60 − 家電の名前 | Fragments

ペスコネという語感は何となく覚えやすいので、頭の片隅に残っていました。

そんな訳で大掃除の一日も終わり、夜も更けていきます。


フィンランド語学習記 vol.131 − オープンサンド

13122601

フィンランド語教室51週目のレポート後編です。

きのうのエントリーはこちら。

[参考]フィンランド語学習記 vol.130 − コーヒーを一杯 | Fragments

きのう取り上げた「コーヒーを一杯いただけますか」という表現は、教科書にのっているスキットの出だしの部分。

全体は次のようになっています。

− Saanko kupin kahvia. Ja lasin maitoa.(コーヒーを一杯いただけますか。そして牛乳を一杯。)

− Olkaa hyvä! Entä muuta?(どうぞ!他には?)

− Voinko saada myös voileivän.(オープンサンドもいただけますか。)

− Millaisen Te haluatte? Kinkkuvoileivän vai juustovoileivän?(どんなオープンサンドがほしいですか? ハムサンド?それともチーズサンド?)

− En syö koskaan lihaa. Otan yhden tuommoisen juustovoileivän.(肉は食べないので、あんなチーズサンドを一つ。)

− Ja sitten vielä muuta?(まだ他に?)

− Kiitos riittää. Ei muuta.(ありがとう十分です。他にはいりません。)

どういうシチュエーションなのかわかりませんが、飲み物だけではなく食事までお願いするとは、なかなかずうずうしい人なのかもしれません。

なおオープンサンドというのは、パンに具材を挟むのではなく、具材をのせるサンドイッチのこと。もちろんパン一枚でできてしまいます。

そんなオープンサンドは、フィンランド語で voileipä(ヴォイレイパ)。

スキットに出てくる voileivän は voileipä の対格の形です。

[主格]voileipä
[対格]voileivän

オープンサンドは数えられる名詞であり、ここでは一つのオープンサンド「全体」を表しているので対格になっています。

数えられる名詞
(可算名詞)
数えられない名詞
(不可算名詞)
全体 対格(voileivän) 分格
部分 分格(voileipää)


また voileipä を分解してみると、voi は「バター」、leipä は「パン」の意味。

そのため最初に voileipä という単語を見たときには、バターロールに違いない!と思ったのですが、実はオープンサンドのことなんですね。

Google画像検索で調べてみるとこんな結果に。色とりどりのサンドイッチを見ることができます。

また前掲のスキットにもあるとおり、具材の名前を頭にのせることによって、サンドイッチの種類を示すこともできます。

フィン
kinkkuvoileipä ハムサンド
juustovoileipä チーズサンド
lohivoileipä サーモンサンド


この中では、サーモンサンドはまだ食べたことがないので、できることならぜひ本場の味を一度味わってみたいものです。

他にもおすすめがあったら、ぜひ教えてください。


cialis viagra online accutane