cialis viagra online accutane

数詞と数字

14011301

おとといから各国語の数詞に関する話題を取り上げています。

フィンランド語学習記 vol.141 − longest 7 | Fragments

きのうのエントリーでは、長い数詞の例として、ズールー語の1〜10を紹介しました。

longest 7 − ズールー語の場合 | Fragments

それでは逆に、最も短い数詞を持つ言語は何語でしょうか?

いくつか調べた結果、かなりシンプルだと思われるのがエスペラント。

きのう取り上げたズールー語と比較してみましょう。

エスペラント ズールー
0 nul iqanda
1 unu kunye
2 du kubili
3 tri kuthathu
4 kvar kune
5 kvin kuhlanu
6 ses yisithupha
7 sep yisikhombisa
8 ok yisishagalombili
9 naŭ yisishagalolunye
10 dek yishumi

 
エスペラントは一番長い「4、5」でもわずか4文字。それに対してズールー語の「9」は16文字もあります。

*yisishagalolunye は頑張ってカナにすると「イシシャガルルーニェ」という感じでしょうか。

さて短い数詞といえば、日本語の「一、二、三、四、五、六、七、八、九」はどうなのだろう?と思われた方もいるかもしれません。

しかし今回「長い・短い」と言っているのは、あくまで「数詞」の話。

日本語の「一二三四五六七八九」はあくまで漢「数字」ですので、別の区分と考えた方がよいでしょう。

なお数字の世界には、私たちに最も馴染みのあるアラビア数字(0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9)以外にも、さまざまな文字が存在します。

ローマ数字 漢数字 デーヴァナーガリー数字
0 -
1 I
2 II
3 III
4 IV
5 V
6 VI
7 VII
8 VIII
9 IX
10 X

 
デーヴァナーガリー数字というのは、サンスクリットで使われている数字。

現代の日本で使われているのはアラビア数字に漢数字、そしてときどきローマ数字といったところですが、世界にはまだまだたくさんの数字が存在します。

そんな数字の世界をあちこち探検してみるのも、おもしろいかもしれません。


longest 7 − ズールー語の場合

photo credit: Lollie-Pop via photopin cc

photo credit: Lollie-Pop via photopin cc

きのうのエントリーにこんなことを書きました。

果たして(フィンランド語の)seitsemän より長い「7」を持つ言語はあるのでしょうか? もし知っている人がいたら教えてください。

フィンランド語学習記 vol.141 − longest 7 | Fragments

しかしその後さっそく seitsemän よりも長い「7」を発見してしまったので、ここに紹介しておきたいと思います。

その言語とは。。。

ズールー語!

ズールー語(Zulu)というのは、南アフリカ共和国の公用語の一つ。南アには、このズールー語も含めて何と11もの公用語があるのだとか。

  • アフリカーンス語(Afrikaans)
  • 英語(English)
  • ズールー語(Zulu)
  • 南ンデベレ語(South Ndebele)
  • 北ソト語(Northern Sotho)
  • ソト語(Sotho/Sesotho)
  • スワジ語(Swati/Swazi)
  • ツォンガ語(Tsonga/Xitsonga)
  • ツワナ語(Setswana)
  • ヴェンダ語(Venda)
  • コサ語(Xhosa)

ズールー語の母語話者数は現在約900万人。

南アフリカ共和国の人口は約5000万人なので、それなりの割合を占めています。

それでは以下にズールー語の1〜10を記してみます。

ズールー フィン
0 iqanda nolla
1 kunye yksi
2 kubili kaksi
3 kuthathu kolme
4 kune neljä
5 kuhlanu viisi
6 yisithupha kuusi
7 yisikhombisa seitsemän
8 yisishagalombili kahdeksan
9 yisishagalolunye yhdeksän
10 yishumi kymmenen

 
ズールー語の「7」は yisikhombisa(イシコンビーサ)。こうしてみると、7も確かに長いですが、8と9はそれ以上に長いです。

14011202

3×3=9は、日本語なら「さざんがく」ですが、ズールー語ではどのようになるのでしょう?

九の段まで言い終えるには、2倍くらい時間がかかりそうな気も。

ズールー語話者の小学生はなかなか大変ですね。
 
uTalk ズールー語 uTalk ズールー語
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 旅行
App Storeで詳細を見る

 


フィンランド語学習記 vol.141 − longest 7

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

フィンランド語で「7」は seitsemän(セイツェマン)。

最初は変わった単語だなあと思っていたのですが、今ではすっかり慣れてしまいました。

そんな数字の復習をしていたある日のこと。

英語の seven、フランス語の sept、日本語の shichi など、数字の「7」を[s-]で始める言語はずいぶん多いということに気が付きました。

これは単なる偶然??

そこで諸言語の「7」を調べてみることにしました。すると。。。

seven
sieben
sept
スペイン siete
ポルトガル sete
イタリア sette
フィンランド seitsemän
スウェーデン sju
デンマーク syv
ノルウェー sju/syv
アイスランド sjö
エストニア seitse
ラテン septem
エスペラント sep
shichi(nana)

 
みごとに[s-]が並びました。これは凄い!と思ったのですが、調査対象をもう少し広げてみると異なる単語も発見。

オランダ zeven
ロシア семь
トルコ yedi
インドネシア tujuh
ベトナム bảy

 
あらゆる言語の「7」が[s-]で始まったらおもしろいと思ったのですが、やはりそんなことはありませんでした。

そしてこの調査でわかったもう一つのことは、フィンランド語の「7」が一番長い!ということ。

果たして seitsemän より長い「7」を持つ言語はあるのでしょうか? もし知っている人がいたら教えてください。


フィンランド語学習記 vol.140 − 対になる動詞たち

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

動詞を157語暗記するプロジェクトはまだ続いています。

フィンランド語学習記 vol.135 − 動詞を157語暗記する | Fragments

何とか半分以上は覚えたように思いますが、繰り返し練習してもなかなか覚えられない単語もあります。

そこで記憶補助のため、対義語になる動詞はセットで覚えるようにしてみました。

例えばこんな感じ。(単語の下の一言はただのつぶやきです。)

alkaa(始まる)←→ loppua(終わる)

ここに地終わり海始まる。

ostaa(買う)←→ myydä(売る)

売り言葉に買い言葉。

mennä(行く)←→ tulla(来る)

ゆく年くる年。

viedä(持っていく、連れていく)←→ tuoda(持ってくる、連れてくる)

この世に持ってくるもの、あの世へ持っていくもの。

avata(開ける、電化製品を点ける)←→ sulkea(閉じる、電化製品を消す)

使ったものは片付けましょう。電源は消しましょう。

nousta(上がる)←→ laskeutua(降りる)

上がればあとは降りるのみ、降りればあとは上がるのみ。

以上

もちろん全ての単語をこのように対にすることはできません。

*tupakoida(タバコを吸う)などという動詞もありますし。

しかし、まとめられるものをまとめるだけでも記憶の一助にはなると思います。方法は人それぞれだと思いますが、脳内に自分なりの単語地図を作っていきましょう。


フィンランド語学習記 vol.139 − 所有接尾辞のはなし

14010901

フィンランドで『となりのトトロ』は、Naapurini Totoro[ナープリニ トトロ]と訳されているそうです。

こんな予告編動画を見つけました。

日本語とフィンランド語の混ざり具合がおもしろいですね。

Naapurini Totoro の Naapuri は「隣人」の意味。それでは語尾の[-ni]は何を意味するのでしょう?

調べてみると、これは所有接尾辞と呼ばれているもののようです。

時折見かけてはいたのですが、きちんと用法を調べたことはなかったので、今回調べてみました。

この接尾辞の意味を明らかにするために、まずはフィンランド語の人称代名詞の属格を押さえておきましょう。

これらは英語で言う所有格(my, our, your, his, her, their)に当たる単語です。

単数 複数
一人称 minun[ミヌン]
(私の)
meidän[メイダン]
(私たちの)
二人称 sinun[スィヌン]
(あなたの)
teidän[テイダン]
(あなたたちの)
三人称 hänen[ハネン]
(彼/彼女の)
heidän[ヘイダン]
(彼ら/彼女らの)

 
これを使って「○○の隣人」と言いたいときには、次のような形になります。

単数 複数
一人称 minun naapuri
(私の隣人)
meidän naapuri
(私たちの隣人)
二人称 sinun naapuri
(あなたの隣人)
teidän naapuri
(あなたたちの隣人)
三人称 hänen naapuri
(彼/彼女の隣人)
heidän naapuri
(彼ら/彼女らの隣人)

 
ここまでは英語と同じ。ただ並べただけです。

これだけならそう難しくはないのですが、正式なフィンランド語では naapuri に接尾辞を付けて次のように言うのだそうです。

単数 複数
一人称 minun naapurini
(私の隣人)
meidän naapurimme
(私たちの隣人)
二人称 sinun naapurisi
(あなたの隣人)
teidän naapurinne
(あなたたちの隣人)
三人称 hänen naapurinsa
(彼/彼女の隣人)
heidän naapurinsa
(彼ら/彼女らの隣人)

 
例えば「私の隣人」と言いたいとき、代名詞 minun に加えて、naapuri の語尾にも[-ni]という接尾辞を付けます。

この[-ni]は「私の」の意味。つまり minun naapurini の中には「私の」を意味する標識が二回出てくるということになります。

二回出てくるということは、どちらか片方があれば所有者は分かるので、一方が省略されることもあります。

Minun Naapurini Totoro = Minun Naapuri Totoro = Naapurini Totoro

ということは「となりのトトロ」のフィン語訳 Naapurini Totoro は、 minun が省略された形だったのですね。

今までこのような仕組みを持った言語に触れたことはなかったのですが、こういった接辞を持つ言語は世界に数多くあるそうです。

所有接辞を持つ言語の例としては、ウラル語族の多くの言語(ハンガリー語、フィンランド語など)、トルコ語、アラビア語、ペルシャ語、アイヌ語などがあり、世界的には少なくない。

Wikipedia「所有接辞」より

またひとつおもしろいルールを学ぶことができました。言語の世界は奥深いですねー。


フィンランド語学習記 vol.138 − 上下左右

14010801

Vasemmalla on Akateeminen Kirjakauppa.(左にあるのはアカデミア書店です。)

フィンランド語で「左に」は vasemmalla(ヴァセンマッラ)。

旅のガイドなど、会話の中で建物の位置を示すことはよくあるのではないでしょうか。

「左手に見えますのは〜」とは言わないかもしれませんが、基本的な単語くらいは知っておいた方がよいと思います。

そんな訳で、今回のエントリーでは「上下左右」を表す単語を調べてみました。

フィン
ylhäällä 上に
alhaalla 下に
vasemmalla 左に
oikealla 右に

 
これらは「上下左右に(ある)」という位置を表す形。

一方、「上下左右へ(行く)」という方向を表したいときには、次のような形になります。

フィン
ylhäälle 上へ
alhaalle 下へ
vasemmalle 左へ
oikealle 右へ

 
よーく見ると、さきほどの「上下左右に(ある)」の形とおしまいの一文字だけが異なります。

それでは単に「上下左右」を意味する単語はないのか?と思い、調べたみたのですが、これがなかなか難しい。

試しに、次の下線部に入る単語を考えてみてください。

oikealla(左に)→ oikealle(左へ)→ oikea(左)
vasemmalla(右に)→ vasemmalle(右へ)→ vasen(右)
ylhäälla(上に)→ ylhäälle(上へ)→                   (上)
alhaalla(下に)→ alhaalle(下へ)→                   (下)
当然、*ylhää(上)、*alhaa(下)のような単語を想像すると思うのですが、、、調べても存在しない!

??

ただ改めて考えてみると、英語にも単に「上下」を表す単語は存在しません。

対象との位置関係や示す範囲によって、on, over, above などを使い分けることになります。(下の場合は under, below 時には on など)

そういう意味では、英語の「上下」と「左右」というのは文法的に等価ではありません。

フィンランド語の場合は果たしてどうなのか?? なかなか難しい問題なので、もうしばらく考えてみたいと思います。

[参考]フィンランドが面白いほど身につく本(中経出版)
 

カラー版 CD付 フィンランド語が面白いほど身につく本 (語学・入門の入門シリーズ)
栗原 薫 マルユットゥ コウリ
中経出版
売り上げランキング: 147,552

cialis viagra online accutane