cialis viagra online accutane

『学問のすゝめ』の「ゝ」は何と呼ぶ?

Spyglass on a Map

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

『学問のすゝめ』

福沢諭吉の『学問のすゝめ』は、明治維新直後の時代に300万冊以上が読まれたという当時の大ベストセラー。

当時の人口が3,000万人だったそうなので、10人に1人が読んだことになります。

さて、今回のエントリーは、そんな『学問のすゝめ』のおしまいから二文字目にある「ゝ」の文字について。

この文字はいったい何なのだろう?と気になったので調べてみました。

今ではすっかり使わなくなってしまったこの「ゝ」は、一の字点(いちのじてん)と呼ばれる踊り字の一種なのだとか。

おどりじ【踊り字】

同一の漢字または仮名を重ねることをあらわす符号。「〻」(二の字点)・「々」(同の字点)・「ゝ」(一の字点)・「〵〳」(くの字点)など。おくり字。かさね字。畳字。繰返し符号。

『広辞苑』

何だかいろいろと出てきました。

この中で一番馴染みがあるのは、やはり「々」の字でしょう。(同の字点という名前は知りませんでしたが。)

佐々木などの人名から、代々木などの地名まで、現在でも幅広く使われています。

同の字点「々」は漢字の繰り返しに使われるのに対して、一の字点「ゝ」はかなの繰り返しに使われます。

踊り字
ひらがな 清音 学問のすゝめ
ひらがな 濁音 いすゞ自動車
カタカナ 清音  ?
カタカナ 濁音  ?

*Wikipedia「踊り字」より

このほか、広辞苑の語義に出てきた二の字点「〻」、くの字点「〳〵」は縦書きの文章で用いる繰り返し符号。

そういえば、以前うちの祖母が使っているのを見たことがあります。

今ではあまり使われなくなってしまった繰返し符号ですが、こうして見返してみると味わいがあって、捨て去るには惜しいような気がします。

せめていくつかの固有名詞の中で生き続けてほしいですね。


英語とたまたま同じ綴りのフィンランド語

photo credit: Iguana Jo via photopin cc

photo credit: Iguana Jo via photopin cc

フィンランド語を勉強していると、ときどき英語とたまたま同じ綴りの単語に出会うことがあります。

もちろん発音は異なるのですが、何となく英語のイメージに引きずられてしまうことも。

今回はそんな英語風(?)のフィンランド語を紹介してみたいと思います。

 

he

he は[ヒー]ではなく[ヘ]と読みます。

意味は「彼らは/彼女らは」。三人称複数の代名詞です。

慣れるまではついつい「ヒー」と読んでしまうのも無理のないところでしょうか?

He puhuvat suomea.(彼らはフィンランド語を話します。)

 

me

me は[ミー]ではなく[メ]と読みます。

意味は「私たちは」。こちらは一人称複数の代名詞です。

さきほどの he にせよ、me にせよ、いっそ英語と全く違う意味ならよいものの、微妙に重なるところを攻めてきますね。

Me asumme Tokiossa.(私たちは東京に住んでいます。)

 

on

on は英語と同じく[オン]と読みます。

フィンランド語の on は「〜である」を意味する動詞 olla の三人称単数の形。

英語の is に当たる単語と思ってもらえばわかりやすいでしょう。

Hän on suomalainen.(彼はフィンランド人です。)

 

no

no は[ノウ]ではなく[ノ]と読みます。

意味は「じゃあ」。英語の well に近い間投詞です。

文頭に出てくることが多いので、ついつい否定文だと思いがち。否定されている訳ではないので気を付けましょう。

No mistä sinä pidät?(じゃあ、あなたは何が好きなの?)
No kiitos!(や、ありがとう!)

 

made

made は[メイド]ではなく[マデ]と読みます。

意味は「スケトウダラ」。

made をとっさに[マデ]と読むのは、なかなか勇気がいるもの。おそらくあまり出てくる単語ではないと思いますが。。。

 

tie

tie は[タイ]ではなく[ティエ]と読みます。

英語の tie は「ネクタイ」の意味ですが、フィンランド語の tie は「道」の意味。

同じ綴りでも[ティエ]と言われると、何だか深みがあるような。

Osaatko tien?(道を知ってる?)

 

以上、今回は英語とたまたま同じ綴りになっているフィンランド語をいくつか集めてみました。

探してみればまだまだあるのではないかと思います。


フィンランド語学習記 vol.173 − 赤くて、上や下に動くものは何?

14032901

フィンランド語教室で使っているテキストの中に、授業では扱わなかった章があるので、自分で辞書を引きながらコツコツと読んでみることにしました。

いくつか難しい箇所はあるものの、おおむね理解することができ、ほっと一息。

自力でこれだけ読み進められればなかなかのもの。だいぶ手応えが出てきました!

なおこの章の最後には、やや唐突に二つのジョークというのが出てきます。

おもしろいんだかおもしろくないんだか、よくわかりませんが、貴重なフィンランドジョーク(?)なので紹介してみたいと思います。

まずは一つ目。

− Mikä on se, joka on punainen ja menee ylös ja alas?(赤くて、上や下に動くものは何?)

− Se on tomaatti hississä.(それはエレベーターの中のトマトです。)

*mennä(行く)、ylös(上へ)、alas(下へ)、hissi(エレベーター)

なるほど! でもそれならエレベーターの中のイチゴやリンゴでもいいですよね。。。なんて真面目に答えるところではないですか。

続いて二つ目。

Kaksi ilmapalloa lentää Meksikossa.(二つの風船がメキシコの空を飛んでいます。)

On kaunis ilma.(よい天気です。)

Aurinko paistaa.(太陽が照っています。)

Elämä on ihanaa.(人生は素晴らしい。)

Toinen ilmapallo näkee ison kaktuksen.(二番目の風船が大きなサボテンを見ています。)

Se sanoo: Hei, näetkö? Tuossa on iso kaktusssssshhhhh…(その風船は言います。おい、見える? あそこに大きいカクタスススススがー。)

Toinen sanoo: Kiitossssshhhh….(別の風船が言います。キートスススススー。)

*ilmapallo(風船)、aurinko(太陽)、paistaa(照る)、kaktus(サボテン)、kiitos(ありがとう)

これって舞台はメキシコじゃなければダメだったんでしょうか。。。なんて真面目に答えるところではないですか。

いかがでしょう?このセンス。

一つ目の方はどこかで聞いたことがあるような気もするのですが、二つ目の方は Kiitos にかけているのでおそらく Made in Finland なのでしょう。

もしフィンランドジョーク集のようなものがあったら、ぜひ読んでみたいものですね。(万人受けはしないかな?)


「How+形容詞/副詞」の組み合わせについて

skyscraper

英語で相手の身長を聞きたいとき、

How tall are you?

とは言うものの、

How short are you?

とは言いません。

これはなぜでしょう?

「どれくらい短いか」なんて聞き方は失礼じゃないか!という意見はたしかにごもっとも。

しかし相手の年齢を聞きたいときには、

How old are you?

とは言うものの、

How young are you?

とは言いません。

「どれくらい古いか」なんて聞き方は失礼じゃないか!という意見はなぜか聞いたことがありません。

言葉というのは慣習である。と言われてしまえば、それまでの話。

しかし何だかすっきりしません。

『ロイヤル英文法』には「How+形容詞/副詞」の組み合わせ例として次のようなリストがのっていました。

〈How+形容詞[副詞]…?〉で,程度を尋ねる例

  • how deep(深さ)
  • how far(距離)
  • how fast(速さ)
  • how high(高さ)
  • how large(大きさ、広さ)
  • how long(長さ)
  • how many(数)
  • how much(量・程度・価値)
  • how old(年齢)
  • how tall(背丈)
  • how thick(厚さ)
  • how wide(幅)

『ロイヤル英文法』

こうしてみると、程度を尋ねるときには、おそらく程度の大きい方の形容詞を使うという原則があるのだと思います。

もちろん文脈によっては、逆の形容詞を使うこともあるでしょう。

In reality dinasours moved slowly.(実際には恐竜はゆっくり移動したんだって。)
How slow were they?(どれくらいゆっくりだったの?)

ただし一般的には、程度の大きい方を基準にしておけば、間違いないでしょう。

How old の old にはもはや「古い」というニュアンスはなく、物差しとしてのニュートラルな役割を果たしているに過ぎません。

それでも、どこかに程度の小さい方を基準にした表現はないかな?と思い、探してみたものの残念ながら見つからず。

もし見つけた方がいたらぜひ教えてください。
 
ロイヤル英文法改訂新版 ロイヤル英文法改訂新版
価格: ¥1,500(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


「白、黒、赤、青」の共通点

14032701

現在の日本語の語彙には色を表す言葉は百花繚乱。

「あずき色」「よもぎ色」のように自然界に由来するものや、「オレンジ」「ピンク」のような外来語まで、いったいいくつの色名があるのかもはや数えることは不可能でしょう。

しかし日本語固有のことば、いわゆる「大和言葉」において、色を表す言葉は「白、黒、赤、青」の4つしかなかったのだとか。

モノクロームの二色以外は、暖色系を赤、寒色系を青と呼んでいたんですね。

なお「白、黒、青、赤」には次のような文法上の共通点があります。

 

「〜い」を付けると形容詞になる

「白い、黒い、赤い、青い」とは言えますが、例えば「緑い」とは言えません。

ただし「色」を挟めば「黄色い、茶色い」と言うことができます。しかし同じ○色でも「水色い、灰色い」と言えないのは不思議なところ。

 

二つ重ねると畳語になる

畳語というのは「人々、山々」のように同じ文字を繰り返して作る単語のこと。

日本語では主に「々」の字を使って表しますが、色の場合はそのまま書くケースも多いようです。

しろじろ【白白】

めだって白いさま。

くろぐろ【黒黒】

はなはだ黒いさま。

あおあお【青青】

いちじるしく青いさま。一面に青いさま。

あかあか【赤赤】

まっかなさま。

『広辞苑』

ほかの色でこのような畳語を作ることはできるかな?と考えてみても、なかなか思い付きません。

「緑緑、黄黄」という表現もありそうですが、少なくとも広辞苑にはのっていませんでした。

唯一見つけたのはこちら。

きんきん【金金】

(江戸で明和・安永頃からの流行語)立派なさま。また、身なりを立派につくってすましたり得意になったりするさま。

ただしこれは色を表す単語ではないので、今回の趣旨とはやや異なります。

そんな訳で、古来の日本語に存在した4つの色名「白、黒、赤、青」は、現在の日本語でも文法上特別な位置を占めていると言えるでしょう。

あらゆる外国語を柔軟に取り込んでしまう日本語にも、このように後発の単語が決して入り込めない領域が存在しています。日本語にはこのような頑な一面もあるんですね。


サボテンはどこからやって来たのか?

photo credit: BettyNudler via photopin cc

photo credit: BettyNudler via photopin cc

英語で「サボテン」は cactus(カクタス/キャクタス)。

語感があまり英語らしくないこの単語。調べてみるとギリシア語起源の単語なのだとか。

c.1600, from Latin cactus “cardoon,” from Greek kaktos, name of a type of prickly plant of Sicily (the Spanish artichoke), perhaps of pre-Hellenic origin…

『Online Etymology Dictionary』

そう言われてみると、カクタスというのは何となくギリシア語っぽい響きがありますね。(まあギリシア語を知っている訳ではありませんが。。。)

気になったので、各国語のサボテンを調べてみました。

ドイツ語 der Kaktus
ギリシア語 Κάκτος
スペイン語 cactus
フィンランド語 kaktus
フランス語 cactus
マレー語 kaktus

 

みごとに[k]と[c]のカクタスが並んでいます。

ほほーと思いつつ、ここで一つ重大な疑問が。

サボテンというのはいったい何語?

カタカナで書くだけに外来語かと思ったのですが、各国語のリストを見ても「サボテン」に近い単語は見当たりません。

どうしたものか?と思い、広辞苑を見てみるとこんな説明が。

サボてん【仙人掌】

(石鹸(せつけん)の意のポルトガル語 sabão と「手」との合成語の転)サボテン科の常緑多年草。。。(略)

『広辞苑』

サボテンの「サボ」は、ポルトガル語の sabão(サボン)から来たんですね。

しかしよくわからないのは、石けんとサボテンのつながり。

まさかサボテンで体を洗っていたわけではないでしょう。(ヘチマの過激版?)

はてな?と思い、Wikipedia を見てみるとこんな記述が。

日本には16世紀後半に南蛮人によって持ち込まれたのが初めとされている。彼らが「ウチワサボテン」の茎の切り口で畳や衣服の汚れをふき取り、樹液をシャボン(石けん)としてつかっていたため「石鹸のようなもの」という意味で「石鹸体(さぼんてい)」と呼ばれるようになったとする説が有力で、そのため1960年代ころまでは「シャボテン」のほうが正しいとする人がかなりいた。

Wikipedia「サボテン」より

なるほど。サボテンの樹液を石けんとして使っていたんですね。

これは知りませんでした!

ことばというのは時に思いがけないところから生まれてくるという、一つの好例だと思います。


cialis viagra online accutane