cialis viagra online accutane

『カラマリ・ユニオン』アキ・カウリスマキ監督

photo credit: Novowyr via photopin cc

photo credit: Novowyr via photopin cc

フィンランドの映画監督アキ・カウリスマキの作品を集めた Blu-ray Box が3月に発売されました。

デビュー作の『罪と罰』から、2006年の『街のあかり』まで、何と長編16作品+短編8作品!

まずは未見の作品から観てみようと思い、最初に選んだのが1985年の作品で、デビュー二作目に当たる『カラマリ・ユニオン』。

物語の冒頭、カメラは場末のレストランに集まった15人の男たちを映し出します。男たちの名前は全員フランク(!)。

「我々はもうこの街では生きていけない」というリーダー格の男(もちろん名前はフランク)。

彼らは街の反対側にあるという理想郷エイラを目指して出発することを決意します。

打ち合わせが終わり、建物の外を歩いていく男たちの姿に音楽が重なるシーンは『レザボア・ドッグス』のオープニングシーンを思い出しました。

とにかく映像の切り取り方がスタイリッシュでかっこいい。

物語はその後、15人のフランクと1人のペッカが、それぞれのやり方で理想郷に向かう、そのおかしな道行きを、モノクロームの美しい映像で追いかけていきます。

全体を貫くストーリーはあってないようなもの。

この作品をナンセンス、笑えないコメディと称することもできるでしょうが、それ以上のキラリと光る何かが一つ一つのシーンに鏤められているような気がします。

笑ってしまったのは、物語の中盤、3日間飲まず食わずのマッティ・ペロンパーがスーパーのウインドウ越しに見た魚の缶詰について言うこんなセリフ。

死んだ魚は缶に守られ
缶はウインドウに
ウインドウは警察に
警察は恐怖に守られてる
たかが6匹のイワシにそれだけのバリケードだ

現実離れしたシークエンスから、物語に寓話的な意図を読み取ることもできると思いますが、それは観る人の自由に委ねられている感じ。

いずれにせよ映画の全編を通して、監督が好きなように撮っているということが、ひしひしと伝わってきます。

理想郷エイラへの道は険しく、フランクたちは途中一人また一人と脱落していきます。最後に残ったフランクたちはエイラに辿り着くことができたのか? それはぜひ本編でご確認ください。

ところで、タイトルのカラマリ・ユニオン(Calamari Union)いうのは、どんな意味なのでしょう?

これはフィンランド語ではなく英語で、calamari というのは「イカ」のこと。

calamari

[複数扱い]イカ(squid)<特にイタリア料理での呼び名>

『ジーニアス英和大辞典』

すなわち Calamari Union は「イカ同盟」という意味になります。

これだけだと全然意味がわからないのですが、おそらくは北欧の歴史に出てくるカルマル同盟(Kalmar Union)のもじりなのではないでしょうか。

カルマル同盟(カルマルどうめい)は、1397年にデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3王国間で締結された同盟(物的同君連合)。締結場所が現スウェーデンのカルマルであったので、カルマル同盟と呼ばれる。

Wikipedia「カルマル同盟」より

カルマル同盟とイカ同盟。

  • Kalmar Union
  • Calamari Union

並べてみると、たぶんこの説で間違いないと思うのですが。。。どうでしょう??

 

キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 1】 【初回限定版】
キングレコード (2014-03-26)
売り上げランキング: 19,620

 

キートス!! カウリスマキ Blu-ray BOX 【Part 2】 【初回限定版】
キングレコード (2014-03-26)
売り上げランキング: 15,410

フィンランド語学習記 vol.193 −『ムーミン谷の絵辞典』を読んでみる

photo credit: Manolo Frias via photopin cc

photo credit: Manolo Frias via photopin cc

講談社から『ムーミン谷の絵辞典』という絵本が出版されたので、さっそく購入してみました。

この絵本はムーミンのキャラクターたちのムーミン谷での暮らしを、楽しいイラストとともに綴っています。

またそれだけではなく、イラストとともに英語とフィンランド語を学ぼう!ということで、すべてのイラストの脇には英語/日本語/フィンランド語の三か国語による単語表記が付いています。

フィンランド語の単語にはルビも振ってあるので、初心者や全くフィンランド語を勉強したことがない人でも楽しめると思います。

14060502

ぱらぱらとめくっているだけで、身の回りのものやできごとをフィンランド語で何と言うのか知ることができる素晴らしい一冊。

本の冒頭にはムーミンシリーズに登場するキャラクターの名前が、こちらも英語/日本語/フィンランド語の三か国語で書かれていました。

フィン
Muumimamma Moominmamma ムーミンママ
Muumipappa Moominpappa ムーミンパパ
Muumipeikko Moomintroll ムーミントロール
Nipsu Sniff スニフ
Nuuskamuikkunen Snufkin スナフキン
Niiskuneiti Snork Maiden スノークのおじょうさん
Mörkö Groke モラン
Piisamirotta Muskrat じゃこうねずみ
Vilijonkka Fillyjonk フィリフヨンカ
Hemuli Hemulen へムレンさん
Hattivatit Hattifatteners ニョロニョロ
Hiihtäjähemuli Hemulen the skier スキーが好きなへムレンさん
Pikku Myy Little My ちびのミイ
Tuu-tikki Too-Ticky おしゃまさん

 

こうしてみると、日本語名とフィンランド語名がずいぶん違っているキャラクターも多いですね。

「スナフキン」はフィンランド語で Nuuskamuikkunen(ヌースカムイックネン)。

「ニュロニョロ」はフィンランド語で Hattivatti(ハッティヴァッティ)。

これは単数形なので、ニョロニョロが二本(?)以上なら Hattivatit となります。

[単数]Hattivatti(ニョロニョロ)
[複数]Hattivatit(ニョロニョロたち)

こうして書いていてもなかなか絵本の楽しさは伝わらないので、気になる方はぜひ一度書店で実物を手に取ってみてください。

ムーミンが好きな人、またはフィンランド語を勉強している人にはおすすめの一冊。

ムーミンが好きで、かつフィンランド語を勉強している人にはさらにおすすめの一冊です!

 

ムーミン谷の絵辞典 英語・日本語・フィンランド語
トーベ・ヤンソン ノラ・キティンマキ
講談社
売り上げランキング: 916

怒りのオノマトペ

photo credit: Bill Shupp via photopin cc

photo credit: Bill Shupp via photopin cc

突然ですが、あなたはこの一週間で何回くらい怒ったか覚えていますか?

できることなら心穏やかに日々を過ごしたいものですが、怒りの感情は不意打ちのように私たちの心に降りてきます。

そんなときには、その怒りをオノマトペで分類してみるのはどうでしょう?

この怒りは「ぷんぷん」だろうか? それとも「かりかり」だろうか? などと考えているうちに、怒りも通り過ぎていってしまうかもしれません。

ということで、今回は怒りを表すオノマトペ(擬態語)を集めてみました。

ぷんぷん

何かに腹を立ててやたらに怒りちらす様子。「相手がいくら待っても来ないとーして帰っていった」

『新明解国語辞典 第七版』

かんかん

人が激しく怒る様子。「あいつは今ーだ」

『新明解国語辞典 第七版』

ぷんぷんなら、ジョギングとビール一杯。

かんかんなら、ハードなジョギングとビール二杯、といったところでしょうか。

かりかり

ひどく怒っていらだっている様子。「そうーするな」

『新明解国語辞典 第七版』

ぷりぷり

腹立たしい気持を抑えかねていることが言動や態度からうかがえる様子。ぶりぶり。「その場は母の取りなしでおさまったが、父はなおーしていた」

『新明解国語辞典 第七版』

かりかりしてしまったら、クラシックを聴きながら、カモミールティーを一杯。

ぷりぷりしてしまったら、ボサノヴァを聞きながら、コーヒーを一杯。

むかむか

不愉快で抑えようもなく怒りがこみあげてくる様子。「話を聞いただけでー(と)する」

『新明解国語辞典 第七版』

むらむら

見たり聞いたりしたことがきっかけとなって、にわかに抑えがたい激しい感情や欲望がわき起こる様子。「怒りがーとこみあげて来る/ーと悪心を起こす」

『新明解国語辞典 第七版』

むかむかしてしまったら、瞑想と深呼吸。

むらむらしてしまったら、友達に電話をして沖縄料理屋へ。

怒りもいろいろ、対称法もいろいろということで、それぞれの怒りをイメージしながら、ささやかな対処法を挙げてみました。

なかなか難しいとは思いますが、怒りの感情と上手に折り合いを付けられるようになりたいですね。


フィンランド語学習記 vol.192 − 1.5

Football teams on pitch

先日のエントリーで、OED(Oxford English Dictionary)に掲載されている珍しい英単語を紹介しました。

『そして、僕はOEDを読んだ』アモン・シェイ著 | Fragments

その中にはこんな単語が。

Sesquihoral(形容詞)一時間半続いている

an hour and a half(一時間と半分)とわざわざ言いたくない気分の時にどうぞ。

『そして、僕はOEDを読んだ』P.237

もちろんこれは歴史の影に消えてしまった単語であり、日常的に使われている単語ではありません。

それはそれとして、

前回のフィンランド語教室で習った単語の復習をしていると、なんとここにも「1.5」を意味する単語が含まれていたことを思い出しました。

puolitoista

one and a half

『MOT Finnish-English』

これはすごい偶然。

この puolitoista は必ずしも時間を表すための単語ではありませんが、例えば次のような文で使われます。

− Kuinka kauan se kestää?(それはどれくらい時間がかかるんですか?)
− Se kestää noin puolitoista tuntia.(一時間半くらいかかります。)
*kuinka(どれくらい)、kauan(長く)、kestää(続く)、noin(約)、puolitoista(1.5)、tunti(時間)

英語とフィンランド語はともに「1.5」を意味する単語を持つ言語だったんですね。

改めて考えてみると、私たちの日常生活には一時間半くらいかかることって多いような気がします。

例えば、大学の授業の一コマやサッカーの試合時間など。

ワールドカップもまもなく始まることですし、日本語にも「1.5」を意味するしゃれた単語があるとよいのになあ、なんて思ってしまいました。
 

そして、僕はOEDを読んだ
アモン・シェイ
三省堂
売り上げランキング: 409,963

 

MOT Finnish-English MOT Finnish-English
価格: ¥1,200(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ビジネス
App Storeで詳細を見る


「隔月刊」は英語で何と言う?

14060201

雑誌や官報のような定期刊行物のことを英語で periodical と言います。

periodical の典型的な区分は次のとおり。

1 weekly 週刊
2 biweekly 隔週刊
3 semimonthly 月二回刊
4 monthly 月刊
5 quarterly 季刊
6 annual 年刊

 

biweekly と semimonthly は同じようなペースに思えますが、曜日固定の biweekly (例、隔週金曜日)は日付固定の semimonthly(例、毎月5日, 20日)よりも若干刊行のペースが速くなります。

なおこの biweekly は使い方に注意が必要。

biweekly

  1. <刊行物などが>隔週の
  2. 週2回の

『プログレッシブ英和中辞典 第4版』

何とペースが異なる二つの意味が。

ただし語義にもあるとおり、定期刊行物の場合はおもに1の意味で用いられるとのこと。

なお日本の雑誌の多くは週刊か月刊だと思いますが、もちろんこれ以外の刊行ペースも存在します。

例えば、自分がよく読んでいるマガジンハウスの ku:nel(クーネル)はひと月おきの刊行(隔月刊)。

隔月刊はさきほどの単語リストにありませんが、隔週刊が biweekly だとすると。。。

bimonthly

  1. 隔月の
  2. 1か月に2度の

『プログレッシブ英和中辞典 第4版』

「隔月刊」は英語で bimonthly。

こちらも biweekly と同じように異なる二つの意味を持っていますが、定期刊行物の場合はふつう1の意味で用いられるそうです。

以上、ちょっと複雑な英語の periodical に関するお話でした。


『そして、僕はOEDを読んだ』アモン・シェイ著

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ジュンク堂の語学書コーナーを何気なく見ていたら、『そして、僕はOEDを読んだ』というタイトルの本を発見。

OED(Oxford English Dictionary)についての本なら面白そうと思って購入してみると、これがど真ん中ストライクの一冊でした!

この本は著者のアモン・シェイさんが、約一年をかけて、世界最大の英語辞書『Oxford English Dictionary』を完読したその記録です。

OEDは、全20巻、21,730ページから成る巨大辞書。

その特徴は、単に英語のあらゆる語彙を網羅しようとするだけではなく、その単語の初出はいつか、どのような文献で使われたのか、またその意味がどのように変遷してきたかという包括的な記述にあります。

つまり単なる辞書というより、英語の歴史書といった方が実体に合っているのかもしれません。

本書『そして、僕はOEDを読んだ』は、著者がOEDを読み進めながら感じたことや日々の記録をエッセイ風に綴った文章と、著者がOEDから抜粋した珍しい単語を交互に配するという構成になっています。

これがまた絶妙のバランスで、我々もOEDを読むという大事業を短時間のうちに追体験することができます。

著者がOEDから抜粋した単語の一部を紹介してみましょう。

  • Acnestis(名詞)動物の肩から腰にかけての部分で、かこうと思っても手が届かないところ
  • Curtain-lecture(名詞)ベッドにおける妻による夫への小言
  • Gymnologize(動詞)インドの哲学者のように裸で議論する
  • Hypergelast(名詞)笑うのをやめようとしない人
  • Jentacular(形容詞)朝食の、朝食に関係する
  • Lectory(名詞)読書のための場所
  • Onomatomania(名詞)適切な言葉が見つからなくていらいらしている状態
  • Pandiculation(名詞)疲れた時や朝起きた時に、「あーっ」と手足を伸ばす行為
  • Quomodocunquize(動詞)あらゆる手段を使ってお金を稼ぐ
  • Sesquihoral(形容詞)一時間半続いている
  • Tricoteuse(名詞)編み物をする女性、特に、フランス革命の際にギロチン処刑に参列し、たくさんの首が転がっている中でも座って編み物をする女性
  • unlove(動詞)愛することをやめる

これらの単語を見て「おもしろい!」と思った方は、ぜひ本書『そして、僕はOEDを読んだ』を手に取ってみてください。

ただし辞書愛がエスカレートして、OEDそのものを読みたくなってしまっても責任は持てないので悪しからず。
 

そして、僕はOEDを読んだ
アモン・シェイ
三省堂
売り上げランキング: 407,480

cialis viagra online accutane