cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.247 − 過去形の作り方(2)

14103101

フィンランド語の過去形の作り方を紹介するシリーズの二回目です。

一回目のエントリーはこちらから。

フィンランド語学習記 vol.244 − 過去形の作り方(1) | Fragments

一回目はタイプ1の動詞を扱いました。今回はタイプ2の動詞を扱います。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

まずは前回の簡単なおさらいをしておきます。

1)フィンランド語の過去形の印は[i]。

Asun Turussa.(私はトゥルクに住んでいます。)
Asuin Osakassa.(私は大阪に住んでいました。)

2)過去形の印[i]を置いたときに、直前の母音が消えたり、変化したりすることがある。

Odotan bussia.(私はバスを待っています。)
Odotin taksia.(私はタクシーを待っていました。)

以上を踏まえた上で、タイプ2の動詞を見ていきましょう。

 

1)[i]の前が長母音のとき

長母音というのは[aa][ee][ii][oo][uu][yy]のように同じ母音を伸ばす音。

過去形の印[i]の前に長母音があるときには、その長母音がきゅっと短くなります。
[aa → a][yy → y]

saada(得る)
[現在語幹]saa
[過去語幹]sai

現在 過去
minä saan sain
sinä saat sait
hän saa sai
me saamme saimme
te saatte saitte
he saavat saivat

 

2)[i]の前が二重母音のとき

二重母音というのは[oi][ie][uo][yö]のように異なる母音の組み合わせ。

この場合は文字の種類によって、変化が異なります。

 

2−1)二重母音の二文字目が[i]のとき

二重母音の二文字目が[i]のときには、その[i]が消えます。

voida(できる)
[現在語幹]voi
[過去語幹]voi

過去形の印[i]を置いて、二重母音[oi]の二文字目の[i]を消したら同じ形になりました!

現在 過去
minä voin voin
sinä voit voit
hän voi voi
me voimme voimme
te voitte voitte
he voivat voivat

 
*現在形と過去形が完全に同一のセットになっています。これはわかりやすいのでしょうか? それともわかりにくいのでしょうか?

 

2−2)二重母音の二文字目が[i]ではないとき

二重母音の二文字目が[i]ではないときには、その二重母音のうち一文字目が消えます。

juoda(飲む)
[現在語幹]juo
[過去語幹]joi

ここでは、二重母音[uo]のうち一文字目の[u]を消しています。

現在 過去
minä juon join
sinä juot joit
hän juo joi
me juomme joimme
te juotte joitte
he juovat joivat

 
*このパターンは二重母音が[ie][uo][yö]の三通りしかないみたいです。

 

3)käydä

タイプ2の動詞のうち käydä は例外的な変化をします。

いわゆる「覚えるしかない!」というやつですね。

käydä(訪れる)
[現在語幹]käy
[過去語幹]kävi

現在 過去
minä käyn kävin
sinä käyt kävit
hän käy kävi
me käymme kävimme
te käytte kävitte
he käyvät kävivät

以上、今回はタイプ2の動詞の過去形の作り方をまとめてみました。

6つある動詞のタイプのうち、まだ1と2しか終わっていない??と思われるかもしれませんが、残りのタイプ3〜6はそれほど複雑ではないので、次回の過去形の作り方(3)に全て含めることができるはず。(たぶん。。。)

もうしばらく、お付き合いください!

 


フィンランド語学習記 vol.246 − 喜怒哀楽

photo credit: _Xti_ via photopin cc

photo credit: _Xti_ via photopin cc

Miksi sinä olet niin vihainen?(なんでそんなに怒ってるの?)
Miksi sinä et ole iloinen?(なんで楽しくないの?)
*miksi(なぜ)、sinä(あなたは)
『suomea suomeksi』P.114

フィンランド語で「怒っている」は vihainen(ヴィハイネン)。

「楽しい」は iloinen(イロイネン)。

このあたりの単語がなかなか覚えられなかったので、声を荒げて「ヴィハイネン!」とか、ニコニコしながら「イロイネン♡」と唱えていたら、それぞれの音と気持ちが結びついてきました。

端から見たら、さぞかし気持ち悪いことでしょう。

せっかくなので、今回はフィンランド語で「喜怒哀楽」を表わす言葉を集めてみました。

フィン
iloinen cheerful 楽しい
onnellinen happy 嬉しい
surullinen sad 悲しい
vihainen mad 怒っている

 

フィンランド語で「嬉しい」は onnellinen(オンネッリネン)。

「悲しい」は surullinen(スルッリネン)。

なんと喜怒哀楽全てを[-nen]で揃えることができました。さすがフィンランド語!

他にも感情を表す単語はたくさんありますが、まずはここから覚えていきたいと思います。


「文字化け」は英語で何と言う?

14102901

最近、仕事でメールのやり取りをしていると、よく•¶Žš‰»‚¯が起こります。

おっと、

最近、仕事でメールのやり取りをしていると、よく文字化けが起こります。

同じメールを再送してもらうと、なぜか今度は大丈夫だったり、そのメカニズムはよくわかっていないのですが、なかなかやっかいなものではあります。

さて、そんな「文字化け」は英語で何と言うのでしょうか?

今回はそのあたりの表現を調べてみました。

The characters are garbled!(文字化けしてるよ!)

garbled

<話・報告などが>混乱した、不明瞭な;誤って伝えられた;〔インターネット〕<メールなどが>文字化けした.

『ウィズダム英和辞典 第3版』

garbled

(of a message or story) told in a way that confuses the person listening, usually by sb who is shocked or in a hurry

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

garble は「ゆがめる」という意味の動詞。

もともとは OALD の語義に見られるように「感情的になって誤解を招くような表現をしてしまう」という意味だったようですが、そこから文字化けのようなテクニカルな miscommunication にも使われるようになったよう。

また調べていたら、次のような表現もあることがわかりました。

mojibake

corrupt characters or letters, especially from display or transfer through an inappropriate character set or encoding, e.g., •¶Žš‰»‚¯, which is a corruption of 文字化け.

『Wiktionary』

mojibake!

sushi や tsunami などと同じく mojibake も英語化している日本語の一つなのだとか。

文字化けというのは、もともと日本語のようなマルチバイト文字を使用する環境に特有の現象。

それだけに(一般の人はともかく)エンジニア業界においては、mojibake という用語が定着しているのだとか。

こんなところにも世界進出をした日本語があったとは知りませんでした。

ちょっとおもしろい話です。


のら息子 vs どら息子

14102801

のら息子とどら息子がケンカをしたら、勝つのはどちらの方でしょう?

のら息子「おい! こんな時間まで何をやってたんだ!」

どら息子「はあ? そんなのは俺の勝手さ。おまえこそ、いつまで家でゴロゴロしてるつもりなんだい。」

のら息子「俺はお前みたいに、人様に迷惑をかけたりしない。ただ自分のやりたいことをやってるだけさ。」

どら息子「俺だって、自分のやりたいことをやってるだけさ。お前より行動力はあるけどな。」

のら息子「何だと!」

どら息子「やるか!」

(ボカボカボカ)

何となく、語感的にはどら息子の方が強そうに思えるのですが、みなさんはどのように思われたでしょうか?

辞書から、のら息子とどら息子の違いを探ってみましょう。

のらむすこ【のら息子】

自分自身の働きがなく、ただ遊んで暮らす青年。

『新明解国語辞典 第七版』

どらむすこ【どら息子】

よくない遊びで身を持ちくずすなどして、親を困らせることの多い息子。

『新明解国語辞典 第七版』

イメージとしては、のら息子はぐーたら、どら息子はやんちゃといった感じでしょうか。

意味的には、のら息子とどら息子は両立することも可能。仕事に行かず、悪い遊びにうつつを抜かせば、立派な二刀流のできあがり。

ぐーたらもやんちゃもほどほどにしておいてもらいたいものです。


「今日は何の日」は英語で何と言う?

14102701

A:What day is it today?(今日は何曜日?)
B:It’s Monday.(月曜だよ。)

英語で「何曜日」は what day。

それはわかっていても、what day? と言われると「何の日?」という連想をしてしまい、「えーっと、今日は何の日だったかな?」と思ってしまうことはありませんか?

基本的な表現ではあるものの、日本語と感覚が違うので少し戸惑ってしまいます。

さてここで疑問が一つ。

What day is it today? が「今日は何曜日?」なら、「今日は何の日?」は英語で何と言ったらよいのでしょう?

A:今日は何の日?
B:えーと、勤労感謝の日。

みたいな会話は、きっと英語にもあるはず。

そう思って調べてみたところ、一つはシンプルに、

What is today?

あるいは、この質問を使う状況というのは、

A:今日は何の日か当ててみて。
B:えーと。。。
A:私の誕生日!

みたいな文脈でしょうから、

Guess what day it is today.

と言ってみるのもよさそうです。

(おそらく「曜日を当ててみて」とは思われないでしょう。)

また、このあたりの表現を日本語を学ぶ人の立場から見ると、

今日は何の日?(Guess what day it is today.)
今日は何日?(What’s the date today?)
となり、なぜ「の」があるかないかでそんなに意味が変わってしまうの〜と混乱してしまいそう。

このあたりはお互い難しいところですね。


Indian summer(小春日和)

photo credit: Bradley Wells via photopin cc

photo credit: Bradley Wells via photopin cc

まもなく11月。

一日一日、冬に向かって歩みを進める中で、不意打ちのように暖かい日ってありますよね。

ついいつものように厚着をして出かけてしまい、汗をかいてしまう。

でも久しぶりの陽気に気分は上々。

日本語にはそんな日を表わす素敵な言葉があります。

こはるびより【小春日和】

陰暦十月のころの(ような)よく晴れた暖かい日和。

『新明解国語辞典 第七版』

英語でもこれに似た表現はないのかな?と思って探していたら、こんな表現に出会いました。

Indian summer

  1. a period of dry warm weather in the autumn/fall
  2. a pleasant period of success or improvement, especially later in sb’s life

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

それにしても、なぜ「インディアンの夏」がこのような意味になるのでしょう?

気になったので、さっそく語源を調べてみました。

Indian summer (n.)

“spell of warm weather after the first frost,” first recorded 1778, American English, perhaps so called because it was first noted in regions inhabited by Indians, or because the Indians first described it to the Europeans. No evidence connects it with the color of fall leaves or a season of Indian attacks on settlements.

『Online Etymology Dictionary』

(初霜の後に暖かい天候が続くこと。最初の記録は1778年。アメリカ英語。そのように呼ばれた理由は、おそらくインディアンの居住地で最初に言及されたためか、あるいはインディアンが最初にそれをヨーロッパ人に伝えたためであろう。なお落ち葉の色やインディアンの開拓地への襲撃時期と結びつける説に証拠はない。)

小春日和は、インディアンの襲撃日和なんていう説もあるんですね。

もし真実でないなら、どこか差別的な色合いも感じますが、実際のところはどうなのでしょう?

いずれにしても「インディアンの夏」というのは、さまざまな想像力をかきたてる表現なのだと思います。


cialis viagra online accutane