cialis viagra online accutane

忘れん坊

<17102201

先日、ある約束を忘れてしまった知り合いの人が「私、忘れん坊なんですよ」と言っていました。

忘れん坊って何だか素敵な日本語ではないでしょうか。

これは辞書にのっている言葉なのだろうか?と思い、調べてみるときちんと出ていました。

わすれんぼう[忘れん坊](名)

〔俗〕ものごとを忘れやすい人。わすれんぼ。

「三省堂国語辞典 第七版」

日本語にはこの「忘れん坊」の他にも[ーん坊]の付く言葉がたくさんあります。

辞書からざっと拾ってみました。

  • あかんぼう[赤ん坊]
  • あばれんぼう[暴れん坊]
  • あまえんぼう[甘えん坊]
  • あわてんぼう[慌てん坊]
  • いやしんぼう[卑しん坊]
  • おこりんぼう[怒りん坊]
  • かくれんぼ[隠れん坊]
  • きかんぼう[利かん坊]
  • くいしんぼう[食いしん坊]
  • くろんぼう[黒ん坊]
  • けちんぼう[けちん坊]
  • さくらんぼ[桜桃・桜ん坊]
  • しわんぼう[吝ん坊]
  • たちんぼ[立ちん坊]
  • とおせんぼ[通せん坊]
  • わすれんぼう[忘れん坊]

これらの[ーん坊]に共通する意味は何でしょう?

三国ではこの[ーん坊]という造語成分そのものも見出し語になっているので、そちらを参照してみました。

ーんぼう[(ん坊)](造語)

①困った性質の人を呼ぶことば。

「あまえー・あわてー・けちー・忘れー」

②そういうすがたやかっこう、行動(をしている人)。

「赤ー〔=赤ちゃん。赤いから言う〕・はだかー・立ちー・かくれー」

③動植物をしたしんで言うことば。

「あめー・さくらー・つくしー」

▽んぼ。

「三省堂国語辞典 第七版」

さきほど並べた[ーん坊]の付く言葉の多くは、上記の分類で①の「困った性質の人を呼ぶことば」に当たります。

ただ「怒りん坊」と言われると「短気な人」より柔らかい感じがしますし、「慌てん坊」と言われると「そそっかしい人」より愛嬌があるような気がします。

そういう意味で[ーん坊]というのは、私たち人間のマイナスな一面を暖かく受け入れてくれる、貴重な日本語なのではないでしょうか。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


atlas(アトラス)

17102101

昔から地図を眺めるのが好きでした。

風変わりな地名を見つけたり、そこに住む人々の暮らしを想像したり。

地図というのは私たちの手元に置くことのできるコンパクトな「世界」であり、その楽しみ方は眺める人の数だけ無限にあるような気がします。

机の脇には昔アメリカで購入した World Atlas の本が置いてあるのですが、英語の地図帳を眺めていると「この地名は英語ではこんな風に表すんだ」というような発見もあります。

World Atlas の atlas というのは「地図帳」の意味。地図一枚なら map ですが、それがたくさん集まると atlas になります。

この atlas という英単語にはいったいどのような由来があるのでしょう?

オンラインの語源辞書『Online Etymology Dictionary』には次のような記述が出ています。

atlas

“collection of maps in a volume,” 1636, first in the title of the English translation of “Atlas, sive cosmographicae meditationes de fabrica mundi” (1585) by Flemish geographer Gerhardus Mercator (1512-1594), who might have been the first to use this word in this way. A picture of the Titan Atlas holding up the world appeared on the frontispiece of this and other early map collections.

「Online Etymology Dictionary」

atlas(アトラス)というのはもともとギリシア神話の神様の名前。ゼウスとの戦いに敗れた彼はその巨大な体で世界を支える役割を担わされました。

この atlas と地図帳のつながりを作ったのは、いわゆるメルカトル図法で有名なフランドルの地理学者メルカトル。

彼が16世紀末に編纂した地図帳の表紙に atlas の姿を描き、本のタイトルにも atlas を入れたことで、後年、地図帳を意味する一般名詞として定着したのだそうです。

なおアトラスという単語は日本語の中にも入り込んでいます。

アトラス(名)〔atlas〕

地図を本の形にまとめたもの。地図帳。

→:マップ。

「三省堂国語辞典 第七版」

世界を支え続けたアトラスはやがて年をとり、その苦行から逃れるため、自らメデューサの首を見て石になったという伝説もあるのだとか。

そんなアトラスの名前は今や世界中の地図帳に冠されています。これは長年の苦行に報いて与えられた名誉の一つなのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.506 − 新しい睡眠薬

17102001

「日本では成人の5人に1人が慢性的な不眠を抱えている。」

以前にそんなニュースを読んだことがあります。

5人に1人というのはもちろんかなりの割合ですが、諸外国と比べたときにこの数字は突出して高いのでしょうか?

先日、フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」を読んでいたら、フィンランド人の多くも不眠に悩んでいるという記事が出ていました。

Uusia unilääkkeitä testataan

Monet nukkuvat huonosti. Jopa miljoona suomalaista kärsii uniongelmista.

Nyt testataan uudenlaisia unilääkkeitä. Ne parantavat unen laatua. Lääkkeet eivät tee muistia huonoksi.

Potilaan ei ehkä tarvitse käyttää uudenlaisia unilääkkeitä kauan. Uniongelmat voivat uusien lääkkeiden avulla loppua kokonaan.

Tämä on hyvä uutinen ihmisille, jotka nyt tarvitsevat unilääkettä joka yö.

Uudenlaiset unilääkkeet tulevat apteekkiin ehkä 2 tai 3 vuoden päästä.

新しい睡眠薬がテストされる

多くの人がよく眠れていない。100万人ものフィンランド人が睡眠障害に苦しんでいる。

今、新しい睡眠薬がテストされている。その薬は睡眠の質を改善し、記憶に悪い影響を与えたりはしない。

患者はおそらく長く新しい睡眠薬を使う必要はない。睡眠障害は新しい薬の助けによって、完全に治る。

このことは、今、毎晩睡眠薬を必要としている人々にはよいニュースだ。

新しい睡眠薬は2〜3年後に薬局に届けられる。

フィン
unilääke sleeping pill 睡眠薬
testata test テストする
jopa as much as 〜も
kärsiä suffer 苦しむ
uniongelma sleeping problem 睡眠障害
parantaa implove 改善させる
laatu quality
muisti memory 記憶
potilas pacient 患者
uudenlainen new, novel 新しい、斬新な
kokonaan wholly 完全に
apteekki pharmacy 薬局
pää head

 

今回の記事中、100万人のフィンランド人が睡眠障害を抱えているという記述があります。

フィンランドの人口は約550万人ですので、睡眠障害を抱えている人の割合は5.5人に1人。

だとすれば、計算上は日本とほぼ同じ割合になります。

睡眠の問題というのは万国共通の悩みなのかもしれませんね。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


とうざい、とうざい!

17101901

ムーミンの小説作品の第三作『たのしいムーミン一家』の中に、ムーミンと仲間たちが山で魔法の帽子を拾ってくるというエピソードが出てきます。

魔法の帽子は、中に入れたものをすっかり他の姿に変えてしまう力を持っています。

拾ってきた当初ごみ箱代わりにしていた帽子にムーミンが投げ捨てた卵の殻は、五つの小さい雲に姿を変えました。

その雲に乗ったスノークのおじょうさんの様子を見て、いっしょにいたスニフは自分も乗ってみようとします。

「ぼくも乗ってみようっと」

こういってスニフは、べつの雲にとび乗ると、玉乗りでもする気になって、

「とうざい、とうざい!」

とさけびました。ところが、そうやって「とうざい」をいいかけたときに、雲はふわりと動いて、しずかに地の上からまいあがったのです。

「たのしいムーミン一家」P.29-30

このシーンの「とうざい」の意味が気になって、しばらく考え込んでしまいました。

こんな表現は辞書には出ていないだろうし、、、と思ったものの、引いてみるときちんと出ているではありませんか。国語辞書すごい!

とざいとうざい【東西東西】

観客のどよめきをしずめ、また、口上を述べる際に、「皆様お静かに」の意でかける言葉。とうざいとうざい。

「新明解国語辞典 第七版」

聞き慣れない表現ですが、「東のお客様から西のお客様まで、みなさまお静かに」というようなニュアンスのかけ声なんですね。

それにしてもムーミンの世界からこんな和風な言葉を拾うことができるとは思いませんでした。

原書のスウェーデン語ではいったいどのような表現だったのでしょう?

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)
トーベ・ヤンソン
講談社 (2011-04-15)
売り上げランキング: 34,292

フィンランド語学習記 vol.505 − 見つかる、見つける

17101801

次の文を比較してみましょう。

Lompakko löytyi kadulta.(道で財布が見つかった。)

Pojat löysivät lompakon kadulta.(少年たちは道で財布を見つけた。)

「Tarkista Tästä」P.79

löytyi は「見つかる」を意味する自動詞 löytyä の三人称単数過去形。

löysivät は「見つける」を意味する他動詞 löytää の三人称複数過去形。

まずはそれぞれの語形変化をお楽しみください。

löytyä löytää
一人称単数現在 löydyn löydän
二人称単数現在 löydyt löydät
三人称単数現在 löytyy löytää
一人称複数現在 löydymme löydämme
二人称複数現在 löydytte löydätte
三人称複数現在 löytyvät löytävät
一人称単数過去 löydyin löysin
二人称単数過去 löydyit löysit
三人称単数過去 löytyi löysi
一人称複数過去 löydyimme löysimme
二人称複数過去 löydyitte löysitte
三人称複数過去 löytyivät löysivät

 

さてここからが本題。

フィンランド語にはこの löytyä と löytää のように自動詞・他動詞が対になった単語が多く見られます。

一方、英語にはこの自動詞に当たる単語が存在しないケースもあります。

そのため冒頭の例文を自然な英文に訳そうとすれば次のようになるでしょう。

A wallet was found on the street.
The boys found a wallet on the street.

英語には löytyä に当たる自動詞がないので、be found と受動態を使って表すことになります。

改めて日本語、英語、フィンランド語の関係を整理してみましょう。

日本語 見つかる 見つける
フィン語 löytyä löytää
英語 be found find

 

こうして見ると、日本語とフィンランド語は語彙のあり方が似ており、英語は違っているということがわかります。

にもかかわらず、例えば「道で財布が見つかった」という内容をフィンランド語で表現しようとしたときに、A wallet was found on the street. のような英語の構造を思い浮かべてしまったという経験はありませんか?

日本語に「見つかる」という自動詞があるにもかかわらず、わざわざ英語の be found を連想してしまうということは、やはり第三言語(フィンランド語)を学ぶときには第二言語(英語)の影響が強く現れるということなのだと思います。

*以前にそのあたりの内容をまとめた記事はこちら。
Finnish as a third language − 第三言語としてのフィンランド語習得を考える

細かい話ではありますが、そんなところにちょっとした語学の難しさを感じている今日この頃です。


presentator(プレゼンテイター)

17101701

先日あるプレゼンテーションの研修に参加したときのこと。

講師の先生がプレゼンテーションをする人のことを繰り返し「プレゼンテーター」と呼ぶのが気になりました。

プレゼンテーター?

違和感があるなあと思い、英語の辞書を引いてみたもののやはり presentator という単語は出ていません。プレゼンをする人はプレゼンテーター(presentator)ではなく、プレゼンター(presenter)のはず。

おそらくプレゼンテーションという語感に引っ張られてプレゼンテーターになってしまったのだろうとその場では解釈していました。

しかし帰宅後もこのプレゼンテーターという表現が気になってしまい、念のため国語辞書を引いてみたら何と掲載されているではありませんか。

プレゼンテーター(名)〔和製 presentator〕

プレゼンテーションをする人。

「三省堂国語辞典 第七版」

もちろん和製英語のラベルが貼ってありますので、英語の語彙に presentator が存在しないことは間違いありません。ただ国語辞書に掲載されているということは、

  • セミナーの先生が話したのは英語ではなく日本語である。
  • よってプレゼンテーターという表現は間違っていない。

という理屈も成り立つのでしょうか?

和製英語だからダメということになれば、サラリーマンやビジネスホテルのような日本語もダメということになってしまいます。

ここでのポイントはその言葉がどこまで日本語に浸透しているかということ。プレゼンテーターはすでに日本語の市民権を得た表現なのでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane