cialis viagra online accutane

アルファベットに歴史あり

18052201

様々な分野のインフォグラフィックを扱う「UsefulCharts.com」というサイトでアルファベットの起源に関するスライドが公開されていました。

By Matt Baker / UsefulCharts.com /  CC BY-NC-SA 3.0

By Matt Baker / UsefulCharts.com / CC BY-NC-SA 3.0

これはすごい!

表を眺めていて面白いと思ったのは、

  • F が UVWY と同根の文字であること。
  • もともと I っぽい文字が Z になり、Z っぽい文字が I になっていること。(なぜでしょう?)
  • X だけがギリシア文字に由来する新しい文字であること。

アルファベットの起源に関しては諸説あるようなので、学問的にはこの表にも突っ込みどころはあるのだと思います。

ただそれはそれとしてこの文字の変化表を眺めていると、わくわくするような、感慨深いような気持ちになります。

好きな人がいたら、その人の歴史(その人がどんな人生を過ごして来たのか)を含めて、その人のことを知りたいという気持ちに近いものがあるのではないでしょうか。

こんな素晴らしいスライドを作成してくれた作者の Matt Baker さんに感謝です。

Evolution of the English Alphabet – UsefulCharts


How do you spell ロイヤル?

18052101

ここ数日、話題になっているイギリス王室のロイヤルウェディング。

このロイヤルというのは、日本人が綴りを間違えやすい英単語の一つではないでしょうか。

loyal

ADJECTIVE

Giving or showing firm and constant support or allegiance to a person or institution.

Oxford Dictionaries

royal

ADJECTIVE

Having the status of a king or queen or a member of their family.

Oxford Dictionaries

  • loyal = 忠誠な
  • royal = 国王の、王室の

という訳でロイヤルウェディングの「ロイヤル」は royal の方。

loyal と royal は日本人が苦手とする[l, r]の違いによって意味が変わってしまうやっかいなペアです。

同種のペアに light(光)と right(正しい)、lip(唇)と rip(裂く)などもありますね。

なおロイヤルと聞いて次の表現を思い出す人もいるかもしれません。

battle royal

PHRASE

A fiercely contested fight or dispute.

Oxford Dictionaries

battle royal は「大乱闘」の意味。

なぜ royal という単語を使うのだろう?と思って少し調べてみたのですが、はっきりとした語源はわかりませんでした。

こちらはあまりおめでたい表現ではないので、これ以上の追求はまたの機会に。


フィンランド語学習記 vol.582 − Avoin salaisuus

18052001

先日、ぼーっと Radio Suomipop を聞いていたときに流れてきた Samuli Edelmann の「Avoin salaisuus」という曲が妙に耳に残って、その後しばらく脳内反復されていました。

タイトルの「Avoin salaisuus」というのはどんな意味でしょう?

フィン
avoin open 開いている
salaisuus secret 秘密

 

avoin salaisuus は open secret(公然の秘密)の意味。

・公然の秘密 句

広く知れわたっているのに、表むき秘密だとされていることがら。

「三省堂国語辞典 第七版」

続いて、さきほどの動画で歌われている部分の訳詞に挑戦してみます。
(歌詞を訳すのは難しい。。。)

Se on piilotettu tänne, se on tässä välillämme
Se on ikivanha samaan aikaan uus
Se on koko ajan näkyvillä, sen näkee vain sydämmellä
Se on avoin salaisuus
Se on avoin salaisuus

それはここに隠れている。それはここに私たちの間にある。
それはとても古く、同時に新しい。
それはいつでも見える。それは心の中にだけ見える。
それは公然の秘密。
それは公然の秘密。
フィン
piilottaa hide 隠す
välillä between 間に
ikivanha very old とても古い
samaan aikaan at the same time 同じ時間に
näkyvä visible 見える
sydän heart
koko ajan all the time いつでも

 

訳してみたものの、何についての歌なのかは結局よくわからず。

ただ意味がわからなくても楽しめるのが音楽。もうしばらく脳内再生は続きそうです。


シヴーチ

18051901

日本語には数多くの外来語があり、その多くは「英語、ドイツ語、フランス語」のようなメジャーな言語に由来しています。

では、ロシア語由来の外来語を挙げてみてと言われたら、どんな言葉を思いつくでしょうか?

今回は『新明解国語辞典』アプリのインデックス機能を使って、辞書の中からロシア語由来の外来語を拾ってみました。

  • アクティブ
  • イクラ
  • インテリゲンチア
  • カペイカ
  • クワス
  • コペイカ
  • コルホーズ
  • コンビナート
  • ザクースカ
  • サモワール
  • シューバ
  • スプートニク
  • 海象
  • ソビエト
  • ソフホーズ
  • タイガ
  • タワリシチ
  • ツァー
  • ツンドラ
  • トーチカ
  • トロイカ
  • トロツキスト
  • ノルマ
  • バラライカ
  • ピロシキ
  • フィトンチッド
  • ペチカ
  • ボルシェビキ
  • ボルシチ
  • メンシェビキ
  • ラーゲル
  • ルバーシカ

いかにもロシア語風(?)の単語が並ぶ中、ひときわ目立つのが「海豚」という単語。

さっそくタップしてみると、

セイウチ【{海象}・{海馬}】

〔ロ sivuch〕

オットセイに似た、大形の海獣。北極海に群棲(セイ)する。太くてあらいあごひげと長い二本の牙(キバ)を持つ。肉・脂肪・牙が利用される。〔セイウチ科〕

かぞえ方 一頭

「新明解国語辞典 第七版」

「海象」は「セイウチ」のことだったんですね。

それにしてもセイウチがロシア語というのはびっくり。

ただもう少し調べてみると、実は「sivuch=セイウチ」ではないという記述も見つかりました。

名はロシア語でトドを意味する「シヴーチ」(сивуч)に由来する。なおロシア語では「モールシュ」(морж) と呼ぶ。

Wikipedia「セイウチ」より

セイウチ【海象】 〘名〙

(ロシア sivuč 「とど」の意の誤伝)…

「精選版 日本国語大辞典」

つまり「セイウチ」のもとになったロシア語(сивуч、sivuč)は実は「トド」を意味する単語だったということ。

これは当のトドやセイウチについては死活問題かもしれませんが、トドとセイウチの違いがよくわかっていない私のような人にとってはとりたてて大きな問題ではない、、、と言ったらトドやセイウチに失礼でしょうか。

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


(剌)アラビア語

18051801

昨日の『13か国語でわかる新・ネーミング辞典』についてのエントリーの中で、本に掲載されているのが次の13か国語であると紹介しました。

  • (英)英語
  • (仏)フランス語
  • (独)ドイツ語
  • (伊)イタリア語
  • (西)スペイン語
  • (葡)ポルトガル語
  • (蘭)オランダ語
  • (羅)ラテン語
  • (希)ギリシア語
  • (露)ロシア語
  • (中)中国語
  • (韓)韓国語
  • (剌)アラビア語

『13か国語でわかる新・ネーミング辞典』

昨日はさらっと流してしまったのですが、この中で気になるのが次の表記。

(剌)アラビア語

なぜ「剌」という漢字がアラビア語になるのでしょう?

*「刺」ではなく「剌」なのでご注意ください。

×刺 ○剌

こんなときはいつものように国語辞書を引いてみます。

アラビア(名)〔Arabia= 亜剌比亜〕

〘地〙西アジアにある世界最大の半島。

「三省堂国語辞典 第七版」

アラビアは漢字で「亜剌比亜」。

さきほどの「剌」はこの二文字目の漢字だったんですね。

それにしてもなぜ一文字目ではなく、二文字目の「剌」を使っているのでしょう?

おそらく一文字目の「亜」を使ってしまうと、アで始まる他の地域(亜米利加など)と混同してしまうためだと思われます。

*アメリカ(亜米利加)も二文字目の「米」を使っていますね。

なおアラビア語が「剌」であるなら「英和辞典、仏和辞典」のように「剌和辞典」もあるのかな?と思って検索してみましたが、そのようなタイトルの辞書は見つからず。どれも「アラビア語辞典」というタイトルでした。

一昔前であれば「剌和辞典」も存在したのでしょうか?

 

13か国語でわかる 新・ネーミング辞典 新装版
学研プラス
売り上げランキング: 192,012

『13か国語でわかる新・ネーミング辞典』

18051701

『13か国語でわかる新・ネーミング辞典』という本を買いました。

13か国語でわかる 新・ネーミング辞典 新装版

まえがきによると「本書は、日本語のキーワードと対照させながらそのまま名づけに使えるカタカナ語(外国語)を並べた即戦力ネーミング本である」とのこと。

ただ内容は、日本語の基本的な語彙とそれを13の外国語に訳したもの(カタカナの発音+綴り)が一覧にまとめられているので、ネーミングの必要がなくても、ことばが好きな人にとっては眺めているだけで楽しい本になっています。

扱っている外国語は以下の13か国語。

  • (英)英語
  • (仏)フランス語
  • (独)ドイツ語
  • (伊)イタリア語
  • (西)スペイン語
  • (葡)ポルトガル語
  • (蘭)オランダ語
  • (羅)ラテン語
  • (希)ギリシア語
  • (露)ロシア語
  • (中)中国語
  • (韓)韓国語
  • (剌)アラビア語

例えば「5月」の項を見ると次のような言葉が並んでいます。

メイ May
mai
マイ Mai
マッジョ maggio
西 マージョ mayo
マヨ Maio
マイ mei
マーイウス Maius
タルゲーリオーン θαργηλίων
マーイ Май
ウーユエ 五月
オウォル 오월
アイヤール ايار

 

ヨーロッパの言語は概ね似通っていますが、ギリシア語のタルゲーリオーン(θαργηλίων)、アラビア語のアイヤール(ايار)など、重々しい(?)響きの単語も含まれています。

カタカナ語のネーミング辞典と言いつつ、きちんと各語の綴りが表記されているのは評価できるポイント。

ギリシア語、ロシア語、韓国語、アラビア語などは知らない文字の形にうっとりしたり、音を想像したりして楽しんでいます。

多言語学習や言語そのものに興味がある人におすすめの一冊です。

 

13か国語でわかる 新・ネーミング辞典 新装版
学研プラス
売り上げランキング: 93,294

cialis viagra online accutane