cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.532 − トゥルクと埼玉の共通点

18011501

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にフィンランドの古都トゥルクについての短い読み物が出ていました。

TURKU

Turku on Suomen vanhin kaupunki ja maamme entinen pääkaupunki. Kaupungin mielenkiintoiseen historiaan voi tutustua Turun linnassa. Kannattaa käydä myös Luostarinmäen käsityöläismuseossa ja tuomiokirkossa

トゥルク

トゥルクはフィンランドの最も古い街であり、前の首都です。街のおもしろい歴史はトゥルク城で知ることができます。ルオスタリンマキ手工芸博物館と大聖堂も訪れる価値があります。

フィン
entinen former 前の
mielenkiintoinen interesting おもしろい
tutustua get to know 知り合いになる
kannattaa to be worth 〜する価値がある
käsityö handwork 手仕事
tuomiokirkko cathedral 大聖堂

 

この Turku という地名は格変化に伴って、中の[k]が落ちることがあります。

Turku(トゥルク)
Turun linna(トゥルク城)
主格 〜は/が Turku
属格 〜の Turun
内格 〜の中で/に Turussa
出格 〜の中から Turusta
入格 〜の中へ Turkuun

 

最初にこのルールを知ったときは「フィンランド語は固有名詞でも格変化するのか」とびっくりしました。

この現象は改めて考えてみると、日本語のイ音便に似ているような気もします。

いおんびん[イ音便](名)

〘言〙音便の一つ。「キ・ギ」などの音が「イ」の音になるもの。例、「咲きて」→「咲いて」。「脱ぎて」→「脱いで」。

「三省堂国語辞典 第七版」

地名で言えば「埼玉(さきたま)」が「埼玉(さいたま)」になったという例もあります。

もちろん一つの会話や文章で埼玉が「さきたま」になったり「さいたま」になったりする訳ではないので、フィンランド語と日本語の音変化を同列に考えることはできませんが、傾向としては似ているのではないか。そんなことをふと考えました。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.531 − 寒さに強い、寒さに弱い

18011401

先日のフィンランド語教室で、タイプ6の動詞[-etA]について話していたときのこと。

先生が紹介してくれたのが tarjeta という動詞。

なんと一語で「寒さに強い」という意味を表すのだそうです。

Wiktionary で調べてみると、次のように出ていました。

tarjeta

(intransitive) To (be able to) withstand the cold, be warm enough (in order not to shiver with cold).

Tarkenenkohan minä ulkona näillä vaatteilla?
(I wonder if I’m warm enough outdoors with these clothes.)

「Wiktionary」

「寒さに強い」の他に「十分暖かい」という意味もあるようです。

今の季節に使い勝手の良さそうな単語ですね。

日本語にも似たような表現はないだろうか?と考えてみると、寒さに強いという表現は思いつかなかったものの、逆の表現ならあることに思い当たりました。

さむがり[寒がり](名・形動ダ)

ふつうの人よりも、よけい寒さを感じる〈性質/人〉。(↔暑がり)

「三省堂国語辞典 第七版」

もしかしたらフィンランド語にもこれに類する表現があるのかもしれませんが、寒がりの人がフィンランドで暮らすのはしんどそうです。

寒さに強いフィンランド語と寒さに弱い日本語。他の言語にも似たような表現はあるのでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.530 − タイプ6の動詞あれこれ

18011301

昨日のエントリーでは、フィンランド語の動詞のうち、タイプ6の動詞の活用を扱いました。

フィンランド語学習記 vol.529 − 動詞の活用(タイプ6)

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

タイプ6の動詞は他のタイプに比べて数は少なめ。以下、代表的なものを拾ってみました。

  • edetä(前進する)
  • heiketä(弱くなる)
  • kyetä(できる)
  • kylmetä(寒くなる)
  • laajeta(広くなる)
  • lämmetä(暖かくなる)
  • paeta(逃げる)
  • pienetä(小さくなる)
  • pidetä(長くなる)
  • suureta(大きくなる)
  • vaieta(黙る)
  • vanheta(年をとる)

このリストを見て気付いた人もいるかもしれませんが、タイプ6の動詞の多くは形容詞がもとになっています。

そのため、もとの形容詞を知っていれば意味を推測できることも。

heiketä(弱くなる) heikko(弱い)
kylmetä(寒くなる) kylmä(寒い)
laajeta(広くなる) laaja(広い)
lämmetä(暖かくなる) lämmin(暖かい)
pienetä(小さくなる) pieni(小さい)
pidetä(長くなる) pitkä(長い)
suureta(大きくなる) suuri(大きい)
vanheta(年をとる) vanha(古い、年をとった)

 

形容詞から動詞を作るとき、日本語の場合は形容詞に動詞の「なる」を足して作りますが(寒い+なる=寒くなる)、「弱くなる→弱まる」「暖かくなる→暖まる」のように一語に縮められるケースもあります。

一方、フィンランド語は形容詞の語尾を[-etA]の形に変えて一語の動詞で表しますが(kylmä → kylmetä)、すべての形容詞を[-etA]の形にできる訳ではありません。

すなわち、原則は原則として、個々の事例は個々の事例として覚えていく必要がありそうです。


フィンランド語学習記 vol.529 − 動詞の活用(タイプ6)

18011201

フィンランド語の動詞は語尾の形によって6つのタイプに分類できます。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

今回はこのうちタイプ6の動詞について、活用形の作り方をまとめておきたいと思います。

例に使うのはこちらの単語。

kylmetä(寒くなる)
lämmetä(暖かくなる)

 

1)語尾の[-tA]を[-ne]に変える。

まず語尾の[-tA]を[-ne]に変えます。

kylmetä → kylmene
lämmetä → lämmene

 

2)kpt 交替のチェック

タイプ6の動詞ではいわゆる逆 kpt 交替が起こる場合があります。

逆 kpt 交替は下表で右から左への子音の変化。

kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 

このルールをさきほどの動詞に当てはめると次のようになります。

kylmene → 変化なし
lämmene → lämpene

どちらも語尾は同じ[-mene]ですが、lämmene の方は[mm → mp]の変化が適用されるので注意が必要です。

 

3)人称ごとの活用語尾を付ける

最後に活用語尾を付けて、できあがり。

minä kylmenen lämpenen
sinä kylmenet lämpenet
hän kylmenee lämpenee
me kylmenemme lämpenemme
te kylmenette lämpenette
he kylmenevät lämpenevät

 

このタイプ6の動詞、数は少ないものの、忘れた頃に出てきて、「あー、タイプ6の変化ってどうするんだっけ?」と思うことがあります。

この数が少ないというのが曲者で、文法事項というのは難しくても出現頻度が高ければ覚えてしまいますし、簡単でも出現頻度が低ければ忘れてしまいます。

この機会に、タイプ1〜5の動詞と合わせて復習しておきたいと思います。


「癒す」と「癒やす」はどちらが正しい?

18011101

パソコンで文章を作成していて、漢字変換をしたときに、送り仮名の候補が複数あって選択に迷うことがあります。

例えば「いやす」という動詞。

今、この文章を打っている Mac では「癒す」と「癒やす」という二つの候補が表示されます。

みなさんはどちらの表記がしっくりくるでしょうか?

念のため、辞書を調べてみると次のように出ています。

いやす[癒やす](他五)

  1. 〔文〕病気をなおす。苦痛をなくす。→:癒える。
  2. 気持ちをやわらげる。くつろがせる。〔多く、受け身で使う。「癒やされる音楽」〕

「三省堂国語辞典 第七版」

いやす【癒(や)す】(他五)

  1. 病気をなおす。「湯治場で傷をー」
  2. 苦痛などをなおす。「いやされる」

「新明解国語辞典 第七版」

三国は「癒やす」の一択。一方、新明解は「癒(や)す」となっているので「癒す」の表記も許容しています。

ネットで調べてみると、この問題について詳しく説明した次の記事を見つけました。

癒す?癒やす? ― 常用漢字改定と送り仮名 – ことばマガジン:朝日新聞デジタル

この記事には、慣例として過去には「癒す」が用いられてきたこと、しかし送り仮名のルールに従えば「癒やす」が正しいことが紹介されています。

この送り仮名のルールというのは、昭和48年6月に出された内閣告示「送り仮名の付け方」のこと。

通則1  本則 活用のある語(通則2を適用する語を除く。)は、活用語尾を送る。

通則2  活用語尾以外の部分に他の語を含む語は、含まれている語の送り仮名の付け方によって送る。

これだけだと少々わかりにくいので、次の例で考えてみましょう。

動く 動かす
癒える 癒やす

 

通則1の「活用のある語は、活用語尾を送る」という原則に従えば、「動かす」という動詞は本来「動す」と表記するはず。

しかし同じ「動」を使った「動く」という動詞もあるので、通則2の「活用語尾以外の部分に他の語を含む語は…」が適用され、「動く・動かす」のように送り仮名を揃えます。

「いやす」もこのルールに当てはめれば、「癒やす」と表記するのが正しいということになります。

引用記事の説明はここまでなのですが、一つ思ったのは「癒える」という表現が現代ではあまり使われなくなってきているのではないか?ということ。

もし仮に「癒える」という動詞が消失してしまえば、さきほどのルールでは「癒やす」よりも「癒す」の方が正しいということになります。

もちろん「癒える」は(特に書き言葉では)まだまだ現役の言葉ですし、さすがに数年以内に消えてしまうようなことはないでしょう。

ただ「癒す・癒やす」の表記のゆらぎの問題には、このあたりの事情も微妙に絡んでいるような気がします。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,200(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


nevermas

18011001

OED(Oxford English Dictionary)のツイッターアカウントでは一日一回 Word of the Day としてユニークな単語を紹介しています。

昨日流れて来たのはこんな単語。

nevermas は「決して訪れない時間や日」を意味する英単語。

これはすごい単語だと思ったので、すぐにメモ。

nevermas の具体的な例を思いつくままに挙げてみると、

  • 1月32日
  • マイナス20歳の誕生日
  • フィンランド語が世界の公用語になる時代
  • 一切の争いがない時代、人と人が完全にわかりあえる時代
  • etc.

さまざまに想像力の膨らむ単語です。

なお nevermas の[-mas]というのは「祭、祝祭日」を意味する接尾辞。

Christmas の[-mas]もそうですし、次のような単語にも使われています。

Candlemas

n. (ローマカトリックで)聖燭せいしょく祭、聖母お潔きよめの祝日、(英国国教会で)被献日、処女マリア被潔日:2月2日;御子みこキリストを神殿にささげ、聖母マリアが潔めの式にあずかったのを記念するキリスト教会の祝日;Candlemas Day.

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Hallowmas

n. ⦅古⦆ 万聖節、諸聖人の祝日(All Saint’s Day)(11月1日). (また Hallowmass)

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Lammas

n. 1 収穫祭、ラマス:昔、英国で8月1日に行われた祭り;新麦で作ったパンをささげて祝った.

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Martinmas

n. (聖)マルティヌス祭:St.Martin を記念して11月11日に行う.

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Michaelmas

n. ⦅主に英⦆ 聖ミカエル祭:天使長 Michael を祝う9月29日の祭り;英国では四季支払日(quarter day)の一つ. (また Míchaelmas Dày)

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

このような祝祭のイメージに否定の never を重ねた nevermas。

深刻な話題ではなく、At nevermas I’ll go on a date to Disneyland. のようにちょっとした愚痴に使ってみるのも面白そうな単語です。

みなさんにとっての nevermas はいったいどんな一日でしょうか?

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane