cialis viagra online accutane

procrastination nanny

17091301

英語の新語マニアのみなさんにおすすめなのが、Cambridge Dictionary のブログ About words の中で毎週更新されている New words というタイトルのエントリー。

About Words – Cambridge Dictionaries Online blog – Commenting on developments in the English language

ここでは Cambridge Dictionary への掲載が決まった単語ではなく、Web上などから拾った、一般にはまだ定着していない表現を主に紹介しています。

またそれぞれの項目に対して私たち読者も以下の三択から投票できる仕組みになっています。

  • Yes! I’ve heard/read this term a lot.
  • Definitely not!
  • Let’s wait and see. Maybe people will start using it.

先日のエントリーでは、こんな表現が取り上げられていました。

procrastination nanny

a person whose job is to encourage you to do tasks that you have been putting off

procrastination は「ぐずぐずすること」、nanny は「乳母」の意味。

procrastination nanny というのは「先延ばしにしているタスクに取りかかるよう励ます仕事の人」という意味。

今日できることを今日やらない、いわゆる先延ばしというのは人類に共通の宿痾なのかもしれません。

リマインダーやタスク管理のアプリケーションは、ある意味 procrastination nanny の一種と言えるでしょうし、今後人工知能が発達すればロボット型の procrastination nanny が登場する可能性もあるでしょう。

究極の procrastination nanny というのは、もしかしたらドラえもんみたいな存在なのかもしれないなと思ったりもします。


フィンランド語学習記 vol.497 − 本を集める人

17091201

電子書籍の利便性は認めつつも、紙の本の手触りも捨てがたい。

本好きの人なら、そのような感情を抱いている人も多いでしょう。

現在のようにデジタルデータのない時代、一冊の紙の本には私たちの想像が及ばないような価値があったのかもしれません。

今回はフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」から本にまつわる素敵なコラムを一つ紹介してみたいと思います。

Kirjastojen sankari Matti Pohto

Matti Pohto on suomalaisen kirjallisuuden sankari, joka on unohdettu.

1800-luvun alkupuolella Matti Pohto käveli tuhansia kilometrejä ympäri Suomea. Hän keräsi kirjoja. 4 000 suomenkielistä kirjaa tarvittiin niiden tilalle, jotka paloivat Suomen suurimman kirjaston mukana Turussa 190 vuotta sitten. Matti Pohto ehti kerätä melkein kaikki 4 000 kirjaa. Vain muutama puuttui, kun hän kuoli.

Matti Pohto keräsi kirjoja, vaikka hän oli köyhä eikä päässyt lapsena kouluun.

図書館の英雄、マッティ・ポフト

マッティ・ポフトは、忘れられたフィンランド文学の英雄である。

1800年代前半、マッティ・ポフトはフィンランドを回って数千キロメートルを歩いた。彼は本を集めていた。四千冊のフィンランド語の本が必要とされていた。190年前のトゥルクにおいてフィンランド最大の図書館とともに燃えてしまった本の代わりとして。マッティ・ポフトは全部でほぼ四千冊の本を集めることができた。彼が亡くなったときには、ほんの数冊が無くなっっていただけだった。

マッティは本を集めたけれども、貧しく子どものときに学校へ行くことはできなかった。

フィン
sankari hero 英雄、ヒーロー
kirjallisuus literature 文学
unohtaa forbid 忘れる
alkupuoli first part 前半
kävellä walk 歩く
tuhat thousand 1,000
ympäri around 〜を回って
kerätä collect 集める
tarvita need 必要とする
palaa burn 燃える
ehtiä have time, make it 間に合う、到達する
muutama a few, some いくつかの
puuttua to be missing 欠く、失う
kuolla die 死ぬ
köyhä poor 貧乏な
päästä get 行く

 

本を書いた人だけでなく、このように本を後世に残した人も、たしかにフィンランド文学の英雄なのでしょう。

時代を超えて、先人から受け継がれた貴重な書物たち。これからも一冊一冊との出会いを大切にしていきたいと思います。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


山歩きのきろく(1)− くもり空の金時山[2017.09]

ふと山歩きの記録を書いてみたくなったので、先週訪れた金時山のことを書いてみようと思います。

一応タイトルに(1)と振ってみましたが、(2)があるのかどうかはわかりません。

金時山は箱根の北端、神奈川と静岡の県境にある標高1,212mの山です。

 

金時山への行き方

手持ちのガイドブックやネット上の情報は東京から来る人を想定しているため、新宿発の小田急箱根高速バスに乗ることをおすすめしていることが多いです。

料金的にも、登山口まで乗り換えなしで行けるというアクセスの面でも、都内から行くなら高速バスを使うのがベストとのこと。

ただ自分のように横浜近辺から行く場合は、JR東海道線で小田原へ、そこで小田急の箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本駅へ、さらに箱根登山バスに乗り換えて登山口へと乗り継いでいくことになります。

(後から知ったのですが、小田原から直接登山口まで行くバスもあるみたいですね。)

17091101

 

当日

朝8時に自宅を出発。

遅い!と思われるかもしれませんが、今回は登下山で3時間くらいの工程なので、そんなに急ぐこともないのかなと。当日の天気は薄曇り。

なお金時山には複数の登山口があり、今回は乙女峠の近くにある登山口から登ろうと思っていました。

ところが箱根湯本駅のインフォメーションで聞いてみると、箱根湯本駅から乙女峠へ向かう直通バスは8:50発と9:10発の二本しかないとのこと。

時計を見るとこの時点ですでに10時! 完全に出遅れてしまいました。

ただ他の登山口の近くまで行くバスはあるようなので、予定を変更してそちらへ向かうことに。(このあたり、かなり適当です。)

バスに乗って箱根のつづら折りの道をゆらゆらと。目的のバス停である仙石(せんごく)に着く直前に「乙女峠はこちらで乗り換えです」という車内アナウンスが聞こえました。

なるほど。直通バスがないというだけで、ここで乗り換えて乙女峠に行くことはできるんですね。それならば初志貫徹で乙女峠へ。

途中トンネルに入る前に「トンネルを抜けると静岡県に入ります」との車内アナウンス。今回、県をまたぐという意識は全くなかったのですが、ここで一旦静岡へ抜けることになるんですね。

そんなこんなで乙女峠バス停に着いた頃にはもう11時。

晴れていればここから富士山が見えるようなのですが、あいにくこの日は曇り模様。

17091102

「静岡県へようこそ」の看板がありました。

17091103

まだ一歩も登っていませんが、目の前に団子屋さんがあったので、さっそく休憩。

17091104

お茶のサービスもあって嬉しい限り。

17091105

一服して、ようやく乙女峠登山口へ向かいます。ここから山頂までは75分の表示。

17091106

この日は平日だったせいか、他の登山客の姿は見えません。

(時間が遅かっただけという説もあります。)

登山口から乙女峠までは岩がごろごろした道。30〜40分ほど歩いて乙女峠に到着。

17091107

ここから先はかなり急な登りが続きます。スニーカーなどで来てしまうとかなり大変かもしれません。

さきほどの乙女峠から20分ほど歩いて、長尾山頂に到着。

17091108

山頂とは言っても眺望はなく、周囲を木に囲まれた小さな広場のようになっています。

長居する雰囲気ではないので、どんどん先に進みます。

17091109

視界は不良。

17091110

ここからは一旦下り道。目的の山頂に着いていないのに下るというのは何だか損をした気分。結局はその分登り返さなければならないので。

長尾山頂から30〜40分ほど歩いて、ようやく山頂の茶店らしい建物が見えてきました。

そしてついに山頂へ到着!

17091111

しかし一面に靄がかかっていて、全く見晴らしはありません。

晴れていればここから富士山がきれいに見えるようなのですが、、、

まあ仕方ないということで、バックパックを下ろして一休み。

二件ある茶店では軽い食事もできるようですが、あまりお腹が空いていなかったので、手持ちのラスクとレーズンパンをつまみます。

17091112

また山頂にはきれいな有料トイレ(100円)もありました。

20〜30分くらい休憩して、下山ルートへ。

帰りは登ってきたルートとは逆側の金時登山口バス停に近い登山口を目指して下りていきます。

「金時登山口」というバス停の近くにある登山口なのですから、こちらがもっともメジャーなルートなのでしょう。

尾根歩きの途中で麓の様子が見えました。うれしい!

17091113

当然下りの方がペースは早く、14時過ぎには下山完了。

17091114

頂上にいた20〜30分も含めて全体で3時間程度のコースでした。

そろそろお腹も空いてきたなと思っていたところ、登山口から国道138号に出たところにラーメン屋さんがあったので入ってみることに。

17091115

お店の雰囲気もよく、おいしくしょうゆラーメンをいただきました。

17091116

この後、バスで箱根湯本に戻ったら、ついに小雨がぱらぱらと。

しかし山登りの締めくくりはやはり温泉ということで、箱根湯本駅から歩いて数分のところにある日帰り温泉へ。

なぜか浴室に一人も人がおらず、入ってから出るまで貸切状態。箱根の温泉は初めてでしたが、とてもよいお湯に大満足。ゆっくりしてから帰りました。

この日は終日曇天だったので、次回はぜひ山頂から富士山が見えるような晴天の日に再挑戦してみたいと思います。


「探す」と「捜す」の違いとは?

17091001

デジタルカメラの充電ケーブルが見当たらなくなってしまい、家のあちこちを探したものの見つかりません。

「はー」とため息をつきつつ思ったのは、「さがす」という日本語の動詞には「探す」と「捜す」という二つの漢字があるなということ。

そもそもこの二つの漢字に意味の違いはあるのでしょうか?

第一感では「捜す」という漢字には「人を捜す」という意味があるのではないかと思ったのですが、調べてみるとどうも違うようです。

さがす[探す](他五)

①〔ほしいものを〕〈見つけよう/手に入れよう〉として、動き回る。

②見つけようとしてほうぼうを見る。

「三省堂国語辞典 第七版」

さがす[捜す](他五)

〔見えなくなったものを〕見つけ出そうとして、ほうぼうを調べる。

「三省堂国語辞典 第七版」

三国によると、

  • 探す=ほしいものを探す
  • 捜す=見えなくなったものを捜す

という違いがあるとのこと。

ということは、冒頭の例のように見当たらない充電ケーブルを「さがす」という場合には、「探す」よりも「捜す」の方が適切なのでしょうか?

(だとしても「探す」と書いたら間違いということはないでしょうが。)

またこの使い分けに基づくと、例えば「恋人をさがす」と言いたいとき、漢字一つで次のようなニュアンスの違いが生まれてしまうのかもしれません。

  • 恋人を探す=恋人がいない人が恋人を探す
  • 恋人を捜す=恋人がいる人が行方不明の恋人を捜す

そうだとすると、同じ「さがす」でも、うっかり漢字を間違えただけで無用な誤解を招いてしまいそう。使い分けにはくれぐれも注意したいものです。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


How do you spell ライチ?

17090901

この前の蒸し暑い日に、駅のホームの自動販売機で「ソルティライチ」のペットボトルを買ったときのこと。

何気なくボトルのラベルを見ると SALTY LITCHI と書いてあります。

「へえー、ライチって litchi って綴るんだ。」

「でも、予備知識なしにこの綴りを見たらリッチって読んでしまいそう。」

「そもそも、litchi って英語らしくない綴りだな。」

などと考えて、Wikipedia を見てみると「ライチ(ライチー)」というのは広東語、または台湾語・閩南語の発音に基づくと書いてあります。

*標準中国語では「リーチー」という音になるとのこと。

そのように言われてみると、たしかに中国語っぽいような気もしてきます。

また英語では「ライチ(ライチー)」と「リーチー」の発音が併用されているとも書いてありました。

そこで英語辞書を引いてみると、このように見出し語が出ています。

lychee (also lichee, litchi)

NOUN

A small rounded fruit with sweet white scented flesh, a large central stone, and a thin rough skin.

Oxford Dictionaries

つまり英語のライチには、ソルティライチのボトルに書いてあった litchi 以外にも複数の綴りがあることになります。

おそらくは外国語の音を表すのに適した綴りが模索された結果なのでしょうか。

個人的には「ライチー」なら lychee、「リーチー」なら lichee に一票を投じたいように思います。

でも「ライチー」なら liechee の方がいいかなとか、「リーチー」なら leechee の方がいいかなとか色々考えてしまったり、、、英語の綴り字と発音の関係は本当に複雑ですね。


abibliophobia

17090801

怖いものというのは人それぞれ。

例えば、高いところが怖い(=高所恐怖症)、狭いところが怖い(=閉所恐怖症)、尖ったものが怖い(=先端恐怖症)という自覚のある人は多いでしょう。

あるいはそういったメジャーな恐怖症以外に、自分でも自覚していないようなマイナーな恐怖症が心の奥底に潜んでいることもあるかもしれません。

私は次の単語を見つけたときに「これは自分のことだ!」と思わずにはいられませんでした。

abibliophobia (uncountable)

(humorous) Fear of running out of things to read.

「Wiktionary」

abibliophobia は「読むものがなくなることの恐怖症」の意味。

一つの悪夢を描写してみましょう。

  • 国際線の飛行機に本や雑誌を一冊も持たずに乗ってしまう。
  • スマホはうっかり預け入れ荷物の方に入れてしまった。
  • 機内の雑誌・新聞・パンフレットはすべて未知の言語で書かれている(グルジア語とか)。

この状況が10時間以上続く、、、自分にとってこれほど恐ろしい状況はありません。

もちろん現在の国際線において、英語が読めないなどということは現実にはありえないものの、状況を想像するだけで怖くなってしまいます。

みなさんにとっての怖いものは何でしょう?


cialis viagra online accutane