cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.16 − 語幹の変化について考える

前回のフィンランド語のエントリーで、格変化は覚えるのが大変ではあるものの、慣れてくればそれほど難しいことではないのかもしれないと書きました。

今回はそのことについて、少し考えてみたいと思います。

例えば、下記の語(+語尾)を使って「教会の中で」という意味の変化形を作る場合。

kirkko(教会)
-ssa(〜の中で)

単純に kirkko + ssa = kirkkossa とするのではなく、以下のルールを適用しなければなりません。

ルール① 語幹の最後の音節に[k, p, t]の文字が含まれるときは、語幹が変化する。

語幹が変化するパターンは多岐に渡りますので、変化表を参照すると[kk ⇒ k]というパターンが見つかります。すなわち、

kirkko ⇒ kirko
kirko + ssa = kirkossa

となります。

このようなルールは一通り覚えて適用するしかありませんが、一方ではなぜこのようなルールが適用されるのだろう?という疑問も残ります。

もちろん言葉は生き物なので、単一の理由でそれを説明することはできないと思います。しかし発音練習をしていて気付くのは、少なくともこの語形変化によって発音はやさしくなるということです。

つまり「キルッコ」は簡単に発音できますが、「〜ッサ」がくっついて「キルッコッサ」というのは何だか発音しにくいですよね。一方「キルコッサ」なら簡単に発音できます。

日本語で考えても「◯っ◯っ◯」という風に促音が一つ飛びに来る語はあまり思い当たりません。今、思い浮かんだのは「おっとっと」くらいなものです。

また上記のルール①で語幹の最後の音節に[t]が来る場合も考えてみましょう。

下記の語(+語尾)を使って「通りに」という意味の変化形を作る場合。

katu(通り)
-lla(〜の上に)
katu ⇒ kadu
kadu + lla = kadulla

となります。

この場合も「カトゥッラ」より「カドゥッラ」の方が発音しやすい気がするのは気のせいでしょうか。

このパターンは日本語の「ほん + たな = ほんだな」という変化にも似ています。

そんな訳で、まず格変化の種別はきちんと覚えつつ、語幹の変化は「発音しやすいように変化する」と押させておけば、音読を繰り返すうち舌に馴染んでくるのではないかなあ。。。というのは希望的観測でしょうか?

それを知るためにはまず練習!ということで、頑張っていきましょう。


『エストニア紀行』梨木香歩著

昔、ニュージーランドの南島をドライブしたときのこと。当時住んでいたダニーデンという町から内陸の方へ車を走らせると、すぐに一面の荒れ地となり、次の町までは数十キロメートルもあるとの表示。ときどき羊や牛はいるものの、民家や人影は全くありません。

日本であれば、町から町へと車を走らせても民家が完全に見えなくなるということはそうそうないでしょう。しかしニュージーランドでは町を出るとそこには巨大な「空間」がありました。

この記憶は自分にとって外国というものの原風景になっています。それもそのはず、ニュージーランドは日本の約4分の3の面積に400万人程度が住んでいる国で、人口密度は日本の約20分の1なのでした。

梨木香歩さんの「エストニア紀行」の舞台になっているエストニアも人口は約130万人。ヨーロッパ北東部の小国です。本書の中で、首都タリンの観光を終えた一行が、車で内陸の街タルトゥに向かう描写が出てきます。

だんだん車窓から家が消えていく。車はさらに郊外へと走り続け、広い畑と、森の断片のようなものだけになっていく。

P52

このような描写を読んでいて、ふと昔見たニュージーランドの広大な荒れ地を思い出したのでした。エストニアという国には全く馴染みがなく、おそらくエストニアについての本を読んだのも初めてですが、不思議と懐かしい感情が涌き上がってくるのです。

旅というのは、慣れれば慣れるほど「非日常」という感覚が薄れて行くものだと思います。しかし旅慣れているはずの著者によるこの旅行記で非日常感がふんだんに漂っているのは、一つは舞台がエストニアという珍しい国であること、もう一つは旅の日常を描写する著者の感性が独特のものであることが大きいのではないでしょうか。

本書には幽霊が出てくるホテルや、ヒル治療を行うおじいさんなど、強烈なエピソードも出てくるのですが、読み終わって印象に残るのは、むしろ空港で本を買い込むエピソードや、タリンとトゥルクを行き来する車窓からの風景描写だったりするのです。派手なエピソードよりも旅の中の日常に感応している自分がいました。

 

著者は自然や野生動物に対する思い入れのある人で、コウノトリの渡りを見ることが旅の目的の一つとして挙げられています。その目的が果たせたかどうかは本書を読んでいただくとして、自然に対する深い洞察や、ヒトという種族について、また現代の文明批評など、さまざまな随想が旅のエピソードとともに語られて行きます。読者はそのあたりの著者の思いに共振しつつ、エストニアを巡る旅を追体験していくことになります。

本書にはエストニアの街頭や風景の写真もたくさん納められています。その中でも鮮やかな色彩の民族衣装を着たエストニアの人たちは、強く異国情緒というものを感じさせてくれます。

それから一つこれは面白いと思ったエピソードは、エストニア本土と近隣の島の間の海が冬の間は凍ってしまうため、氷上に車の通行路ができるというエピソード。バルト海は湾状になっているため、もともと外海との海水の循環が少なく、そこへ近隣の河の水が流れ込み塩分濃度が低くなるため凍ってしまうのだそうです。氷上を車で走るというのは、なかなかスリルがありそうですね。

そしてこの本を読み終えての最初の感想は「しばらく旅をしていないな」ということ。仕事を持っていてしばらく旅らしい旅をしていない人におすすめの一冊だと思います。

 

エストニア紀行: ――森の苔・庭の木漏れ日・海の葦
梨木 香歩
新潮社
売り上げランキング: 29,350

オーロラが見られるiPhoneアプリ『Laplication』

マトカトリ(@matkatori)のツイッターで紹介されていた「Laplication」というiPhoneアプリをダウンロードしてみました。

このアプリ、iPhoneのカメラを通してオーロラを見ることが出来るというもの。こちらの初期画面から「オーロラを見る」を選択すると、初めはカメラを通して薄暗く周囲が見えます。

そこでiPhoneを上へ向けるよう指示があるので、ふっと天井へ向けてみると、

こんな風にうねうねと動くオーロラを見ることができます。右上に出ている「ラップランドまでの距離7,007km」という表示がいいですね。

*ラップランドというのは北欧諸国の北極圏地域(主にサーミの人々が住んでいる)を指す名称です。

Laplication は、こんな感じのちょっとした遊び心のアプリですが、その他の機能として、下記のようなこともできます。

  • 手持ちの写真をラップランド風(?)に加工する。
  • ラップランドの風景ビデオを見る。
  • ラップランドの四季や町についての情報を読む。

この画面からラップランドの14の地域の情報を見ることができます。

このアプリはフィンランド政府観光局やラップランド地方が出資したツーリズム・プロジェクトの一環として作成されたようです。とても面白い試みだと思いました。無料のアプリですので、フィンランドや北極圏の文化に興味がある人はぜひお試しください。

 
Laplication Laplication
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 旅行, 写真/ビデオ
App Storeで詳細を見る

 


フィンランド語学習記 vol.15 − 格変化のある文を作ってみる

フィンランド語教室8週目のレポート。

今週からいよいよ本格的に格変化について学ぶことに。そこで今回のエントリーでは、フィンランド語の格変化とはどのようなものであるのか? をフィンランド語を知らない人にも理解してもらえるように説明してみたいと思います。

例えば「私は学校にいます」と言いたいとき。

英語では、I’m at school. というように、私と学校の関係は前置詞「at」で表します。それに対して、フィンランド語では at school に当たる部分を school の格変化(語形変化)による一語で表すという仕組みを持っています。

これだけならよいのですが、フィンランド語の場合、この格変化が約30種類もあるため、初学者が覚えるのはなかなか大変です。また、

  • 名詞と合わせて、その名詞を修飾する形容詞も格変化する。
  • 語形変化のもとになる「語幹」自体が、語のつづりなどによって様々に変化する。

などのルールもあります。

これだけではわかりにくいと思いますので、例えば「私は白い教会にいます」という文を作ってみましょう。必要な単語は下記のとおり。

minä(私)
olen(〜です)
valkoinen(白い)
kirkko(教会)

まずは単純に並べてみましょう。

Minä olen valkoinen kirkko.

このままだと「私は白い教会です」の意味になってしまうので、「教会」を「教会の中に」の形に変化させます。

フィンランド語の「〜の中に」の形は語尾に[-ssa]を付けて作るので、

kirkko + ssa = kirkkossa

としたいところですが、ここでまた別のルールが。

 

ルール① 語幹の最後の音節に[k, p, t]の文字が含まれるときは、語幹が変化する。

この場合の語幹(kirkko)の最後の音節には[k]が含まれていますので、kirkko を変化させなければなりません。この変化パターンは手元の一覧表によると15種類くらいあるみたいです。(もしかするともっとあるのかもしれませんが)

一覧表を探してみると[kk]は[k]に変化するというパターンを見つけることができます。よって、

kirkko ⇒ kirko
kirko + ssa = kirkossa

となります。しかしここで安心してはいけません。

 

ルール② 語幹に[a, o, u]が含まれているときは語尾が[-ssa]のままでよいが、含まれていないときはウムラウト付きの[-ssä]となる。

えーと、この場合は kirkko に[o]が含まれているので、ウムラウトなしの[-ssa]でよいということですね。

さてようやく kirkko の変化が終わったので、次に valkoinen を同様の形に変化させてみましょう。

同じように[-ssa]を付けて、

valkoinen + ssa = valkoinenssa

でよいのかな? 語幹の末尾に[k, p, t]もないし。。。と思いたいところですが、ここでさらに次のルールが登場。

 

ルール③ 語幹の末尾が[i, e]または「子音」で終わっているときは、語幹が変化する。

valkoinen の末尾は[n]ですので、子音で終わっていますね。そこでまたまた別の変化一覧表を参照いたします。

すると語幹が[-nen]で終わっている場合は[-se]に変化するというパターンが見つかり、

valkoinen ⇒ valkoise
valkoise + ssa = valkoisessa

となります。

これでようやく一文が完成し、

Minä olen valkoisessa kirkossa.(私は白い教会にいます。)

という文がめでたく出来上がりました。

たった一文なのに、なかなか大変な作業だと思われたでしょうか?

しかしまだ始めたばかりなのでうかつなことは言えませんが、慣れてくればそれほど難しいことではないのかも、という気もしています。そのあたりの理由はまた別のエントリーで書いてみたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.14 − ウムラウトの憂鬱

ある日のフィンランド語クラスで、先生がこんなことを話しておりました。

学生の一人がノートにフィンランド語の作文を書いているのを見ていると、何とウムラウトの点(ä, ö などの点)がまったく書かれていません。不思議に思って理由を聞いてみると、その学生さんは「点は書かないことにしてるんです」とさらっと一言。

当然、先生は[ä]と[a]はまったく違う音なのに!と怒っておりました。

それはひどい話だなあと思いつつ、一方ではこんなことも思ってしまったのです。

その学生さんの気持ちわかる。

というのは、たしかにウムラウトを書くのはめんどうなのです。特にディクテーションなど速記をしているときに Hyvää päivää. なんて出てくると、もう身悶えしたくなってしまいます。とりあえず点は後で書く!ごめん!という感じで。

大変なのはノートに書くときだけではなく、例えばこのブログ。Macで書いているのですが、ウムラウト文字は、

[option]+[u]+[a]=[ä]

[option]+[u]+[o]=[ö]

と入力しなければなりません。[ä]や[ö]一文字を入力するのにキーボードを3回も叩かなければならないのです。

そんなこともあり、なんだか非効率な文字だなあと思っていたのでした。

しかしある日突然気付いてしまったのです。実は日本語にもあるのですね。このウムラウトが。

先生 「きみ、このかっこうって何?」
生徒 「あ、それはがっこうですね。」
先生 「すると、このハスってのは。。。」
生徒 「それはバスです。」
先生 「何で(゛)を書かないの?」
生徒 「点は書かないことにしてるんです。」
先生 (怒)

という訳で日本語に置き換えて考えてみると、先生の気持ちがよくわかったのでした。

結論:ウムラウトはきちんと書きましょう。


『外国語をはじめる前に』黒田龍之助著

第二言語習得におけるモチベーション研究の嚆矢となった Gardner and Lambert (1972) では外国語を学ぶモチベーションを integrative motivation と instrumental motivation の両面から分析しています。

おおまかに定義すれば、integrative motivation(統合的動機)とは、その外国語が話されているコミュニティ自体に帰属したいというモチベーション。一方、instrumental motivation(道具的動機)とは、その外国語を試験やビジネスに役立てたいというモチベーションと言えるでしょう。

これらは相反する要素という訳ではなく、一人の学習者の中に共存していることもあるはずです。

現代のモチベーション理論はもっと複雑で、必ずしも上記の二項に帰せられる訳ではありませんが、外国語学習のモチベーションを考える上ではしばしば言及される古典的な理論です。

しかし英語や中国語といった言語であれば、このような視点から学習者の胸中を忖度することもできるのですが、これがフィンランド語やエストニア語となるとどうでしょう?

そのような言葉を学んでいる人がいれば、なぜその言葉を選んだのですか?と真っ先に聞いてみたいところです。どんな気持ちで学習を続けているのですか?どんな目標を持っているのですか?ということも。

さて、そんなことを考えながら黒田龍之助さんの「外国語をはじめる前に」という本を読みました。

外国語をはじめる前に (ちくまプリマー新書)
黒田 龍之助
筑摩書房
売り上げランキング: 88,406

 

この本は中高生対象の新書シリーズ・ちくまプリマー新書の一冊で、外国語に興味がある中学生・高校生を対象に言語学の基礎を紹介するための本です。実際、ことばに興味がある人なら立ち止まって考えてみたくなるような言語学的なトピックがたくさん紹介されています。

そして、この本の特徴は著者の教え子である大学生の声(レポート)がたくさんのっていること。例えば、カンボジア語やウルドゥー語を専攻する学生が、自分の専攻言語について自分の言葉で様々な視点から語っています。これがとてもおもしろい。

ポルトガル語専攻の学生が[ç]の発音について巧みな比喩で説明したり、ラオス語専攻の学生が自作の辞書について語ったりする、そのこだわりや熱い語り口に共感してしまうのです。

外国語は英語だけじゃないよなと思っている学生さんや、少数言語(この言い方は好きではないですが)を学んでみたいと思っている人にはおすすめの一冊です。

また多言語学習を支持する本ではいわゆる「英語帝国主義」に対する批判がなされることも多いのですが、著者の英語に対するスタンスは非常にクールです。少々長いですが引用してみます。

世間では過剰なまでに重要視され、学校では試験や成績と関係してくる英語。外国語にはいろいろ興味があるけれど、この英語だけはどうも好きになれない。そういう人もいるだろう。

だが、英語を嫌ってはいけない。

冷静になってほしい。あなたが嫌いなのは、英語ができないと人生真っ暗のように脅迫する教師や、ちょっとばかり英語ができるだけで妙に威張るクラスメートではないか。・・・(中略)・・・

大切なのは、英語で必要な情報が得られることである。本でも辞書でも、あるいはインターネットでもいいけれど、英語を読んで理解する実力がほしい。

P182

このくだりを読んで、そうそう確かに英語自体は何も悪くないのだ、と思いました。

現代の日本における英語の位置付けはどこかいびつなものではあるけれど、それは英語自体とは何の関係もないことです。一介の言語好きとしては、英語も他の言語と同じように愛すべき対象であり、英語ができればそこから他言語へのアクセスも格段に便利になるということもまた事実。過度に英語一極主義になったり、アンチグローバリズムを英語批判に結びつけたりすることなく、このように冷静なスタンスでいたいものだと思い直したのでした。


cialis viagra online accutane