cialis viagra online accutane

「あい」と「あゐ」の違いとは?

photo credit: eclectic echoes via photopin cc

日本語にはさまざまな同音異義語があります。「愛」と「藍」もその組み合わせの一つ。

あい【愛】

  1. 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」
  2. 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」
  3. ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」
  4. 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」
  5. キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
  6. 仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

あい〔あゐ〕【藍】

  1. タデ科の一年草。高さ50~80センチ。茎は紅紫色で、葉は長楕円形。秋、穂状に赤い小花をつける。葉・茎から藍染めの染料をとり、京都・大坂・阿波が産地として知られた。果実は漢方で解熱・解毒に使う。古く中国から渡来したとされる。たであい。あいたで。《季 花=秋》「この村に減りし土蔵や―の花/秋郷」
  2. 濃青色の天然染料の一。1や木藍(きあい)などの葉や幹から得られる。インジゴ。
  3. 藍色(あいいろ)。

『大辞泉』

それぞれの語義はさておき、ここで注目したいのは、藍の方の仮名には「あい」と「あゐ」の二種類が当てられていること。

現在ではもちろん「あい」と表記しますが、昔は「あゐ」と表記していたんですね。

調べてみると、平安時代のころまでは、「い」はア行のイ、「ゐ」はワ行のヰとして区別されていたのだそうです。(ゐのカタカナはヰ)

これはつまり、「い」は[i]、「ゐ」は[wi]と発音されていたということを意味しています。

次のように五十音を並べてみると「ゐ」の位置付けがよくわかるのではないでしょうか。

w r y m h n t s k -
a
i
u
e
o

 
あゐ(藍)のほか、「ゐ」を使う(使った)単語には次のようなものがあります。

  • あぢさゐ(紫陽花)
  • ゐど(井戸)
  • ゐなか(田舎)
  • くれなゐ(紅)

これらの単語も昔は「あじさうぃ」「うぃど」「うぃなか」「くれなうぃ」と読んだのでしょうか?

そうだとすると、心なしか外国語のような音にも聞こえます。ウイスキーに「ヰスキー」という字を当てたのは、まさにぴったり。

この時代の会話が録音されていたら、どんなにおもしろいだろうと思いますが、それはかなわない夢ですね。


Mondegreen − 聞き間違いのはなし

photo credit: final gather via photopin cc

ふと、隣からこんな話が聞こえてきます。

I work every day for better health.(私は健康のために毎日働いています。)

仕事で健康に? 訝しく思って耳をそばだてていると、こちらの聞き間違いだったようです。

I walk every day for better health.(私は健康のために毎日歩いています。)

英語には、このような聞き間違い(mishearing)を表す「mondegreen」という単語があります。

mondegreen

1. A form of error arising from mishearing a spoken or sung phrase

2. (rare) A misunderstanding of a written or spoken phrase as a result of multiple definitions.

「Wiktionary」

今回はこの「mondegreen」にまつわる話を紹介してみたいと思います。

 

mondegreen の例

mondegreen の実例として、よく挙げられるものの一つにポピュラー・ソングの歌詞があります。

◯ There’s a bad moon on the rise.

× There’s a bathroom on the right.

“Bad Moon Rising” by Creedence Clearwater Revival

「不吉な月」を眺めるよりは「お風呂場」でのんびりする方がよさそうですね。

◯ ‘Scuse me while I kiss the sky.

× ‘Scuse me while I kiss this guy.

“Purple Haze” by Jimi Hendrix

「空にキスをする」のと「男にキスをする」のでは、ずいぶんムードが違います。

◯ The answer, my friend, is blowin’ in the wind.

× The ants are my friends, blowin’ in the wind.

“Blowin’ In the Wind” by Bob Dylan

有名な「友よ、その答えは風に吹かれている」の一節が、「アリたちは友人だ」になってしまいました。

以上、3つの例をご紹介しましたが、実際にこのように聞こえるものでしょうか? 気になる方は試してみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=rpAn1tbqDfQ

 

mondegreen の語源とは?

ところで気になるのは mondegreen という単語の成り立ちです。なぜ green なのでしょう?

mondegreen の初出は1954年。アメリカの Sylvia Wright という作家が、ある雑誌に紹介したスコットランドのバラッド(物語詩)がきっかけなのだとか。

Ye Highlands and ye Lowlands,
Oh, where hae ye been?
They hae slain the Earl O’ Moray,
And Lady Mondegreen.
高地の人々、低地の人々
ああ、あなたたちはどこに?
彼らはマレー伯を殺した
そしてモンダグリーン夫人も

 
Wright さんが子どものころ、お母さんがこの詩を朗読してくれたのだそうです。

そしてその朗読は、上記のように聞こえたそうなのですが、この4行目が実は And laid him on the green.(そして彼を芝生の上に横たえた)の聞き間違いだったというのです。

ここから mondegreen という単語が聞き間違いを表すようになったのだとか。

これはなかなかおもしろい話ですね。

こういった新語が次々に生まれてくるところが、ことばの魅力の一つなのかもしれません。


See you later, alligator.

みなさんは一番最初に習った英単語を覚えていますか?

おそらく多くの人にとっては「Hello」「Thank you」といった挨拶や、「book」「pen」といったものの名前なのではないでしょうか。

あるいは、そもそも最初に習った英単語なんて覚えていないという人が大半なのかもしれません。

私の場合は、記憶違いでなければ、一番最初に習った英単語は alligator(ワニ)でした。

なぜ alligator なのかというと、幼稚園に通っていたころ、英語教師だった祖父にもらった英語の絵本に alligator という単語がのっていたのです。その絵本で初めての英語を教えてもらったことを今でもよく覚えています。

その絵本は A-Z の各アルファベットで始まる英単語を、Aから順番にイラスト付きで紹介していくというものでした。

そこで、最初のAで始まる単語が alligator だったという訳なのです。

いま考えてみると、Aで始まる単語なら「apple」「airplane」「angel」など、他にも候補がありそうなものですが、その絵本はどういうわけかAのページに alligator を採用していました。

そんな懐かしい英単語 alligator を改めて辞書で調べてみました。何か新しい発見はあるでしょうか?

 

alligator vs crocodile

alligator

a large reptile similar to a crocodile, with a long tail, hard skin and very big jaws, that lives in rivers and lakes in N and S America and China

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

なるほど。alligator は南北アメリカと中国に住んでいるんですね。

ここで気になるのは alligator と crocodile の違いです。なんとなく下表のような分類のイメージがあったのですが、実際はどうなのでしょう?

alligator ワニ
crocodile クロコダイル

 
試しに Google 翻訳に「ワニ」と入力してみると次のように変換されました。

gator

(米・くだけて)= alligator

『ウィズダム英和辞典』

alligator を略して、gator と呼ぶこともできるんですね。やはり「ワニ」は alligator(gator)で良かったんだと納得。

しかし念のため Google 翻訳にひらがなで「わに」と入力してみると、今度は次のように変換されました!

alligator ワニ
crocodile わに

 
さすがにこれはおかしいですね。alligator と crocodile の違いは、Wikipedia によると下記のとおり。

アリゲーター科 Alligatoridae

口を閉じた際には、下顎の歯は外からは見えない。鼻面は、やや丸みを帯びている。

クロコダイル科 Crocodylidae

アリゲーター科と違い、口を閉じた際に下顎の前から4番目の歯が外から見える。鼻面は、やや尖っている。

Wikipedia「ワニ」より

ずいぶん細かい違いだなあという気がしますが、おそらく当のワニたちにとっては重要な違いなのでしょう。

 

まとめ

今回は alligator にまつわる話をいくつか書いてみました。

この alligator という単語には、冒頭に紹介したとおり、子どもの頃の思い出につながる懐かしい響きがあります。めったに使う単語ではないので、少しスポットライトを当ててみました。

それでは、See you later, alligator.


フィンランド語学習記 vol.88 − 混同しやすい単語たち

photo credit: matti.frisk via photopin cc

フィンランド語教室は2週間夏休みに入っていましたが、今週から再開します。

それに先立って、単語カードを使い、これまでに習った単語の総復習をしていました。

日本語を見ながら、英語に直す練習をしていると、けっこう忘れている単語もあります。

また扱う単語の数が増えてくるにつれ、似たような音の単語を混同することも多くなってきました。

今回はそんな紛らわしい単語の組み合わせをいくつか紹介してみたいと思います。

 

halpa(安い)/helppo(簡単な)

Tämä sanakirja on halpa.(この辞書は安い。)
Englannin kielioppi on helppo.(英語の文法は簡単だ。)

最初に習ったのは halpa の方で、kallis(高い)/halpa(安い)という対義語のセットで覚えるようにしたところ、すぐに定着させることができました。

しかしその後 helppo が出てきてからというもの、halpa と helppo が時折、混ざってしまいます。[p]の数が曲者で、halppa や helpo と言ってしまうことがあるんですね。まあなかなか微妙な違いではあるのですが。。。

 

mukava(すてきな)/mukana(〜を伴って)

Helsinki on mukava kaupunki.(ヘルシンキはすてきな街です。)

mukava は、英語の nice に比較的意味の近い単語。もう一つの mukana は次のように使います。

Onko sinulla sanakirja?(あなたは辞書を持っていますか?)
Onko sinulla sanakirja mukana?(あなたは辞書を手元に持っていますか?)

上の文では「辞書を所有していますか?」という意味になるので、辞書は家に置いてあってもかまいません。一方、下の文では「辞書を持参していますか?」という意味になるので、辞書は必要ならすぐに取り出せるということになります。

このように全く意味の異なる mukava と mukana ですが、私のアタマの中ではすっかり紛らわしい組み合わせになってしまいました。何かよい覚え方はないものでしょうか?

 

vanha(古い)/vähän(少し)

Turku on vanha kaupunki.(トゥルクは古い街です。)
Minä puhun suomea vähän.(私は少しだけフィンランド語を話します。)

この二つも注意しないと混同してしまいがちです。[a]と[ä]を聞き分けるような耳があれば、もう少しわかりやすくなると思うのですが、それもなかなか難しいのが現状。

下の文で vähän を vanha と言い間違えると、フィンランドの古語が話せると思われてしまうかも!と、先生が冗談を言っていたのを思い出しました。

 

まとめ

以上、今回は初心者が混同しやすいフィンランド語の組み合わせを3つ紹介してみました。

このエントリーにまとめたことで、次からきっちり使い分けられるとよいのですが。。。おそらくそう甘くはないでしょう。いずれにせよ、コツコツ練習していきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.87 − 色の名前

まだまだ暑い日が続きます。今朝も外出したら、太陽がぎらぎらと照っていました。

日本では日の丸の国旗にも見られるように、太陽の色を赤で表す文化がありますが、海外では黄色や白で表すことが多いのだとか。

そう言われてみると、たしかに昼間の太陽は白に近いような気がします。しかし白だとすると、子どもがクレヨンなどで絵を描くときには、どうやって描くのでしょう?

そんなどうでもよいことが気になってしまいました。

今回のエントリーでは、フィンランド語の色の名前を紹介してみます。フィンランド語で「色」は väri(複数形:värit)。

色の名前には、フィンランド語の人名や形容詞によく見られる[-nen]を語尾に持つものも多いようです。まずは基本色の名前を見てみましょう。

värit フィン
valkoinen
sininen
punainen
keltainen 黄色
musta
vihreä
harmaa 灰色
ruskea 茶色
violetti
oranssi オレンジ
kullanvärinen 金色
hopeanvärinen 銀色

 
白は valkoinen(ヴァルコイネン)、青は sininen(スィニネン)、赤は punainen(プナイネン)。フィンランド語の発音は原則としてローマ字読みでよいので簡単です。

ちなみにフィンランドの国旗は白(valkoinen)と青(sininen)から成っており、白は雪(lumi)、青は湖(järvi)を表すのだそうです。これはいかにもフィンランドという感じ。

一方、お隣のスウェーデンの国旗は青(sininen)と金(kullanvärinen)から成っており、青は空(taivas)、金はキリスト教(kristillinen)・自由(vapaus)・独立(itsenäisyys)を表すのだとか。同じ青でも国によって異なる意味合いが与えられています。

この他、薄い(vaalea)、濃い(tumma)といった接頭辞を付けて表す色もあります。

värit フィン
vaaleanpunainen ピンク
vaaleansininen 水色
tummansininen

 
ピンクは「薄い赤」、水色は「薄い青」、紺は「濃い青」という具合。

*ただしピンクには、外来語の pinkki という単語もあるようです。

以上、今回はフィンランド語の色の名前をまとめてみました。

英語などと比べると、ずいぶん長い綴りの単語が多いですが、頑張って覚えていきましょう。

[参考]フィンランド語が面白いほど身につく本(中経出版)

ちょっと不思議な複数形のレッスン − from TED-Ed

名詞の数(Number)には1つのものを表す単数と,2つ以上のものを表す複数がある。日本語と違い,英語では単数と複数の違いが名詞の形の違いとなって表れるので注意を要する。

『ロイヤル英文法』より

日本語では、机の上に本が一冊あろうと二冊あろうと、「本」は「本」ですが、英語では単語の形が変化します。

その一例を見てみましょう。

単数 複数 意味
1 book beek
2 egg eggru
3 house house
4 name namen 名前

 
語中の[oo]を[ee]に変えたり、語末に[-ru]を付けたり、単数と複数の形が同じだったり、語末に[-n]を付けたり、複数形のつくり方は千差万別。

一つ一つ、頑張って覚えていきましょう。

というのは、もちろん冗談。。。ではなく、いわゆる「古英語」のはなし。

古英語(古英語:Englisce sprǽc, 英語: old English)または古期英語、アングロ・サクソン語(Engle-Seaxisce sprǽc)は、5世紀半ばから12世紀を中心にイングランドで使われた、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属し、現代英語の祖語にあたる言語。

Wikipedia「古英語」より

今から約1,000年も前に使われていた古英語の語形変化は、現在の英語からは想像もできないくらい豊かなものでした。

外国語として英語を学ぶ立場からすると、そんな語形変化は迷惑千万?

しかしその神秘的な世界を思い切ってのぞいてみれば、何か新しい発見があるかもしれません。

TED-Ed の動画「A brief history of plural word…s」では、古英語の複数形の世界をわずか4分で概観することができます。

冒頭に挙げた4つの複数形も順番に出てきますので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。


cialis viagra online accutane