cialis viagra online accutane

『外国語上達法』読書ノート⑤ − 文法

『外国語上達法』読書ノートの第五回目です。

この連載では、岩波新書より出ている千野栄一先生の『外国語上達法』を読み、感じたこと、考えたことを一章ごとにまとめていきます。

目次はこちら。

1 はじめに
2 目的と目標
3 必要なもの
4 語彙
5 文法(←本稿)
6 学習書
7 教師
8 辞書
9 発音
10 会話
11 レアリア
12 まとめ

 

文法 − “愛される文法”のために

ある程度一つの外国語をきちんと身につけた人であれば、文法の必要性を疑うことはないでしょう。

文法なしに外国語学習を行うというのは、海図もなしに大海原に出航するようなものです。

文法というのは、ある意味、先人が残してくれた効率的な学習のための知恵であり、それを利用しない手はありません。

アンチ文法派の意見もよくよく聞けば、知識のための文法や、過剰な文法学習に反対しているのであって、文法そのものが不要だと言っている訳ではありません。

特に語学の初歩においては、語彙と文法をバランスよく身に付けていくことが大切だと思います。

ただし日本人の場合はやや文法偏重になりがちなので、語彙をきちんと固めること、覚えた文法を使うこと(アウトプット)を意識すると上手くバランスが取れるかもしれません。

 

文法のたのしみ

語学が好きな人には、文法が好きな人が多いのではないでしょうか。私もその一人です。

その理由を著者はこんな風に説明します。

世界の言語を見渡したとき、それぞれの言語に違いがあるが、文法のあり方はそれぞれがどうしてこんなに違うのかと思うくらい絢爛豪華に異なっている。そこに、文法の面白さの一つの理由がある。

P.70

外国語に接したとき、母語(この本を読んで下さる人の大部分にとっては日本語)と外国語ではどこが違うかに細かく気を配れる人にとっては、文法はとても面白い分野である。文法に書かれたことを鵜のみにし、やみくもに外国語を理解しようとする人にとっては文法は退屈である。

P.75

この件を読んだときは深く納得しました。

外国語を通して、母語を再発見するという経験は、おそらく外国語学習が与えてくれる最良のものの一つです。

私の場合、正直に言って英語を勉強していたときにはこのことをそれほど深く実感していた訳ではありません。

しかしフィンランド語を始めてからは、フィンランド語を通して、日本語と英語を再発見するという経験が多くなりました。

このブログのフィンランド語学習記でも、そういった内容をよく取り上げています。

[参考]フィンランド語学習記 vol.59 − ふたたび属格と日本語の「の」の話 | Fragments

 

覚えるべき文法のレベルとは

文法の項目を覚えるときも、語彙を覚えるときと同じように、もっとも重要なものから覚えていかなければならない。

P.80

ある言語の文法を完全に網羅することは、語彙を完全に網羅するのと同じくらい、不可能なことだと思います。

まずはその言語を運用するための最低限の文法を学びましょう。

英語の場合なら、中学英語の文法さえ身に付ければ、それなりには使いこなすことができるはずです。

(もちろん知っていることと、使うことができることの間には深い溝があるのですが。)

分厚い文法書は、手元に置いてリファレンスとして使えば十分でしょう。

他の言語なら、薄い入門書(例えば、白水社のニューエクスプレスシリーズのようなもの)を一冊、きちんとこなすところから始めてみてはどうでしょうか。

教室に通うのなら、まずはそこで与えられた教科書を徹底的に固めましょう。

また著者は、文法の基礎的知識を固めることと合わせて、学習の初期に単語の変化表を徹底的に覚えることをすすめています。

フィンランド語のような格変化のある言語を学んでいると、このことの重要性はよくわかります。

単語の原形(辞書形)を覚えていても、文章の中にそのままの形で出てくることが少ないため、基本語彙を覚えることとその格変化を覚えることは表裏一体の関係となっているのですね。

 

本章のまとめ

文法を学ぶことによって、

  • 外国語を効率的に学ぶことができる
  • 母語についてよりよく知ることができる

まずは薄めの入門書から初めてみましょう。

 

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
千野 栄一
岩波書店
売り上げランキング: 7,842

『外国語上達法』読書ノート④ − 語彙

『外国語上達法』読書ノートの第四回目です。

この連載では、岩波新書より出ている千野栄一先生の『外国語上達法』を読み、感じたこと、考えたことを一章ごとにまとめていきます。

目次はこちら。

1 はじめに
2 目的と目標
3 必要なもの
4 語彙(←本稿)
5 文法
6 学習書
7 教師
8 辞書
9 発音
10 会話
11 レアリア
12 まとめ

 

語彙 − 覚えるべき千の単語とは

大人になってから、英語以外の外国語を学ぼうとした場合、もっとも大変なのは基本語彙の習得でないでしょうか。

こればかりはショートカットの方法があるはずもなく、地道にコツコツ覚えて行くしか方法はありません。

語彙の習得がうまくいかない理由は、この語彙の習得が面白くないことと、語の数が多く学習に一見終りがないように見えること、どのような語彙を選択するかの自覚がないことに起因している。

P.49

これは語学に取り組んだことがある人なら、誰しも思い当たる挫折の理由ではないでしょうか。

しかし逆に考えると、

1)楽しく学習すること
2)目標を設定すること
3)語彙の選択基準を決めること

これらさえできれば、語彙の習得を軌道にのせることができるはずです。

本章では、このうち2と3についての明確な指針が与えられています。

「目標」は基本語彙の1,000語を固めること。

そして「語彙の選択基準」は使用頻度の高い単語を選ぶこと。

言語にもよりますが、使用頻度の高い基本語彙1,000語を覚えれば、その言語の60〜70%が理解でき、3,000語を覚えれば、90%が理解できるようになるそうです。

ただしこの1,000語や3,000語というのはうろ覚えではなく、いつでも取り出して使えるような状態でなければなりません。

 

英語のハードルは低い?

ここまでの内容を踏まえると、大人になってから英語を学ぶときのハードルは、他の言語に比べてかなり低いと言えるでしょう。

中学/高校時代にどんなに英語が嫌いだった人でも、犬を dog、本を book と言うことは知っているはずです。

一方、マレー語やベトナム語で犬や本を何と言うのか知っている人は少ないでしょう。

すなわち英語を学習の対象として選択した時点で、私たちは基本語彙1,000語のうち、かなりの割合をすでに知っていることになるのです。

 

ジャンルの広さと頻度数

それでは基本語彙1,000語を習得した後は、どうしたらよいのでしょうか。

本章では、新聞の語彙に関する先行研究を引用し、語彙をジャンルの広さと頻度数によって4つのカテゴリーに分類しています。

ジャンルの広さ
広い 狭い
頻度数 高い C
低い D

 

A)広いジャンルの文章に登場し、使用頻度の高い語
B)広いジャンルの文章に登場し、使用頻度の低い語
C)狭いジャンルの文章に登場し、使用頻度の高い語
D)狭いジャンルの文章に登場し、使用頻度の低い語

こうしてみると、

A=最初に覚えるべき単語
D=必要なときに辞書を引けばよい単語
ということはすぐにわかります。残りのBとCについては、筆者は次のように示唆しています。
B=Aの次に覚えるべき単語
C=自分に必要なジャンルのみ覚えるべき単語
Bは頻度は低くとも一般的な意味を持つ単語であり、Cは固有のジャンルと関係する単語であるとのこと。

よって基本語彙1,000語(A)を習得した後は、様々なジャンルの文章を読んでいった方がよいということになるのでしょう。

 

覚えた単語を記録する

英語であれ、その他の言語であれ、語彙の学習で最後に立ちはだかってくるのは「モチベーションを維持するためにはどうしたらよいのか」という壁ではないでしょうか。

もちろん単語の学習は単調で退屈な作業であると割り切ってしまうこともできます。しかし楽しく学習できるならそれに越したことはありません。

この問題に対する私なりの回答は、覚えた単語を記録することです。

私の場合は、学習中のフィンランド語において、デジタルの単語カードを作成するため、これまでに学んだ単語をcsvファイルにまとめています。

ファイルを見ると現在の語数は約500。これを iPhone の単語カードアプリにアップロードして練習すると、500語のうち何語覚えているのかすぐに知ることができます。

これによって、これまでに覚えた語数と進歩が目に見えてわかるので、日々の学習のモチベーションを維持しやすくなります。

そして、秋頃には最初の目標である1,000語に達することができるだろうという目処を立てることもできるのです。

 

本章のまとめ

語彙習得のポイントは、使用頻度の高い基本語彙1,000語を楽しく覚えること

一行ですっきりまとまりました。

 

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
千野 栄一
岩波書店
売り上げランキング: 4,550

ヒッチハイクの思い出

photo credit: math89 via photopin cc

ヒッチハイク(Hitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。この方法で旅することをヒッチハイキング(Hitchhiking)、旅行者はヒッチハイカー(Hitch hiker)と呼ばれる。

Wikipedia「ヒッチハイク」より

先日ヒッチハイカーが主人公の小説を読んでいたら、ふと気付いたことがありました。

それはこれまでのヒッチハイク成功率が100%であるということ。

といっても、ヒッチハイクを試みたのはこれまでの人生で2回だけ。しかしどちらも1台目の車が止まってくれたので、成功率は100%なのです。

1回目は西表島にて。

同じ民宿に泊まっていた人同士で、島の酒場に飲みに行こうという話になりました。

酒場は離れた地区にあるので、歩いていくのは大変です。そこで誰かの発案で試しにヒッチハイクをしてみたところ、通りかかったトラックが止まってくれました。

みんなで荷台に乗って酒場へ向かったことを覚えています。島の人は親切ですね。

2回目はニュージーランド南島にて。

当時はワーキングホリデービザで1年間の滞在中。

最初に滞在した南島のダニーデンという街から、家財道具一式を車に積んで、北島へ向かっていたときのこと。

車が急にスローダウン! いわゆるオーバーヒートです。

ニュージーランドのような人口密度の低い国では、ある町を出てから次の町に着くまでの空間には何もありません。

見渡す限りの荒れ地。最寄りの町までは数十キロ。

他に手段もないのでヒッチハイクをしてみたところ、幸運にも1台目の車が止まってくれました。この場合は、ヒッチハイクというより救助されたという方が正確かもしれませんが。。

運転手はとても親切なおじさんで、最寄りの町まで快く運んでくれました。あのとき車の中で何を話したのか、思い出してみようとしたのですが、記憶が霞んでいてどうしても思い出すことができません。

しばらく走って最寄りの町へ無事到着。町のガソリンスタンドから車を出してもらい、故障した車を回収。結局、車は手放してバスで次の町へ向かうことに。

車は友人に譲ってもらった20年落ちのカローラだったのであまり惜しくはありませんが、家財道具をバスで運ぶのは大変です。

そしたらマットレス(!)を積んでバスにのっていた私に同情してくれたのか、バスの運転手さんが家のガレージで家財道具を預かってくれることになりました。そして住まいを見つけた後に、家財道具を回収させてもらったという次第。

ここでも親切な人たちに助けられました。

果たして今後3回目のヒッチハイクをする機会はあるのでしょうか? トラブルは御免ですが。。。


できること/できないこと

学生でも社会人でも、何らかの形で英語を学んでいる日本人はかなりの数になるでしょう。

そんな人たちに「あなたは英語を話せますか?」と聞けば、多くの人が「話せません」と答えるに違いありません。

しかし現実には「話せません」と答える人の多くが、英語で挨拶もできるし、自己紹介をすることもできるのです。

これは日本人特有の奥ゆかしさなのかもしれません。しかしそれに加えて何かを学んでいる人は、その学んでいる内容に関して自分ができることよりも、できないことを言葉にしがちであるといった側面もあるのです。

例えば、ピアノを習っている人は、ある曲を何とか弾けるようになったということよりも、スピードが遅いとか、リズムが悪いとか、暗譜ができないとか、練習が続かないといったことを話題にしがちではないでしょうか。

語学も同様で、例えば英語を勉強している人から次のような発言を聞くことがあります。

・ネイティブスピーカーの話が聞き取れない
・きれいな発音ができない
・毎日勉強する習慣が身に付かない

たしかにそのとおりなのかもしれませんが、視点を変えれば同じ内容を次のように言い換えることもできるでしょう。

・ネイティブスピーカーの話を聞き取れることもある
・相手が理解できるレベルの発音ができる
・週に数日のペースで勉強を続けることができる

車の免許を取得するときのようにゴールが明確な学びであれば、免許を取得した瞬間に「私は車を運転できます」と話すことができます。

しかし語学はある意味、明確なゴールのない学びと言えます。

そうであれば、「挨拶ができるようになった」「自己紹介ができるようになった」「ラジオを聞いて理解できる部分があった」というように、できることを自分で積極的に言葉にしてみてはどうでしょうか。

できないことを言葉にするのは簡単ですが、多く使いすぎると、まるで自分がダメな人間であるかのように自分自身を信じ込ませてしまう力もあります。

一方、できることを言葉にするのは難しい面もありますが、それをきちんと言葉にすることで、日々の学びを確認し、学習を前に進める原動力となります。

学習の記録を日記やブログに書くというのも、できるようになったことを言葉にするための一つの手段と言えるでしょう。

語学が思ったように捗らないと嘆いている方には、二〜三行でもよいので、ポジティブな学習の記録を付けてみることをおすすめします。

ぜひお試しください。


フィンランド語学習記 vol.73 − papukaija と tuuli

photo credit: sachman75 via photopin cc

フィンランド語教室29週目のレポート。

授業前に、先生からサルミアッキのキャンディをいただきました。

噂には聞いていましたが、一口食べてみると確かに独特の味。始めは塩辛く、なめていると何とも言えない風味が口の中に広がっていきます。

好んで食べるほどではないものの、食べられないということもなく、結局2粒もいただきました。

さて授業では所有文を含んだ文章の復習を行いました。

ここでまたしても[u]の発音で苦戦することに。

[参考]フィンランド語学習記 vol.40 − suuとsyy | Fragments

先生曰く、papukaija(オウム)という単語を発音するとき、日本人は[u]の音が短くなりがちだと言うのです。

これはなかなか奥深い問題を孕んでいます。

例えば、papukaija という単語を「パプカイヤ」とカタカナ表記に直して日本語風に読んでみましょう。

それでも、プの母音は弱くなったり、消えてしまったりしませんか。これはなぜなのでしょう?

それに加えて[u]の発音自体が、日本人には難しいという面もあります。

日本語の「ウ」という母音はかなり特殊な音なので、他言語の発音にそのまま応用できないという理由もあるようです。

なお、今回はこのような単語を使って発音を練習しました。

tuuli(風)
tyyli(型)

下の tyyli は「テューリ」という感じに発音すれば、原音からそれほど離れていないようです。

しかし上の tuuli は「トゥーリ」ではどうも違う感じ。

発音のポイントは2点。

  • 唇を丸めて発音する
  • 「オ」と同じくらい口の奥から発音する

もしかするとカタカナで書いた場合、「トゥーリ」より「トォーリ」に近い音なのかもしれません。

上手く発音できるクラスメイトもいるのですが、自分はあまり上手くいかないまま授業は終了。

このままでは何だか心残りなので、練習して、次回こそは先生の認定(?)を得たいと思います。


『外国語上達法』読書ノート③ − 必要なもの

『外国語上達法』読書ノートの第三回目です。

この連載では、岩波新書より出ている千野栄一先生の『外国語上達法』を読み、感じたこと、考えたことを一章ごとにまとめていきます。

目次はこちら。

1 はじめに
2 目的と目標
3 必要なもの(←本稿)
4 語彙
5 文法
6 学習書
7 教師
8 辞書
9 発音
10 会話
11 レアリア
12 まとめ

 

必要なもの − “語学”の神様はこう語った

(著者が語学の達人であるS先生に尋ねて)

「先生、語学が上達するのに必要なものはなんでしょうか」

「それは二つ、お金と時間」

P.38

私自身の過去を振り返ってみると、大学の学部時代はいちおう英文学を専攻していたものの、真剣に語学に取り組んではおらず、お世辞にも英語が上達したとは言えません。

しかし社会人経験を挟んで、オーストラリアに留学したときには、食事と睡眠以外の大半を勉強に費やし、専門分野の知識とともにそれなりに満足のできる英語力を身に付けることができました。

これは単に国内と海外という環境の違いによるものなのでしょうか?

本書では外国語の上達に必要なものとして「お金と時間」が挙げられています。

お金が必要なのは、身銭を切ることによって投資した分の成果を上げようという意識が強くなるからです。

私の場合も、学部時代の学費は親の世話になったものの、留学資金は自分で捻出したため、勉強の姿勢に明確な差が出たのだと思います。

それではお金さえ払えば、語学は上達するのかと言えば、もちろんそんなことはありません。

お金とともに「時間」を投資する必要があるのです。

現実社会ではお金のある人ほど時間はなく、時間のある人ほどお金はないという面もあるでしょうから、これはある意味非常に公平なことなのかもしれません。

 

お金と時間が必要なことが分かったが、それではそのお金と時間で何を学ぶべきなのかというのが、私の次の質問であった。それに対して、S先生は次のように答えられた。

「覚えなければいけないのは、たったの二つ。語彙と文法」

P.41

どのような言語であっても、語彙と文法がなければ始まりません。

しかし語彙の知識はあっても文法の知識がない状態と、文法の知識はあっても語彙の知識がない状態を比較すれば、前者の方がまだましなのかもしれません。

その言語が使われているコミュニティで、初学者が何とか意思の疎通を図ろうとするとき、文法の知識だけがあっても役には立ちませんが、語彙の知識があれば何とかコミュニケーションが成立する可能性があるからです。

まずは語彙という素材を集め、それから文法という骨格を組み立てていくのが、正しい順番ということになるのでしょう。

 

外国語を習得するためには語彙と文法を覚えなければならないことが分かったが、この二つを覚えるためには何があればいいのであろうか。この問いに対しても、S先生は明快に次のように答えられている。

「外国語を学ぶためには、次の三つのものが揃っていることが望ましい。その第一はいい教科書であり、第二はいい教師で、第三はいい辞書である」

P.42

私自身の学習履歴を振り返ってみると、これまでに出会ったよい教科書、よい先生、よい辞書をすぐに思い浮かべることができます。

そういう意味ではとても恵まれた環境にいたと言えるでしょう。

これらを思い浮かべることができない場合には、新たに情報を収集し、自分に適した教科書、先生、辞書をじっくりと探してみてはどうでしょうか。

あまりにも選り好みしてしまっては本末転倒ですが、自分に合ったもの、しっくりくるものに囲まれて勉強することは、日々の学習を明るく照らしてくれます。

 

本章のまとめ

  • 外国語の上達に必要なものは、お金と時間
  • お金と時間を使って学ぶべきものは、語彙と文法
  • 語彙と文法を学ぶために必要なものは、よい教科書と教師と辞書

「語彙/文法/教科書/教師/辞書」の各項目に関しては、次回以降のエントリーで更に詳しく見ていきます。


cialis viagra online accutane