cialis viagra online accutane

big と large の違いとは?

photo credit: nosha via photopin cc

以前、学習塾で中学生に英語を教えていたとき、こんな質問を受けたことがありました。

big と large は何が違うんですか?

なかなか鋭い質問です。どちらも中学1年で習う単語ですが、日本語に訳せばどちらも「大きい」。言葉に対する感性の強い子なら、不思議に思っても無理はありません。

その場で答えられる知識もなかったので、返答は次回までの宿題としました。そして様々な辞書や語法書を調べた結果、次のような説明で乗り切ることに。

 

big は主観的、large は客観的

例えばアメリカのマクドナルドでコーラのLサイズを頼んだとしましょう。これは通常 large size であって、big size ではありません。しかし出てきたコーラがあまりにも大きくて飲み切れないときには、おそらく Too big! と言うことになるでしょう。アメリカのコーラはびっくりするくらい大きいのです。

また a large man と言えば普通体格のよい人を想像しますが、a big man と言えば体格よりも「あいつは大物だ」なんていうときの「大物」の意味になります。

 

中学1年生向けの説明はこれでおしまい。なお調べたところ、大抵の学習辞書には big と large (それから great)の違いについて解説がのっていました。例えばルミナス英和辞典によりますと、

【類義語】

big, large, great の 3 語はしばしば形の大きな物に対してほぼ同様に用いる. しかし big のほうが多少略式語的であると同時に, large が数量の大きい物に, big が重さ・程度・容量などの大きい物に使い分けて用いることも多い.

・We need a large amount of money. お金がたくさん必要だ

・It’s a big mistake. それは大変な間違いだ.

また big には「重要な」の意味があるのに対し, large にはこの意味はない. great は big, large と同じ意味で用いるほかに, 形の大きさが驚くほど印象的である場合や, 形とは別に程度の大きさ・重要性などを意味するのに用いる

・ a great city (政治的・文化的に重要な)大都会 / a great man 偉人.

【語法】 big と対になる語は little, large と対になる語は small.

なお言語学的には「全く同じ意味を持つ、二つの単語」というのは存在しないと考えられているようです。そう言われると探してみたくなりますが、さて。


Waltzing Matilda − the unofficial national anthem of Australia

Waltzing Matildaはオーストラリアで最も愛されている曲の一つ。英語版のWikipediaでは the unofficial national anthem of Australia(オーストラリアの非公式国歌)と紹介されています。

例えば、オーストラリア代表のラグビーの試合を見に行くと、試合前に国歌であるAdvance Australia Fairを斉唱します。(これは当然)

その後、リラックスした雰囲気の中で、ちょっとラフな格好のギター奏者が出てきて、Waltzing Matildaを弾き語りで歌うということがよくありました。

何となく郷愁を誘うそのメロディがとてもいいのです。オーストラリアといえばこの曲というくらいに忘れられない曲の一つです。

 

この曲の由来は19世紀までさかのぼります。

1895年に同国のジャーナリストのバンジョー・パターソンが、クリスティナ・マクファーソン (Christina Macpherson) という女性の歌ったメロディに歌詞を施したものである。マクファーソンの歌ったメロディは、1894年に彼女が聴いた「なんじクレイギリーの美しき森よ」(“Thou Bonnie Wood Of Craigielea”) というスコットランドの民謡に基づくものとされている。

wikipedia「ワルチング・マチルダ」より

バンジョー・パターソンは、オーストラリアの10ドル札の表面に登場しており、数字の10の後ろをよく見るとWaltzing Matildaの文字が見えます。

このパターソンが書いた歌詞というのが、かなり風変わりで、簡単に言えば、羊泥棒をした放浪者が警察に捕まりそうになり、沼に飛び込んで自殺するというものです。

そんな内容の歌が国民歌になるのか?と思われるかもしれませんが、まだ若い国オーストラリアの開拓時代の心意気や反骨精神を受け継いだものと考えれば少しは納得できるのではないでしょうか。

そしてこの歌にはオーストラリアのスラングもたくさん出てきます。最初の4行を抜粋してみましょう。

Once a jolly swagman camped by a billabong
Under the shade of a coolibah tree
And he sang as he watched and waited till his billy boiled
You’ll come a’waltzing Matilda with me.

スラングの意味は下記のとおり。

swagman(放浪者)
billabong(沼)
billy(湯沸し用の缶)
waltzing Matilda(含意:毛布一つで渡り歩く)

ということで、この部分を訳してみるとこんな感じでしょうか。

昔、陽気な放浪者が沼の近くで野宿した
ユーカリの木の陰で
そしてお湯が沸くのを待ちながら歌った
俺といっしょに来るんだな、ワルツィングマチルダよ。

ちなみにswagmanとbillyを英辞郎で引いてみると、こんな意味がのっています。

swagman〈豪〉路上生活者、渡り労働者
billy〈豪〉キャンプ用湯沸かし容器 ◆路上生活者[ホームレス]の必需品でもある◆

開拓時代の放浪者も今はホームレスということでしょうか。

オーストラリアのスラングには本当に面白いものが多いので、機会があればまた紹介してみたいと思います。


オマーンの英語教科書を読んでみる

実家に帰省して、本棚を整理していたらオマーンの英語教科書が出てきました。いろいろと思い出すことがあったので、今日はその話題を。

数年前、オーストラリアの大学院に留学していたときのこと。私の専攻であった応用言語学のコースには、世界各国の英語教員が多く参加していました。

その中でも、特にサウジアラビアやオマーンといった中東諸国から来ている人たちは、特に英語が流暢だなと感じていました。

大教室の授業でも率先して質問しますし、少人数のチュートリアルでも積極的に議論を主導します。とにかくアカデミックな環境でのコミュニケーションに非常に慣れているという印象です。

一方、日本人(と、一括りにするのも申し訳ないですが)は、総じてこういった場でのコミュニケーションがあまり得意ではありません。

そこで夏休みに帰省するオマーンのクラスメイトに、オマーンで使っている英語の教科書を持ってきてくれないかとお願いしたのでした。どういう英語教育を行っているのか、その一旦がわかるかもしれないと思ったからです。

結論から述べますと、この教科書に何か特別な点がある訳ではありません。大半は日本の教科書と同じような例文や練習問題があるだけです。

ただし日本の教科書と決定的に違う点が二点あります。一つは全て英語で書かれているということ。もう一つはアウトプットの量を重視しているということです。

日本の公教育でオールイングリッシュの教科書が機能するかどうかは意見の分かれるところでしょう。ただオマーンのクラスメイトに日本の英語教科書を見せたときに、その日本語の量に驚かれたことはよく覚えています。ページによっては英語より日本語の方が多いくらいなのです。

またアウトプットについて、日本の中学の教科書(問題集)では一文単位の和文英訳がよく見られますが、オマーンの教科書では中学の段階から常にパラグラフを書かせているというのが目を引きます。

これは推測ですが、この段階では一文一文のaccuracy(正確さ)よりも、fluency(流暢さ)を重視しているのではないかと思います。量を多く書かせてaccuracyにこだわることは難しいので、多少単語や文法が間違っていても、内容が伝わっていればよしとしているのではないでしょうか。

なおライティングは「○○について自分の意見や感想を述べよ」という形式ではなく、複数の絵を元にストーリーを描写する形式が主流のようです。まずは「表現力」を身に付けさせようということなのでしょう。

こういったアウトプットの力を中等教育のうちからきちんと養成している国はやはり強いのだなと改めて思いました。もちろん日本の教科書はどれも非常に完成度の高いものですが、他国の教科書から学べる点もきっとあるはずです。


道具を揃え、そして使うこと − これまでの英語学習の過程を要約してみる

あけましておめでとうございます。

いよいよ2013年がスタート。今年はどんな年になるでしょうか。

このブログもスタートして3か月。当初は英語と外国語学習法の話題を中心に書いていこうと思っていたのですが、途中からはすっかりフィンランド語の話題が多くなりました。もちろんそれが楽しくなったということなので、それはそれでよし。今年はより幅広い話題を取り上げていく予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、大晦日に池袋の街を歩いていたときのこと。ふとこんな疑問が頭に浮かびました。

自分がこれまで英語を学んできた過程を「要約」するとどのようになるだろう?

振り返ってみると、中学・高校で6年間英語を学び、大学は英文科。その後も英語を教えたり、英語圏で3年半ほど過ごしたりしていますので、英語との付き合いはずいぶんと長くなりました。

そこでこれまでの英語学習の過程を要約し、そのポイントを、フィンランド語を学習しているもう一人の私にアドバイスできれば何かの役に立つかもしれません。

もちろんそこには様々な試行錯誤があったのですが、大きく括ってしまえば、2つの段階に分けられるように思います。

  • 道具を揃える段階
  • 道具を使う段階

 

道具を揃える段階

英語に限らず、外国語をきちんと身に付けるためには、まず「単語」と「文法」という道具を揃えなければなりません。

私の場合、中学・高校の6年間はこの道具を揃える段階だったと言えるでしょう。もちろん当時は全く意識していませんでしたが、この準備期間はそれなりに大きなものでした。

どうせ揃えるなら「使用頻度の高い単語」や「体系的な文法知識」といった後々まで役に立つ道具を揃える方がよいと思います。ただし英語やフランス語などのメジャーな言語ではよい道具を揃えることはそれほど難しくありませんが、マイナーな言語になればなるほどそれは大変な作業になってきます。そのため信頼できるメンターを見つけることも大切です。

 

道具を使う段階

ある程度の道具を揃えたら、その道具を使ってターゲットとする外国語で本を読んだり、会話をしたりする段階に移ります。

私の場合、初めて海外に行ったときに、英語を「使う」ということは「学ぶ」こととは全く違うことなのだと強く意識させられました。そして英語を学ぶことより、英語で何かを学ぶことを中心に据えるようになります。例えば洋書を本格的に読み出したのがこの時期でした。それまでは教科書と問題集があるばかりで、英語で本を読もうなどという発想自体がなかったのです。

ここで大切なのは「ある程度の道具を揃えたら、使う段階に移る」という点で、道具を揃えるだけのコレクターになってはいけません。道具は使い込むほどに磨かれます。

 

まとめ

第二言語習得理論では、人が外国語(第二言語)を身に付けるプロセスは複雑すぎるため、単一の理論では説明ができないとよく言われます。それはもちろんそのとおりなのですが、実用的なレベルではシンプルに考えることもできるはずです。

英語に関しては、中学・高校である程度の道具を揃えることができますので、そこから先はその道具を「使う」ことが肝心です。この段階ではできるだけ多くインプット(reading, listening)を行い、時にはアウトプット(writing, speaking)も合わせて行う必要があるでしょう。

一方、英語以外の外国語に関しては、学習を思い立った時点で、ほとんどの人が道具集めから始めることになります。このブログの「フィンランド語学習記」は道具集めに際してのいわゆる「道草」ですが、今年もその道草を楽しみつつ、学習をすすめていきたいと思います。


Kindle Paperwhite 購入記 − アカウントの統合について

Kindle Paperwhite を購入したので、その顛末を少々。

私が初めて Kindle(Kindle 3)を購入したのは2010年のこと。当時はまだ日本未発売だったため、いわゆるアメリカのアマゾン「Amazon.com」経由で購入し洋書専用のリーダーとして使ってきました。

私にとっての Kindle の最大のメリットは、

目が疲れない

この一点に尽きます。電子書籍リーダーとしては、iPad や同じ Amazon の Kindle Fire などもありますが、液晶画面で長時間本を読むのは目が疲れます。自分の場合、もともと目が弱いのか、長時間画面を見つめていることができないため、Kindle の E-Ink のスクリーンは大変助かります。

このスクリーンは初めての人が見ると、スクリーンの上に紙を貼り付けてあるんじゃないかと思うくらい、紙の書籍に近い質感があり、とても気に入っています。

ただし前述の Kindle 3 はまだタッチパネルを採用していなかったため、タッチパネルの電子書籍リーダーがほしいと思っていました。2011年に Kindle Touch が出た時は購入するかどうか迷ったのですが、Kindle 3 を購入したばかりということもあり見送り。今回 Paperwhite の発売に当たり、ようやく買い替えてみようという気になりました。

 

どのアカウントから購入するか(Amazon.com or Amazon.co.jp)

Kindle は基本的に洋書専用リーダーとして使っているため、当初は日本のアマゾン「Amazon.co.jp」ではなく、アメリカのアマゾン「Amazon.com」から購入しようと考えていました。というのは一時ネット上でも話題になりましたが、

  • 同じ本でも「Amazon.com」の方が「Amazon.co.jp」より安いことがある
  • 「Amazon.com」でしか取り扱っていない本がある

という噂があったのです。実際、自分でも調べてみたところ、たしかに「Amazon.com」の方がいくぶん安価な本もあるようでした。とはいえそんなに頻繁に購入する訳ではないので、多少の価格差はかまいません。しかし私が読みたい本は語学系の専門書が多いので、取り扱いが少ないというのは困ります。

そんな訳で「Amazon.com」からデバイスとコンテンツを合わせて購入し、そちらのアカウントで管理した方がよいだろうと思ったのです。

しかし「Amazon.com」経由で Paperwhite を注文しようとすると、このようなメッセージが。

あなたは日本に住んでいるので「Amazon.co.jp」経由で買ってください!とのこと。

つまり Kindle が日本未発売だったときは、日本からでも「Amazon.com」経由で購入できたのですが、今年日本でも Kindle が発売されたので「Amazon.co.jp」から買ってくださいということなのでしょう。それなら仕方ないかということで日本のアマゾンから購入しました。

しかしここで一つ疑問が。これまで私が「Amazon.com」から購入した電子書籍は、同じく「Amazon.com」から買った Kindle 3 と結びついています。

一方、今回「Amazon.co.jp」から購入した Paperwhite は、当然「Amazon.co.jp」のアカウントと結びついているので、このままだとこれまで「Amazon.com」から購入した電子書籍を Paperwhite で読むことはできません。

これを解決するには「Amazon.com」と「Amazon.co.jp」のアカウントを結合するという方法があるようです。

「Amazon.co.jp」のホームページを確認すると、このような記述が。

過去にAmazon.comでKindleコンテンツをご購入済みの場合、アカウントの結合を行うことでKindleライブラリが統合され、Amazon.comで購入済みのKindleコンテンツをAmazon.co.jpで管理することができます。

また、アカウントを結合する際に、Kindleコンテンツの購入先サイトをAmazon.co.jpに変更することにより、日本語のコンテンツを日本円で購入できるようになります。

一時期、アカウントの結合をしてしまうと「Amazon.com」からコンテンツを買うことができなくなってしまうという情報も流れていましたが、そんなこともないようです。(Amazon側が対応した?)

アカウントを結合した後、Kindleコンテンツの購入先サイトを選択することができます。Amazon.co.jpを購入サイトとして選択すると、選択している間は、 Amazon.comでKindleコンテンツを購入することはできなくなります。ただし、サイトの選択は、My Kindleのページでおこなうことができますので、購入したいサイトを選ぶことで、購入することができるようになります。同様に、Amazon.comを購入サイトとして選択すると、 Amazon.co.jpでKindleコンテンツを購入することはできなくなりますが、上記と同じ方法で、購入することができるようになります。

ということは、そもそも「Amazon.com」から Paperwhite を購入する必要もなかったのですね。アカウントの結合は「Amazon.com」側の「Your Account > Manage Your Kindle」へすすみ、下記メッセージの末尾 Learn more をクリックします。

そこで簡単にアカウントが結合できる。。。はずだったのですが、残念ながら結合ができませんとのメッセージが。

原因がわからないので、カスタマーサービスにメールを送って対応してもらうことに。担当の方と何度かメールのやりとりをし、結局手動でアカウントの結合をしてもらいました。居住国設定のシステムに若干の不具合があったようです。

考えてみると別々のアカウントを結合するなどというのは、かなりの難仕事なのかもしれません。間違ったアカウントを結合したりしたら大変なことになりますし。。。

ともあれ、これでようやく過去に購入した本も Paperwhite で読めるようになりました。次回は Kindle 3 と比較しつつ、Paperwhite の使用感などを書いてみたいと思います。

(注)上記「カスタマーサービスに連絡」からアカウントの結合を依頼するときは「お問い合わせ内容:その他」「詳細内容:アカウント結合」「さらに詳細の内容:アカウント結合のトラブル」を選択するようにとのこと。

 

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite
posted with amazlet at 12.12.29
Amazon (2013-10-22)
売り上げランキング: 91

フィンランド語学習記 vol.19 − 疑問文の作り方について考える

photo credit: Colin_K via photopin cc

いよいよ年末も近くなりました。

フィンランド教室は年明けまで休みのため、最近はこれまでに習った文法や単語の復習をしています。

その中で、疑問文の作り方が気になったので、以下にポイントをまとめておきます。

Aki on suomalainen.(アキはフィンランド人です)
Onko Aki suomalainen?(アキはフィンランド人ですか?)

「はい/いいえ」で答えられる疑問文を作る場合は、動詞を文頭に出して、その語尾に[-ko/-kö]を付けるのがフィンランド語のルールでした。

このルールは一見すると、日本語に似ているようでもあり、英語に似ているようでもあります。話をわかりやすくするために「日本語/英語/フィンランド語」の yes/no 疑問文の作り方を比較してみましょう。

 

日本語 ⇒ 動詞に助詞「か」を付ける。

[平叙文]アキはフィンランド人です。
[疑問文]アキはフィンランド人です

 

英語 ⇒ 動詞を文頭に出す。(または助動詞を文頭へ置く。)

[平叙文]Aki is from Finland.
[疑問文]Is Aki from Finland?
[平叙文]Aki lives in Finland.
[疑問文]Does Aki live in Finland?

 

フィンランド語 ⇒ 動詞に語尾[-ko/-kö]を付け、かつ文頭に出す。

[平叙文]Aki on suomalainen.
[疑問文]Onko Aki suomalainen?

 

すなわちフィンランド語では、日本語的なルールと英語的なルールの二つが適用されているということになります。機能的な面から考えれば、どちらか一つのルールだけでも良さそうに思いますが、何か理由があるのでしょうか?

一方、疑問詞を使った疑問文では、次のような語順になります。

Millainen kaupunki Helsinki on?(ヘルシンキはどんな街ですか?)
*millainen=どんな kaupunki=街

こちらは動詞を主語の前に出さないという点で英語の語順と異なっています。これも慣れないと思いのほか難しくて、ついつい Millainen kaupunki onko Helsinki? などと言ってしまいそうです。

語の役割を主に語順で示す英語では当然語順の制約が厳しいため、*What kind of city Helsinki is? などと少し語順を間違えただけで、すぐに *ungrammatical になってしまいますが、フィンランド語の場合はどうなのでしょうか?

そのあたりの感覚は勉強不足のため残念ながらまだわからず。今後の進展(?)に期待することにしましょう。


cialis viagra online accutane