cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.491 − Kapkaupunki

17072901

フィンランド語教室のクラスメイトからもらったフィンランド語のフリーペーパーに「世界の気温と天気」が出ていました。(天気は記号になっているので、ここでは気温のみ記します。)

Tokio 27 Agadir 24
Sydney 15 Las Palmas 22
Peking 23 Madeira 23
Hong Kong 26 Rio de Janeiro 21
Bangkok 28 Santiago 13
New Delhi 35 Toronto 26
Riad 45 New York 23
Jerusalem 27 Miami 29
Kairo 34 Vancouver 24
Kapkaupunki 17 Los Angeles 32

「HS METRO TORSTAINA 6.7.2017」

こうして見ると、世界には東京より暑い場所もたくさんあることがわかります。

サウジアラビアの首都リヤドは何と45度!

なおここで挙げられている都市の名前は、ほとんど英語名に近いので調べなくてもどこのことなのかわかります。

ただ一つ「これはどこ?」と思ったのが左下にある Kapkaupunki。

kaupunki はフィンランド語で「都市」の意味ですが、Kapkaupunki というのはいったいどこの都市なのでしょう?

??

調べてみると、これは南アフリカ共和国のケープタウン(Cape Town)のこと。

要は Cape Town の Town の部分がフィンランド語の kaupunki に置き換えられているということのようです。これは思い付きませんでした。

英語名や現地語名の方がわかりやすいケースは多いものの、この Kapkaupunki のようにフィンランド語の要素が入っている方が、言葉を学ぶ楽しみは増えるような気がします。


forehead

17072801

「ひたい」は英語で forehead。

この forehead という単語はいったいどのように発音するでしょう?

「フォーヘッド」じゃないの?と思った方、もちろんそれも正解です。

ただし大抵の辞書には[h]を発音しない「フォリッド」という発音も併記されています。

forehead

Pronunciation /ˈfɒrɪd/ /ˈfɔːhɛd/

NOUN

The part of the face above the eyebrows.

Oxford Dictionaries

黙字の[h]と言えば honest, honor, hour のように、語頭の[h]をイメージする人が多いのではないでしょうか。

しかし探してみると、英語には語中に黙字の[h]が来るケースもあります。

(一般的な単語では「乗り物」を意味する vehicle など。)

なお forehead という単語の歴史を調べてみると[h]を読まない「フォリッド」の方がオリジナルの発音。

そこから綴りに引きずられて「フォーヘッド」と読む人が出てきたのだそうです。

つまり現代において often の[t]を発音する人が増えているのと同様の現象なのだと思います。

ただし often と異なり、forehead の中には一般語の head が含まれているので、その[h]を発音しないというのは何だか不自然にも感じます。

そんなこともあり、現在は「フォーヘッド」という発音がどんどん広まっているとのこと。

この動きに抗して、クラシカルな「フォリッド」はこの先も生き残ることができるのでしょうか?


ぐっすりと眠る夏

17072701

みなさんは夏と冬では、どちらがぐっすりと眠れますか?

??

おそらくは冬と答える人の方が多いのではないかと思います。

少なくとも布団の中にいるのが心地よいのは、断然冬の方でしょう。

そんな冬の睡眠の究極の形といえば「冬眠」。

国語辞書で「冬眠」を引くと、こんな説明が出ています。

とうみん[冬眠](名・自サ)

①〘動〙動物が、土や穴の中にはいって活動をやめ、栄養をとらずに、冬をこすこと。

「くまがーにはいる」

(↔夏眠)

②〔団体が〕まったく活動していないこと。

「ー組合」

「三省堂国語辞典 第七版」

ここで「おっ」と思った人もいるかもしれません。

何と「冬眠」の対義語として「夏眠」という言葉が出ているではありませんか。

この寝苦しい夏をまるごと眠ってやりすごしてしまう動物がいるのでしょうか?

かみん[夏眠](名・自サ)

〘生〙生物が、夏の暑く乾燥した時期に、ねむったような状態になること。(↔冬眠)

「三省堂国語辞典 第七版」

どういうメカニズムになっているのかはわかりませんが、これほど夏が暑くなってしまうと、夏眠というのはなかなか合理的なシステムなのではないかと思います。

このまま温暖化が続けば、

「今年の夏休みの予定は?」
「夏眠。」

などという会話が交わされる未来がやって来るのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


balmy or barmy

17072601

多くの日本人は[l]と[r]の発音を苦手にしていると言われます。

そもそも日本語の音韻には[l]と[r]の区別がないので、これらの違いを聞き取ることが難しいですし、違いを聞き取れないから区別して発音するのも難しいという訳です。

今回はそんな[l]と[r]の使い分けに関するちょっと面白い例を一つ紹介してみたいと思います。

次の二つの単語はいったいどのように発音するでしょう?

balmy

ADJECTIVE

Characterized by pleasantly warm weather.

‘the balmy days of late summer’

Oxford Dictionaries

barmy

ADJECTIVE

British informal

Mad; crazy.

‘I thought I was going barmy at first’

Oxford Dictionaries

balmy は「さわやかな」、barmy は「ばかげた」の意味。

[l]と[r]の一文字違いでずいぶん異なった意味になっています。

しかしこの両者、発音記号はどちらも同じ /ˈbɑːmi/。

つまり[l]と[r]の文字は発音しないので、話し言葉においては両者を区別する必要はありません。

それで大丈夫なの?とも思いますが、実際の会話には文脈の支えがあるので、取り違えるケースは少ないのでしょう。(書き間違えるケースは多いにありそうですが。)

いずれにしても[l]と[r]の発音が苦手な人にとって、ありがたい単語であることは間違いないでしょう。


土用の丑の日

17072501

今日出かけた際、駅ビルの食品売り場に寄ったら「土用の丑の日」の幟とともに、ウナギを売る威勢のいい声が響いていました。

ウナギおいしそうだなーと思いつつ、気になったのは幟に書かれた「土用の丑の日」という表現。

知っているようで知らないこの表現について、帰宅後に辞書を引いてみました。

まずは土用。

☆☆どよう[土用](名)〔もと、立春・立夏・立秋・立冬の前の十八日間〕

立秋の前の十八日間。夏の土用。〔七月二十日ごろから〕

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。土用というのは期間を表す表現なんですね。

ちなみに見出し語の前の☆☆は三国が定める「社会常識語」の印。自分は全く知りませんでしたが。。。

なお調べたところ、2017年の立秋は8月7日。よってその前の十八日間が夏の土用ということになります。

続いて丑の日。

うしのひ[×丑の日](名)

十二支のうしに当たる日。夏の土用のうしの日には、ウナギのかば焼きを食べ、寒のうしの日には、女は口紅をつけた。

「三省堂国語辞典 第七版」

十二支のうしは十二年に一度じゃないの?と思いますが、昔の暦では日付にも「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の十二支を当てていたのだそうです。

ということは、十二日に一日は丑の日ということになりますね。

2017年の夏の土用においては、今日7月25日が丑の日、さらに8月6日も丑の日になるとのこと(立秋が8月7日でその前に収まるため)。

よって今日、土用の丑の日だったのにウナギを食べ損ねた!という人は、もうワンチャンスあることになります。

しかも今年の8月6日は日曜日に当たっているため、絶好のウナギ日和ということになりそうです。食べたい人は忘れずに!

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


day name

17072401

自分が何年何月何日に生まれたのか知らない人はあまりいないと思いますが、何曜日に生まれたのか知らないという人は結構いるのではないでしょうか。

そんな「生まれた曜日」に関して、ランダムハウス英和大辞典の中にこんな項目を見つけました。

day name

(もと、特にクレオール語を話す人々の間で)誕生日名:アフリカの習慣に基づいて、子供の性別や生まれた曜日によってつける名前

◆日曜日生まれの男子は Quashee、女子は Quasheba、以下同様に

月曜日 Cudjo(e) / Juba

火曜日 Cubbena / Beneba

水曜日 Quaco / Cub(b)a

木曜日 Quao / Abba

金曜日 Cuffee[Cuffy]/ Pheba[Phibbi]

土曜日 Quamin[Quame]/ Mimba

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

このような雑学ネタが多く含まれているのがランダムハウスの魅力。

自分は火曜日生まれなので、このリストに従えば Cubbena という名前になります。

もし生まれた曜日がわからないという人がいたら、今の時代、スマホのカレンダーアプリでどんどん年をさかのぼっていくのが手っ取り早い調べ方かもしれません。友人や家族など親しい人の生まれた曜日も簡単に調べることができます。

またこの生まれた曜日は星座などと同様、占いのベースとしても使うことができそうです。あるいはすでにそのような占いが広まっている文化圏もあるのでしょうか?

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane