cialis viagra online accutane

ぬるいことは悪いこと?

photo credit: Kalense Kid kahawa via photopin (license)

photo credit: Kalense Kid kahawa via photopin (license)

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 2』に次のような文が出てきました。

Olen aivan kyllästynyt haaleaan kahviin.
(ぬるいコーヒーには飽き飽きなのよ。)
*kyllästyä(飽きる)、haalea(ぬるい)

先生曰く haalea(ぬるい)という単語は基本的にマイナスの意味で使われるとのこと。

これを聞いたときに、日本語の「ぬるい」はどうなのだろう?という疑問が頭をよぎりました。

例えば、次のような表現を考えてみましょう。

ぬるいお茶(熱さが足りない)
ぬるいビール(冷たさが足りない)
ぬるい上司(厳しさが足りない)

日本語のぬるいには何かが足りないという含意があります。よってプラスかマイナスかと言われれば、フィンランド語の haalea と同じようにマイナスの意味で使われる単語ということになるのでしょう。

それでは「私はぬるい温泉が好き!」などという場合はどうでしょう?

この場合はもちろんプラスの意味。ただしこれはあくまで文脈の支えがあるからで、単に「ぬるい温泉」と言えば、マイナスの意味に捉える人の方が多いでしょう。(熱がりの人は別かもしれません。)

それでは文脈の支えなしに「ぬるい◯◯」がプラスの意味になることはあるでしょうか?

ぬるい味噌汁やぬるいコーラのように、もともと熱いことや冷たいことが求められているものに「ぬるい」を足せば、当然ながらマイナスの意味になってしまいます。

よって、ぬるいがプラスの意味になるためには、熱過ぎて困るものや冷た過ぎて困るもの、あるいはそもそも適温という概念がないものに付ければよいということになります。

例えば、次のような表現はどうでしょう?

ぬるいお灸(熱過ぎない)
ぬるいプール(冷た過ぎない)
ぬるい石(温かくて気持ちいい?)

このように考えていくと、日本語のぬるいは一概にマイナスの意味で使われるとは言い切れないのかもしれません。

あるいはこの世の中に完全な善人や悪人がいないように、どんなことばにも良いところと悪いところがあるということなのでしょうか。


フィンランド語学習記 vol.433 − ひとりぼっち

16122101

ひとりぼっち

仲間や、たよりにする人などが居なくなった人(状態)。孤独。ひとりぽっち。

「新明解国語辞典 第七版」

語源由来辞典によれば「ひとりぼっち」というのは特定の宗派に属さないお坊さんを「独法師」と呼んだことに由来するのだそう。

ひとりぼっちの他に「◯◯ぼっち」という言葉はあるのだろうか?と考えてみても、なかなか思い付かず。そういう意味では独特の日本語表現と言えるのかもしれません。

先日のフィンランド語教室では、この「ひとりぼっち」に近いニュアンスの ypöyksin という単語を習いました。

ypöyksin

all alone

Koira jätettiin ypöyksin.
(The dog was left all alone.)

「Wiktionary」

フィンランド語の yksin は「一人で」の意味。それではその前に付いている ypö の意味は何なのだろう?と思って調べてみたものの、はっきりしたことはわかりませんでした。

意味というより、単に[y-y-]という音のリズムにポイントがあるのかもしれません。フィンランド語には同様のリズムを持った次のような単語もあります。

upouusi

brand new

「Wiktionary」

täpötäysi

full to the brim, as full as possible

Huone oli täpötäysi.
(The room was packed.)

「Wiktionary」

ypöyksin[y-y-], upouusi[u-u-], täpötäysi[t-t-]はどれもユニークな語感の単語。

もしかしたら日本語のオノマトペに近い感覚で使われているのでしょうか?


漢字の中の女性

photo credit: DailyPic Woman resting in bed via photopin (license)

photo credit: DailyPic Woman resting in bed via photopin (license)

ことばは、さまざまな理由で時代とともに移り変わっていきます。

例えば、過去に「看護婦・看護士」と呼ばれていた職業は、現在「看護師」に統一されています。

同様に「保母・保父」も「保育士」に統一されました。

このような人の職業を表すことばというのは、ポリティカル・コレクトネスの観点から、この数十年でいろいろと変化したように思います。

ただし日本語にはこのような変化の及ばない保守的な世界が一つあります。それは漢字の世界。

例えば、次の表現はどうでしょう。

かしましい【姦しい】

なんにんかのしゃべり声がして、うるさい。

「新明解国語辞典 第七版」

語義では「なんにんかのしゃべり声」となっていますが、うるさくしているのは男性でしょうか、女性でしょうか。

「姦」という漢字は女性差別だから、別の漢字に変えるべきだ!

、、、という議論はもしかしたらあるのかもしれませんが、少なくとも実際に漢字を変更するという事態には至っていません。

またここまであからさまな例ではなくても、私たちは日常的に次のような漢字を使っています。

姉・妹・妻・姑・妾・姪・娘・嫁・婆

ただ意味の上でこれらの対になる漢字には必ずしも「女」という字が入っている訳ではありません。

*調べてみたら「舅・甥」にのみ、男が入っていました。

そもそもおんなへんという部首はあるのに、おとこへんという部首は存在しないようです。

この非対称性はいったい何に由来しているのか?

なぜ女性「性」だけが明示されなければならないのか?

こういった漢字のあり方が私たちの深層意識に何らかの影響を及ぼしている可能性はあるのか?

そんなことを一度じっくりと考えてみるのもおもしろいのかもしれません。


cakewalk

photo credit: timsackton Passover Dessert [113/366] via photopin (license)

photo credit: timsackton Passover Dessert [113/366] via photopin (license)

クリスマスが近づいてきました。

クリスマスと言えばクリスマスケーキ。

ではその cake に walk を足した cakewalk という単語はいったいどのような意味になるでしょう?

??

正解はこちら。

cakewalk

1. informal  An absurdly or surprisingly easy task:

‘winning the league won’t be a cakewalk for them’

2. historical  A dancing contest among black Americans in which a cake was awarded as a prize.

Oxford Dictionaries

cakewalk は「簡単なこと」を意味する英単語。

なぜ calkwalk(ケーキ歩き?)がそのような意味になるのでしょう?

語源を調べてみると、この単語はもともとアメリカの黒人の間に広まっていたあるコンテストに由来するのだそう。

オンラインの語源辞書「Online Etymology Dictionary」には次のような説明が出ていました。

cakewalk (n.)

1863, American English, from cake (n.) + walk (n.), probably in reference to the cake given as a prize for the fanciest steps in a procession in a Southern black custom (explained by Thornton, 1912, as, “A walking competition among negroes,” in which the prize cake goes to “the couple who put on most style”).

「Online Etymology Dictionary」

最も風変わりなステップ(歩き方)を披露したカップルに商品のケーキが贈られる。19世紀末のアメリカではそんなコンテストが行われていたのだそう。いったいどんなステップだったのか、歴史の窓をのぞいてみたくなりますね。


本日16時よりカットとシャンプーの方でお待ちしております。

photo credit: Piyushgiri Revagar Desiderata (desired thing) via photopin (license)

photo credit: Piyushgiri Revagar Desiderata (desired thing) via photopin (license)

昨日、駅前の美容室で髪を切ってもらっていたときのこと。

来店予約の電話に対して、店員さんが次のような返事をしていました。

「それでは本日16時よりカットとシャンプーの方でお待ちしております。」

カットとシャンプーの方?

方??

などと心の中で激しく突っ込みを。最近どうもこの手のファミコン言葉に対して敏感に反応してしまうのです。

方というのは方角を示すときや、二つのものを比較をするときに使う単語なので、さきほどのような使い方は間違いのはず。

とはいえ、人の言葉をただ批判するのは簡単なこと。批判をするからには、どのように答えればよいのか代案を示すべきでしょう。

単純に「方」が余計なのだとすれば、まずは「方」を抜くところから始めてみましょう。

「それでは本日16時よりカットとシャンプーでお待ちしております。」

最初の文よりはましだと思いますが、どうも微妙な違和感が残ります。

しばらく考えていると違和感の正体は格助詞の「で」にあるような気がしてきました。

カットとシャンプーでお待ちしておりますと言っても、店員さんはカットとシャンプーという場所で待っている訳ではありません。

「で」のさまざまな用法を思い浮かべてみても「カットとシャンプー」と「お待ちしております」を「で」でつなぐことができるのかについては疑問が残ります。

またカットとシャンプーを16時から始めるのだとしても、そのお客さんを待つのは16時までですから「16時より〜お待ちしております」という構造にも欠陥があるような気がしてきました。

そんなことを頭の中でぐるぐると考えていたら、あっという間に自分のカットは終了。

現段階の結論としては、

「それでは本日16時よりカットとシャンプーを承ります。」

くらいでよいのかなと。日本語の手強さを痛感した一日でした。


カンパは何語?

photo credit: DonkeyHotey US Dollar Coin - Illustration via photopin (license)

photo credit: DonkeyHotey US Dollar Coin – Illustration via photopin (license)

日本語の外来語には時々、意外な国の言葉が紛れ込んでいることがあります。

最近、辞書を眺めていて「へえー」と思ったのがこちら。

カンパ

〔←ロ kampaniya〕

広く大衆に呼びかけて資金の募集運動をすること。また、資金を提供すること。

「新明解国語辞典 第七版」

「被災地支援のためのカンパをお願いします」などというときのカンパはロシア語の kampaniya という単語に由来するのだそうです。

日本語における外来語というと英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・ポルトガル語・オランダ語あたりが多い印象。ロシア語というのはちょっと珍しいのではないでしょうか。

なお Wiktionary でロシア語の綴りを調べてみると、次のような語義が出ていました。

кампа́ния

  1. campaign (series of operations undertaken to achieve a set goal)
  2. crusade
  3. (military) sequence of military operations pursuing some goal

「Wiktionary」

当然かもしれませんが、現代日本語のカンパとはやや意味が異なるよう。

また気になったのは語源の欄に次のような説明が出ていたこと。

Borrowing from Polish kampania.

ということはカンパの真の語源はポーランド語なのでしょうか?

手持ちの英語・ポーランド語辞書を調べてみるとたしかに kampania という単語がのっていました。

kampania

rzecz. ź mil, pol

campaign

「Duży Słownik Szkolny Angielsko-Polski Polsko-Angielski」

カンパの本当の起源がどこにあるのか、これだけでは確かなことはわかりません。ただ、一つの言葉が国境を超えて微妙に綴りや発音を変えながら伝播していくその様子はおもしろいものだと思います。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane