cialis viagra online accutane

いわゆる「おちゃのみず」の表記について

17051701

先日、神保町から御茶ノ水の界隈を歩く機会がありました。

そのときにふと思ったのが「おちゃのみず」には様々な表記があるなということ。

まず目に付くのは、漢字の「御」とカタカナの「ノ」、ひらがなの「お」とひらがなの「の」という組み合わせ。

  • 御茶ノ水駅
  • お茶の水女子大学

また漢字の「御」とひらがなの「の」という組み合わせもあるようです。

  • 御茶の水美術専門学校
  • 御茶の水美術学院

しかしひらがなの「お」とカタカナの「ノ」という組み合わせだけはどうしても見つかりませんでした。

  • × お茶ノ水◯◯

これらの文字使用状況を整理すると次のようになります。

◯ お茶の水 ◯ 御茶の水
× お茶ノ水 ◯ 御茶ノ水

 

調べてみると、地名としての「おちゃのみず」は文京区湯島〜千代田区神田一帯の通称であり、「おちゃのみず」という住所表記は存在しないとのこと。*御茶ノ水駅があるのは文京区湯島

もしかしたら、そんなことも様々な表記が並立する一つの要因なのかもしれません。

みなさんはどの「おちゃのみず」が好みでしょうか?


「有給休暇」の短縮形は「有休」と「有給」のどちらが正しいのか?

17051601

会社員の人なら一度は考えたことがある内容かもしれません。

「有給休暇」の短縮形は「有休」と「有給」のどちらが正しいのでしょう?

改めて国語辞書を引いてみると、どちらも見出し語になっていることがわかりました。

ゆうきゅう[有休](名)

←有給休暇。

「三省堂国語辞典 第七版」

ゆうきゅう[有給](名)

  1. 給料がしはらわれること。「ー休暇〔=給料をもらいながら取れる休暇。有休〕」(←→無給)
  2. ←有給休暇。

「三省堂国語辞典 第七版」

これによると、どちらの見出し語にも「有給休暇」の意味が出ています。

つまり有休と有給の違いというのは、有給休暇の一文字目と三文字目をとるか、一文字目と二文字目をとるかという違いであって、どちらも正しいということ。

ただ有給の方には、もう一つ「給料がしはらわれること」という意味も出ています。

ということは「有給」と表現した場合、別の意味に解釈されてしまう可能性もあるので、有給休暇の意味で使いたいときには「有休」と表現した方が確実とも言えるでしょう。

ただ個人的には「有休・有給」どちらの表記にもちょっとした収まりの悪さのようなものを感じてしまいます。

「ゆうきゅう」というのは、当然ながら休みがあるだけ、給与があるだけではなく、その両方があってはじめて「ゆうきゅう」になります。

しかし有休という字面に「給与がある」という意味は含まれていませんし、有給という字面に「休みがある」という意味は含まれていません。それらの意味は略された部分にあるのです。

そのため会話では普通に使っていた「ゆうきゅう」を漢字で書こうとしたときに、「あれ? ホントにこれでいいのかな?」と思ってしまうのかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


Watergate, Russiagate

17051501

アメリカのトランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任したニュースが各媒体で大きく報じられています。

焦点はFBIが捜査をすすめている昨年のアメリカ大統領選挙へのロシアの介入疑惑。

場合によっては、今回の解任劇が第二のウォーターゲート事件(Watergate scandal)につながるのではないかと危惧されています。

Watergate

PROPER NOUN

A US political scandal in which an attempt in 1972 to bug the national headquarters of the Democratic Party (in the Watergate building in Washington DC) led to the resignation of President Nixon (1974).

Oxford Dictionaries

Watergate scandal は1972年のアメリカ民主党本部盗聴事件に端を発する一連の政治スキャンダル。結果として当時のニクソン大統領は辞任に追い込まれました。

この事件のインパクトがあまりに強かったせいか、Watergate の[-gate]はその後、疑惑やスキャンダルを意味する接尾辞として使われるようになります。

-gate

COMBINING FORM

In nouns denoting an actual or alleged scandal, especially one involving a cover-up.

‘Irangate’

Oxford Dictionaries

上記用例に出ている Irangate というのはレーガン大統領時代にイランへの兵器売却で得た利益をニカラグアの反共ゲリラの援助に使っていた事件とのこと。

Oxford English Dictionary(OED)によると、この[-gate]には場所の名前が付いたものと人や組織の名前が付いたものがあるそうです。

  1. The name of the place where such a scandal (allegedly) occurred, or that of a place in some way associated with the scandal, as Dallasgate, Hollywoodgate, Irangate, Koreagate, etc.
  2. The proper name, nickname, etc., of a person or organization implicated in the scandal, as Billygate, Floodgate, Totegate, etc.

Oxford English Dictionary

この分類によれば、さきほどの Irangate や Russiagate は「場所の名前+ gate」なので前者のグループに入ります。

あるいは後者の「人の名前+ gate」というパターンに沿って、これから Trumpgate のような表現が広まることもあるのでしょうか?

まずは今後の推移を見守りたいと思います。


「船」は英語で何と言う?

17051401

ちょっと思い浮かべてもらいたいのですが、「船」は英語で何と言うでしょう?

何と初歩的な質問を。。。と思った人もいるかもしれません。

ちなみに私の第一感は ship。

しかし先日、次の記述を読んでびっくりしました。

boat 各種の船を指す最も一般的な語。小型から中型の船舶に用い、通例大型船舶には用いない。

ship 主に大型の客船・輸送船・軍用船のこと。

vessel 主に大型の船舶のこと。通例、改まった文脈で用いる。

「ウィズダム英和辞典 第3版」

船を指す最も一般的な語は boat?

boat と聞くと、どうしても公園の池に浮かんでいるような「ボート」を想像してしまいます。

しかしさきほどの記述によると英語の boat は中型の船舶にも用いるとのこと。

そういう意味では日本語の「ボート」というのは一種の和製英語なのかもしれません。

あとは「船」という単語から、いったいどのくらいの大きさの船を想像するかという問題もあります。

私の場合は200人くらい乗れるような船を想像してしまうのですが、ここでモーターボートのようなサイズを想像する人なら、「船→boat」というつながりも違和感無く受け入れられるのかもしれません。

ただ日本語には、小さい船を意味する「舟」という漢字もあります。

「舟」と「船」の違いを確認するため、Google 翻訳で「日本語→英語」に変換してみました。

boat
boat

 

何となく「舟→boat」「船→ship」という対応関係を予想していたのですが、結果は冒頭の辞書の記述と同じ。やはり船は boat なのでしょうか?

一応 boat と ship の違いも確認するため、Google 翻訳で「英語→日本語」にも変換してみました。

boat ボート
ship

 

ここでまさかのボート登場。そして ship は「船」になっています。

結局、船を指す最も一般的な語が boat なのだとしても、ship を日本語訳すれば「船」にならざるを得ないのもまた事実。

結論としては「100%の訳語というものはない」ということになるのでしょう。

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


持っている人、持っていない人

17051301

英語で「裕福な人々」は the rich、「貧しい人々」は the poor。

英語には「the+形容詞」だけで「the+形容詞+people」を意味するという用法があります。

この用法は一般的ですが、この前辞書を眺めていたら、あまり一般的ではなさそうな用法を見つけました。

the haves

people who have enough money and possessions

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

the have-nots

people who do not have money and possessions

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

the haves は「(富を)持っている人」、the have-nots は「(富を)持っていない人」の意味。

これらの単語はもちろん動詞の have がもとになっています。

動詞をもとに「◯◯する人」という名詞を作るときには[-er]を付けることが多いですが、ここではそのままの形で使っています。珍しい例ではないでしょうか。

それにしても the haves というのは、いったいどれくらいの富を持っている人を指しているのでしょう?

持っている、持っていないというのはあくまで主観なので、持っていると思えば持っている、持っていないと思えば持っていない。要は気の持ちよう、というのは言い過ぎでしょうか。


忘れ物はない?

17051201

わすれもの[忘れ物](名)

置き忘れ<たもの/ること>。

「三省堂国語辞典 第七版」

英語で表現するのが難しい日本語の一つに「忘れ物」があります。

和英辞書を引くと出てくるのは a thing left behind, lost property のような表現。

ただ a thing left behind は説明的ですし、lost property は硬いイメージ。どちらも「忘れ物」のような日常使いの単語ではありません。

そもそも何か忘れ物をしたとき、英語なら、

I left my umbrella on the train.

のように言うのが普通でしょう。

とりたてて「忘れ物」という名詞表現は必要ではないはずです。

一方、日本語でも「電車に傘を置き忘れた」と言うことはもちろん可能。ただ「忘れ物をする」という表現も日常的に使われています。

母:忘れ物はない?
先生:◯◯さんは忘れ物が多いですね。

昔よく言われたセリフを思い出してみると、忘れ物というのは何か特定のものを忘れたときより、一般的・習慣的な話をするときによく使われるのかもしれません。

ただこれも考えてみれば不思議なこと。物を忘れると言えば済むところを、わざわざ忘れ物という名詞を作って、そこに動詞のするを付け加えているということになります。

なぜ、こんなに回りくどいことをするのでしょう?

それはわかりませんが、忘れ物という日本語には忘れ物という単語でしか伝えられない独特のイメージがあるように思います。

もしかしたら、その多くは私たちの子ども時代の記憶と結びついているのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane