cialis viagra online accutane

About

Posts by :

フィンランド語学習記 vol.682 − フィンランド語の不定詞まとめ

今回はこれまでに習ってきたフィンランド語の不定詞について、ざっと全体像をまとめてみたいと思います。

 

第1不定詞

フィンランド語の第1不定詞には短形と長形という二つの形があります。

第1不定詞短形 syödä 食べる
第1不定詞長形 syödäksemme (私たちが)食べるために

 

短形というのはいわゆる辞書形のこと。一方、長形は「〜が〜するために」という意味を表します。

Emme elä syödäksemme vaan syömme elääksemme.
(私たちは食べるために生きているのではなく、生きるために食べている。)

syödäksemme の[-mme]は一人称複数の所有接尾辞。よって人称によって次のように変化します。

一人称単数 syödäkseni [-ni]
二人称単数 syödäksesi [-si]
三人称単数 syödäkseen
syödäksensa
[-Vn]
[-nsA]
一人称複数 syödäksemme [-mme]
二人称複数 syödäksenne [-tte]
三人称複数 syödäkseen
syödäksensa
[-Vn]
[-nsA]

 

第1不定詞長形の作り方

1)辞書形(第1不定詞短形)に格語尾[-ksi]を付ける。

lukea → lukeaksi

2)所有接尾辞を付ける。それに伴って格語尾が[-ksi]から[-kse]に変化する。

lukeaksi → lukeakseni

 

第2不定詞

フィンランド語の第2不定詞には内格と具格という二つの形があります。

第2不定詞内格 tullessa 来るとき
第2不定詞具格 itkien 泣きながら

 

第2不定詞内格

第2不定詞内格は時相構文と呼ばれる構文で用い、「〜しているとき」という意味を表します。

Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.
= Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)

 

第2不定詞内格の作り方

1)辞書形語尾の[-A]を外す。

tulla → tull

2)格語尾[-essA]を付ける。

tull → tullessa

【例外】[eA]で終わる単語は[e]を[i]に変えて[-essA]を付ける。

itkeä → itkiessa

 

第2不定詞具格

第2不定詞具格は「〜しながら」という意味を表します

Iida tuli itkien kotiin.
(イーダは泣きながら、家に帰ってきた。)

 

第2不定詞具格の作り方

辞書形語尾の[-A]を[-en]に変える。

katsella → katsellen

【例外】[-eA]で終わる単語は[e]を[i]に変えて[-en]を付ける。

itkeä → itkien

 

第3不定詞

フィンランド語の第3不定詞には内格、出格、入格、接格、欠格という五つの形があり、それぞれ次のような意味を表します。

第3不定詞内格 lukemassa 読んでいる途中で
第3不定詞出格 lukemasta 読んでから
第3不定詞入格 lukemaan 読みに
第3不定詞接格 lukemalla 読むことによって
第3不定詞欠格 lukematta 読まずに

 

Minä olen kirjastossa lukemassa kirjaa.
(私は図書館で本を読んでいます。)

Pekka tulee kirjastosta lukemasta kirjaa.
(ペッカは図書館で本を読んでから来る。)

Liisa menee kirjastoon lukemaan kirjaa.
(リーサは図書館へ本を読みに行く。)

 

第3不定詞の作り方

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める。

lukea → lukevat

2)[-vAt]を外して格語尾[-mAssA][-mAstA][-mAAn][-mAllA][-mAttA]を付ける。

lukevat → lukemassa

 

第4不定詞(動名詞)

第4不定詞(動名詞)は「〜すること」という意味を表します。

第4不定詞(動名詞)主格 syöminen 食べることは
第4不定詞(動名詞)分格 syömistä 食べることを

 

Syöminen on hauskaa.
(食べることは楽しい。)

 

第4不定詞(動名詞)の作り方

第4不定詞(動名詞)の作り方はさきほどの第3不定詞と同じです。

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める。

syödä → syövät

2)[-vAt]を外して格語尾[-minen][-mistA]を付ける。

syövät → syöminen

 

第5不定詞

第5不定詞は「〜しようとしている」という意味を表します。

第5不定詞 loppumaisillaan 終わろうとしている

 

Kurssi on loppumaisillaan.
(授業は終わろうとしているところだった。)

loppumaisillaan の[-an]は三人称の所有接尾辞。よって人称によって次のように変化します。

一人称単数 loppumaisillani [-ni]
二人称単数 loppumaisillasi [-si]
三人称単数 loppumaisillaan
loppumaisillansa
[-Vn]
[-nsA]
一人称複数 loppumaisillamme [-mme]
二人称複数 loppumaisillanne [-tte]
三人称複数 loppumaisillaan
loppumaisillansa
[-Vn]
[-nsA]

 

第5不定詞の作り方

第5不定詞の作り方はさきほどの第3・第4不定詞と同じ手順に、所有接尾辞を付けるだけです。

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める

loppua → loppuvat

2)[-vAt]を外して格語尾[-mAisillA]を付ける

loppuvat → loppumaisilla

3)所有接尾辞を付ける。

loppumaisilla → loppumaisillaan

 

まとめ

以上、今回はこれまでに習ってきたフィンランド語の不定詞について、ざっと全体像をまとめてみました。

第1不定詞短形 syödä 食べる
第1不定詞長形 syödäksemme (私たちが)食べるために
第2不定詞内格 tullessa 来たとき
第2不定詞具格 itkien 泣きながら
第3不定詞内格 lukemassa 読んでいる途中で
第3不定詞出格 lukemasta 読んでから
第3不定詞入格 lukemaan 読みに
第3不定詞接格 lukemalla 読むことによって
第3不定詞欠格 lukematta 読まずに
第4不定詞(動名詞)主格 syöminen 食べることは
第4不定詞(動名詞)分格 syömistä 食べることを
第5不定詞 loppumaisillaan 終わろうとしている

 

こうして並べてみると、ずいぶん様々な形を覚えてきたなあと思います。

このうち使用頻度が高いのはおそらく第3不定詞と第4不定詞。

あとは時相構文で使われる第2不定詞内格も読める(=見分けられる)ようになっておきたいところです。

clinomania

今年の正月休みは例年通り、のんびりと過ごしていました。

睡眠時間も合わせると、一日の4分の3くらいは横になっていたでしょうか。

連日そんな風に過ごしていると、もはや人間が二足歩行の動物であるということを忘れそうになってしまいます。

先日、人間のそんな縦よりも横でいたいという欲求を示す面白い英単語を見つけました。

clinomania (uncountable)

An excessive desire to remain in bed; morbid sleepiness.

「Wiktionary」

clinomania は「ベッドの中にいたいという過度の欲求、病的な眠気」を意味する英単語。

[clino-]は「傾斜、斜面」を意味する接頭辞。

[-mania]は「〇〇狂、〇〇熱」を意味する接尾辞。

よって clinomania をそのまま訳せば「傾斜狂」ということになるでしょうか。

要は一日の24時間を縦よりも横で過ごしたいという人間の根源的な(?)欲求を表したことばです。

この clinomania、なかなかセンスのある単語だなと思うのですが、いかがでしょう?

正月休みが終わったことですし、縦になって頑張らなくては!と思うのですが、週末休みで早くも clinomania が再発するのではないかと心配しているところです。

前足の長いオオカミ、後足の長いオオカミ

☆☆ろうばい[(×狼×狽)](名・自サ)

あわてること。

「三省堂国語辞典 第七版」

狼狽の狼と狽はお互いによく似た漢字。

狼狽

ただ狼がオオカミだということはわかりますが、狽というのはいったい何を指す漢字なのでしょう?

調べてみると、日国にこんな説明が出ていました。

ろうばい【狼狽】

〘名〙 (「狼」も「狽」もオオカミの一種。「狼」は前足が長く後足は短いが、「狽」はその逆で、常にともに行き、離れれば倒れるので、あわてうろたえるというところから) 思いがけない出来事にあわてふためくこと。どうしてよいかわからず、うろたえ騒ぐこと。

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど。狽も狼と同じくオオカミのことだったんですね。

狼は前足が長く後足が短いオオカミ、狽は前足が短く後足が長いオオカミ。

ただ改めて考えてみると、前足の長いオオカミと後足の長いオオカミが離れれば倒れるというのはいったいどのような形で支え合っているのでしょう?

短い方の足をお互いにつないだ状態でスタスタ歩いているのか。。。絵柄を想像するとなんだか微笑ましくなってしまいます。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

onomatopoeic new year’s resolutions

毎年この時期に考えるのは、新しい年の「目標、抱負、やりたいこと」など。

ただ今回は新しい年に感じたい「気持ち」をオノマトペで考えてみました。

うきうき[(浮き浮き)](副・自サ)

喜びや楽しみで、心がおちつかないようす。

「三省堂国語辞典 第七版」

どきどき(副・自サ)

〔緊張・期待などのため〕心臓の動きが強く感じられるようす。動悸がするようす。

「三省堂国語辞典 第七版」

ほくほく(副・自サ)

①満足して喜ぶようす。

②〔煮たカボチャ・ジャガイモなどが〕水け・ねばりけがなく、口あたりがいいようす。ぽくぽく。

「三省堂国語辞典 第七版」

るんるん(副・自サ)

〔俗〕明るくはずんだ気持ちであるようす。

「三省堂国語辞典 第七版」

わくわく(副・自サ)

①これからの喜びや楽しみを期待して、心がおちつかないようす。

②〔古風〕心配などで、心がおちつかないようす。

「三省堂国語辞典 第七版」

うーん、書いているだけで気持ちがぽかぽかしてきました。

今年はよい一年になりますように。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

野にあるときも

年が明けて2019年。大晦日から新潟の実家に帰っています。帰省の新幹線に乗る際にいつも楽しみにしているのがJR東日本の車内誌トランヴェールに掲載されている沢木耕太郎さんのエッセイを読むこと。

大晦日の新幹線にはもう1月号が用意されていて、その回では金沢出身の作家、室生犀星についての話題が取り上げられていました。

室生犀星は学生時代に愛読した作家の一人。しかし今回のエッセイで沢木さんが書いていたように、詩人としての室生犀星を好きだったのか、小説家としての室生犀星を好きだったのか、エッセイの書き手としての室生犀星を好きだったのかを思い出すことができません。

そこで実家に帰ってから部屋の書棚を眺めてみると、岩波文庫の室生犀星詩集が置いてあるのを発見。学生時代の自分がこの詩集をよく手に取っていたことを思い出しました。

さっそくページをめくってみると、当時読んだ詩の数々が懐かしく思い出される、、、、ということは全くなく、何もかも忘れていました。

覚えているのは有名な「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」という抒情小曲集の一節程度。当然、それらの詩を読んで何を感じていたのかもきれいさっぱり忘れてしまっています。

それでもパラパラと詩集をめくっていると、今の感性でも純粋にいいなと思える作品が多く、昔の自分と今の自分がどこかでつながっていることが確認できました。

永日

野にあるときもわれひとり
ひとり たましひふかく抱きしめ
こごゑにいのり燃えたちぬ
けふのはげしき身のふるへ
麦もみどりを震はせおそるるか

われはやさしくありぬれど
わがこしかたのくらさより
さいはひどもの遁がれゆく
のがるるものを趁(お)ふなかれ
ひたひを割られ
血みどろにをののけど
たふとや われの生けること
なみだしんしん涌くごとし

正月三が日は久しぶりに再会した犀星の世界に浸ってみようかなと思っています。

2018年に読んで面白かった本10冊

2018年も最後の一日となりました。平成最後の年の瀬と思うと感慨深いものがあります。

今回のエントリーでは今年読んで面白かった本10冊を紹介してみたいと思います。

今年発売された本ではなく、あくまで今年読んだ本ですので、古い本も入っています。

それではさっそくいってみましょう。

 

『ロシア語だけの青春 ミールに通った日々』黒田龍之助著

外国語を学ぶ方法は人それぞれ。ただ本書には小手先ではない確かな語学力を身につけるための方法が、かつて存在したミールというロシア語学校のカリキュラムとして紹介されています。

語学学校というのは外国語を学ぶための場所であると同時に、同じ目標を持つ仲間と出会う場所でもあります。そんな「場」の魅力も伝えてくれる語学好きのための一冊です。

 

ロシア語だけの青春: ミールに通った日々
黒田 龍之助
現代書館
売り上げランキング: 19,023

 

『これ、食べていいの? ハンバーガーから森のなかまで ー 食を選ぶ力』マイケル・ポーラン著

今年は食に関する本をたくさん読みました。「食べる」ということが世界の環境に与えるインパクトは想像以上に強大です。

おそらく私たちの多くはそのことに気づいていても、日常の中で何となく見て見ぬ振りをしているのかもしれません。著者が取材する現代の食糧生産事情は想像以上にショックなものでした。

 

これ、食べていいの?: ハンバーガーから森のなかまで――食を選ぶ力
マイケル ポーラン
河出書房新社
売り上げランキング: 347,873

 

『青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記』高橋絵里香著

フィンランドのロヴァニエミにある高校への留学記。ブログでさんざんフィンランドのことを書いていながら、まだこの本を読んでいませんでした。

フィンランドのユニークな教育制度とそこで築いていく暖かな人間関係。中学生や高校生の頃の自分に読ませてあげたいなと思わずにはいられない素敵な一冊でした。

 

青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記
高橋 絵里香
講談社
売り上げランキング: 68,408

 

『日本と世界の塩の図鑑』青山志穂著

カルディや成城石井のようなお店に行くと、つい珍しい塩を買ってしまいます。せっかくなのできちんと塩について学んでみようと思い、本書を手に取りました。

次はどの塩を試してみようかな?なんて考えつつ、ページをめくる時間は楽しいものです。一時期、岩塩にはまっていましたが、最近はまた日本の伝統的な海水塩に戻ってきました。

 

日本と世界の塩の図鑑
日本と世界の塩の図鑑

posted with amazlet at 18.12.31
青山志穂
あさ出版 (2016-11-01)
売り上げランキング: 140,660

 

『NHK ことばのハンドブック 第2版』NHK放送文化研究所編

言葉というものは時間とともに変化していて、その正しい・正しくないの基準も時間とともに変化します。本書はそんなつかみどころのない日本語の今の姿をわかりやすく伝えてくれる貴重な一冊。

母語として知っている、使いこなせていると思っている日本語にも知らないことは多いのだなと気付かされます。

 

NHK ことばのハンドブック 第2版
NHK出版
売り上げランキング: 29,052

 

『終わりと始まり』ヴィスワヴァ・シンボルスカ著

ポーランドの詩人ヴィスワヴァ・シンボルスカの代表的詩集。

戦争が終わるたびに
誰かが後片付けをしなければならない
物事がひとりでに
片づいてくれるわけではないのだから

難しい言葉が使われている訳ではありません。詩人の目を通してみたこの世界は時に暖かく、時に冷たく、私たちを新しい地平に連れて行ってくれます。

 

終わりと始まり
終わりと始まり

posted with amazlet at 18.12.31
ヴィスワヴァ・シンボルスカ
未知谷
売り上げランキング: 211,859

 

『山登り12ヵ月』四角友里著

こちらは9月のブログエントリーでも紹介した一冊。夜寝る前に読む山の本は一服の清涼剤。ビジネス書や小説を読むよりも寝つきが良くなります。

晴れた日には山へ登り、雨の日には山の本を読む。そんな晴耕雨読の日々にあこがれます。

 

山登り12ヵ月 四角友里
山登り12ヵ月 四角友里

posted with amazlet at 18.12.31
四角 友里
山と渓谷社 (2018-06-18)
売り上げランキング: 73,865

 

『カラマーゾフの兄弟』フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー著

今年はついに念願の作品を読むことができました。もし若い頃に読んでいたらアリューシャに肩入れして読んでいたと思うのですが、それなりに歳を重ねた今はミーチャことドミートリイに肩入れして読んでいました。

汲めども尽きない人間の心の声。その過剰さ。こんなむきだしの人間を描き出すことができるのはやはり小説だけなのだろうと思います。

 

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
光文社 (2012-02-10)
売り上げランキング: 2,254

 

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 17,391

 

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 14,978

 

カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 14,636

 

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)
ドストエフスキー
光文社
売り上げランキング: 17,994

 

『山の家クヌルプ』エクリ編

霧ヶ峰高原の山小屋クヌルプ・ヒュッテを60年に渡って運営してきたご主人夫妻、関わったスタッフ、ゲストの記憶を辿って構成した山小屋の歴史。

ここに流れているのはゆっくりとした時間。読んでいて気持ちが安らぐのは、世俗の価値観から離れた世界に魅力を感じているからなのでしょうか。昨年、霧ヶ峰を訪れていたので、そのときに出会った風景を思い出しながら読みました。

山歩きのきろく(2)− 青と緑の霧ヶ峰[2017.09]

山の家クヌルプ

 

『新版 歎異抄 ー 現代語訳付き』千葉乗隆翻訳

仏教の本が好きでよく読んでいます。今年の後半は歎異抄を繰り返し読んでいました。

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに、親鸞一人がためなりけり。

阿弥陀さまが、五劫という永いあいだお考えになって、すべてのいのちあるものを救おうとしてたてられた誓願を、よくよく考えてみますと、それはひとえに、この親鸞一人を救ってくださるためでした。

短い本のあちこちに顔を覗かせる親鸞という人の人間らしさと奥深さ。何度でも読みたくなり、繰り返し手に取ってしまいます。

 

新版 歎異抄―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
角川書店
売り上げランキング: 56,145

 

まとめ

以上、今回のエントリーでは今年読んで面白かった本10冊を紹介してみました。

2018年は個人的に様々な環境の変化がありました。限られた時間の中で手に取ることができた本との出会いに改めて感謝したいと思います。

それではよいお年をお迎えください。

cialis viagra online accutane