cialis viagra online accutane

About

Posts by :

微分・積分

科学雑誌 Newton が出している「Newton ライト」は理系のさまざまなトピックを初心者にもわかりやすく説明してくれる入門シリーズ。

先日はこんな一冊を読みました。

Newtonライト『微積のきほん』 (ニュートンムック)

微分・積分は文系人間にとってハードルが高い分野。

しかしこの本ではそのエッセンスがわかりやすく説明されていて、微分・積分の世界に少しだけ近づくことができたような気がします。

そして読了後に思ったのは、もし自分が国語辞書の執筆者だったら「微分・積分」の項にはどんな語釈を書くだろう?ということ。

。。。しばらく考えてみたのですが、全く思い当たりません。実際の辞書にはどのように書いてあるのでしょう?

びぶん[微分](名・他サ)

〘数〙ある変数のひじょうに小さい変化に対応する、関数の変化の割合の極限を求めること。(↔積分)

「三省堂国語辞典 第七版」

せきぶん[積分](名・他サ)

〘数〙関数の和に関する計算法。(↔微分)

「三省堂国語辞典 第七版」

うーん、わかるようなわからないようなという感じでしょうか。

有名なカピバラの語釈のように、対象をありありとイメージできるような語釈を書けたらすごいと思うのですが、抽象的な言葉の場合は難しいでしょうか。

カピバラ(名)〔capybara〕

〘動〙ネズミのなかまで、大型犬ほどの大きさのけもの。毛におおわれ、ねむそうな目と、間のびした鼻の下をもつ。〔なまって、カピパラ〕

「三省堂国語辞典 第七版」

ロシアの現大統領は誰?

知っているようで知らないことはいくつになってもあるものです。

そこで問題を一つ。

Q:ロシアの現大統領は誰でしょう?

??

??

A:ウラジミール・プーチン

。。。と今まで覚えていたのですが、正しくはウラジーミル・プーチンさんであるということにさきほど気が付きました。

× ウラジミール・プーチン
ウラジーミル・プーチン

 

フルネームはウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(Владимир Владимирович Путин)。

この Владимир をどう発音するのかはロシア語に詳しくないのでわかりません。ただ長音符の位置がずれているということは、日本語で「おかあさん」を「おかさあん」と言っているようなものなので、それなりに違和感はあるのだろうと想像します。

でもウラジミールだと思っている人って結構いる気もするのですが、、、どうでしょう?

cleanliness と cleanness の違いとは?

このところビジネス関係の本を読んでいてよく見かけるのが「クリンリネス」という言葉。

もともとはどんなニュアンスの英単語なのだろう?と思い、手元の英語辞書を引いてみました。

cleanliness

/klénlinəs/

U 清潔さ;きれい好き;こざっぱりしていること

be obsessed about cleanliness
神経質なほどきれい好きである

Cleanliness is next to godliness.
(ことわざ)清潔さは信仰深さに次ぐ(ほど大切)

「ウィズダム英和辞典 第4版」

「清潔さ、きれい好き」というニュアンスの言葉なんですね。Cleanliness is next to godliness. ということわざは面白いです。

ところで clean の名詞形と言えば、cleanliness よりシンプルな cleanness という単語も思い当たります。

cleanliness と cleanness の違いとは何なのでしょう?

こちらも辞書を引いてみました。

cleanness

/klı́ːn-/

U 清潔;潔白

「ウィズダム英和辞典 第4版」

これだけでは cleanliness との違いがよくわかりません。そこでさらに英英辞書でも cleanliness を引いてみました。

cleanliness /klenlɪnəs/

N-UNCOUNT

Cleanliness is the degree to which people keep themselves and their surroundings clean.

Many of Britain’s beaches fail to meet minimum standards of cleanliness.
…the importance of personal cleanliness.

「Collins Cobuild Advanced Learner’s Dictionary」

おそらく cleanness が単に「清潔であること」を指しているのに対して cleanliness は「清潔にしようとすること、およびその習慣」を指している感じでしょうか。

いわゆるモノ・場所視点の cleanness と人視点の cleanliness。

似ているようで視点が異なる面白い単語の組み合わせだと思います。

soupçon

Lexico.com(former Oxford Dictionaries)の「Word of The Day」にこんな単語が取り上げられていました。

soupçon

NOUN

A very small quantity of something.

‘a soupçon of mustard’

soupçon | Definition of soupçon in English by Lexico Dictionaries

soupçon は「ほんの少量」を意味する英単語。

何となくフランス語っぽいなとわかるのは ç の下にひょろっと飾りが付いているから。

ç

この飾りはセディーユと呼ばれる記号で、フランス語の場合は c の文字を[k]ではなく[s]と読ませるための印になっています。

さきほどの soupçon は英語でもフランス語でも「スープソン」に近い発音ですが、これがもし soupcon と書いてあったら少なくともフランス語の場合は「スープコン」になってしまいます。
(英語でもこの単語を知らなければ「スープコン」と読んでしまいそうです。)

英語の基本的なアルファベットはもちろん a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z の26文字。

ただ時々外国語に由来するこのような文字が単語の中に入ってくることがあります。文字フェチの人間にとってはどきっとしてしまう瞬間です。

水菓子とは?

水菓子という言葉から思い浮かべるお菓子の種類は何でしょう?

水ようかん?

それともゼリー?

辞書を引いてみると、次のように出ています。

みずがし[水菓子](名)

①〔古風〕くだもの。

②〔俗〕水ようかん・くずもちなど。

「三省堂国語辞典 第七版」

みずがし 【水菓子】

「果物」の意の古風な表現。

「新明解国語辞典 第七版」

水菓子というのは本来、果物のことなんですね。

それでは、なぜ果物のことを菓子と呼んだのでしょう? 調べてみると、菓子というのはもともと果物を指す言葉だったということがわかってきました。

かし【菓子・果子】

〘名〙 食事以外に食べる甘味などの嗜好品。もと、果物をさしたが、現在ではもっぱら米粉、小麦粉、餠などに砂糖、餡あんの類を加えるなどして製した嗜好本位の食物をいい、果物のことは水菓子という。大きく、和菓子と洋菓子、生菓子と干菓子などに分けられる。

「精選版 日本国語大辞典」

つまりもともとは、

菓子→果物

だったのが、様々な種類の菓子が生まれたことで、

果物→水菓子

となり、さらに「菓子=果物」というイメージが薄れたことで、

水菓子→水ようかん・ゼリー・その他

という新たな解釈が生まれたということ。

こうして見ると、実にダイナミックな言葉の移り変わりではないでしょうか。

フィンランド語学習記 vol.761 − kovat piipussa

アメリカのトランプ大統領がイランへの攻撃を指示、その後に指示を撤回したというニュースが報じられています。

そして大統領自身もそのことをツイッターに記しています。

このニュースをフィンランド国営放送ニュース(yle uutiset)のウェブサイトで読んでいたら、ちょっと気になる表現に出会いました。

Yhdysvaltain presidentti Donald Trump kertoo peruneensa sotilaalliset iskut Iraniin vain kymmenen minuuttia ennen operaation aloittamista. Iskut peruttiin, sillä ne olisivat olleet ylimitoitettuja.

Hän kirjoittaa Twitterissä Yhdysvalloilla olleen jo “kovat piipussa” ja iskuja suunniteltiin tehtäväksi kolmeen eri kohteeseen.

アメリカ大統領ドナルド・トランプは、イランへの軍の攻撃を作戦開始のほんの10分前に取り消したと語った。攻撃が取り消されたのは、それが想定された規模を超えるとわかったからだ。

彼はツイッターにアメリカはもう “kovat piipussa” であり、攻撃は三つの異なる場所へ行われる計画だったと書いている。

Trump perui iskut Iraniin vain kymmenen minuuttia ennen operaation aloittamista | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
perua withdraw 取り消す
sotilaallinen military 軍隊の
isku attack 攻撃
operaatio operation 作戦
mitoittaa dimension 必要な大きさにする
suunnitella design 計画する

 

kovat piipussa

Hän kirjoittaa Twitterissä Yhdysvalloilla olleen jo “kovat piipussa” ja iskuja suunniteltiin tehtäväksi kolmeen eri kohteeseen.

彼はツイッターにアメリカはもう “kovat piipussa” であり、攻撃は三つの異なる場所へ行われる計画だったと書いている。

この文における “kovat piipussa” の意味がわかりません。

kovat は「硬い」を意味する形容詞 kova の複数主格。

piipussa は「パイプ」を意味する名詞 piippu の単数内格。

ただ “kovat piipussa” とダブルクォーテーションが付いていることから、何らかの慣用句なのだろうということは推察できます。

ソースであるトランプ大統領のツイートを見直しても、どの表現が “kovat piipussa” に当たるのかよくわからず。いったいどのような意味なのでしょう?

cialis viagra online accutane