cialis viagra online accutane

英語

テニスの0点はなぜ love なのか?

英語の love を辞書で調べると、こんな意味ものっています。

(テニスで)0点

テニスの0点はどういうわけか love と呼ばれています。これはなぜなのでしょう?

いくつかの辞書を調べてみました。

テニスは13世紀にフランスよりもたらされたが、ゼロ(0)の形が卵に似ていることからフランス語で l’œuf と呼ばれるようになり、それが英語のloveと混同された。

『ウィズダム英和・和英辞典』

なるほど。ちょっとよく出来すぎた話にも聞こえますが、まあ納得といったところでしょうか。

それにしても、テニスがフランスからもたらされたというのは知りませんでした。何となくイギリスというイメージがあったもので。

念のため他の辞書も見てみましょう。

ゼロの形が卵に似ていることから、フランス語の l’œuf(卵)が love になったという民間語源説がある。

『ジーニアス英和大辞典』

先ほどの説は、ジーニアスでは民間語源とされているようです。

民間語源というのは、いわゆる学問的な根拠がないということですので、この説は信憑性に欠けるのかもしれません。

続いて英語圏の辞書も見てみたいと思います。

From the phrase Neither for love nor for money, meaning “nothing”.

The previously held belief that it originated from the French term l’œuf (“the egg”), due to its shape, is no longer widely accepted.

(「絶対にない」ことを意味する「義理や金銭の問題ではない」というフレーズから。(ゼロに)形が似ていることからフランス語の l’œuf に由来するという以前に広まった考えは、もうあまり受けいれられていない。)

『Wiktionary』

Wiktionary ではとうとう「卵」説が否定されてしまいました。

そう言われてみると、ゼロの形が卵に似ているというのも、何だかこじつけのように聞こえてくるから不思議ですね。

とはいえ、この「love/money」説に絶対的な根拠があるのかどうかはわかりません。

また、もし卵説が民間語源なのだとしても、そんなことを最初に考えた人はすごい!ということは言えるでしょう。座布団一枚くらいはあげたいところです。

Euouae

英語には、island や Wednesday など、綴りから発音を想像するのが難しい単語がたくさんあります。

island の[s]や Wednesday の[d]を読まないというのは、ルール化できるものではないため、単語ごとに覚えていくよりほかありません。

とはいえ長年英語を勉強していると、少々風変わりな綴りが出てきても、何となく発音を想像できるようにはなってきます。

しかし最近、綴りから全く発音を想像できない単語に出会ってしまったので、ここに紹介してみたいと思います。

その単語がこちら。

Euouae

エウオウアエ??

。。。ではないのでしょう。

さっそく wiktionary を調べてみると、こんな発音記号が付されていました。
(こんな単語ものっている wiktionary はすごい!)

[juːˈuːɪ]

カタカナ表記をすれば「ユゥーウーイ」という感じでしょうか?

かなり無理矢理、英語らしい音に変換した感じがありますね。

一方、意味はと言うと、

A type of cadence in medieval music.

(中世の音楽におけるカデンツ[=終止形]の一つ)

これだけではどうもよくわかりません。

この単語は Wikipedia の項目にもなっているので、そちらの解説も見てみました。

解説によると、キリスト教の賛美歌「グロリア・パトリ」の最後に “seculorum Amen” というフレーズが出てきます。(ラテン語)

euouae は、このフレーズの母音を覚えやすいように並べたものなのだとか。

seculorum Amen = euouae

なぜこのように略されるようになったのか? これは調べてみたもののよくわかりません。

いずれにしても、この euouae という略語によって、下記のように曲の終止部分の音型を示すようになったとのこと。

またこの単語は母音だけでできている最も長い単語としてギネスブックに認定されているそうです。

以上、ちょっと風変わりな英単語のお話でした。

「かわいい」を表す英単語

photo credit: James Marvin Phelps via photopin cc

かわいい

〔形〕(カワユイの転。「可愛い」は当て字)

①いたわしい。ふびんだ。かわいそうだ。

②愛すべきである。深い愛情を感じる。

③小さくて美しい

「広辞苑」より

日本語の「かわいい」に当たる英単語にはどのようなものがあるでしょうか?

今回のエントリーでは、意味が近いと思われる単語をいくつか紹介してみたいと思います。

*語義は OALD(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)から引用しました。

 

cute

1. pretty and attractive

2. (informal, especially AmE) sexually attractive

Google Translate で「かわいい」を日→英翻訳したら、cute になりました。

たしかにかわいいと聞いて、真っ先に連想する単語はこれかもしれませんね。

ただし2の「セクシャルな魅力がある」というニュアンスは、日本語のかわいいには含まれていないような気がします。

 

pretty

 (especially of a woman, or a girl) attractive without being very beautiful

「あまり美しすぎることなく魅力的」という定義はおもしろいですね。あまりにも美しいと pretty ではないのでしょうか?

 

sweet

1. (especially BrE) (especially of children or small things) attractive

2. having or showing a kind character

sweet には様々な意味がありますが、人に用いれば「魅力的な/親切な」という意味になります。

1の「特に子供たちや小さいものを指して」というところを見ると、日本語のかわいいと共通する感覚もあるのではないでしょうか。

 

charming

very pleasant or attractive

語義に pleasant が出てきました。charming な人というのは、何よりもいっしょにいて楽しい人なのでしょう。

 

darling

(informal) much loved; very attractive, special, etc.

語義に much, very が付いているところを見ると、かなり強い表現なのだと思います。「かわいい」というより「めちゃくちゃかわいい」といった感じでしょうか?

 

lovely

1. beautiful; attractive

2. (informal) very enjoyable and pleasant; wonderful

日本語でラブリーというとかわいいという意味を思い浮かべがちですが、もともとの意味は beautiful に近いです。

名詞として使うと、lovely 一語で beautiful woman の意味に。

また見た目だけではなく、相手の人間性など内面を褒めるのに使うこともできます。

 

dinky

1. (BrE, approving) small and neat in an attractive way

2. (AmE, disapproving) too small

イギリスでは「小さくてかわいい」と良い意味になるのに、アメリカでは逆に「小さすぎる」と悪い意味になってしまいます。

あまりにもわかりやすい価値観の対比がおもしろいです。Too American!

 

kawaii

Cute, especially in the context of Japanese culture.

(from Wiktionary)

kimono, sushi, tsunami など英語になった日本語は数多くありますが、今や kawaii もその仲間入りをしています。

日本のマンガ、アニメ、ファッションなどを語る文脈では、kawaii という単語が固有の価値観を表しているようです。

なお Wiktionary によると、比較級は more kawaii、最上級は most kawaii になるとのこと。

 

まとめ

以上、日本語の「かわいい」を表す英単語を見てきました。

  • cute
  • pretty
  • sweet
  • charming
  • darling
  • lovely
  • dinky
  • kawaii

似ているようでちょっと違う、意味のグラデーションがおもしろいですね。

なおこれらはもちろん褒め言葉ですので、人に言われたら嬉しいはず。一番嬉しいのはどの言葉でしょうか?

sofa と couch の違いとは?

タイトルは忘れてしまったものの、昔読んだ言語学の本にこんなニュアンスのことが書いてあったのを覚えています。

二つの異なる語が全く同じ意味を持つことはありえない。しかし sofa と couch の違いはまだ発見されていない。

今考えてみるとジョークだったのかもしれませんが、ふとこのことを思い出したので、真剣に sofa と couch の違いを調べてみることにしました。

まずは辞書の定義から。使用したのは OALD(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)です。

sofa

a long comfortable seat with a back and arms, for two or more people to sit on.

couch

a long comfortable seat for two or more people to sit on.

両者の違いは太字部分のみ。それぞれの定義を表にまとめると、以下のようになります。

sofa couch
形状 長い 長い
背もたれ あり なし
肘掛け あり なし
定員 2人以上 2人以上

 

こうして比較してみると、背もたれと肘掛けの有無が唯一の違いなのでしょうか?

しかしカウチにも背もたれはあるような気がするし。。。そもそも一人がけのソファーもあるし。。。と腑に落ちない点も多いので、別の方法でも調べてみましょう。

ビジュアルでこのような違いを調べたいときには、Google 画像検索が便利です。

まずは sofa から。

sofa!(←クリック)

確かに背もたれと肘掛けがありますね。続いて couch へ。

couch!(←クリック)

こちらも背もたれと肘掛けがありますね! 振り出しに戻ってしまいました。

次に定番の Wikipedia を参照してみましょう。

A couch or sofa is a piece of furniture for seating two or more persons in the form of a bench, with or without armrests

(カウチあるいはソファーは、肘掛けありまたは肘掛けなしの、二人以上が座るための椅子型の家具である。)

Wikipedia「couch」より

やはり、肘掛けの有無は問題ではないようです。

ここでも「二人以上」と出てくるところを見ると、海外では一人がけのソファーというのは一般的ではないのかもしれません。

続きをもう少し読んでいくと、sofa と couch の違いについて触れている箇所を発見!

The term ‘couch’ is used in North America, Australia, New Zealand, whilst the term ‘sofa’ is generally used in the United Kingdom and Ireland.

(「カウチ」という用語は北米、オーストラリア、ニュージーランドで用いられるのに対して、「ソファー」という用語はイギリスとアイルランドで一般的に用いられる。)

カウチはアメリカ英語で、ソファーはイギリス英語なんですね。

続いて Wiktionary を参照し、語源を調べてみました。

sofa

Derived from Arabic صفة (súffa, “sofa, long seat made of stone or brick”)

couch

From Old French couche.

なるほど。sofa はアラビア語起源、 couch はフランス語起源だということがわかりました。

さて、ここまでいろいろ調べてきましたが、肝心の意味の違いについては、どうもはっきりしたことがわかりません。

最後に英語圏のウェブサイトを調べていたところ、こちらの家具屋さんのブログに詳しい説明がのっていたので、一部を紹介してみましょう。

a couch is just an armless piece of furniture that was popularly used in the Victorian period. The couches provided a place of rest for the ladies wearing tight fitted corsets with restricted breathing abilities.

(カウチはヴィクトリア朝時代に好んで使われた肘掛けなしの家具である。カウチは、呼吸が大変なくらいきついコルセットをはめていた女性たちに休息の場所を与えた。)

またこのエントリーでは、両者の次のような違いについても触れています。

sofa couch
肘掛け 両肘掛け 片肘掛けまたは肘掛けなし
定員 4人 2〜3人

 

もちろん現代においては、sofa と couch が交換可能な意味で使われていることも多いため、この定義が当てはまらないケースもあるでしょう。

しかしソファーを扱う家具屋さんとしては、ソファーとカウチはもともとこういう違いがあるんだよ!と一言言っておきたかったに違いありません。

もちろんその気持ちはわかります。

ということで、今回は sofa と couch の違いについて調べてみました。こういう単語の組み合わせは、探せば他にもあるのかもしれませんね。

Young or Old?

ある日、フィンランド語の基本文を復習していると、こんな表現が出てきました。

Kuinka vanha sinä olet?(あなたは何歳ですか?)
*kuinka(どのくらい)、vanha(古い)、sinä(あなたは)

フィンランド語では「あなたはどのくらい古いですか」という言い方で相手の年齢を尋ねます。

年齢を尋ねること自体の是非はさておき、直訳してしまうと何だか不躾な言い方ですね。

しかし改めて考えてみると、英語でも全く同じ言い方をすることに気付きました。

How old are you?

おそらく、英語のネイティブスピーカーがこのフレーズを口にするとき、「old=古い、老いている」と意識している訳ではないでしょう。

私たちが「〜歳」と言うときのように、中立的な表現なのだと思います。

しかし例えば、すごく元気なお年寄りに出会ったとき、こんな風に聞いてみたらどうでしょう?

How young are you?

もしかしたら、こんな風に答えてくれるかもしれません。

I’m 90 year young!

言葉はいきものなので、時には少し規範文法から外れて遊んでみるのもありだと思います。もしかしたら怒られてしまうかもしれませんが。

そして最後によく知られたことわざをちょっと改造。

You’re never too young to learn.

こちらの方が前向きな感じがしませんか?

Google 翻訳の今と未来 − from Google I/O 2013

今月15日から17日の3日間、米サンフランシスコで Google の開発者向け会議「Google I/O 2013」が開催されました。

そこでは話題の Google Glass や Android についてのセッションに混じって、Google Translate(Google 翻訳)についてのセッションも行われたようです。

このセッションでは、Google 翻訳の開発に7年間携わってきたチームリーダーの Josh Estelle 氏が Google 翻訳の今と未来を様々な視点から語っています。

CNET でその時の模様が詳しくレポートされていますので、一部を紹介してみましょう。

Google Translate provides a billion translations a day for 200 million users,

(Google 翻訳は1日あたり、2億人のユーザーに10億回の翻訳を提供している。)

1日10億回とはとんでもない数字です。このトラフィックの大半は、英語を含む翻訳だと推察されますが、徐々に他の言語への広がりも出てきているようです。

92 percent of the usage is from people outside the United States. The Internet is famously English-centric, but it’s expanding gradually to other languages, helped in part by technological change such as right-to-left text support in browsers, and Web addresses that can be written in non-Roman alphabets.

(利用数の92%はアメリカ合衆国以外の人々である。インターネットは知られているように英語中心の世界ではあるが、徐々に他の言語にも広がりつつある。このことはブラウザ上で右から左へのテキスト入力をサポートしたり、ウェブアドレスをローマ字以外のアルファベットで表記したり、といった技術革新によっても支えられている。)

Google 翻訳は、右から左へ書くアラビア語や、漢字を擁する中国語や日本語にももちろん対応しています。

何気なく使ってはいるものの、このあたりはヨーロッパ系言語とは全く異なる技術を必要としているのかもしれません。

The service now works in 71 languages; the last five added are Bosnian, Cebuano, Hmong, Javanese, and Marathi,

(このサービスは、今や71の言語で利用できる。最近付け足された5つの言語は、ボスニア語、セブ語、ミャオ語、ジャワ語、マラーティー語である。)

ミャオ語? 全然聞いたことのない言葉の名前が出てきました。

Google 翻訳は、Web上のテキストをデータベースとしてシステムを構築するため、マイナーな言語であれば、それだけシステムを構築するためのハードルは上がります。

そんな中、これだけ広範な言語をカバーしているというのは、驚くべきことではないでしょうか。

またこの71の言語というのは、単に英語と紐付けされているだけでなく、あらゆる組み合わせで利用することができます。

私が最もよく利用しているのは、英語圏の人にとっては全く縁のなさそうな「日本語←→フィンランド語」という組み合わせなので、このテクノロジーにはずいぶん助けられているということになります。

またプレゼンターの Estelle 氏は Google Translate が目指す未来として、次の4つを挙げています。

 

More languages(より多くの言語)

これは楽しみ。エストニア語やアイスランド語はもうサポートされていますが、サーミ語はまだのようです。いつの日か?

 

Better quality(よりよい品質)

これは最も大切な要素でしょう。しかし完璧な機械翻訳が生まれたら何だか怖い気がするのは、私だけでしょうか?

 

Ubiquity(どこでも使えるように)

Google 翻訳には、すでに Android や iPhone のアプリも存在しています。機会があれば、そのうちレビューをしてみたいと思います。

 

Real-time communication(同時性のコミュニケーション)

例えば、Skype などで、AさんとBさんがそれぞれ違う言語で話をし、機械同時通訳の助けを借りながらコミュニケーションをするというような未来は来るのでしょうか?

そのような技術があれば、語学への応用もできそうです。

というより、このテクノロジーは語学の必要ない未来を目指しているのかもしれません。

そう考えるとやや複雑な気持ちになります。

 

なおこのセッションに興味のある方は、こちらから動画を見ることができます。(英語字幕あり)

機械翻訳の歴史や、Google 翻訳の方程式(?)にも触れた、大変興味深い内容になっていました。

私個人は最新のテクノロジーを追うタイプの人間ではないのですが、この分野だけはこの先どこまで進化することができるのか、なるべく先の方まで見届けたいと思っています。

cialis viagra online accutane