cialis viagra online accutane

英語

fish の謎 − 単複同形名詞について

英単語の fish に複数形がないと初めて聞いたときには「えっ?」と思ったものです。正確には複数形が全くない訳ではないのですが、例えば「3匹の魚」と言いたい時には three fish と言うのが普通です。

ジーニアス英和大辞典の語法説明を見てみましょう。

(1)three 〜(3匹の魚)というときは、同種の魚3匹でも、種類の異なる魚3匹でもよい。

(2)特に種類が異なることを強調する場合は three 〜es ともいうが、three kinds[varieties]of 〜 などを用いるのが普通。

(3)ただし、《英》では同種の魚をさすときでも three 〜es ということがある。

fish の使い方についてはよくわかりました。

しかしここで気になるのは、なぜ「3匹の魚」は three fishes ではないのか?ということです。

昔、職場の同僚から聞いた話では「魚は自然界では群れを成しており、その群れを fish と名付けたから」とのこと。

同様の理由で、deer(鹿)、sheep(羊)の単複同形も説明することができます。

しかしそうだとすると、bird(鳥)、 tree(木)なども単複同形になってよいのではないでしょうか?

基本的に単複同形名詞には「狩猟・漁労」の対象が多いので、そういった人間の認識が関係しているということは大いにありそうです。

こういったルールの例外(不規則性)が多いところが英語の特徴であり、それをどうしてなんだろう?と考えていくことはなかなか楽しい作業だと思います。

There’s no accounting for taste.

どうも味オンチなせいか何を食べてもおいしく感じる一方、変わったお店に連れて行ってもらっても気の利いた感想を言うことができません。

おいしければそれでいいのだ、という結論に行き着く訳ですが、そもそも人の味覚とはそんなに個人差のあるものなのでしょうか?

味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。

Wikipedia「味覚」より

いくら味オンチではあっても、ここに挙げられた「甘味、酸味、塩味、苦味、うま味」の違いはわかります。ということでまずは一安心。

なお、この基本味を英語に直すと、甘味(sweetness)、酸味(sourness)、塩味(saltiness)、苦味(bitterness)、うま味(umami)となります。

umami は、sushi, karaoke, tsunami などと同じく、世界で使える日本語なのでした。フィンランド語版 Wikipedia にも umami の項目があります。

[参考]Umami – Wikipedia

そういえば、昔、韓国人の友人に鍋料理屋に連れて行ってもらったとき、「辛さ(spicyness)というのはそもそも味じゃないんだよ。だから韓国人は味覚通とは言えない」というような内容のことを言われたことがあります。

辛さというのは一種の刺激であって、基本味には位置づけられないのですね。

そういう私は韓国料理が大好きなので、やはり味覚通にはなれないのかもしれません。

英文メールの結びには何を使う? − complimentary close in email

仕事で時々英文メールを書くことがありますが、その際、必ず添えるのが結びの言葉(complimentary close)。

いつもは、Sincerely, を使っていますが、他にはどんな表現があるのか探してみました。

なお英文結句の共通ルールは下記のとおり。

  • 冒頭の単語は大文字で始まる。
  • 最後にコンマ(,)を打つ。

これらを踏まえた上で、以下の表現を見ていきましょう。

 

ややフォーマルな表現

Sincerely 系

  • Sincerely,
  • Sincerely yours,
  • Yours sincerely,

オンライン版ルミナス英和辞典で調べたところ、これらのバリエーションはアメリカ英語とイギリス英語の違いのようです。

 《米》 Sincerely (yours), =《英》 Yours sincerely, 敬具《手紙の結びのあいさつ》

Yours sincerely, はイギリス英語なんですね。いずれにしても、これらはかなりフォーマルな表現と言えるでしょう。

 

Truly 系

  • Truly yours,
  • Yours truly,

これもかなりフォーマルな表現だと思います。

Truly yours, = Yours (very) truly, 《主に米》 敬具 《格式ばった手紙の結び》

「格式ばった」と言われると何だか身構えてしまいますが、一般的なビジネスレターでは問題なく使えるはずです。

 

フォーマルでもカジュアルでも使える表現

Regards 系

  • Regards,
  • Best regards,
  • Kind regards,
  • Warm regards,

これは英文メールの結びとしてはかなり一般的。Regards, 単独だとニュートラルな(無難な)イメージがあり、初めてメールのやり取りをする相手にも使うことができます。

一方、best, kind, warm を付けるともう少し親しみのある表現になります。

(with) kind[best, warm]regards[副]《格式》敬具《親しい人への手紙の末尾のあいさつ》

 

ややカジュアルな表現

Best 系

  • Best,
  • Best wishes,
  • All the best,

前項の Best regards, から regards が落ちるともう少しカジュアルな表現になります。

Best wishes, は「幸運をお祈りします」、All the best, は「万事上手くいきますように」といった感じでしょうか。

個人的には All the best, の語感が好きでよく使っています。

All the best![感]《略式》 ごきげんよう、さようなら《別れや手紙の文末のことば》;ご健康を祝して《乾杯のことば》

 

Care 系

  • Take care,
  • Take care of yourself,

Take care, は「元気でね」くらいの感覚ですが、Take care of yourself, となると相手の体調を気づかうニュアンスが生まれます。

take care of oneself[動]

(1)体を大事にする

Please take good care of yourself. くれぐれもお体をお大事に.

 

Cheers 系

  • Cheers,

これは友人に使うくだけた表現です。実際、友人にメールを書く時は、これを最も使用しています。なんとなく響きがいいんですよね。

Cheers![感]《略式》

(1)乾杯!

(2)《英略式》 ありがとう (Thank you.)

(3)《英略式》 さよなら (good-bye)

 

その他

家族や恋人といった特に親しい間柄の人には、

  • Affectionately yours,
  • Yours affectionately,
  • With love,
  • Lots of love,
  • Thinking of you,
  • xoxo (Hugs and kisses,)

などもありますが、これはまた別の話。

そんな訳で、今回は英文メールで使える結びの表現を紹介してみました。いつも同じ表現を使うのではなく、様々な表現を使い分けてみると楽しいかもしれません。

恐怖の時代? − from the University of Bristol Press Releases

英ブリストル大学のプレスリリースに興味深い記事があったので紹介してみたいと思います。

Bristol University | News from the University | Emotion in books

Expression of emotion in books declined during 20th century, study finds

(研究によると、書籍の中の「感情」表現は20世紀の間に減少傾向。)

ブリストル大学の研究チームが、グーグルにアーカイブされた500万冊以上の本を対象に、気分(mood)に関する言葉がどれくらいの頻度で使われているのか調べたそうです。

それらの言葉は、怒り(anger)、嫌悪(disgust)、恐怖(fear)、喜び(joy)、悲しみ(sadness)、驚き(surprise)の6つに分類されました。

さて、その結果は?

the researchers made some remarkable discoveries about the evolution of word usage in English books over the past century.  Firstly, the emotional content of published English has been steadily decreasing over the past century, with the exception of words associated with fear, an emotion which has resurged over the past decades.

(研究者たちは、過去100年の間に英語で書かれた書籍における単語使用の変遷について目覚ましい発見をした。まず、英語の出版物における感情的な表現は、過去100年の間に着実に減少していた。ただし「恐怖」に関する単語は例外で、過去数十年の間に再び増加した。)

2004年のアメリカ大統領選挙の際に話題になったマイケル・ムーア監督の『華氏911』や『ボウリング・フォー・コロンバイン』といった映画では、アメリカのマスメディアにおける「恐怖」のプロパガンダというテーマを扱っていました。

そのあたりの内容を思い出してみると、この研究の結果もさもありなんと思います。

この記事ではまた、イギリス英語よりアメリカ英語の方が、感情表現が多いと伝えています。これは何となく想像が付きますね。(ステレオタイプ的なイメージかもしれませんが。)

一方「恐怖」以外の感情表現が減少したことをどう解釈するのかは難しい問題だと思います。

この記事では、感情的傾向(emotionalism)というのは経済成長期に許された贅沢だったのかもしれないという説を開陳しつつ、その解釈は自由であると締めくくっています。

みなさんならどのような解釈をするでしょうか。

ことばの理解を深めるということ − enjoy の場合

昨日紹介した金出武雄先生の著書『独創はひらめかない ー「素人発想、玄人実行」の法則』より、もう一つ特に印象に残った箇所があったので紹介してみます。

ほめて伸ばすというのは、世界に共通する良薬だそうである。

アメリカ人のほめ上手には感心してしまう。例えば、テニスコーチが教えているのを見ていると、「おお、ナイスショット!」「ビューティフル」とすぐにほめる。横から見ていると、「あれがナイスショットかね」と思うのだが、平気で連発する。

彼らは、何事であれ、「Enjoy」とよく言う。この言葉は、日本語の「楽しむ」以上に、いいことも悪いことも全部をひっくるめた体験を「味わう」というような意味があるようだ。

P.165

「enjoy = いいことも悪いことも全部をひっくるめた体験を味わう」という解釈は、実際にその言葉が使われる世界に身を置いて初めて得られる洞察なのだと思います。

そのような点にまで踏み込んで、enjoy を記述している英和辞書はあるだろうか?と思い、手持ちの辞書とオンライン辞書をいくつか調べてみたものの、ほとんどの辞書は「enjoy = 楽しむ」というレベルの解説に留まっていました。

その中で『ウィズダム英和辞典』の語釈が、少し目を引きました。

日本語の「楽しむ」よりも意味の幅が広く、趣味(の道具)・仕事・時間・人生・人(との交際)・料理など幅広い目的語を取りうる

あることばを「知る」ということは、一義的な意味を知るだけでなく、そのことばが使われている世界(コンテクスト)を通して理解を深めていくということでもあります。

そうだとすれば、語学に終わりがないように、ことばを知るということにも明確な終わりはないと言えるでしょう。

自分がよく知っていると思っていた人(ことば)の意外な面を見つけるということは、日常においても語学においても案外よくあることなのかもしれません。

 

独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則
金出 武雄
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 18,244

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

Secessionist − from Wordnik Blog

photo credit: wili_hybrid via photopin cc

オンライン英和辞書 Wordnik のブログでは、ことばにまつわる様々なトピックを扱っています。

[参考]Wordnik − 読んで楽しいオンライン英語辞書 | Fragments

その中の Word Soup のコーナーは、テレビ番組から収集した少し風変わりな単語を紹介するというもの。

前回のエントリーでは下記の単語が取り上げられていました。

  • catfish
  • crotcherazzi
  • dash cam
  • diaper pattern
  • jabot
  • jaternice
  • jookin’
  • Lupercalia
  • maquette
  • plein air
  • secessionist
  • tramp art

この中から secessionist のパートがおもしろかったので紹介してみます。

secession という単語自体はそれほど珍しいものではありません。まずはオンライン版の『研究社 新英和中辞典』で語義を確認してみましょう。

secession

  1. (政党・教会などからの)脱退,分離.
  2. [しばしば S](米国で 1860‐61 年の南部 11 州の)連邦脱退 《南北戦争(Civil War,War of Secession)の原因となった》

secessionist

  1. 分離[脱退]論者.
  2. [しばしば S](米国南北戦争時代の)連邦脱退論者

南北戦争の時代に由来する言葉なのですね。

Wordnik のブログエントリーでは、この単語の用例が某テレビ番組でのラリー・キルゴアという政治家の発言から引用されています。

Larry Kilgore: “I ran for Senate in 2008 on a secessionist platform and received 225,000 votes.”

ラリー・キルゴア:私は2008年に(合衆国)脱退の公約を掲げて立候補し、225,000票を集めた。

The Daily Show with Jon Stewart, February 21, 2013

脱退とは、彼が活動するテキサス州のアメリカ合衆国からの分離独立を意味しているようです。

Larry Kilgore is “one of the most prominent supporters of Texas secession,” and during his Senate run in 2007, “advocated the death penalty for abortion and adultery, and flogging for vulgar language and transvestitism.” He also “believes that Abraham Lincoln was the American equivalent of Hitler.” Kilgore legally changed his middle name from Scott to SECEDE (all caps his) in 2012.

ラリー・キルゴアは、テキサス州分離独立の最も有名な支持者の一人であり、2007年の上院選挙への立候補期間中に、中絶と姦通に対する死刑、下品な言葉遣いと異性装(女装・男装)に対するむち打ちを提唱した。彼はまた、アブラハム・リンカーンはアメリカ版のヒトラーだったと信じている。キルゴアは、2012年にミドルネームを Scott から SECEDE(すべて大文字)に法的に変更した。

*引用部の日本語は拙訳

なかなかすごいプロフィールですが、一番気になったのは、最後のミドルネームを SECEDE(すべて大文字)に変更したというくだり。

名前がすべて大文字というのは、そもそも法的に認められているのでしょうか? だとしたら、他にも DAVID さんや JACK さんが、どんどん名乗りを上げそうですが。。。

そんな訳で、Wordnik Blog より、ちょっと気になったエントリーを紹介してみました。全文を読んでみたい方はこちらからどうぞ。

 
Word Soup Wednesday: crotcherazzi, jookin’, secessionist | Wordnik

cialis viagra online accutane