cialis viagra online accutane

日本語

大学名の中の旧字体

日本の大学名にはいわゆる旧字体が含まれているものがよくあります。

例えば、慶應義塾大学の「應」、駒澤大学の「澤」、東京藝術大学の「藝」などなど。

ときには慶応、駒沢、芸大という表記を見かけることもありますが、正式な表記はあくまでも慶應義塾大学、駒澤大学、東京藝術大学。

固有名詞ですので、できるだけ書き間違えないようにしたいものです。

ただし駒澤大学へ行こう!と思い立ったら、渋谷から田園都市線に乗って、降りるのは駒沢大学駅。駒澤大学駅ではないので注意が必要です。

この他、旧字体の大学名と言えば、忘れてはいけないのが國學院大學。

「國、學、學」の三文字が旧字体なので含有率は驚異の60%。画数も多いので國學院の学生さんは大学名を書くだけでも一苦労ですね。

また國學院と同じく「學」の含まれている大学に皇學館大学、二松學舍大学があります。

ただこれらの大学の場合、旧字体が使われているのはあくまでも「皇學館、二松學舍」の部分であって「〇〇大学」の部分は新字体。そのため一つの固有名詞の中に「学」と「學」が混在するという面白い例になっています。

このような旧字体の使用というのはこだわりの世界なので、なぜそのようになっているのですか?と問うても明確な答えが返ってくることはなさそう。

しかしポジティブに考えれば、こういった固有名詞というのは現代社会に生きる私たちが旧字体に触れる貴重な機会を生み出してくれているとも言えるのかもしれません。

「年号」と「元号」の違いとは?

この頃、平成の次の新年号は何になるのか?という話題をよく耳にします。

この話題が出るたびに気になっていたのが、「年号」と「元号」の違いは何?ということ。

新年号という表現を使っている媒体もあれば、新元号という表現を使っている媒体もあるのです。両者の間に何らかの意味の違いはあるのでしょうか?

今回、思い立って辞書を引いてみました。

ねんごう[年号](名)

①としにつける称号。元号。例、平成。

「ーが改まる」

②歴史上のとし。

「ーをごろ合わせで覚える」

「三省堂国語辞典 第七版」

げんごう[元号](名)

〔文〕年号。

「三省堂国語辞典 第七版」

言われてみると、年号には今回話題にしている「昭和・平成」のような年号のほかに、日本史や世界史で覚える「794、1492」のような年号もあるわけですね。

  • 鳴くよ(794)うぐいす平安京
  • 意欲に(1492)燃えるコロンブス

ではさきほどの年号の①、すなわち「昭和・平成などを意味する年号」と「元号」の間に意味の違いはあるのでしょうか?

もう少し詳しく出ていそうな日国を引いてみました。

ねんごう【年号】

〘名〙

①年につける称号。日本の場合、用字は中国の古典から選ばれ、年号勘文・討議を経て、改元の詔書によって定められる。正式には孝徳天皇の大化元年(六四五)を始めとし、大宝元年(七〇一)以降、連続して定められた。明治以前は一代の天皇が数度にわたって改元することが多く、即位・祥瑞・災変などのほか革命思想によって辛酉・甲子の年に改元されたが、明治以後は一世一元と定められた。また南北朝時代には、両朝が別々の年号を用いた。なお、正史に見えないが実用された私年号・偽年号などがある。元号。

「精選版 日本国語大辞典」

げんごう【元号】

〘名〙 中国、日本などで、ある時点から起算して年数を計算するための特定の称号。「大化」 「昭和」の類。一般には天皇が元号を制定する特権をもつとされて従ったが、これを拒否して私年号・偽年号を用いる者もあった。また、明治以前は天皇一代に何度も改元することが多かったが、明治以後は一世一元と定めた。年号。→元号法。

「精選版 日本国語大辞典」

かなり詳しく説明されているものの、ここから両者のはっきりとした違いは見つけられず。

ただ最後に出て来る「元号法」という法律名からもわかるように、法律用語としては「元号」の方を用いているようです。

 

まとめ

今回見つけることができた年号と元号の主な違いは、

  • 年号には「昭和、平成」のような年号のほかに、日本史や世界史で覚える「794、1492」のような年号もある。
  • 法律用語としては元号を用いる。

の二点。

少なくとも「平成の次の新年号/新元号は何になるのか?」と言うときには年号と元号のどちらを使ってもよいということになります。

みなさんは主にどちらを使っていますか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「うんともすんとも」の「すん」とは何か?

「うんともすんとも」というときの「すん」というのは何だろう?

そんな疑問を抱いたことがある人は多いのではないでしょうか。

先日、辞書をめくっていたらその答えを偶然見つけました。

すん

〘感動〙 軽くうなずき、承知した意を表わす語。「うん」に対し、声にならない軽い息づかいを示す。「うんともすんともいわない」

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど! すんにはこんな意味があったんですね。

ただそもそも「すん」ということばが「うんともすんとも」から離れて単独で使われることはあるのでしょうか?

お母さん:わかった?
男の子:すん。

などという会話は見たことも聞いたこともありません。

そんな疑問を抱えつつ、改めて辞書で「うんともすんとも」を引いてみました。

うんともすんとも

(「すん」は「うん」に語呂ごろを合わせたもの。下に打消の表現を伴って用いる。一言の反応もないさまにいう) なんの一言も。いいともいやだとも。ああだともこうだとも。うんともすっとも。

語誌 「すん」は、何も発言のないことを強調するためにつけられたもの。「うんともすっとも」という言い方もあったが、ポルトガル語で「ウン」は一、「スン」は最高点を意味するといわれる「ウンスンカルタ」が当時流行していたことによるとする説があり、また、鼻から出す声と息の音という説もある〔江戸語大辞典〕。

「精選版 日本国語大辞典」

ウンスンカルタの語源はさておき、ここには「すん」は「うん」に語呂ごろを合わせたものという説明が出ています。

ここから「すん」の成り立ちを考えると、もともと「すん」ということばがあって、それが「うんともすんとも」に取り入れられたのではなく、まず「うんともすんとも」という表現があり、そこから「すん」ということばが取り出されたと考える方が自然でしょう。

だとすると、冒頭に紹介した「すん」の意味は後付けということになります。

「うんともすんとも」から離れた「すん」単独の用例があれば面白いのですが、見つけるのは難しいでしょうか。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

爆笑するのに必要な人数とは?

三国で「爆笑」という単語を引いたときに気になる注釈を見つけました。

ばくしょう[爆笑]

ふき出すように大きく笑うこと。

「さむらいが大口をあけてーした・会場がーのうずになる」

〔笑う人数が問題にされることが多いが、もともと、何人でもよい〕

「三省堂国語辞典 第七版」

気になったのは最後の「笑う人数が問題にされることが多いが、もともと、何人でもよい」という部分。

爆笑するためには人数の決まりがあるということなのでしょうか?

よくわからないまま新明解も引いてみると、こちらにはこんな記述が。

ばくしょう 【爆笑】

おかしな話を聞いて、その場に居る人が一斉にどっと吹きだすようにして笑うこと。

「新明解国語辞典 第七版」

なるほど。爆笑とは「(複数の人が)一斉に笑う」ことだと書いてある辞書もあるんですね。

さらに調べてみると、他の辞書にも同様の記述を見つけました。

ばくしょう【爆笑】

大勢の人が一時にどっと笑うこと。

「軽妙なジョークにーがおこった」

「角川必携国語辞典」

ばくしょう【爆笑】

大勢の人が、一度にどっと笑うこと。

◎お笑い芸人のねたに観客が爆笑する

「ベネッセ表現読解国語辞典」

たしかに爆笑という言葉には、お笑いライブの会場などで大勢がどっと笑うというイメージがあります。

しかし三国の「何人でもよい」という注釈はこれらの語釈に明確に No を突きつけたものと言えそうです。おそらくは一人で爆笑するという用例が過去に存在するのでしょう。

歴史的な経緯はさておき、今の目で爆笑という言葉を眺めてみると、テレビやインターネットの動画を一人で見ることも多い現代、一人で爆笑するのは決して珍しいことではないはず。

ただ爆笑している人の多くが一人で爆笑しているような社会は、ちょっと寂しい社会なのかなとも思います。

おそらく人間には他の人といっしょに笑いたいという根源的な欲求があり、だからこそライブのような場が生き続けるのだろうと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 

角川 必携 国語辞典
角川 必携 国語辞典

posted with amazlet at 18.12.19
角川書店
売り上げランキング: 165,484

 

ベネッセ表現・読解国語辞典
ベネッセコーポレーション
売り上げランキング: 172,731

りんごの複数形

日本語にはいわゆる文法上の数は存在しないということになっています。

例えば、りんごが目の前に二つ置いてあるとき、英語では apples になりますが、日本語ではりんごのまま。(もちろん二つのりんごと言うことはできますが。)

ただそんな日本語にも複数を表す接辞は存在します。

 

たち

ーたち[(▽達)](接尾)

〔人間・動物などの〕複数をしめすことば。

「あなたー・母ー・少年ー・白鳥ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

人間・動物などの「など」という部分が気になりますが、基本的には生きているものに使う接尾辞と考えて間違いないでしょう。

昔「ふぞろいの林檎たち」というドラマがありましたが、これは人をりんごになぞらえているから「林檎たち」と言える訳で、りんごそのものをりんごたちと呼ぶ訳ではありません。

 

ども

ーども[(共)](接尾)

〔けんそんして/ぞんざいに〕多数の人をあらわす。

「てまえーでは・野郎ー!」

「三省堂国語辞典 第七版」

こちらも生きているものにしか使えない接尾辞。

もし将来りんごが人間に攻撃を仕掛けてくるようなことがあれば「この、りんごども!」と言えるのかもしれませんが、当面はその心配もなさそうです。

 

ーら[(▽等)](接尾)

①ふたり以上であることをあらわす。

「ぼくーのたからもの・わたしー〔『わたしたち』よりも方言的〕・君ーはまだまだだな・あいつー、ぶんなぐってやる・おさない子ー〔『子どもたち』よりも文章語的〕・選手ー〔文〕」

〔自分のがわや、同等・目下の人に使う〕

②〔文〕おもだった人(の名)をあげて、ほかの人を略すときに使う。

「専務ー五人・丸山氏ー」

③〔「これ」 「それ」 「あれ」に付いて〕すぐ前に述べた複数の人やものごとをさす。

「これーの人々・それーの批判」

「三省堂国語辞典 第七版」

③の用法では「これら、それら、あれら」と言えるので、生きているもの以外にも適用できそうなのはこの接尾辞。

ただそれでも「りんごら」と言うのはやや不自然です。詩的な表現ならあるいは「朝露に濡れた林檎らが、、、」などと言うこともあるでしょうか。

 

どうのじてん[同の字点](名)

すぐ前と同じ漢字であることをしめす符号。例、人々の「々」。

「三省堂国語辞典 第七版」

こちらは接辞ではありませんが、々の文字を後置することによって人間や動物以外の複数も表すことができます。

ただ何にでも使える訳ではなく、使えるのは慣用的な表現のみ。ぱっと思いつくのは「家々、木々、山々」などでしょうか。「りんごの木々」と言うことはできても「林檎々々」と言うことはできません。

 

まとめ

調べた範囲では、日本語でりんごが複数であることを示す適切な接辞は存在しないようです。

いやこんな表現がありますよ!とご存知の方がいましたら、ぜひ情報提供をお願いいたします。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

まないた、きりばん、さいばん

先日、古くなっていたまな板を買い換えたときのこと。

まな板の「まな」って何だろう?

という疑問が浮かんだので、辞書を調べてみました。

まないた【俎板・俎・真魚板】

〘名〙 (「まな」は食用の魚の意)

①魚を料理するのに用いる板。また、広く食物などを包丁で料理するのに用いる厚い板。菜板さいばん。切盤きりばん

語誌 現代日本語方言では、広く一般的に用いられているのは「まないた」であるが、その周辺に「きりばん」「さいばん」の地域(東北地方、千葉、茨城の一部、能登半島、九州)が分布している。この分布の仕方から判断すると、「さいばん」がもっとも古い語形かと考えられるが、「まないた」も挙例の「十巻本和名抄」に見えるから、かなり古い。

「精選版 日本国語大辞典」

これによると、まな板の「まな」は食用の魚という意味。

語釈も「魚を料理するのに用いる板」という説明から始まっています。

ウチのまな板ではほとんど魚を切ったことがないので、本来の使い方をしていなかった(?)ということになるのでしょうか。

また面白いなと思ったのは、まな板に「きりばん、さいばん」の異名があるということ。

調べてみると、日国では両方とも見出し語になっていました。

きりばん【切盤】

〘名〙 食物などを包丁で切るときに用いる板。まないた。…

「精選版 日本国語大辞典」

さいばん【菜板】

〘名〙 まな板。…

「精選版 日本国語大辞典」

さきほどの説明できりばん、さいばんの地域として挙げられている東北地方、千葉、茨城の一部、能登半島、九州の人に会ったら、これらの言葉を知っているか尋ねてみたいものです。

実際に使っている人、知っている人はどれくらいいるのでしょう?

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane