cialis viagra online accutane

日本語

サブレー、クッキー、ビスケット

この前、鎌倉の豊島屋で久しぶりに鳩サブレーを購入。

その際、サブレーというのは何語だろう?と思って調べてみました。

サブレ(ー)(名)〔フ sablé〕

バターを多くふくんださくさくした食感のクッキー。

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。サブレーはフランス語なんですね。

語釈にクッキーが出てきたので、こちらも調べてみました。

クッキー(名)〔米 cookie〕

小麦粉に たまご・バター・砂糖などをまぜ、一口サイズに焼いた菓子。ビスケットよりあまく、こくがある。

「三省堂国語辞典 第七版」

クッキーはアメリカ英語。

さらに語釈にビスケットが出てきたので、こちらも調べてみました。

ビスケット(名)〔biscuit〕

小麦粉をこね、たまご・バター・砂糖などをまぜて焼いた菓子。ビスキュイ(フ biscuit)。

「三省堂国語辞典 第七版」

ビスケットはフランス語でもあり、フランス語に由来する英語でもあるようです。

なお語釈中、それぞれの食感・味として挙げられているのは次の二点。

  • サブレーはさくさく
  • クッキーはビスケットよりあまく、こくがある

簡にして要を得た説明。言われてみると、たしかにそのとおりという気がしてきます。

またクッキーやビスケットというと人それぞれ違う味を思い浮かべるような気がしますが、サブレーというとやはり鳩サブレーの味を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

それだけ鳩サブレーは偉大であるというのが今日の結論です。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

凶暴な人と狂暴な人はどちらが迷惑なのか?

  • 凶暴な人
  • 狂暴な人

凶暴な人と狂暴な人ではどちらが迷惑なのでしょう?

ふとそんなことが気になったので、辞書を引いてみました。

きょうぼう[凶暴・×兇暴](形動ダ)

凶悪で乱暴なようす。

「ーな男・ー化する」

「三省堂国語辞典 第七版」

きょうぼう[狂暴](形動ダ)

ひじょうに乱暴なことをするようす。

「酒を飲んでーになる・ー性」

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。凶暴の「凶」は凶悪の「凶」でもあるんですね。

きょうあく[凶悪・×兇悪](形動ダ)

残忍で ひじょうに悪いようす。

「ー犯人」

「三省堂国語辞典 第七版」

ざんにん[残忍](形動ダ)

むごたらしいことを平気でするようす。

「ーな仕打ち」

「三省堂国語辞典 第七版」

こうしてみると、狂暴より凶暴の方がずいぶんタチが悪いのかなと思えてきます。

また、

  • 凶暴 → 乱暴な様子
  • 狂暴 → 乱暴なことをする様子

という語釈の表現を見て思ったのは、

  • 凶暴 → 人の性質
  • 狂暴 → 一時的な状態

というニュアンスがあるのではないかということ。

そういう意味では「凶暴な男が酒を飲んで狂暴になる」というように両者を混在させた表現も作ることができそうです。

念のため、別の辞書も引いてみました。

きょうぼう

一【凶暴・〈兇暴】

非常に乱暴で、人を殺傷するようなことも平気でする様子。

二【狂暴】

非常に乱暴で、いったん荒れ出すと手がつけられなくなる様子。

「新明解国語辞典 第七版」

やはり凶暴には乱暴な様子に加えて、凶悪・残忍な性質が加味されているということなのかもしれません。

ここまでの調査をまとめると、狂暴な人より凶暴な人の方が迷惑なのかなあという気がしてきます。

もちろん「どちらも迷惑」と言われてしまえば、それまでの話ですが。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

がましい

18062601

この前「おこがましい」という日本語の意味を確認したくなり、辞書を引いてみました。

おこがましい[(×烏×滸がましい)](形)

出すぎている。身のほど知らずだ。

「ー言い方ですが…」

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。そういう風に説明するものなんですね。

このとき「おこがましい」以外に「〜がましい」と付く日本語には何があるだろう?と思い、辞書アプリの後方一致検索で探してみると、次のような表現が見つかりました。

  • うらみがましい[恨みがましい]
  • おこがましい[烏滸がましい]
  • おしつけがましい[押し付けがましい]
  • おんきせがましい[恩着せがましい]
  • かしがましい[囂しい]
  • さしでがましい[差し出がましい]
  • つらあてがましい[面当てがましい]
  • はれがましい[晴れがましい]
  • みだりがましい[猥りがましい]
  • みれんがましい[未練がましい]
  • わざとがましい[態とがましい]

日常よく使うものから、あまり聞いたことがないものまで、様々な表現があります。

そしてこのリストをよく見ると、この中に一つだけ仲間はずれの表現があるということに気が付きます。

それはこちら。

はれがましい[晴れがましい](形)

儀式などで、はなやかな「晴れ」の場所に出て、かたくなる感じだ。また、目立って光栄に思うようす。

「ー席」

「三省堂国語辞典 第七版」

他の「〜がましい」はどれもマイナスの意味なのに対して、この「晴れがましい」だけはプラスの意味になっています。

これはなぜなのでしょう? 特別の由来でもあるのでしょうか?

あちこち調べていると、日国の「がましい」の語釈の中に次の説明を見つけました。

がましい

…中世以降、「望ましくない。不快である」といった否定的な評価の意味を示す方向へ傾いてゆくが、中古には「はれがまし」 「ひとがまし」のように、肯定的な意味を表わす語もあり、否定的な評価の意味に偏っているものではなかった。

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど。もともとは「がましい=否定的」という訳ではなかったんですね。

ちなみにここに出てくる「ひとがまし」は日国の見出し語になっています。

ひとがましい【人ー】

①一人前らしい。人並みらしい。人らしい。…

②相当の人物らしい。人にしられるほどである。…

「精選版 日本国語大辞典」

面白い言葉だと思いますが、こちらは日常使われている言葉ではありません。

だとすると「晴れがましい」は現代の日本語にただ一つ生き残った肯定的な意味の「〜がましい」ということになるのでしょうか?

他にそのような言葉を見つけた人がいたら、ぜひシェアをお願いいたします。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

日本のさまざまな6月

18062401

旧暦の6月には水無月という別名があります。

みなづき【水無月・六月】

〘名〙 (「みなつき」とも。「な」は「ない」の意に意識されて「無」の字があてられるが、本来は「の」の意で、「水の月」「田に水を引く必要のある月」の意であろうという) 陰暦六月の異称。《季・夏》

「精選版 日本国語大辞典」

さらに調べてみると、6月には水無月の他にも様々な呼び名があることがわかりました。

 

かぜまちづき【風待月】

〘名〙 陰暦六月の異称。かざまちづき。《季・夏》

「精選版 日本国語大辞典」

じめじめした日には、たしかに風が待ち遠しくなりますね。

 

すずくれづき【涼暮月】

〘名〙 陰暦六月の異称。

「精選版 日本国語大辞典」

何だか字面だけで涼しくなるような。

 

せみのはづき【蝉羽月】

〘名〙 陰暦六月の異称。薄物を着始めるところからいう。

「精選版 日本国語大辞典」

薄物のことを「蝉の羽」と表現するんですね。

 

とこなつづき【常夏月】

〘名〙 (常夏の花の盛りの月の意) 陰暦六月の異称。《季・夏》

「精選版 日本国語大辞典」

旧暦の6月は、2018年のカレンダーでは7月13日から8月10日まで。まさに常夏です。

 

なるかみづき【鳴神月】

〘名〙 (雷鳴が多い月の意) 陰暦六月の異称。

「精選版 日本国語大辞典」

雷はあまり嬉しくはありませんが、これも夏の風物詩でしょうか。

 

まつかぜづき【松風月】

〘名〙 (風を待つ(松)月の意から) 陰暦六月の異称。

「精選版 日本国語大辞典」

風待月に松風月。漢字の表現力にはほとほと感心します。

 

以上、今回は国語辞書の中から旧暦の6月の別名を拾ってみました。

新暦の6月は残りあとわずか。沖縄では梅雨明けというニュースも入ってきました。まもなく本格的な夏が始まります。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「違反」と「違犯」の違いとは?

18061501

先日「スピードいはん」という言葉を漢字変換したときのこと。

スピードいはん
→ スピード違反

このときにふと「あれ? 違反はもしかして違犯が正しいのかな?」と思い始めて、どちらが正しいのかわからなくなってしまいました。

こんなときにはさっそく辞書を引いてみます。

いはん[違反](名・自サ)

①命令・約束・規則・協定などにそむくこと。

「約束ーだ」

②違犯。

「交通ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

いはん[違犯](名・自サ)

〔文〕法令にそむいたおこないをすること。違反。

「ーしたる者は・国禁ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

三国によると、

  • 違反 = 命令・約束・規則・協定などにそむく
  • 違犯 = 法令にそむく

という違いがあるんですね。

ただ違反の語釈中に違犯が出てきたり、違犯の語釈中に違反が出てきたりすることからもわかるとおり、両者の境界線にはややあいまいな点もありそうです。

見た目のイメージとして違反より違犯の方が重く感じるのは、違犯の犯は犯罪の犯なので、字面にドキッとしてしまうという要素もあるでしょうか。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「竜馬」は何と読む?

18061201

将棋の駒は次の八種類。

  • 歩兵(歩)
  • 香車(香)
  • 桂馬(桂)
  • 銀将(銀)
  • 金将(金)
  • 角行(角)
  • 飛車(飛)
  • 王将(王)/玉将(玉)

このうち金将と王将(玉将)を除く6種類の駒は敵陣に入ると次のように「成る」ことができます。

歩兵(歩) と金(と)
香車(香) 成香
桂馬(桂) 成桂
銀将(銀) 成銀
金将(金)
角行(角) 竜馬(馬)
飛車(飛) 竜王(竜)
王将(王)
玉将(玉)

 

さて、この中の「竜馬」は何と読むでしょう?というのが本日のテーマ。

りゅうま?

りょうま?

辞書に出ていたのはそのどちらでもないこちら。

りゅうめ 【竜《馬】

㊀足の速い、いい馬。りょうめ。 「ーのつまずき」

㊁〔将棋で〕角(カク)の成ったもの。前後・左右に一格ずつ動けるようにもなる。

「新明解国語辞典 第七版」

りゅうめ[竜▽馬](名)

①〔文〕いい馬。駿馬。

②〔将棋で〕→馬

「三省堂国語辞典 第七版」

将棋の竜馬は「りゅうめ」と読むんですね。

子供の頃から将棋が好きでよく指していたのに、この読み方は知りませんでした。

思うに、漢字の読みで一番難しいのは「当然こう読むだろう」という標準の読み方があるにも関わらず、それを裏切る読み方になっているとき。人の名前などでたまにそういうことがありますよね。

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane