cialis viagra online accutane

日本語

国名から「ヴ」が消える

ここ数日ニュースで話題になっている国名の「ヴ」について。

外務省の外国名の表記で使ってきたカタカナの「ウ」に濁点を付ける「ヴ」を4月から使わないよう改める改正在外公館名称位置給与法が29日の参院本会議で可決、成立した。カリブ海の「セントクリストファー・ネーヴィス」を「セントクリストファー・ネービス」、アフリカ北西の島国「カーボヴェルデ」を「カーボベルデ」にそれぞれ改める。外務省の文書で「ヴ」は使わなくなる。

国名表記「ヴ」消える 改正法が成立: 日本経済新聞

このニュースにそれほど違和感を覚えないのは、おそらく「セントクリストファー・ネービス、カーボベルデ」という国の名前にあまり馴染みがないからでしょう。

これがもし「ルイ・ヴィトン」を「ルイ・ビトン」にするというニュースだったら、様々な議論が起こることは間違いありません。

調べてみると、現在英語表記においてアルファベットの v で始まる国は次の4か国。

  • Vanuatu
  • Vatican City
  • Venezuela
  • Vietnam

いずれも「バヌアツ、バチカン市国、ベネズエラ、ベトナム」のようにバビブベボ表記の方がしっくりくるというのが個人的な印象。

ただ国名以外の地名に視野を広げてみると「ヴェネツィア(ベネチア)」のようにヴ表記の方がしっくりくるケースもあります。

一方ではカナダの「ヴァンクーヴァー(バンクーバー)」のように一時はヴを使おうという動きがありながら定着しなかった例も。

結局「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」と「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」のどちらを使うのかという問題に明快な基準を示すことは難しく、しばらく使っているうちに何となくしっくりくる方を選んでいるだけなのかもしれません。

しかし今回の外務省の決定によって少なくとも国名レベルでは「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」が主流であるという公の方針を示すことになりました。今後「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」の巻き返しはあるのでしょうか?

英雄とは

えいゆう[英雄](名)

特に武勇にすぐれ、人々から尊敬される人。

「━気取り」

「三省堂国語辞典 第七版」

英雄ということばを構成する「英」と「雄」。

漢和辞典を眺めていたら、この二つの漢字が類義語であるという記述を見つけてびっくり。

類義語【英・雄】

ともに優れた人材を指し、聡明ソウメイさが傑出したものを「英」、胆力が並を越えたものを「雄」という。

「漢辞海 第三版」

これによれば「英」と「雄」はそれぞれ優れた人材を指す漢字。

ただ聡明さと胆力を兼ね備えた人だけが「英雄」になることができるんですね。

おそらくこの世界には英や雄の人はそれなりにいると思うのですが、英雄となると果たしてどうでしょうか。

おもしろい雑学だと思ったので、ここにメモしておきます。

「強請る」は何と読む?

強請る

という漢字、みなさんは何と読みますか?

??

??

正解はこちら。

ねだる[(:強請る)](他五)

むりにたのんで、手に入れ(ようとす)る。

名 強請り。「おー」

「三省堂国語辞典 第七版」

ゆすり[(:強請り)](名)

相手をおどしてむりにおかねや品物を出させる〈こと/者〉。

「ーたかり」

動 強請る(他五)。

「三省堂国語辞典 第七版」

強請るには「ねだる」と「ゆする」という二つの読み方があります。

同じ漢字でも読み方によって、かなり意味合いが異なりますね。

それとも「何かを手に入れようとする」という本質は同じで、そのアピールの方法がほんの少し違うというレベルの問題なのでしょうか?

よく何かをねだっている人は、いつのまにかゆすりになっていないか自己点検が必要かもしれません。

ぬらぬら、ぬるぬる、ぬめぬめ実験

日本語であれ、他の言語であれ、似ているようで微妙に異なる単語のペアってありますよね。

国語辞書を眺めていたらこんな単語のペアが気になりました。

ぬらぬら

(副・自サ)表面が水分をふくみ、〈ねばりつくようで/すべりやすくて〉、気味が悪いようす。

「ーしたヘビのはだ」

(名)ぬらぬらした成分。

「三省堂国語辞典 第七版」

ぬるぬる

(副・自サ)水分をふくみ、〈ねばりつく/すべりやすい〉ようす。

「手がーする・ーしたウナギ」

(名)ぬるぬるした成分。

「三省堂国語辞典 第七版」

両者の語釈はほぼ同じ。ただぬらぬらの方にだけ「気味が悪いようす」と書かれています。

「ぬるぬる」は「ぬらぬら」ほど気味が悪くはないということなのでしょうか?

また「ぬらぬら、ぬるぬる」にはこんな仲間もいます。

ぬめぬめ(副・自サ)

なめらかでしめりけをおび、つやのあるようす。

「ーしたナメクジ」

面白いのは、各語の用例に使われている生き物が異なっているところ。

  • ぬらぬら → ヘビ
  • ぬるぬる → ウナギ
  • ぬめぬめ → ナメクジ

へびはぬらぬら、ウナギはぬるぬる、ナメクジはぬめぬめ。

この中の一つを触らなければならないとしたらウナギを選ぶと思いますが、だからといって「ぬるぬる」が他の二つより好感触(?)とも思えません。

例えばこんな実験はどうだろう?と想像してしまいます。

 

ぬらぬら、ぬるぬる、ぬめぬめ実験

「ぬらぬら、ぬるぬる、ぬめぬめ」と表に書かれた三つの箱があって、それぞれの箱には見えないように「ヘビ、ウナギ、ナメクジ」が入っています。

箱には丸い穴が空いていますが、中身は見えません。

参加者は一つの箱を選び、穴から手を突っ込んで中身をぎゅっと掴まなければなりません。

最も多く選ばれるのは「ぬらぬら、ぬるぬる、ぬめぬめ」のどれでしょう?

この状況をリアルに想像してみると、やはり辞書に気味が悪いという記述のあった「ぬらぬら」は選びにくいような気もします。みなさんならどれを選びますか?

はなむけの「はな」とは?

3月は卒業の季節。

旅立つ友人に「はなむけの言葉」を贈った人も多いでしょう。

はなむけの「はな」というのは当然「花」なのだろうと思っていましたが、どうも違うようです。

はなむけ【〈餞・〈贐】

〔「馬の鼻向け」の意。旅立つ人のために宴を催し、その人の馬の鼻を目的地の方に向けてやったことから〕遠くへ旅立つ人への別れや激励の気持をこめて贈る△金品(言葉)。

「新しい人生を踏み出す人へのーの言葉」

「新明解国語辞典 第七版」

はなむけのはなは「花」ではなく「鼻」の方。

「馬の鼻を目的地の方に向けてあげる」って何だか素敵な光景ではないでしょうか。

昔の人の細やかな心配り、人情の機敏を感じるエピソードです。

馬に乗った人を送り出すことはなくても、そういう気持ちを持って、旅立つ人を送ってあげたいなと思います。

クニナイガイ?

何気なく動画のニュースを見ていたら、気になるフレーズが耳に入ってきました。

皇位継承を前に安倍総理大臣が今日午後、皇太子様のもとを訪れることが日本テレビの取材で明らかになりました。国内外(クニナイガイ)の情勢について報告することを検討しているということです。

「日テレNEWS24」

クニナイガイ?

それはコクナイガイじゃないの?と思い、手元の辞書を調べてみましたが、コクナイガイもクニナイガイも出ていません。

代わりに見つかったのはこれらの言葉。

こくない[国内](名)

国の〈領土内/内部〉。(↔国外)

「三省堂国語辞典 第七版」

こくがい[国外](名)

国の領土の外。(↔国内)

「三省堂国語辞典 第七版」

ないがい[内外]

一(名)

①うちとそと。

②国内と国外。

「三省堂国語辞典 第七版」

普通に考えれば、コクナイとコクガイとナイガイという言葉があるなら、国内外はコクナイガイになるのではないでしょうか。

もちろん「国の内外」のように「の」を挟めばクニノナイガイになる訳ですが。。。みなさんはどのように感じますか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane