cialis viagra online accutane

日本語

ほぼほぼ

15062201

A:あの書類はできた?
B:はい、ほぼほぼできています。

ここ数年、こんな表現をよく聞くようになりました。

「ほぼほぼ」というのは単なる「ほぼ」といったい何が違うのでしょう?

ほぼ【略・粗】

細かい点はともかく、大体においてそうであると判断される様子。

「新明解国語辞典 第七版」

手持ちの辞書を調べてみると、「ほぼ」はのっているものの、「ほぼほぼ」がのっているものは見つからず。

まだ辞書にのるほど市民権を得てはいないようです。

そこで「ほぼ」の代わりに「ほぼほぼ」と言いたくなる心理を考えてみたところ、二つの点に気が付きました。

一つ目は、完璧に近づけたいという心理。

「ほぼ」終わった仕事の完成度が95%だとすれば、「ほぼほぼ」終わったと表現することによって、話し手はその完成度を96%、97%、98%と100%に近づけていきたいのではないでしょうか。

二つ目は、言い訳をしたいという心理。

もうあの仕事は終わったんだろうね?と問い詰められたとき。「ほぼ」終わったと言うのではスキがあると思われてしまうので、「ほぼほぼ」終わったと言うことで、「ホントに、もう、まもなく完成なんです!」というニュアンスを込めているのではないかと。

そのあたりの裏のニュアンスを想像してみると、なかなか面白い表現だなあと思います。

この「ほぼほぼ」は将来、辞書に掲載されるほどの一般性を得ることができるのか? これから見守っていきましょう。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

折り目正しい人

ちょっと古めかしいかもしれないけれど、ついつい使いたくなる言葉というのがあります。

そんな一つが「折り目正しい」という表現。

田中さんはいつも折り目正しくて、好感の持てる人だね。

「折り目正しい」というのは、自分にとって最大級の褒め言葉。

しかし考えてみると、折り目が正しいというのは、そもそもどういう意味なのでしょう?

折り紙がきちんと折れている。。。ということではないでしょう、たぶん。

新明解を調べてみると「折り目正しい」という見出し語はなかったものの、「折り目」の中にこんな説明がありました。

おりめ【折り目】

  1. 折った時に出来る、二つの面の境目。
  2. 物事のけじめ。「ー〔=行儀作法が〕正しい」

「新明解国語辞典 第七版」

ここから読み取れるのは、折り目を物事のけじめに例えているということ。

あちら側とこちら側の境目がきちんとしているということなのでしょう。

なお折り目正しいと言うときの「折り目」というのは、もともと着物の折り目を意味したよう。

その意味では、現代の生活から消えつつあるものに基づいた表現なのですが、日常語としての「折り目正しい」にはいつまでも活躍してほしいと思います。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

燃えさかる火の漢字

15061801
「火」という漢字は、燃える火の形を表した象形文字。

めらめらと燃える火のイメージをよく表しています。

この「火」という漢字はさらに複数組み合わせることで、さまざまに燃えさかる火のイメージを作ることができます。

そんなユニークな漢字たちを見ていきましょう。

 

縦に二つ重ねればお馴染みの「炎(ほのお)」という漢字に。

 

火は横に二つ並べることもできます。

 

焱 

火はこのように三つ重ねることもできます。火勢がぐんぐん強まっている感じ。

 

組み合わせ方をちょっと変えてみました。こちらも火勢はかなり強まっています。

 

とうとう四つ組み合わさってしまいました。ここまで火勢が強まってしまうと、鎮火するのは並大抵の仕事ではありません。

。。。

しかしご安心ください。

 

えいやーっと放水して、消火してしまいましょう。

焼き餅ではないものを焼いてみる

15061501

ちょっとした疑問が一つ。

「焼き餅を焼く」と言うときの「餅」というのは、いったいどこから来たのでしょう?

例えば、焼き餅を焼く代わりに、

「あの人って、A子に焼き芋を焼いてるよねー」

という表現では何がまずかったのでしょうか。

あるいは焼き餅や焼き芋はあまりポピュラーではないと言うなら、

「あの人って、A子に焼きそばを焼いてるよねー」

という表現でもよいでしょう。

そんなことが気になって「焼き餅」の語源を調べてみると、もともと嫉妬することを「妬く」ということから、一種のしゃれで「餅」を付けたというのが始まりのよう。

つまり焼き餅が選ばれたのは偶然であって、命名者のセンス次第では焼き餅の代わりに焼き芋や焼きそばを焼いていたのかもしれません。

嫉妬したふくれっつらの女性の頬を焼いた餅に例えたという語源説もあるようですが、どうもこれは後付けのようです。

とはいえ、インターネット界隈でどんどん新しい表現が生まれる時代。近い将来、

「あの人って、A子に焼きおにぎりを焼いてるよねー」

とか、

「あの人って、A子に焼きとうもろこしを焼いてるよねー」

なんていう表現を聞くこともあるかもしれません。

ノーテンキ

15060701

誰でも身の回りに一人くらい、考えるよりも先に行動してしまう、そして失敗してもあっけらかんとしている、そんな「ノーテンキ」な人がいるのではないでしょうか。

このように「あの人はノーテンキだなあ」と言うとき、大抵は悪い意味でノーテンキという言葉を使っていると思います。

ただし改めて考えてみると、脳がよい天気だというなら、それは喜ばしいことなのではないでしょうか?

そんな疑問から、ノーテンキという単語を調べてみました。

のうてんき【能天気・能転気】

(「脳天気」とも書く)軽薄で向こうみずなさま。なまいきなさま。また、物事を深く考えないさま。…

「広辞苑 第五版」

軽薄、なまいき…とさんざんな言われようですが、よく見てみるとノーテンキの表記は「能天気・能転気」となっています。

「脳天気」とも書くという注釈はあるものの、もともとは能天気という表記なんですね。

「脳天気」なら頭の中が快晴というイメージがぱっと湧きますが、能天気となるとやや解釈の難しいところ。

能という字は「〜をなしうる」という意味なので、能天気というのは○○を快晴にできるというような意味なのかもしれません。

そうだとすれば、なぜ能天気はネガティブな意味になってしまったのでしょう?

もしかしたら、もともと能天気というのは、他人の評価にかかわらず、自分自身の気持ちを明るく保つことができるという、そんなポジティブな意味だったのではないか?

辞書を眺めながら、ふとそんなことを想像してしまいました。

たくさんの石が落ちている

photo credit: Galets blancs via photopin (license)

photo credit: Galets blancs via photopin (license)

磊落【らいらく】

〔性格が〕さっぱりしていて、細かい事にこだわらない様子だ。

「新明解国語辞典 第七版」

「磊落」という字を見ていて、一つの疑問が湧いてきました。

それは、なぜ「落石=細かいことにこだわらない」という意味になるのだろう?ということ。

漢字源で「磊」という字を調べてみると、次のような意味がのっています。

  1. 石がごろごろしているさま
  2. あけすけでしつこさのないさま。小さなことにこだわらないさま。「磊落(ライラク)」

「漢字源」

推察するに「自分の土地に石がごろごろしているのに気にせずに放っておく=小さなことにこだわらない」という意味なのでしょうか?

現代であれば、部屋が散らかっているのに気にしないというような感覚なのかもしれません。

なお、この磊落という単語は、それぞれの文字を二回重ねて四字熟語にすることもできます。

磊磊落落(らいらいらくらく)

度量が大きく、快活で、小さなことにこだわらないさま。「磊」と「落」をそれぞれ重ねた語で「磊落」に同じ。

「四字熟語の辞典」

こちらの方が、さらにおおらかというか、心が広い感じがしませんか。

ここにも、ちょっと不思議な漢字の世界があります。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
四字熟語の辞典 四字熟語の辞典
価格: ¥720(記事公開時)
カテゴリ: ブック, 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane