cialis viagra online accutane

日本語

今日の空は雨模様

今日の空は雨模様

などと言うときの「雨模様」という言葉。

いったいどのような天気をイメージするでしょう?

あまもよう(オ) 【雨模様】

今にも雨の降りそうな様子。「あめもよう」とも。

「新明解国語辞典 第七版」

この語釈のとおり、雨模様はもともと「雨の降りそうな様子」を意味する言葉でした。

しかし最近ではもう一つの意味でも使われるようになっています。

☆☆あめもよう[雨模様](名)

①雨の降りそうなようす。あめもよ(雨催)い。

「ーの空」

②小雨が降ったりやんだりする天候。

▽あまもよう。

「三省堂国語辞典 第七版」

②の意味で雨模様を使うのは、かつて誤用とみなされていました。しかし現在では市民権を得た印象があります。

ではこちらの言葉はどうでしょう?

ゆきもよう(オ) 【雪模様】

雲の状態などから見て、今にも雪が降りそうだと判断される空の様子。

「新明解国語辞典 第七版」

ゆきもよう[雪模様](名)

雪が降ろうとする、空の様子

「あいにくのー」

「三省堂国語辞典 第七版」

この雪模様の語釈には「雪が降ったりやんだり」という意味は出ていません。

雨模様 雪模様
①降りそうな様子
②降ったりやんだり ×

 

私の個人的な感覚では、雨模様という言葉から連想するのは②の意味。そして雪模様という言葉から連想するのは①の意味。

この非対象性はおもしろいなと思います。みなさんの感覚はいかがでしょうか?

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「改定」と「改訂」の違いとは?

仕事で書類を作成するとき「かいてい」版と入力しようとすると、「改定」と「改訂」の二つの候補が出てきます。

この二つの違いは何なのでしょう?

改めて辞書を調べてみました。

かいてい[改定](名・他サ)

今までのものをやめて、新しく決めること。

「価格ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

かいてい[改訂](名・他サ)

〔本の内容などを〕改め、なおすこと。

「ー版」

「三省堂国語辞典 第七版」

三国によると、

  • 改定=新しく決めること
  • 改訂=改め、なおすこと

となっています。

改定は「改めて制定すること」、改訂は「改めて訂正すること」と考えるとイメージしやすいかもしれません。

これに沿って考えると、冒頭の書類については「改訂」版が正しいのでしょう。

念のため、もう一つ辞書を調べてみます。

かいてい 

ーする(他サ)

一【改定】

新たに取り決めること。

「料金のー〔=値上げ。値下げを指すことはほとんどない〕」

二【改訂】

〔書物の内容などを〕改め直すこと。

「ー版」

「新明解国語辞典 第七版」

新明解では「改定」と「改訂」が一つの見出し語の下に入っていますが、示されている意味は三国と大きな違いはないようです。

面白いのは「料金の改定〔=値上げ〕」という部分。「値下げを指すことはほとんどない」という説明は、いかにも新明解らしい皮肉が効いていて、こういう語釈を見つけるとちょっと嬉しくなります。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

湯湯婆と湯婆

国語辞典をパラパラと眺めていたら、こんな項目を見つけました。

ゆたんぽ【湯湯婆】

〘名〙 (「たんぽ」に、さらに「湯」を重ねたもの。「たん」 「ぽ」は、それぞれ「湯」 「婆」の唐宋音) 保温のために温湯を入れる、金属製または陶製の容器。蒲団の中に入れて用いる。…

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど。「ゆたんぽ」は漢字で「湯湯婆」と書くんですね。

ゆたんぽ=「たんぽ」に、さらに「湯」を重ねたもの

ということは、ゆたんぽの他にたんぽという言葉もあるのでしょうか?

調べてみると見つかりました。

たんぽ【湯婆】

〘名〙 (「たん」 「ぽ」はそれぞれ「湯」 「婆」の唐宋音)

①金属または陶器などで作り、中に湯を入れて、腰や足などをあたためるのに用いる器。ゆたんぽ。…

「精選版 日本国語大辞典」

それでは、湯湯婆と湯婆に何か違いはあるのでしょうか?

語源由来辞典によれば、たんぽという言葉が日本語に入ってきたときに、それだけだと意味が通じなかったので「湯」を付け足したとのこと。

ゆ(湯)+たんぽ(湯婆)=ゆたんぽ(湯湯婆)

となり、結果として湯の文字が重なってしまったということなのでしょう。

なかなか面白い成り立ちですね。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

奇しくも

三省堂国語辞典の素晴らしい点の一つは時に「読み間違い」の見出し語ものせているところ。

例えばこんな文章を読んだとします。

彼女が亡くなったのは奇しくも67歳の誕生日であった。

そして「奇しくも」ってどういう意味だろう?と思って国語辞書を引いてみると、

きしくも[奇しくも](副)

「くしくも」のあやまり。

「三省堂国語辞典 第七版」

おっと、そういうことか!と思い、こちらを引き直します。

くしくも[(▽奇しくも)](副)

ふしぎにも。

「二人はー同じ日に生まれた」

「三省堂国語辞典 第七版」

この場合にもし「きしくも」という見出し語がなかったとしたら、せっかく辞書を手に取っても「きしくも」を調べた時点で、この辞書には「奇しくも」という言葉は出ていないと早合点して、調べるのをやめてしまうケースもあるかもしれません。

そういう意味では「きしくも」という読み間違いの見出し語をのせておくことには実用的な意味があると思います。

それにしてもなぜ「奇しくも」は「きしくも」ではないのでしょう?

くしくも 【《奇しくも】

(副)

〔「奇しく」は、不思議だ、の意の文語形容詞「奇し」の連用形〕思いもかけずそうなったのは、超自然の力が働いているとしか思われないという気持を表わす。

「新明解国語辞典 第七版」

新明解によると「奇しくも」は文語の形容詞「奇し(くし)」に由来しているとのこと。

ただ現代日本語において「奇」の字を「く」と読ませる単語は他にないので、現代の日本人にとってややトリッキーな読みになっていることは否めないでしょう。

大臣が国会で「きしくも」なんて原稿を読んだら一斉に叩かれそうですが、うっかりそう読んでしまうこともありそうだなと思うのです。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「飢える」と「餓える」の違いとは?

飽食の国、そして食料廃棄率世界第一位の国、日本。

そんな国でも人々はさまざまなものに飢えています。

うえる[飢える・▽餓える]ウヱル(自下一)

①食べ物がなく、おなかのすいた状態が続く。

②ほしいものごとが得られない状態が続く。

「愛情にー・活字にー」

「三省堂国語辞典 第七版」

ほしいものごとが得られない状態を「飢える」と言うのだとすれば、日本人の大半は飢えているのでは?と言ったら言い過ぎでしょうか。

かく言う自分もこのところ甘いものに飢えている状態。今週健康診断があるので、血糖値が心配で甘いものを控えているのです。

それはさておき、先ほどの見出しを見ると「飢える・餓える」という二つの漢字が併記されています。

この二つを重ねるとこんな熟語に。

きが[飢餓・×饑餓](名)

飢え。

「ーにひん(瀕)する」

「三省堂国語辞典 第七版」

この「飢」と「餓」という漢字に何か質的な違いはあるのでしょうか?

あちこち調べていたら、漢和辞典に次のような説明を見つけました。

類義語【餓・飢】

ともに飢えている意を表すが、食べ物がなくて腹をすかせている状態を「飢」といい、「餓」は飢えて死ぬ恐れがある程度にまで至った状態を指す。

「全訳 漢辞海 第三版」

なるほど。同じ飢える(餓える)でも程度がかなり違うんですね。

要は「甘いものに飢えている」とは言えても「甘いものに餓えている」とは言えないということなのでしょう。

いずれにせよ、たかだか甘いもので飢えているなんて言わずに自分を律していかなくては。。。と思わされた漢和辞典の説明でした。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
全訳 漢辞海 第三版 全訳 漢辞海 第三版
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

居眠りをして、隣の人に寄りかかる

10月の初日。台風一過の青空が広がりました。

9月は雨ばかりだったので、このまま秋に向かうのかなと思っていたら、夏が戻ってきたような一日。

もうしばらくこんな天気が続いてくれたらよいのにと思います。

今日は休みだったので、私用で都内へ。電車に乗ろうとしたら、台風の影響でかなりの本数が間引かれていました。

そのため車内は混雑していたものの、二人がけの席の片方が空いていたので腰を下ろしたところ、発車とともに隣の席の人がぐいーんと寄りかかってきました。

よりかかる[寄り(掛かる)・(×凭り掛かる)](自五)

①からだをかたむけて、〈もの/人〉に身をあずける。

「柱にー」

②たよりにする。

「人にー」

▽よっかかる。

「三省堂国語辞典 第七版」

隣の人は本格的に眠っているのか、寄りかかりの圧はかなりのもの。

この「居眠りをして、隣の人に寄りかかる」現象は日本の電車内でよく見られる光景です。

それではこの現象をすぱっと言い表す日本語の表現はあるでしょうか?

考えてみて、まず思いついたのはこちら。

舟をこ(漕)ぐ

からだを前後に動かしながらいねむりをする。

「三省堂国語辞典 第七版」

ただこれはもちろん電車の中に限定された表現ではないですし、そもそも電車内の居眠りの場合は前後ではなく左右に体が動きます。

これほどメジャーな現象に固有の表現がないのだとしたら残念なこと。

もしぴったりの名前を考案することができれば、命名者として日本語の歴史に足跡を刻むことができるかもしれません。いくつか考えてみました。

  • ぐらぐら寝
  • そよぎ寝
  • 倒れ寝
  • メトロノーム寝
  • ゆらゆら寝
  • 寄りかかり寝

。。。どうもぱっとしません。どうにかこの現象をすぱっと言い表すことはできないものでしょうか。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane