cialis viagra online accutane

日本語

ホンとフォン

スマホ(名)

←スマートフォン。

「歩きーは危ない」

「三省堂国語辞典 第七版」

☆☆スマートフォン(名)〔smartphone〕

パソコンの機能をあわせもつ、多機能の携帯電話。スマホ。

「三省堂国語辞典 第七版」

スマートフォンの略称はなぜスマホなのでしょう?

スマートフォンを略せばスマフォですし、スマホを伸ばせばスマートホンになります。

過去にはスマフォ・スマートホンという表記も見たことがあるような気がしますが、今ではほぼスマホ・スマートフォンに固定されたといってよいでしょう。

そもそも英語の[-phone]をホンと読むのかフォンと読むのかは微妙な問題。

そのあたりを検証するため、辞書から「〇〇ホン、〇〇フォン」の見出し語をいくつかを拾ってみました。

イヤホン(名)〔earphone〕

機器の音声をひとりで聞くために、〈耳に当てる/さしこむ〉装置。イヤホーン。イヤフォン。

「三省堂国語辞典 第七版」

インターホン(名)〔interphone〕

玄関と室内などの通話に使う装置。インターフォン。インタホン。

「三省堂国語辞典 第七版」

キャッチホン(名)〔和製 catch phone= 商標名〕

通話中に別の電話がかかってきたとき、それまでの話し相手を待たせて、あとの人と話すことができる方式。割りこみ電話。

「三省堂国語辞典 第七版」

サクソフォ(ー)ン(名)〔saxophone〕

〘音〙ジャズ音楽の代表的な管楽器。筒の先にらっぱが曲がってついた形をしている。サクソホ(ー)ン。サキソホ(ー)ン。サキソフォ(ー)ン。サックス。

「三省堂国語辞典 第七版」

シロホン(名)〔xylophone〕

〘音〙いろいろの長さの木片を音階順にならべ、先に まるい たまのついた棒で打ち鳴らす楽器。木琴。シロフォン。

「三省堂国語辞典 第七版」

ドアホン(名)〔和製 door phone〕

玄関・門と部屋の中をむすぶインターホン。

「三省堂国語辞典 第七版」

ビブラフォン(名)〔vibraphone〕

〘音〙金属の板に共鳴用のチューブをつけ、電気で音を長くひびかせる打楽器。電気鉄琴。バイブ。

「三省堂国語辞典 第七版」

プッシュホン(名)〔和製 push phone〕

ボタンをおしてかける電話機。

「三省堂国語辞典 第七版」

ヘッドホン(名)〔headphones〕

ステレオなどをひとりで聞くために、頭にのせて耳に当てる装置。ヘッドフォン。

「三省堂国語辞典 第七版」

マイクロホン(名)〔microphone〕

音声を電気信号に変える装置。マイク。

「三省堂国語辞典 第七版」

メガホン(名)〔megaphone〕

口に当てて声を拡大する道具。

「三省堂国語辞典 第七版」

〇〇ホンの見出し語が9つ、〇〇フォンの見出し語が2つ。

ただ見出し語はどちらかで書いてあっても、もう片方も表記のゆれとして認めているケースがほとんど。

それでも個人的な感覚かもしれませんが、プッシュホンの場合はプッシュフォンという表記にやや違和感を覚えます。

それはプッシュホンが和製英語だからなのか、あるいはプッシュホンそのものが現在ではほとんど使われていなため過去の記憶としてホンに固定されてしまったからのか。

もし「ホン(過去の主流)→フォン(現在の主流)」という流れがあるのだとすれば、プッシュホンがプッシュフォンになることはないし、スマートフォンがスマートホンになることもないのでしょう。

その端境期を生きたものたちだけが、ホンとフォンの両方で呼ばれることを許される。。。そんな仮説は成り立つでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

ゴウゴウ

今回は難易度の高い漢字の書き取り問題を一つ。

問、次の  線のカタカナを漢字に直せ。
1)非難ゴウゴウ
2)ゴウゴウたる水音

??

正解はこちら。

ごうごう[(×囂々)](形動タルト)

〔声・発言が〕やかましいほどに高くなるようす。

「非難ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

ごうごう[(×轟々)](形動タルト)

〔音が〕大きくひびきわたるようす。

「ーたる水音」

「三省堂国語辞典 第七版」

同じゴウゴウで、意味も似ているのに二種類の漢字があるんですね。

囂々

轟々

声がうるさいゴウゴウには「口」が4つ、音がうるさいゴウゴウは「車」が3つ。

同じゴウゴウでもこんな風に書き分けるのが日本語の奥深さなのかなと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

ボールとボウルの違いについて

今日のテーマはボールとボウルの違いについて。

ボール(名)〔ball〕

①球。〔ボウリングのボールのばあいは、ボウル(bowl)〕

②〔野球で〕ストライクにならない投球。

③〔交渉ごとで〕一方が提起して、他方がそれにどう対処すべきかという課題。

「三省堂国語辞典 第七版」

ボウル(名)〔bowl〕

①粉を練ったり、サラダを かきまぜたりするのに使う、(金属製の)半球形の鉢。

②〔観客席の形が すりばち形であることから〕アメリカン フットボールの対抗試合。

③〔①②とは別語源〕ボウリング(のボール)。ボウリング場の名前にも使う。

▽ボール。

「三省堂国語辞典 第七版」

もちろん日本語におけるボールとボウルの意味の違いは明白です。

ただここで考えたいのは「両者に発音の違いはあるのだろうか?」ということ。

英語の場合は ball と bowl で発音が異なります。

ball /bɔːl/
bowl /bəʊl/

しかし日本語の場合は「ボウル」と表記しても bowl のように「ボウ」と発音するのではなく、ball のように「ボー」と発音することが大半なのではないでしょうか。

それならどうして「ボール、ボウル」と書き分けるのか?

おそらくは英語の発音に由来する慣用的な表記なのでしょう。

またこのボールとボウル以外に長音符の使用有無によって意味が分かれるような単語のペアはあるかな?と考えてみたのですが、思い当たらず。

もし他に例がないのなら、日本語の中でもかなり変わった単語のペアなのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

復習う

今日は難読漢字クイズを一つ。

問:次の漢字は何と読むでしょう?

復習う

もちろん「ふくしゅうう」ではありません。

??

??

??

正解はこちら。

さらう[(:復習う)]サラフ(他五)

くり返してならう。復習する。

→:おさらい。

「三省堂国語辞典 第七版」

さらうはその漢字の通り「復習する」の意味。

名詞形のおさらいと比べて馴染みの薄い日本語かもしれませんが、何かの勉強をするときに、

「〇〇の範囲を一通りさらっておこう」

というような使い方をすることはありますよね。

復習するよりも柔らかな感じがありますし、ぜひ現代日本語に復活してほしい動詞の一つです。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

ひしめくもの

久しぶりに渋谷のスクランブル交差点を歩いたら、ひしめく人の山に圧倒されてしまいました。

学生時代は最もよく遊んだ街だったのに、今ではめったに足を踏み入れません。年を重ねるごとに人混みが苦手になっているような気がします。

なお渋谷のスクランブル交差点にひしめいているのはもちろん人間ですが、ひしめくという漢字は次のように書きます。

ひしめく[(×犇めく)](自五)

人がおしあいへしあい、大ぜい集ま(ってさわぎ立て)る。

「ひしめきあう」

「三省堂国語辞典 第七版」

ひしめくという漢字は牛を三つ重ねて書くんですね。

いったいどんな由来の漢字なのか知りたくなり、漢和辞典も引いてみました。

㋐多くの牛が驚かされて一斉に走り出す。「犇響ホンキョウ(=牛が一斉に走っている音)」

㋑急いで走る。「犇馳ホンチ

㋒逃げる。亡命する。

日本語用法 ひしめく。多くの人や牛馬が、密集している。

「全訳 漢辞海 第三版」

犇というのはもともと「走っている牛」のイメージなんですね。

調べてみると馬を三つ重ねた「驫」や人を三つ重ねた「众」という漢字もあるようなのですが、当然「驫めく、众めく」などという表記はありません。

驫 众

なぜ牛がひしめく代表に選ばれたのか、不思議といえば不思議ですね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
全訳 漢辞海 第三版 全訳 漢辞海 第三版
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

甘党、辛党

最寄駅の近くにドンキホーテが出来てから、仕事帰りにお菓子をまとめ買いすることが多くなりました。

このところ買い込んでしまうのはピノなどのアイスクリーム類。

夜、何となく甘いものが食べたくなったときに、冷凍庫にピノがある!と気付くのは人生のたしかな幸福の一つです。

数年前にお酒をやめてから、どんどん甘党になっている自覚があります。

あまとう[甘党](名)

あまい食べ物が好きな人。(↔辛党)

「三省堂国語辞典 第七版」

甘党の対義語は辛党。

からとう[辛党](名)

①酒のみ。酒の好きな人。(↔甘党)

②〔あやまって〕からい食品が好きな人。

「三省堂国語辞典 第七版」

辛党というのは「お酒の好きな人」の意味。

冷静に考えれば世の中には「甘いものもお酒も好きな人」もいれば「甘いものもお酒も嫌いな人」もいるでしょう。

ただ自分の場合はお酒をやめてから甘いもの好きになったので、この甘党・辛党という分類にも意味があるのかなと思います。

またさきほどの語釈でちょっと気になるのは②の部分。

辛党を「辛いものが好きな人」の意味で使うのは間違いなのでしょうか?

もしそうだとしても、このように書いてあるということは、実際多くの人が辛党という言葉を「辛いものが好きな人」の意味で使っているということ。

現代日本語においてはかなり市民権を得ているような気もするのですが、それでも〔あやまって〕のラベルは外れないのか。気になるところではあります。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane