cialis viagra online accutane

日本語

甘党、辛党

最寄駅の近くにドンキホーテが出来てから、仕事帰りにお菓子をまとめ買いすることが多くなりました。

このところ買い込んでしまうのはピノなどのアイスクリーム類。

夜、何となく甘いものが食べたくなったときに、冷凍庫にピノがある!と気付くのは人生のたしかな幸福の一つです。

数年前にお酒をやめてから、どんどん甘党になっている自覚があります。

あまとう[甘党](名)

あまい食べ物が好きな人。(↔辛党)

「三省堂国語辞典 第七版」

甘党の対義語は辛党。

からとう[辛党](名)

①酒のみ。酒の好きな人。(↔甘党)

②〔あやまって〕からい食品が好きな人。

「三省堂国語辞典 第七版」

辛党というのは「お酒の好きな人」の意味。

冷静に考えれば世の中には「甘いものもお酒も好きな人」もいれば「甘いものもお酒も嫌いな人」もいるでしょう。

ただ自分の場合はお酒をやめてから甘いもの好きになったので、この甘党・辛党という分類にも意味があるのかなと思います。

またさきほどの語釈でちょっと気になるのは②の部分。

辛党を「辛いものが好きな人」の意味で使うのは間違いなのでしょうか?

もしそうだとしても、このように書いてあるということは、実際多くの人が辛党という言葉を「辛いものが好きな人」の意味で使っているということ。

現代日本語においてはかなり市民権を得ているような気もするのですが、それでも〔あやまって〕のラベルは外れないのか。気になるところではあります。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「雪ぐ」は何と読む?

先日、東京にも初雪が降りました。

雪という漢字を使った日本語はさまざまありますが、次の動詞を読める人はどれくらいいるでしょう?

雪ぐ

??

??

正解は二通りあります。

☆☆そそぐ[(▽雪ぐ)](他五)

はじや不名誉なことを、取りのぞく。すすぐ。

「三省堂国語辞典 第七版」

すすぐ[(▽雪ぐ)](他五)

→そそ(雪)ぐ。

「三省堂国語辞典 第七版」

「雪ぐ」の読み方は「そそぐ」または「すすぐ」。

「恥をそそぐ、汚名をそそぐ」というような表現で使われます。

「そそぐ」とひらがなで書くことが多いので、漢字表記には馴染みのない人もいるかもしれません。

でも「雪ぐ」と書いてみると実にきれいな日本語だなと感じます。

真っ白な雪が人々の恥や汚名をそそいでくれると考えれば、降り積もる雪への気持ちも変わってくるかもしれませんね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

すべからく

「すべからく」という日本語、みなさんはどのような意味で使っていますか?

??

私はこれまで「すべからく=すべて」のような意味で使っていたのですが、先日その使い方は間違いであるという指摘を受けました!

辞書にはどのように書いてあるのでしょう?

☆☆すべからく[(▽須らく)](副)

〔文〕

①当然(すべきことには)。

「ー奮起すべきだ」

②〔あやまって〕すべて。

「ー正直を旨としている」

「三省堂国語辞典 第七版」

②に「〔あやまって〕すべて」との記述があります。

やはりすべからくを「すべて」の意味で使うのは間違いなんですね。

すべからくの本来の意味は①の「当然」。よって「子供はすべからく自由な時間を過ごすべきだ」という文があれば、意味は次のようになります。

子供はすべからく自由な時間を過ごすべきだ。
→(正)子供は当然、自由な時間を過ごすべきだ。
→(誤)子供はすべて、自由な時間を過ごすべきだ。

すべからくの「すべ」というのはもともと「すべし」の「すべ」であるのに、「すべて」の「すべ」であると思い込んでしまったために、このような誤解が生まれたのでしょう。

ただ〔あやまって〕とは書いてあるものの、辞書に意味が出ているくらいですから、「すべからく=すべて」の意味で使っている人はかなり多いはず。

この使い方がさらに広まれば、将来〔あやまって〕の部分が消えて、正規の使い方として認められるようになる可能性は、、、ないでしょうか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「だぶだぶ」と「ぶかぶか」は英語で何と言う?

きのうのエントリーで「だぶだぶ」と「ぶかぶか」という日本語のオノマトペを取りあげました。

「だぶだぶ」と「ぶかぶか」の違いとは?

この「だぶだぶ」や「ぶかぶか」を英語で表現するとしたらどのようになるでしょう?

調べてみると、次のような表現が見つかりました。

baggy

(of clothes) fitting loosely

a baggy T-shirt

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

baggy は「だぶだぶ、ぶかぶか」を意味する形容詞。

幅広のパンツを意味する baggy pants(バギーパンツ)という表現は日本語でも使われるようになっています。

ちなみに Google 画像検索で baggy pants / trousers を調べてみると、こんな画像の一覧が出てきました。

baggy pants
baggy trousers

たしかにどれもだぶだぶ、ぶかぶか。

ただ baggy pants / trousers の場合は、あくまでもゆったりとしたシルエットのパンツを指しているのであって、サイズ違いの服を指している訳ではなさそう。

そういう意味では日本語の「だぶだぶ、ぶかぶか」とは異なる文脈を中心に使われているのかもしれません。

「だぶだぶ」と「ぶかぶか」の違いとは?

たぶだぶのシャツ、ぶかぶかのズボン。

いずれも服が大きすぎることを表すオノマトペ「だぶだぶ」と「ぶかぶか」の違いとは何でしょう?

だぶだぶ(副・自サ・形動ダ)

①からだの寸法より衣服が大きすぎるようす。だぼだぼ。

「ーなズボン」

②からだに肉がつきすぎたようす。

「ーした腹」

③水などが、中でゆれ動くようす。

「たるの酒がーゆれる」

「三省堂国語辞典 第七版」

ぶかぶか(副・自サ・形動ダ)

からだに着けるものの寸法が大きすぎて、ゆるいようす。

「ズボンがーだ」

「三省堂国語辞典 第七版」

ここから読み取れる範囲では「だぶだぶのズボン」と「ぶかぶかのズボン」に明確な違いはなさそうです。

ただ上記の語釈をよく眺めてみると、

  • だぶだぶ=衣服が大きい
  • ぶかぶか=からだに着けるものが大きい

という違いがあることがわかります。

このことからもわかるとおり、からだの周辺部に着けるもの、例えば「帽子、手袋、靴下、靴」などの場合はだぶだぶよりもぶかぶかの方が自然なのかなと思います。

△だぶだぶの帽子、だぶだぶの靴
◯ぶかぶかの帽子、ぶかぶかの靴

またシャツやズボンのように「だぶだぶ」と「ぶかぶか」の両方が許容される場合でも、ファッションとして(わざと)そのようなシャツやズボンを身につけている場合は「ぶかぶか」の方が好まれるような気がします。

すなわち「だぶだぶ」は総じてマイナスのイメージなのに対して、「ぶかぶか」は文脈によってニュートラルなイメージに転化できるのではないかと思いました。いかがでしょう?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

前足の長いオオカミ、後足の長いオオカミ

☆☆ろうばい[(×狼×狽)](名・自サ)

あわてること。

「三省堂国語辞典 第七版」

狼狽の狼と狽はお互いによく似た漢字。

狼狽

ただ狼がオオカミだということはわかりますが、狽というのはいったい何を指す漢字なのでしょう?

調べてみると、日国にこんな説明が出ていました。

ろうばい【狼狽】

〘名〙 (「狼」も「狽」もオオカミの一種。「狼」は前足が長く後足は短いが、「狽」はその逆で、常にともに行き、離れれば倒れるので、あわてうろたえるというところから) 思いがけない出来事にあわてふためくこと。どうしてよいかわからず、うろたえ騒ぐこと。

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど。狽も狼と同じくオオカミのことだったんですね。

狼は前足が長く後足が短いオオカミ、狽は前足が短く後足が長いオオカミ。

ただ改めて考えてみると、前足の長いオオカミと後足の長いオオカミが離れれば倒れるというのはいったいどのような形で支え合っているのでしょう?

短い方の足をお互いにつないだ状態でスタスタ歩いているのか。。。絵柄を想像するとなんだか微笑ましくなってしまいます。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane