cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.100 −『Hyvää yotä, herra Hakkarainen』を読んでみる

以前のエントリーで、ヘルシンキのアカデミア書店のオンラインショップで本を購入したという話を書きました。

[参考]フィンランド語学習記 vol.92 − アカデミア書店のオンラインショップで本を購入してみる | Fragments

本はほどなく届いたものの、しばらくはそのまま放置。

そして先日ようやく読んでみました。今回、購入した本はこちら。

フィンランドの絵本作家 Mauri Kunnas の『Hyvää yotä, herra Hakkarainen』という絵本です。

パラパラと中身をめくってみると、カラフルで楽しい絵がたくさん!(絵本なので当たり前か)

最初のページには、こんな文章が。

Herra Hakkarainen tulee töistä kotiin ja vie kauppakassin keittiöön. Silloin puhelin soi. Soittaja on herra Hakkaraisen kaveri.

– Me ollaan poikien kanssa menossa rullaluistelemaan. Lähdetkö mukaan?

– Minäkö? Enhän minä osaa rullaluistella, sanoo herra Hakkarainen. – Liian hurjaa menoa minulle. Kiitos kutsusta, mutta taidanpa mennä tänään aikaisin nukkumaan.

Ja sen herra Hakkarainen tekeekin.

3分の1くらいは見たことがある単語が含まれています。さっそく解読スタート!

Herra Hakkarainen tulee töistä kotiin ja vie kauppakassin keittiöön.

(ハッカライネン氏は、仕事から家に帰り、台所へ買い物袋を持っていく。)

tulla(come)
työ(work)
koti(home)
viedä(take)
kauppakassi(shopping bag)
keittiö(kitchen)

一文目から格変化のオンパレード!

töistä は työ の変化形なんですね。最初の[t]しか合っていませんが。。。

Silloin puhelin soi.

(そのとき電話が鳴った。)

silloin(then)
puhelin(telephone)
soida(ring)

soi は soida の三人称単数現在形&過去形。日本語に訳すと過去形(〜た)の方がしっくりくるものの、前後の文は現在形なので、この soi は現在形なのでしょうか。

Soittaja on herra Hakkaraisen kaveri.

(電話の主はハッカライネン氏の友達だ。)

soittaja(caller)
kaveri(friend)

soittaja の[ja]は人を表す接辞。

[参考]フィンランド語学習記 vol.99 − ja ja ja | Fragments

– Me ollaan poikien kanssa menossa rullaluistelemaan.

(ぼくらは男の子(友達?)といっしょに、ローラースケートに行くところなんだ。)

kanssa(with)
menossa(on the go)
rullaluistella(to roller skate)

kanssa は「Aといっしょに」の意味。ただし語順は「kanssa A」ではなく「A kanssa」となるので注意。

これは日本語と同じ語順なのですが、英語の with からの連想でついつい「kanssa A」と読みたくなってしまいます。

Lähdetkö mukaan?

(いっしょに行かない?)

lähteä(go)
mukaan(along with)

[-ko]は疑問を表す接辞。

– Minäkö? Enhän minä osaa rullaluistella, sanoo herra Hakkarainen.

(僕が? 僕はローラースケートなんかできないよ、とハッカライネン氏は言う。)

enhän = en+[-hän]
en(not)
[-hän](emphasis?)
osata(can)
sanoa(say)

最近習ったばかりの osata と sanoa  が出てきました。

en は一人称単数形の否定動詞。接辞[-han]は Wiktionary によると、いくつかのニュアンスがあるようです。

– Liian hurjaa menoa minulle.

(僕には怖すぎるよ。)

liian(too)
hurja(fierce)
meno(going)

この文はちょっと難しいですね。

minulle は、minä(私は)の向格。向格は「〜の表面へ」という到達点を表します。なぜそのような形になっているのかはよくわからず。

Kiitos kutsusta, mutta taidanpa mennä tänään aikaisin nukkumaan.

(誘ってくれてありがとう。でも今日は早く寝ようと思うんだ。)

kutsu(invitation)
taitaa(think)
mennä(go)
tänään(today)
aikaisin(early)
nukkua(sleep)

長い文ですが、一つ一つ調べていったら何とかなりました。

taidanpa の[-pa]は、Wiktionary にのっていたものの、正確なニュアンスはよくわからず。

Ja sen herra Hakkarainen tekeekin.

(そしてハッカライネン氏は寝ることにする。)

se(it)
tehdä(do)

残念ながら sen の正体がよくわからず。

以上、解読終了!

ひいひい言いながら訳した結果はこちら。

ハッカライネン氏は、仕事から家に帰り、台所へ買い物袋を持っていく。そのとき電話が鳴った。電話の主はハッカライネン氏の友達だ。

ぼくらは男の子(友達?)といっしょに、ローラースケートに行くところなんだ。いっしょに行かない?

僕が? 僕はローラースケートなんかできないよ、とハッカライネン氏は言う。僕には怖すぎるよ。誘ってくれてありがとう。でも今日は早く寝ようと思うんだ。

そしてハッカライネン氏は寝ることにする。

細かな間違いや正確なニュアンスをつかみきれていないところはあると思いますが、それでもおおまかな意味は理解することができました。

そのうち絵本くらいはすらすら読めるようになりたいですねー。

フィンランド語学習記 vol.99 − ja ja ja

photo credit: Sushicam via photopin cc

フィンランド語教室41週目のレポート。

本日からついに2年目に突入!

1か月ほど休みを挟んだので、復習から始めるのかなと思いきや、新しい単元にどんどん入っていきます。

読み進める文章にもたくさんの動詞が出てきて、ずいぶん本格的になってきたなあという印象。

ついていくのは正直大変ですが、何とか頑張りたいと思います!

さて授業中の小話で、フィンランド語の動詞に[-ja]を付けると「その動作を行う人」の意味になるということを教えてもらいました。

opiskella(勉強する) opiskelija(学生)
opettaa(教える) opettaja(先生)
ajaa(運転する) ajaja(運転手)
laulaa(歌う) laulaja(歌手)

 
ちなみにフィンランド語の[ja]は「ジャ」ではなく「ヤ」と発音します。

これは英語の[-er]のような接辞だと思えば、わかりやすいでしょう。(teacher、driver、singer など)

[ja]と言えば、先日のフィンランド映画祭で観た『ミス・ジーンズ・フィンランド』のヒロイン役を演じたシンガーソングライター Sanni さんのデビューシングルが『Prinsessoja ja astronautteja』というタイトルでした。

よく見ると[ja]が3つも入っています。

そのまま訳すと「お姫様と宇宙飛行士」。子どもの憧れの職業(?)を並べたものでしょうか。

真ん中の ja は「と」の意味。英語の and に当たります。

prinsessoja と astronautteja の[-ja]も、人を表す[-ja]なのかと思っていたのですが、調べてみたら全然違いました!

[単数主格]prinsessa
[複数分格]prinsessoja
[単数主格]astronautti
[複数分格]astronautteja

複数分格語尾の[-ja]なんですね。分格とは?という話を始めると長くなってしまう(かつ全体像をきちんと把握していない)ので、今回は省略。

いずれにせよ複数形ですので、正確には「お姫様たちと宇宙飛行士たち」というニュアンスなのかもしれません。

ちなみに Sanni さんのデビューアルバム『Sotke Mut』は日本の iTunes でも購入することができます。

最近はすっかりこればかり聞いています。さきほどの『Prinsessoja ja astronautteja』が気に入った人はぜひチェックしてみてください。

Sotke Mut

フィンランド語学習記 vol.98 − 似ているような、似ていないような

いよいよ今週からフィンランド語教室が再開します!

そのため最近は前期の内容をガンガン復習しているところ。

既習の動詞が30個ほどあるので、まずはその意味をきちんと押さえ直しています。

その中で、どうも紛らわしいのが osata と voida という2つの動詞。それぞれの意味は次のとおり。

osata (能力的に)できる
voida (可能性として)できる

 
「能力=osada」「可能性=voida」と覚えようとしても、すぐにどちらがどちらかわからなくなってしまいます。

似たような単語は丸暗記をするよりも、文脈の中で覚えたほうがよいのかもしれません。

そこで実際の用例を確認するため、iPhone のフィンランド語辞書アプリ『MOT Finnish-English』から例文を引いてみました。

1)Hän ei osaa ajaa autoa.(He can’t drive a car.)
2)Hän osaa puhua englantia todella hyvin.(She can speak English very well.)
3)En voi ymmärtää tätä.(I can’t understand this.)
4)Tupakointi voi aiheuttaa syöpää.(Smoking can cause cancer.)
5)Voinko auttaa?(Can I help you?)
*osata, voida の活用形は太字で表記

細かい単語はさておき、今回は英訳の部分を見てみてください。

1・2はそれぞれ運転する能力、英語を話す能力を表しており、一方の3・4・5は理解する可能性、発ガンの可能性、手伝う可能性を表しています。

(3は能力とも解釈できそうですが。。)

こうして例文を並べてみると「能力的にできる」「可能性としてできる」というのが、どういうことなのかよくわかります。

とはいえ、英語でも日本語でも一つの単語で表していた概念を、改めて別々の単語で表すというのはかなり難しいことですね。

英語を習い始めたとき、日本語の「見る」に「look at/see/watch」という3種類の単語を当てるのが、ずいぶん難しかったことを思い出しました。

しかしフィンランド語の方から改めて英訳を眺めてみると、車の運転能力と発ガン可能性を同じ単語で表すなんて不思議だと思いませんか?

その気になれば運転はいつでもできますが、タバコを吸ったらいつでもガンができる訳ではないのです。

今まで当たり前だと思っていたものが、急に違和感を持って見えてくる、これもまた外国語学習に伴うおもしろさの一つなのかもしれません。

フィンランド語学習記 vol.97 − 無から[k]を生み出す驚きの変化

フィンランド語教室は、学期と学期の間のお休み期間に入っています。

コツコツと動詞の活用をおさらいしていたところ、「何だこれは!」という驚きの変化に出会ったので書き留めておくことにします。

 

maata(横たわる)

問題の動詞は maata(横たわる)。[-ata]で終わっているので、タイプ4の動詞に当たります。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 
[参考]フィンランド語学習記 vol.95− 動詞の活用と語幹の変化(タイプ2〜4) | Fragments

語形変化のステップを一つずつ見ていきましょう。

 

1)語末の[t]を外す

maata → maaa

[a]が3つ並んでいるのは、どうもおかしな感じがします。フィンランド語には三重母音禁止というルールがあったはず。

この違和感を大切にしつつ、まずは次のステップへ進みましょう。

 

2)kpt 交替のチェック

語幹末尾の子音変化(kpt交替)をチェックします。

まずは変化表を見てみましょう。タイプ4の動詞は右から左へ変化することになっていました。

kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 
どう見ても、maaa に当てはまる変化はないように見えます。

しかし!!

実は上から2番目の[k ← ×]という変化を適用するとのこと。母音が3つ並んでいるところへ、えいっと[k]を放り込んでみましょう。

makaa ← maaa

要は母音が3つ並んでいるのは[×]を挟んでいるからだと判断し、適切な状態[k ← ×]に戻してあげなければならないのだそうです。

うーん、この変化はちょっと思い付きませんね。

 

3)人称ごとの活用語尾をつける

気を取り直して、活用語尾をつけておきましょう。

単数 複数
一人称 -n -mme
二人称 -t -tte
三人称 母音を重ねる -vat/-vät

 
以下のような活用形ができあがります。

単数 複数
一人称 makaan makaamme
二人称 makaat makaatte
三人称 makaa makaavat

 
この際、三人称単数形は makaaa にならないので注意。せっかく[k]を挟んだのに再度三重母音ができてしまいます。

 

まとめ

今回はフィンランド語の動詞 maata(横たわる)の活用形を作ってみました。

何といっても二番目のステップ、何もないところに[k]を生み出すというのは、マジシャンもびっくりの変化だと思います。(思い付かない!)

フィンランド語は奥深いですね〜。

フィンランド語学習記 vol.96 −『ニューエクスプレス・フィンランド語』を読んでみる

先日、白水社の語学入門書ニューエクスプレスシリーズの新刊『ニューエクスプレス・フィンランド語』が発売されました。

もともと好きなシリーズということもあり、発売日に早速購入。半分くらい読み進めてみました。

初めて出会う表現もあるものの、概ねこれまでの知識で理解することができました。

このシリーズは、どの言語も全20課で構成され、それぞれの課はスキット(会話)と文法解説から成り、2課ごとに練習問題も付いています。

ストーリーはかおるさんという日本人の主人公がヘルシンキに1年間留学し、フィンランドのさまざまな文化に触れるというもの。

ストックマンデパートに行ったり、テンペリアウキオ教会に行ったり、夏至祭に参加したり、フィンランド好きの人には馴染みのある舞台が多く出てきます。

基本的に独習を前提としているので、文法の解説はとても丁寧で、順番に読み進めていけば十分に理解できます。

そのため、フィンランド語を学ぶための最初のとっかかりとしておすすめの一冊です。

また私のように少しフィンランド語をかじった人が読んでも、これまで習った内容を復習し、新しい表現を追加で学ぶことができるので、手元に置いて損はないでしょう。

いずれにせよ日本語で書かれたフィンランド語の本というカテゴリー自体が希少なものなので、そのラインナップに新しい一冊が加わったというのは喜ばしいことだと思います。

 

CD付 ニューエクスプレス フィンランド語
山川 亜古
白水社
売り上げランキング: 19,684

フィンランド語学習記 vol.95− 動詞の活用と語幹の変化(タイプ2〜4)

フィンランド語教室40週目のレポート。

今期もいよいよ最終回。

以前のエントリーでまとめたタイプ1の動詞の活用に続いて、他のタイプの動詞の活用を学習しました。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 
今回はタイプ2〜4の動詞の活用をまとめてみたいと思います。

 

タイプ2の動詞

タイプ2は語末が[-da/-dä]で終わる動詞です。

ここでは saada(得る)という動詞を例に活用形の作り方を見てみましょう。

 

2−1)語末の[-da/-dä]を外す

まずは語末の[-da/-dä]を外します。

saada → saa

 

2−2)kpt 交替のチェック

語幹末尾の子音変化(kpt交替)をチェックします。。。が、タイプ2の場合、変化は起こらないので考慮しなくてよいとのこと。

これはラッキー!

 

2−3)人称ごとの活用語尾を付ける

タイプ2の動詞の活用形は、次のような語尾を付けることによって作ります。

単数 複数
一人称 -n -mme
二人称 -t -tte
三人称 なし -vat/-vät

 
ここにさきほどの saa を入れてみましょう。

単数 複数
一人称 saan saamme
二人称 saat saatte
三人称 saa saavat

 
これでできあがり。簡単!

 

2−4)タイプ2の例外

[-da/-dä]で終わる動詞の中で、下記の2つは例外的な活用をするとのこと。

tehdä(つくる)

もともとは tekeä という綴りだったので、2つの母音で終わる動詞=タイプ1の動詞として活用形を作ります。

途中過程は省略しますが、次のような形に。

単数 複数
一人称 teen teemme
二人称 teet teette
三人称 tekee tekevät

 

nähdä(見る)

もともとは näkeä という綴りだったので、2つの母音で終わる動詞=タイプ1の動詞として活用形を作ります。

単数 複数
一人称 näen näemme
二人称 näet näette
三人称 näkee näkevät

 

タイプ3の動詞

タイプ3は語末が[-la/-lä][-na/-nä][-ra/-rä][-sta/-stä]で終わる動詞です。

ここでは ajatella(考える)、mennä(行く)、purra(かじる)、nousta(上がる)という動詞の活用を見ていきましょう。

 

3−1)語末の[-la/-lä][-na/-nä][-ra/-rä][-ta/-tä]を外す

ajatella → ajatel
mennä → men
purra → pur
nousta → nous
[-sta/-stä]で終わる動詞は[-sta/-stä]ではなく[-ta/-tä]を外すので注意。

 

3−2)語末に[-e]を添える

ajatel → ajatele
men → mene
pur → pure
nous → nouse

 

3−3)kpt 交替のチェック

語幹末尾の子音変化(kpt交替)をチェックします。まずは変化表を見てみましょう。

kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 
タイプ1の動詞では左から右へ子音が変化しましたが、それ以外のタイプでは逆に右から左へ子音が変化するとのこと。

つまりタイプ1の動詞の活用を考えるときは、語幹末尾の音節に[k, p, t]が含まれていたら、子音の変化が起こる可能性があると覚えていましたが、タイプ3の動詞ではその他の文字から[k, p, t]に変化するケースも考慮しなければなりません。

ここでは ajatele, mene, pure, nouse を表に当てはめてみましょう。

すると下から5番目に[tt ← t]という変化があるので、

ajattele ← ajatele

となります。その他の動詞に子音の変化はありません。

 

3−4)人称ごとの活用語尾を付ける

タイプ3の動詞の活用形は、次のような語尾を付けることによって作ります。

単数 複数
一人称 -n -mme
二人称 -t -tte
三人称 母音を重ねる -vat/-vät

 
ここにさきほどの ajattele, mene, pure, nouse を入れてみましょう。

単数 複数
一人称 ajattelen ajattelemme
二人称 ajattelet ajattelette
三人称 ajattelee ajattelevat

 
タイプ1の動詞では、三人称の活用に kpt 交替が反映されないというルールがありましたが、タイプ3にはそのルールはないそうです。

よって、ajattelee、ajattelevat と[t]は重ねたままでOK。

その他の動詞は以下のようになります。

単数 複数
一人称 menen menemme
二人称 menet menette
三人称 menee menevät

 

単数 複数
一人称 puren puremme
二人称 puret purette
三人称 puree purevat

 

単数 複数
一人称 nousen nousemme
二人称 nouset nousette
三人称 nousee nousevat

 

タイプ4の動詞

タイプ4は語末が[-ata/-atä][-ota/-otä][-uta/-utä]で終わる動詞です。

ここでは tykätä(〜が好き)、pudota(落ちる)、haluta(〜が欲しい)という動詞の活用を見ていきましょう。

 

4−1)語末の[t]を外す

tykätä → tykää
pudota → pudoa
haluta → halua

 

4−2)kpt 交替のチェック

語幹末尾の子音変化(kpt交替)をチェックします。ふたたび変化表を見てみましょう。

kk ←→ k
k ←→ ×
uku ←→ uvu
yky ←→ yvy
nk ←→ ng
lke ←→ lje
rke ←→ rje
hke ←→ hje
pp ←→ p
p ←→ v
mp ←→ mm
tt ←→ t
t ←→ d
nt ←→ nn
lt ←→ ll
rt ←→ rr

 
このタイプでも、子音は右から左へ変化します。

一番上に[kk ← k]、下から4番目に[t ← d]という変化があるので、

tykkää ← tykää
putoa ← pudoa
となります。[k, p, t]にのみ気を配っていると[t ← d]の変化を見逃してしまいます。これは要注意。

 

4−3)人称ごとの活用語尾を付ける

タイプ4の動詞の活用形は、次のような語尾を付けることによって作ります。

単数 複数
一人称 -n -mme
二人称 -t -tte
三人称 母音を重ねる -vat/-vät

 
ここにさきほどの tykkää、putoa、halua を入れてみましょう。

単数 複数
一人称 tykkään tykkäämme
二人称 tykkäät tykkäätte
三人称 tykkää tykkäävat

 
三人称単数形で母音を重ねていないのは、フィンランド語では三重母音が禁止されているというルールによるもの。よって tykkäää とはなりません。

またタイプ3と同様、三人称における kpt 交替なしというルールはありません。よって tykkää と[k]を重ねたままにしておきましょう。

その他の動詞は以下のようになります。

単数 複数
一人称 putoan putoamme
二人称 putoat putoatte
三人称 putoaa putoavat

 
ついさきほど三重母音は禁止!と言ったばかりなのに、三人称単数形が putoaa となっています。この場合は[o/aa]と音節が切れるからOKなのだとか。これは複雑。

単数 複数
一人称 haluan haluamme
二人称 haluat haluatte
三人称 haluaa haluavat

 
ここでも三人称単数形が haluaa となっていますが、[u/aa]と音節が切れるためOK。

 

まとめ

以上、フィンランド語のタイプ2〜4の動詞の活用をまとめてみました。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 
フィンランド語の動詞の80%はタイプ1に含まれるため、タイプ2〜6の動詞の数はそれほど多くないようです。とはいえ、日常よく使う基本動詞も含まれているため、スキップする訳にもいきません。

こういった活用形の作り方を考えるのは、パズルのようで楽しいのですが、会話で瞬間的に出てくるようにするのはなかなか大変そうです。コツコツと練習してきましょう!

cialis viagra online accutane