cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.810 − unohtaa

日本語の「忘れる」を英語に訳す時には意味に応じて、forget, leave という二つの動詞を使い分ける必要があります。

I forgot to bring my wallet.
(私は財布を持ってくるのを忘れた。)
I left my wallet at home.
(私は家に財布を置き忘れた。)
「忘れる」という日本語から真っ先に連想する動詞はおそらく forget でしょうが、「〇〇へ置き忘れる」と言いたいときには leave を使うのが普通。

フィンランド語で「忘れる」を意味する動詞 unohtaa にもこのあたりの使い分けはあるのでしょうか?

語法書の『Tarkista Tästä』を調べてみました。

UNOHTAA(verbi, transit)

unohtaa + N ill/all Unohdin lompakon kotiin.
Unohdin avaimen eteisen pöydälle.
unohtaa + V 1. inf Unohditko taas maksaa laskun ajoissa?
Älä unohda ostaa myös maitoa!

 

『Tarkista Tästä』P.155

例文をざっと訳すとこんな感じでしょうか。

私は財布を家に置き忘れた。
私は鍵を玄関のテーブルの上に置き忘れた。
あなたは期限内に請求書の支払いをするのをまた忘れたのですか?
牛乳を買うのも忘れないで!

これを見るとフィンランド語の unohtaa は英語の forget, leave の両方の意味を包括している、つまり日本語の「忘れる」とほぼ重なっていることがわかります。

そういう意味では日本語の母語話者にとって英語の forget より気軽に使える動詞と言えそうです。

フィンランド語学習記 vol.809 − sinutella, teititellä

フィンランド語の人称代名詞(主格)は次のとおり。

単数 複数
一人称 minä
私は
me
私たちは
二人称 sinä
あなたは
te
あなたたちは
三人称 hän
彼/彼女は
he
彼ら/彼女らは

 

フィンランド語の二人称単数は sinä ですが、相手が初対面のときなど丁寧な気持ちを表したいときは二人称複数の te を一人の人にも用います。(その場合は普通大文字で始まる Te と書きます。)

また相手に応じて sinä を使ったり Te を使ったりすることをフィンランド語では一語の動詞で表すことができるのも面白いところ。

sinutella[シヌテッラ]

《分》(相手に丁寧な Te を使わず)sinä を使って話しかける。

Saako presidenttiä sinutella vai täytyykö teititellä?
大統領に sinä を使って話しかけてよいのか、それとも Te を使わなければならないのか。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

teititellä[テイティテッラ]

《分》⦅一人の相手に丁寧な気持ちを込めて sinä ではなく Te を使って話しかける⦆

Välillä asiakkaita teititellään ja välillä sinutellaan.
客にはときには Te で話しかけ、ときには sinä で話しかける。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

この使い分け、理屈としてはわかるのですが、外国語としてフィンランド語を学んでいる人にとっては sinä を使うことがどのくらいフランクで、Te を使うことがどのくらい丁寧なのか肌感覚としてわかりづらいところがあります。

また気になるのはさきほどの例文、

Saako presidenttiä sinutella vai täytyykö teititellä?

の答えです。大統領に sinä を使って話しかけるのはありなのでしょうか?

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 272,775

フィンランド語学習記 vol.808 − palaa

Itsenäisyyspäivänä on perinne, että kodin ikkunalla palaa kaksi kynttilää.

独立記念日には家の窓に二本のロウソクがともされる伝統がある。

『suomen mestari 2』P.207

この palaa という綴りを見ると反射的に palata(戻る)という動詞の三人称単数形を想像してしまいます。

しかし実際にはこの palaa は palaa(燃える)という動詞の三人称単数形。

両者の活用を比較すると次のようになります。

palata
(戻る)
palaa
(燃える)
語幹 palaa pala
一人称単数 palaan palan
二人称単数 palaat palat
三人称単数 palaa palaa
一人称複数 palaamme palamme
二人称複数 palaatte palatte
三人称複数 palaavat palavat

 

タイプ4の動詞である palata の語幹はおしまいから二文字目の[t]が落ちた palaa。

一方、タイプ1の動詞である palaa の語幹はおしまいの[a]が落ちた pala。その三人称単数形はおしまいの[a]が伸びた palaa になるので、結果として palata と palaa の三人称単数は同形になります。

もちろん文脈の支えがあれば「戻る」と「燃える」を取り違えることはありませんが、ちょっと紛らわしいペアではあります。

フィンランド語学習記 vol.807 − laittaa

新しい単語の意味を覚えるときには、通常「一語一訳」でその単語の最も中核の意味から覚えるようにしています。しかし時にはその中核がつかめずに苦労することも。

例えば laittaa という動詞を辞書で引くと次のように出ています。

laittaa[ライッター]

①作る

Laitan ruokaa lapsillemme.
私は子供たちのために食事を作る。

②使いに出す、送る

Laitan lapset kouluun.
私は子供たちを学校に送り出す。

③整える、準備する

Mieheni laittaa pöydän nätiksi.
私の夫はテーブルをかわいらしく準備する。

④置く、(ある状態に)する

Kirjastonhoitaja on laittanut kirjan hyllylle.
司書は本を棚の上に置いた。
Laitatko oven kiinni?
ドアを閉めてくれるか。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

一見、雑多な意味が並んでいるようにも見える laittaa の中核の意味は何なのでしょう?

一つ目と二つ目の例文を並べてみると、一つ目の例文では「子供に食事を laittaa する」、二つ目の例文では「学校に子供を laittaa する」という構造になっています。

Laitan ruokaa lapsillemme.
Laitan lapset kouluun.

 

考えた結果、おそらく「〜をあるべき場所へ置く」というのが laittaa の中核の意味なのではないかという結論に至りました。

これが合っているかどうかはわからないのですが、少なくともこのような中核を押さえておいて、そこから文脈に沿った日本語(作る、送る)を導き出していけば、単語のイメージがつかみやすいのではないかと思います。

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 272,775

フィンランド語学習記 vol.806 − Suomalainen juhlapäivät(8)

前回に続いてフィンランド語のテキスト『suomen mestari 2』よりフィンランドの祝日に関する文章を読んでいきます。

Suomessa 24. joulukuuta eli jouluaatto on joulun tärkein juhlapäivä. Perheet ovat yhdessä, kotona on joulukuusi ja joulupukki ja tontut tuovat lahjat. Joulupukki tulee ovesta, ei savupiipusta. Suomalainen jouluruoka on yksinkertaista: on iso kinkku ja sen kanssa erilaisia laatikkoruokia. Suomalaiset syövät myös paljon kalaa jouluna. Jouluaattona suomalaiset käyvät myös viemässä kynttilät haudoille. Hautausmaalla on jouluna kaunista, kun melkein kaikilla haudoilla on kynttilä ja maassa on yleensä lunta. Jouluna suomalaiset käyvät myös kirkossa. Jouluaaton jälkeen on kaksi pyhäpäivää: joulupäivä ja tapaninpäivä.

フィンランドでは12月24日すなわちクリスマスイブはクリスマスのもっとも重要な祝日である。家族はいっしょにいて、家にはクリスマスツリーがあり、サンタクロースと妖精は贈り物を持ってくる。サンタクロースは煙突ではなくドアからやってくる。フィンランドのクリスマス料理は質素である。大きなハムとさまざまなキャセロールだ。フィンランド人はクリスマスに多くの魚も食べる。またクリスマスイブにフィンランド人はお墓にろうそくを持っていく。墓地はクリスマスには美しい。ほぼすべてのお墓にロウソクがともり、地面にはたいてい雪が積もっている。またクリスマスにはフィンランド人は教会に行く。クリスマスイブの後には二つの祝日がある。クリスマスの日と聖ステファノの日だ。
フィン
joulukuusi Christmas tree クリスマスツリー
joulupukki Santa Claus サンタクロース
tonttu elf 妖精
savupiippu chimney 煙突
yksinkertainen simple 質素な
kinkku ham ハム
erilainen different
various
異なる
さまざまな
laatikkoruoka casserole キャセロール
hauta grave
hautausmaa graveyard 墓地
pyhäpäivä holiday 休日、祝日
joulupäivä Christmas Day クリスマスの日
tapaninpäivä St. Stephen’s Day 聖ステファノの日

 

Suomalainen jouluruoka on yksinkertaista: on iso kinkku ja sen kanssa erilaisia laatikkoruokia.

フィンランドのクリスマス料理は質素である。大きなハムとさまざまなキャセロールだ。

laatikkoruoka の laatikko は「箱」の意味。手元の辞書には次のように出ていました。

laatikko[ラーティッコ]

①箱

②引き出し

③箱型の容器、あるいはそれに入れオーブンで調理される料理。キャセロール。グラタン

perunalaatikko
ジャガイモのキャセロール
makaronilaatikko
マカロニのグラタン(キャセロール)

「パスポート初級フィンランド語辞典」

これを読んで気になるのはキャセロールとグラタンの違い。国語辞書には次のように出ていました。

キャセロール(名)〔フ casserole〕

〔西洋料理用の〕ふたつきの厚手のなべ。また、それを使った料理。土鍋料理。カセロール。

「三省堂国語辞典 第七版」

グラタン(名)〔フ gratin〕

〘料〙肉や野菜・パスタなどを料理したものをホワイトソースなどであえて、表面がきつね色になるまでオーブンで焼いたもの。皿焼き。

「マカロニー」

「三省堂国語辞典 第七版」

両方ともフランス語由来なんですね。意味の違いはわかるようなわからないような。。。とりあえずは表面がきつね色ならグラタンということで理解しておきたいと思います。

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 272,775

フィンランド語学習記 vol.805 − Suomalainen juhlapäivät(7)

前回に続いてフィンランド語のテキスト『suomen mestari 2』よりフィンランドの祝日に関する文章を読んでいきます。

Suomen itsenäisyyspäivä on 6. joulukuuta. Se on arvokas ja rauhallinen juhla. Presidentinlinnassa on suuret juhlat. Tavalliset suomalaiset katsovat juhlaa televisiosta. Kaikki haluavat nähdä, ketkä ovat saaneet tänä vuonna kutsun juhliin. On myös hauska kommentoida naisten iltapukuja. Itsenäisyyspäivänä on perinne, että kodin ikkunalla palaa kaksi kynttilää.

フィンランドの独立記念日は12月6日である。それは重要で平和的な祭典だ。大統領官邸では大きな祭典がある。一般的なフィンランド人は祭典をテレビで見る。今年は誰が祭典に招待されたのか、誰もが見たいと思っている。女性のイブニングドレスについてコメントするのも楽しい。独立記念日には家の窓に二本のロウソクがともされる伝統がある。
フィン
itsenäisyyspäivä Independence Day 独立記念日
arvokas valuable 高価な、重要な
rauhallinen peaceful 平和な、平穏な
presidentinlinna presidential palace 大統領官邸
kutsu invitation 招待
kommentoida comment コメントする
iltapuku evening dress イブニングドレス
kynttilä candle ロウソク

 

本文の一部を穴埋め問題にしてみました。

Tavalliset suomalaiset katsovat juhla ____________.

一般的なフィンランド人は祭典をテレビで見る。
*テレビ=televisio

正解はこちら。

Tavalliset suomalaiset katsovat juhlaa televisiosta.

一般的なフィンランド人は祭典をテレビで見る。

ここは televisiosta と出格[-stA]の形になります。

こちらも読んで意味をつかむことはできても、とっさに自分で作るのは難しい形です。

cialis viagra online accutane