cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.682 − フィンランド語の不定詞まとめ

今回はこれまでに習ってきたフィンランド語の不定詞について、ざっと全体像をまとめてみたいと思います。

 

第1不定詞

フィンランド語の第1不定詞には短形と長形という二つの形があります。

第1不定詞短形 syödä 食べる
第1不定詞長形 syödäksemme (私たちが)食べるために

 

短形というのはいわゆる辞書形のこと。一方、長形は「〜が〜するために」という意味を表します。

Emme elä syödäksemme vaan syömme elääksemme.
(私たちは食べるために生きているのではなく、生きるために食べている。)

syödäksemme の[-mme]は一人称複数の所有接尾辞。よって人称によって次のように変化します。

一人称単数 syödäkseni [-ni]
二人称単数 syödäksesi [-si]
三人称単数 syödäkseen
syödäksensa
[-Vn]
[-nsA]
一人称複数 syödäksemme [-mme]
二人称複数 syödäksenne [-tte]
三人称複数 syödäkseen
syödäksensa
[-Vn]
[-nsA]

 

第1不定詞長形の作り方

1)辞書形(第1不定詞短形)に格語尾[-ksi]を付ける。

lukea → lukeaksi

2)所有接尾辞を付ける。それに伴って格語尾が[-ksi]から[-kse]に変化する。

lukeaksi → lukeakseni

 

第2不定詞

フィンランド語の第2不定詞には内格と具格という二つの形があります。

第2不定詞内格 tullessa 来るとき
第2不定詞具格 itkien 泣きながら

 

第2不定詞内格

第2不定詞内格は時相構文と呼ばれる構文で用い、「〜しているとき」という意味を表します。

Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.
= Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)

 

第2不定詞内格の作り方

1)辞書形語尾の[-A]を外す。

tulla → tull

2)格語尾[-essA]を付ける。

tull → tullessa

【例外】[eA]で終わる単語は[e]を[i]に変えて[-essA]を付ける。

itkeä → itkiessa

 

第2不定詞具格

第2不定詞具格は「〜しながら」という意味を表します

Iida tuli itkien kotiin.
(イーダは泣きながら、家に帰ってきた。)

 

第2不定詞具格の作り方

辞書形語尾の[-A]を[-en]に変える。

katsella → katsellen

【例外】[-eA]で終わる単語は[e]を[i]に変えて[-en]を付ける。

itkeä → itkien

 

第3不定詞

フィンランド語の第3不定詞には内格、出格、入格、接格、欠格という五つの形があり、それぞれ次のような意味を表します。

第3不定詞内格 lukemassa 読んでいる途中で
第3不定詞出格 lukemasta 読んでから
第3不定詞入格 lukemaan 読みに
第3不定詞接格 lukemalla 読むことによって
第3不定詞欠格 lukematta 読まずに

 

Minä olen kirjastossa lukemassa kirjaa.
(私は図書館で本を読んでいます。)

Pekka tulee kirjastosta lukemasta kirjaa.
(ペッカは図書館で本を読んでから来る。)

Liisa menee kirjastoon lukemaan kirjaa.
(リーサは図書館へ本を読みに行く。)

 

第3不定詞の作り方

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める。

lukea → lukevat

2)[-vAt]を外して格語尾[-mAssA][-mAstA][-mAAn][-mAllA][-mAttA]を付ける。

lukevat → lukemassa

 

第4不定詞(動名詞)

第4不定詞(動名詞)は「〜すること」という意味を表します。

第4不定詞(動名詞)主格 syöminen 食べることは
第4不定詞(動名詞)分格 syömistä 食べることを

 

Syöminen on hauskaa.
(食べることは楽しい。)

 

第4不定詞(動名詞)の作り方

第4不定詞(動名詞)の作り方はさきほどの第3不定詞と同じです。

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める。

syödä → syövät

2)[-vAt]を外して格語尾[-minen][-mistA]を付ける。

syövät → syöminen

 

第5不定詞

第5不定詞は「〜しようとしている」という意味を表します。

第5不定詞 loppumaisillaan 終わろうとしている

 

Kurssi on loppumaisillaan.
(授業は終わろうとしているところだった。)

loppumaisillaan の[-an]は三人称の所有接尾辞。よって人称によって次のように変化します。

一人称単数 loppumaisillani [-ni]
二人称単数 loppumaisillasi [-si]
三人称単数 loppumaisillaan
loppumaisillansa
[-Vn]
[-nsA]
一人称複数 loppumaisillamme [-mme]
二人称複数 loppumaisillanne [-tte]
三人称複数 loppumaisillaan
loppumaisillansa
[-Vn]
[-nsA]

 

第5不定詞の作り方

第5不定詞の作り方はさきほどの第3・第4不定詞と同じ手順に、所有接尾辞を付けるだけです。

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める

loppua → loppuvat

2)[-vAt]を外して格語尾[-mAisillA]を付ける

loppuvat → loppumaisilla

3)所有接尾辞を付ける。

loppumaisilla → loppumaisillaan

 

まとめ

以上、今回はこれまでに習ってきたフィンランド語の不定詞について、ざっと全体像をまとめてみました。

第1不定詞短形 syödä 食べる
第1不定詞長形 syödäksemme (私たちが)食べるために
第2不定詞内格 tullessa 来たとき
第2不定詞具格 itkien 泣きながら
第3不定詞内格 lukemassa 読んでいる途中で
第3不定詞出格 lukemasta 読んでから
第3不定詞入格 lukemaan 読みに
第3不定詞接格 lukemalla 読むことによって
第3不定詞欠格 lukematta 読まずに
第4不定詞(動名詞)主格 syöminen 食べることは
第4不定詞(動名詞)分格 syömistä 食べることを
第5不定詞 loppumaisillaan 終わろうとしている

 

こうして並べてみると、ずいぶん様々な形を覚えてきたなあと思います。

このうち使用頻度が高いのはおそらく第3不定詞と第4不定詞。

あとは時相構文で使われる第2不定詞内格も読める(=見分けられる)ようになっておきたいところです。

フィンランド語学習記 vol.681 − 英語が間になかったら

フィンランド語で「〜できる」を意味する単語はたくさんありますが、たいていの人が一番最初に習うのが osata という動詞。

この動詞の面白いところは、

Osaan puhuu suomea.

のように後ろに動詞を置くこともできるし、

Osaan suomea.

のように後ろに名詞を置くこともできるということ。

英語には後者の形がないせいか、Osaan suomea. のような形にはちょっとした違和感を感じることがあります。

I can speak Finnish.
× I can Finnish.

 

ただ改めて考えてみると、日本語では後者の形もつくることができます。

私はフィンランド語を話すことができる。
私はフィンランド語ができる。

 

ということは、さきほどの違和感の正体は、おそらく英語の学習経験から生まれているということ。

このようにフィンランド語を学んでいると、英語の影響を感じることがよくあります。

実際、フィンランド語と日本語の文法は似ている点も多いので、英語の学習経験がなければフィンランド語と日本語の回路がもっとダイレクトにつながっていたのかな?と想像することがあります。

とはいえ、日本語のネイティブで英語教育を受けずにフィンランド語を学んでいる人はほとんどいないでしょうし、逆にフィンランド語のネイティブで英語教育を受けずに日本語を学んでいる人もほとんどいないでしょうから、この説の真偽を正確に判定するのは難しそうです。

フィンランド語学習記 vol.680 − クリスマス休暇の天候

フィンランドのクリスマスと言えば、静かな雪のイメージ。

しかし実際の天気はどんな感じだったのでしょう?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」が今年のクリスマス休暇の天候を伝えています。

Sää lämpeni

Sää on tänään joulupäivänä paljon lämpimämpi kuin eilen jouluaattona.

Suuressa osassa Suomea on satanut vettä tai lunta. Maantiet ja kadut ovat olleet vaarallisen liukkaita.

Keskiviikkona, tapaninpäivänä, ei enää sada lunta eikä vettä. Välillä paistaa aurinko, ja ajokeli on hyvä koko maassa tapaninpäivänä. Osa suomalaisista ajaa keskiviikkona autolla takaisin kotiin, kun joulun vapaapäivät loppuvat ja arki alkaa.

気温が上昇

今日のクリスマスは昨日のクリスマスイブよりかなり暖かい。

フィンランドの大部分では雨か雪が降った。国道や街路は危険で滑りやすくなっていた。

水曜日、ボクシングデーにはもう雪や雨は降らないだろう。時々太陽が照り、ボクシングデーの路面状況は全国的に良い。水曜に運転して自宅へ戻るフィンランド人もいる。クリスマス休暇が終わり、日常が始まるからだ。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
lämmetä warm up 暖かくなる
maantie highway 国道
vaarallinen dangerous 危険な
liukas slippery 滑りやすい
tapaninpäivä Boxing Day ボクシング・デー
(クリスマスの次の日)
välillä occasionally ときどき
ajokeli driving conditions 道路状態
arki everyday life 日常

 

フィンランド語の語形変化は複雑だなあと改めて思わされたのが、今回の文中に出てきた lämpeni, lämpimämpi という二つの単語。

どちらも元の形がぱっと思いつきませんでした。みなさんはすぐに思い付きますか?

 

lämpeni

lämpeni は「暖かくなる」を意味する動詞 lämmetä の三人称単数過去形。

現在 過去
一人称単数 lämpenen lämpenin
二人称単数 lämpenet lämpenit
三人称単数 lämpenee lämpeni
一人称複数 lämpenemme lämpenimme
二人称複数 lämpenette lämpenitte
三人称複数 lämpenevät lämpenivät

 

フィンランド語の中では珍しいタイプ6に属する動詞です。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

lämpimämpi

lämpimämpi は「暖かい」を意味する形容詞 lämmin の比較級。

原級 比較級 最上級
単数主格 lämmin lämpimämpi lämpimin

 

でもなぜ lämmin の比較級が lämpimämpi になるのでしょう?

ここで押さえておくべきポイントは lämmin の語幹が例外的に lämpimä という形になるということ。

比較級 lämpimä+[-mpi]=lämpimämpi
最上級 lämpimä+[-in]=lämpimin
(ä が落ちる)

 

このルールを知らなければ lämpimämpi から lämmin を連想するのはかなり難しそう。フィンランド語の本領発揮という感じでしょうか。

フィンランド語学習記 vol.679 − 過去形における自動詞と他動詞の見分け方

フィンランド語の動詞には muuttua(変わる)と muuttaa(変える)のような自動詞と他動詞のペアがたくさんあります。

たいていの場合は[-uA/-yA]で終わっているものが自動詞で、[-AA]で終わっているものが他動詞。

その原則を踏まえつつ、昨日紹介した Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』の一節をみてみましょう。

Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko.

動詞 kiinnosti のもとの形は他動詞の kiinnostaa(興味を持たせる)でしょうか? それとも自動詞の kiinnostua(興味を持つ)でしょうか?

??

このように過去形になっているといつも迷ってしまうのですが、調べてみると kiinnosti は他動詞 kiinnostaa の三人称単数過去形であることがわかります。

辞書形 kiinnostua kiinnostaa
一人称単数過去 kiinnostuin kiinnostin
二人称単数過去 kiinnostuit kiinnostit
三人称単数過去 kiinnostui kiinnosti
一人称複数過去 kiinnostuimme kiinnostimme
二人称複数過去 kiinnostuitte kiinnostitte
三人称複数過去 kiinnostuivat kiinnostivat

 

これがもし自動詞 kiinnostua の三人称単数過去形なら[u]が落ちずに kiinnostui という形になるんですね。

せっかくなのでここでもう一度、動詞の過去形の作り方をおさらいしておきたいと思います。

 

過去形の作り方(おさらい)

フィンランド語の動詞の過去形は現在語幹に過去形の印[i]を付けた「過去語幹」をベースにして作ります。注意しなければならないのは、その際に[i]の前の母音が変化するということ。

  • 過去形の印[i]の前が[u, y, o, ö] →[u, y, o, ö]はそのまま。
  • 過去形の印[i]の前が[ä, i, e] →[ä, i, e]は消える。
  • 過去形の印[i]の前が[a]
    • 単語が三音節以上なら →[a]は消える。
    • 単語が二音節
      • 単語の最初の母音が[u, o]なら →[a]は消える。
      • 単語の最初の母音が[u, o]以外なら →[a]は[o]に変わる。

 

Kristiinaa kiinnosti…

なお冒頭の例文では Kristiinaa が分格の形(=目的語)になっているので、そこからも kiinnosti が他動詞であることがわかります。

Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko.

クリスティーナを魅了したのはローマ・カトリック教会だった。

このフィンランド語らしいリズムに慣れて、さくさく文章を読めるようになりたいものです!

フィンランド語学習記 vol.678 − Kristiina(2)

きのうに続いて Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』より、スウェーデン女王クリスティーナのページを見ていきます。

Vaikka Kristinan isä oli ollut protestanttisen maailman sankari, Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko. Protestanttinen usko oli nuoren kuningattaren mielestä synkkää ja liian vakavaa. 27-vuotiaana Kristiina luopui kruunusta. Hän ryhtyi katolilaiseksi ja muutti Roomaan vieden mukanaan kaksitoista suurta laivalastillista isänsä sotaretkillä ryöstämiä aarteita.

Se oli skandaali. Ruotsi ja muu protestanttinen Eurooppa oli kauhuissaan, paavi sen sijaan hykerteli tyytyväisenä.

クリスティーナの父はプロテスタント世界の英雄だったが、クリスティーナをより魅了したのはローマ・カトリック教会だった。若い女王の考えでは、プロテスタントの信仰は暗く厳粛すぎた。27歳のクリスティーナは王位を放棄した。彼女はカトリックに改宗し、父の戦利品である宝物を12の大きな船に積んでローマに出発した。

このことはスキャンダルとなった。スウェーデンと他のヨーロッパのプロテスタント国家が恐れる一方、ローマ教皇は満足げに微笑んでいた。

フィン
protestanttinen protestant プロテスタントの
sankari hero 英雄
roomalaiskatolinen Roman Catholic ローマ・カトリックの
synkkä gloomy 暗い
luopua abandon 放棄する
ryhtyä begin 始める
laivalastillinen shipload 船一隻分の積荷量
sotaretki military campaign 軍事行動
ryöstää rob 盗む
aarre treasure 宝物
kauhu horror 恐れ
paavi pope 教皇
sen sijaan instead その代わり
hykerrellä chuckle 静かに笑う

 

クリスティーナの人生における二つの大きな転機は、カトリックへの改宗と王位を放棄して海外へ渡ったこと。その動機は映画「王となった少女」でも詳しくは描かれていませんでした。

もっとも人がこれほどの行動に踏み切る理由を一言や二言で語り尽くすことなどできるはずがありません。周囲の人々や後世の歴史家がどんな言葉を述べようとも、そこに掬い上げられない思いがあるはずです。

その前半生にスポットが当たりがちなクリスティーナですが、北欧を離れてからの人生にもきっと濃密なドラマがあったはず。そこを取り上げた作品もぜひ観てみたいですね。

フィンランド語学習記 vol.677 − Kristiina(1)

Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』より、今回はスウェーデン女王クリスティーナに関するページを読んでいきます。

1632-1654

Kristiina

Kustaa II Aadolfin tyttärestä, viisivuotiaasta Kristiinasta tuli Ruotsin kuningatar. Viisas Axel Oxenstierna johti holhoojahallitusta, kunnes Kristiina tuli täysi-ikäiseksi.

Kristiina pukeutui mielellään miesten vaatteisiin ja käyttäytyi muutenkin miehekkäästi. Hän oli mainio miekkailija ja innokas metsästäjä, mutta myös kiinnostunut uskonnosta ja kulttuurista. Hän kutsui aikakauden kuuluisimman ajattelijan, ranskalaisen Descartesin Tukholman hoviin. Tämä tuli, mutta ei kestänyt Pohjolan pimeyttä ja kylmyyttä vaan kuoli.

クリスティーナ

グスタフ2世アドルフの娘、5歳のクリスティーナはスウェーデンの女王になった。クリスティーナが成人するまでは、賢明なアクセル・オクセンシェルナが暫定政府を率いた。

クリスティーナは喜んで男装し、男らしく振る舞った。彼女は優秀な剣士で熱心な猟師であったが、宗教と文化にも興味を持っていた。彼女は同時代の最も有名な思想家であるフランス人のデカルトをストックホルムの王宮に招いた。彼は招きに応じたが、北欧の暗さと寒さに耐えられず亡くなった。

フィン
kuningatar queen 女王
viisas wise 賢い
johtaa lead 導く
holhoojahallitus caretaker government 暫定政府
kunnes until まで
täysi-ikäinen of age 成人した
pukeutua get dressed 着る
mielellään gladly 喜んで
käyttäytyä behave ふるまう
miehekäs manly 男らしい
mainio excellent すばらしい、優秀な
miekkailija fencer, swordsman 剣士
innokas avid 熱心な
metsästäjä hunter 猟師
kutsua invite 招く
aikakausi period, age 時期、時代
kuuluisa famous 有名な
ajattelija thinker 思想家
hovi court 宮廷
kestää last, withstand 続く、耐える
Pohjola The Nordic countries 北欧諸国
pimeys darkness 暗闇
kylmyys coldness 寒さ

 

スウェーデン女王クリスティーナは、以前フィンランド映画祭で観たフィンランド映画「王となった少女」の主人公。

フィンランド映画祭2016で『王となった少女』を観てきました。

5歳のときに父親を亡くしたクリスティーナは、宰相のアクセル・オクセンシェルナや周囲のサポートによって、未来の指導者としての教育を施されていきます。

映画の主人公としてのクリスティーナは、そんな人生の荒波を軽々と乗りこなしてしまうような意志的でエネルギッシュな人物として描かれていました。

今回の文章に出てくるクリスティーナの人物像も、あの映画の中の魅力的なキャラクターに重なります。政治家としての後世の評価はさまざまかもしれませんが、運命に向き合って力強く歩んだ生涯には人を惹きつけてやまない何かがあるように思います。

続きは明日のエントリーにて。

cialis viagra online accutane